デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1258910

自動車における量子コンピューティング市場の2028年までの予測-利害関係者別、コンポーネント別、展開別、用途別、エンドユーザー別、地域別の世界分析

Quantum Computing in Automotive Market Forecasts to 2028 - Global Analysis By Stakeholder, By Component, By Deployment, By Application, By End User and By Geography

出版日: | 発行: Stratistics Market Research Consulting | ページ情報: 英文 175+ Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
自動車における量子コンピューティング市場の2028年までの予測-利害関係者別、コンポーネント別、展開別、用途別、エンドユーザー別、地域別の世界分析
出版日: 2023年04月01日
発行: Stratistics Market Research Consulting
ページ情報: 英文 175+ Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 図表
  • 目次
概要

Stratistics MRCによると、自動車における量子コンピューティングの世界市場は、予測期間中に47.0%のCAGRで成長しています。

量子コンピューティングとして知られる現代のコンピュータ技術は、量子論と量子力学に基づいています。これは、重ね合わせやもつれといった量子状態の集団的特性を利用して計算を行うものです。0と1のビットを使用しながら、0と1の間の可能なすべての条件を利用することで高速化を実現します。金融モデリング、医療研究、交通最適化、天気予報、人工知能など、いくつかの産業が量子コンピュータから大きな利益を得ることができます。したがって、量子コンピューティングの結果、戦略的なパワーバランス、軍事、商業が変化する可能性があります。

市場力学:

促進要因

促進要因:政府投資の増加

重要なアプリケーションの将来的な可能性を引き出し、量子コンピュータでさまざまな最適化技術やシミュレーション技術を使用できるようにするには、スケーラブルな量子コンピュータ技術を開発する必要があります。世界中の地域政府は、量子コンピュータ技術の開発に資金を提供し、さまざまなアプリケーションのためのパイロットプログラムを立ち上げています。量子コンピュータの進歩は、多くの国の研究組織から多額の資金援助を受けています。カナダ、オーストラリア、イスラエルの3つの小国は、量子コンピューター技術の開発を競っています。これらの国は、量子コンピュータのための特別な研究開発インフラを構築するための投資を行っています。

抑制:

安定性と量子エラー訂正の問題

現在、量子コンピュータで使われている物理量子ビットは、精度が悪くなりがちです。報道によると、エラーのない1つの論理量子ビットを実現するためには、1,000個の物理量子ビットが必要であり、この偉業はまだ達成されていないです。すでに5,000個の物理量子ビットまでの装置が作られているが、商業的に実現可能な量子コンピュータは、20万個の物理量子ビットを持つ200論理量子ビット機と予想されます。これが、量子コンピュータの商業的な普及を阻む大きな要因の1つとなっています。量子ビットは壊れやすく、環境の温度やノイズ、周波数の変化で破壊されやすいため、量子力学的な状態を長時間維持することができないです。物理的な量子力学の進化は、量子コンピュータの実用化という課題によってもたらされる、常に変化する量子の力学的状態によって妨げられているのです。

機会

電気自動車やハイブリッド車の販売台数の増加

自動車メーカーは、BEVやHEVの普及に伴い、車両アーキテクチャ、走行距離、急速充電機能など、多くのEVを強化する必要に迫られると思われます。量子コンピュータについては、さまざまなテストシナリオのもとで、さまざまな材料組成を実験・構築することが有効です。電池材料の調査、電池の最適化・シミュレーション、電池の温度管理システムなど、電気自動車ではすべて量子コンピュータを利用することが可能です。電気自動車の普及が進むと、より優れたバッテリーの必要性が高まり、自動車メーカーや量子コンピューティングを専門とするハードウェア、ソフトウェア、プラットフォーム企業にとって新しい市場が開かれるでしょう。

脅威

熟練した専門家とインフラの不足

量子コンピュータの分野は、興味深く、斬新です。この技術を導入するためには、必要なスキルを持った専門家集団が必要です。この業界の企業にとって、必要なスキルを持つ従業員を見つけることは難しいです。技能者の不足に対処するため、多くの国や量子コンピュータメーカーがトレーニングプログラムを開始する意向です。しかし、このトレーニングセッションの価格は、従業員を訓練しようとする企業にとって一つの障壁となっています。さらに、これらの複雑な部品を理解するためには、時間と労力がかかります。利益率を下げるために、量子コンピュータの生産者は、販売後のさまざまな活動にもっとお金をかけなければならないです。

COVID-19の影響:

リモートワークステーションの導入により、デジタルコンピューティングプラットフォームの受け入れが拡大し、COVID-19の流行により、世界の量子コンピュータ分野に好影響を与えています。本製品は、最先端のソフトウェアの適用と急速なデジタル化によって人気を獲得する可能性があります。また、eコマースの普及により、流行中の産業発展を支えることが予想されます。また、量子機械学習に注目し、可能性のある化学物質を素早く作り出すことで、新たなCOVID-19医薬品開発の機会を開拓する研究プロジェクトも増えているようです。

予測期間中、クラウドベースセグメントが最大となる見込み

クラウドベースのセグメントが有利に成長すると推定されます。量子コンピューティングサービスへのクラウドベースのアクセスに対するニーズは、非常に強力なコンピュータの開発によってもたらされるでしょう。量子コンピュータは、より効果的でエラーのない技術を実現するための努力を続けているため、まだ発展途上にあり、ハードウェアとソフトウェアの急速な進歩の影響を受けやすいです。そのため、クラウドモデルでは、自動車メーカーが最新のアップグレードにアクセスすることができます。

予測期間中、ルートプランニングおよび交通管理分野のCAGRが最も高くなると予想されます。

ルートプランニングと交通管理分野は、自動車産業における量子コンピューティングの初期応用分野の1つであるため、予測期間中に最も高いCAGRの成長が見込まれています。量子コンピューティングは、リアルタイムデータ、インテリジェントシミュレーション、最適化アプローチを用いて、交通パターンや流れ、最短距離の選択、天候の追跡など、効率的なルートと交通管理を提供することができます。ルート最適化と交通流管理の実用的なロードマップを作成するために、いくつかの自動車OEMは量子コンピューティング技術ベンダーと提携しています。

最もシェアの高い地域

北米は、IBM Corporation、Microsoft Corporation、Google Inc.、D-Wave Systems Inc.、Rigetti Computing、Zapata Computingなどの大手テクノロジー企業が存在し、量子コンピューティング機器や対応ソフトウェア、サービスを早期に展開していることから、予測期間中に最大の市場シェアを占めると予想されます。これらの企業は技術的に優れており、新しい技術に費やす資金も豊富です。

CAGRが最も高い地域:

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も高いCAGRを示すと予測されています。これは、アジア諸国の大半が自動車OEMやコンポーネントのメーカーの本拠地であることに起因しています。この地域の自動車生産の主な拠点は、中国、インド、日本、韓国などです。これらの国々は、この分野への投資の可能性を数値化しています。さらに、Hyundai MotorsやAISIN Groupのような少数の地域企業が、 促進要因レス自動車、材料研究、電気自動車用バッテリーにおける量子コンピューティングの利用について調査を開始しています。

主な発展:

2023年9月、Rigetti &Co, LLCは、MicrosoftのAzure Quantumプラットフォーム上でQCSを公開プレビューで開始しました。リゲッティ社の80量子ビット超伝導量子プロセッサーAspen-M-2と40量子ビット超伝導量子プロセッサーAspen-11は、量子アプリケーションの開発と実行のために、すべてのAzure Quantumユーザーが利用できます。

2023年1月、PASQALは中性原子量子コンピュータのノーコード開発プラットフォーム「Pulser Studio」の提供を開始すると発表しました。Pulser Studioでは、コーディングの知識がなくても、量子レジスタの構築やパルスシーケンスの設計をグラフィカルに行うことができます。

2022年11月、IBM Corporationは、Next-Generation IBM Quantum System Twoと400 Qubit-Plus Quantum Processorsを発表しました。このプロセッサーは、あらゆる古典的なコンピューターで実行できるものよりはるかに複雑な量子計算を実行することができます。

2022年11月、IBMコーポレーションは、Eagleマシンの3倍の量子ビット数を持つ、最も効果的な量子コンピュータを発表しました。Ospreyと呼ばれる433量子ビットの容量を持つこの新しい量子コンピュータは、これまで解決できなかった問題を解決することができます。

2022年11月、アマゾンはAmazon Bracket向けに初の自然原子量子プロセッサーを発売しました。この新しいプロセッサはQu Eraの技術で開発されたもので、256量子ビットです。この新しいデバイスは、最適化問題を解決するために設計されています。

2022年10月、D-wave Systems Inc.は、AWSマーケットプレースで量子ソフトウェア&サービスの提供を開始しました。これにより、Amazon Web Services上で動作するソフトウェアの検索、テスト、購入、デプロイが簡単になります。AWSマーケットプレースの顧客は、量子クラウドサービス「Leap」の利用を含め、D-Waveの量子コンピューティング製品の一部を簡単に利用できるようになります。

当社のレポートが提供するもの

  • 地域および国レベルセグメントの市場シェア評価
  • 新規参入企業への戦略的提言
  • 2020年、2021年、2022年、2025年、2028年の市場データを網羅
  • 市場促進要因(市場動向、制約要因、機会、脅威、課題、投資機会、推奨事項など)
  • 市場推定に基づく主要なビジネスセグメントにおける戦略的な提言
  • 競合情勢とその動向
  • 詳細な戦略、財務、最近の動向を含む企業プロファイル
  • サプライチェーンの動向は、最新の技術進歩をマッピングしています。

無料カスタマイズの提供

本レポートをご購入いただいたお客様には、以下のいずれかの無料カスタマイズをご提供いたします。

  • 企業プロファイル
    • 追加市場プレイヤーの包括的なプロファイリング(3社まで)
    • キープレイヤーのSWOT分析(3社まで)
  • 地域別セグメント
    • お客様のご希望に応じて、主要国の市場推計・予測・CAGRを提供(注:フィージビリティチェックによる。)
  • 競合ベンチマーキング
    • 製品ポートフォリオ、地理的プレゼンス、戦略的提携に基づく主要プレイヤーのベンチマーキング

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 序文

  • 概要
  • ステークホルダー
  • 調査範囲
  • 調査手法
    • データマイニング
    • データ分析
    • データ検証
    • 調査アプローチ
  • 調査情報源
    • 1次調査情報源
    • 2次調査情報源
    • 仮定

第3章 市場動向分析

  • 促進要因
  • 抑制要因
  • 機会
  • 脅威
  • アプリケーション分析
  • エンドユーザー分析
  • 新興市場
  • COVID-19の影響

第4章 ポーターのファイブフォース分析

  • 供給企業の交渉力
  • 買い手の交渉力
  • 代替品の脅威
  • 新規参入業者の脅威
  • 競争企業間の敵対関係

第5章 自動車市場における世界量子コンピューティング:関係者別

  • 相手先ブランド供給(OEM)
  • 倉庫保管と流通
  • その他の利害関係者

第6章 自動車市場における世界量子コンピューティング:コンポーネント別

  • サービス
  • ハードウェア
  • ソフトウェア

第7章 自動車市場における世界量子コンピューティング:展開別

  • オンプレミス
  • クラウド

第8章 自動車市場における世界量子コンピューティング:アプリケーション別

  • ルート計画と交通管理
  • 材料調査
  • バッテリーの最適化
  • 自律走行車とコネクテッドビークル
  • 生産計画とスケジューリング
  • その他のアプリケーション

第9章 自動車市場における世界量子コンピューティング:エンドユーザー別

  • 製薬およびヘルスケア
  • 銀行・金融
  • 航空宇宙と防衛
  • 自動車
  • その他のエンドユーザー

第10章 自動車市場における世界量子コンピューティング:地域別

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • イタリア
    • フランス
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋地域
    • 日本
    • 中国
    • インド
    • オーストラリア
    • ニュージーランド
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • 南米
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • チリ
    • その他南米
  • 中東とアフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • カタール
    • 南アフリカ
    • その他中東とアフリカ

第11章 主な発展

  • 契約、パートナーシップ、コラボレーション、合弁事業
  • 買収と合併
  • 新製品の発売
  • 事業拡大
  • その他の主要戦略

第12章 企業プロファイル

  • Accenture plc
  • Alphabet Inc.
  • Amazon
  • Anyon Systems
  • Atom Computing Inc.
  • Capgemini
  • D-Wave Systems Inc.
  • IBM Corporation
  • Intel Corporation
  • Magiq Technologies Inc.
  • Microsoft Corporation
  • Pasqal
  • Qc Ware Corp
  • Quantinuum Ltd.(Cambridge Quantum Computing Ltd.)
  • Rigetti & Co, LLC
  • Terra Quantum
  • Xanadu Quantum Technologies Inc.
  • Zapata Computing
図表

List of Tables

  • Table 1 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Region (2020-2028) ($MN)
  • Table 2 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Stakeholder (2020-2028) ($MN)
  • Table 3 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Original Equipment Manufacturer (OEM) (2020-2028) ($MN)
  • Table 4 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Warehousing and Distribution (2020-2028) ($MN)
  • Table 5 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Other Stakeholders (2020-2028) ($MN)
  • Table 6 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Component (2020-2028) ($MN)
  • Table 7 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Services (2020-2028) ($MN)
  • Table 8 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Hardware (2020-2028) ($MN)
  • Table 9 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Software (2020-2028) ($MN)
  • Table 10 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Deployment (2020-2028) ($MN)
  • Table 11 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By On Premises (2020-2028) ($MN)
  • Table 12 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Cloud (2020-2028) ($MN)
  • Table 13 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Application (2020-2028) ($MN)
  • Table 14 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Route Planning and Traffic Management (2020-2028) ($MN)
  • Table 15 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Material Research (2020-2028) ($MN)
  • Table 16 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Battery Optimization (2020-2028) ($MN)
  • Table 17 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Autonomous and Connected Vehicles (2020-2028) ($MN)
  • Table 18 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Production Planning and Scheduling (2020-2028) ($MN)
  • Table 19 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Other Applications (2020-2028) ($MN)
  • Table 20 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By End User (2020-2028) ($MN)
  • Table 21 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Pharmaceutical and Healthcare (2020-2028) ($MN)
  • Table 22 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Banking and Finance (2020-2028) ($MN)
  • Table 23 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Aerospace & Defense (2020-2028) ($MN)
  • Table 24 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Automotives (2020-2028) ($MN)
  • Table 25 Global Quantum Computing in Automotive Market Outlook, By Other End Users (2020-2028) ($MN)

Note: Tables for North America, Europe, APAC, South America, and Middle East & Africa Regions are also represented in the same manner as above.

目次
Product Code: SMRC22790

According to Stratistics MRC, the Global Quantum Computing in Automotive Market is growing at a CAGR of 47.0% during the forecast period. Modern computer technology known as quantum computing is based on quantum theory and quantum mechanics. It is the use of the collective properties of quantum states, like superposition and entanglement, to carry out computation. High speeds are achieved by using 0 and 1 bits but utilising all possible conditions between 0 and 1. Several industries, including financial modelling, medical research, traffic optimisation, weather forecasting, and artificial intelligence, can benefit greatly from quantum computing. Hence, the strategic balance of power, military affairs, and commerce could change as a result of quantum computing.

Market Dynamics:

Driver:

Increase in government investment

To unleash the future potential of crucial applications and enable the use of various optimisation and simulation techniques with quantum computers, scalable quantum computer technology must be developed. Regional governments all over the world are funding the development of quantum computing technology to launch pilot programmes for a variety of applications. The advancement of quantum computing is being heavily financed by the research organisations of many countries. Canada, Australia, and Israel, three small nations are competing to develop quantum computer technologies. These nations are making investments in building specialised R&D infrastructure for quantum computing.

Restraint:

Stability and quantum error correction issues

Physical qubits, which are currently used in quantum computers, are prone to inaccurate. According to reports, 1,000 physical qubits are needed to achieve a single logical qubit that is error-free, a feat that has not yet been accomplished. Although devices up to 5,000 physical qubits have already been built, a commercially viable quantum computer is anticipated to be a 200-logical qubit machine with 200,000 physical qubits. This is one of the main obstacles to the widespread use of quantum computers commercially. Qubits cannot be maintained in their quantum mechanical state for an extended period of time due to their fragility and susceptibility to disruption by changes in their environment's temperature, noise, and frequency. The evolution of physical quantum mechanics is hampered by the constantly shifting mechanical state of quantum brought on by the challenges of creating a commercialised quantum computer.

Opportunity:

Rise in sales of electric and hybrid electric vehicle

Automobile manufacturers would be forced to enhance many EVs, such as vehicle architecture, driving range, fast charging capabilities, etc., due to the increasing use of BEVs and HEVs. Regarding quantum computing, it can be helpful to experiment with and construct various material compositions under various test scenarios. Research on battery material, battery optimisation & simulations, and battery temperature management systems can all be done using quantum computing for an electric vehicle. The rising popularity of electric vehicles will spur the need for better batteries and open up new markets for automotive and other hardware, software, and platform companies that specialise in quantum computing.

Threat:

Lack of skilled professionals and infrastructure

The field of quantum computing is intriguing and novel. To install this technology, a group of professionals with the requisite skill sets is needed. Finding employees with the necessary skill sets is a difficult for the businesses in this industry. To address the lack of skilled workers, many nations and quantum computer producers intend to start training programmes. The price of this training session, however, is one barrier for businesses looking to train their staff. Furthermore, it takes time and effort to understand these complex components. In order to lower their profit margins, quantum computer producers must spend more money on various post-sale activities.

COVID-19 Impact:

The implementation of remote workstations has expanded the acceptance of digital computing platforms, which has had a positive effect on the worldwide quantum computing sector as a result of the COVID-19 pandemic. The product might acquire popularity with the application of cutting-edge software and rapid digitization. Also, it is anticipated that the widespread use of e-commerce will support industrial development throughout the epidemic. Also, there has been an increase in research projects looking at quantum machine learning to open up new COVID-19 drug development opportunities by quickly creating possible chemical compounds.

The cloud-based segment is expected to be the largest during the forecast period

The cloud-based segment is estimated to have a lucrative growth. The need for cloud-based access to quantum computing services will be driven by the development of extremely powerful computers. Due to ongoing efforts to make technology more effective and error-free, quantum computing is still in its infancy and is susceptible to rapid advancements in hardware and software. As a result, the cloud model offers access to the most recent upgrades for automotive firms.

The route planning and traffic management segment is expected to have the highest CAGR during the forecast period

The route planning and traffic management segment is anticipated to witness the highest CAGR growth during the forecast period, due to it is one of the initial application areas for quantum computing in the automotive industry. Quantum computing can provide efficient route and traffic management, including traffic pattern and flow, shortest way selection, tracking weather conditions, etc. using real-time data, intelligent simulation, and optimisation approaches. To create a practical roadmap for route optimisation and traffic flow management, a few vehicle OEMs have teamed up with quantum computing technology vendors.

Region with largest share:

North America is projected to hold the largest market share during the forecast period owing to the existence of significant technology businesses like IBM Corporation, Microsoft Corporation, Google Inc., D-Wave Systems Inc., Rigetti Computing, and Zapata Computing, among others, and the early deployment of quantum computing devices and supported software and services. These businesses are technologically superior and have a lot of money to spend in new technologies.

Region with highest CAGR:

Asia Pacific is projected to have the highest CAGR over the forecast period, owing to the majority of Asian countries are home to manufacturers of automotive OEMs and components. Major hubs for the production of vehicles in the area include China, India, Japan, and South Korea. These nations have quantified some potential investments in this field. Additionally, a small number of regional businesses, like Hyundai Motors and AISIN Group, have begun investigating the use of quantum computing in driverless vehicles, material research, and electric vehicle batteries.

Key players in the market:

Some of the key players profiled in the Quantum Computing in Automotive Market include: Accenture plc, Alphabet Inc., Amazon, Anyon Systems, Atom Computing Inc., Capgemini, D-Wave Systems Inc., IBM Corporation, Intel Corporation, Magiq Technologies Inc., Microsoft Corporation, Pasqal, Qc Ware Corp, Quantinuum Ltd. (Cambridge Quantum Computing Ltd.), Rigetti & Co, LLC, Terra Quantum, Xanadu Quantum Technologies Inc. and Zapata Computing.

Key Developments:

In September 2023, Rigetti & Co, LLC launched its QCS on Microsoft's Azure Quantum platform with a public preview. The Aspen-M-2 80-qubit and Aspen-11 40-qubit superconducting quantum processors from Rigetti are available to all Azure Quantum users for the development and execution of quantum applications.

In January 2023, PASQAL announced the launch of Pulser Studio, a no-code development platform for neutral atoms quantum computers. Pulser Studio enables users to graphically build quantum registers and design pulse sequences without coding knowledge.

In November 2022, IBM Corporation introduced Next-Generation IBM Quantum System Two and 400 Qubit-Plus Quantum Processors. This processor can perform quantum computations that are much more complex than what can be done on any classical computer.

In November 2022, IBM Corporation launched its most effective quantum computer, which has three times the number of qubits than its Eagle machine. This new quantum computer with 433 qubit capacity called Osprey is capable of previously insolvable problems.

In November 2022, Amazon launched its first natural-atom quantum processor for Amazon Bracket. This new processor has been developed with Qu Era technologies and is 256 qubits. This new device is designed to solve optimization problems.

In October 2022, D-wave Systems Inc. launched its quantum software & services on the AWS marketplace. It makes finding, testing, buying, and deploying software that runs on Amazon Web Services is simple. Customers of the AWS Marketplace will have simple access to a selection of quantum computing products from D-Wave, including the use of the Leap quantum cloud service.

Stakeholders Covered:

  • Original Equipment Manufacturer (OEM)
  • Warehousing and Distribution
  • Other Stakeholders

Components Covered:

  • Services
  • Hardware
  • Software

Deployments Covered:

  • On Premises
  • Cloud

Applications Covered:

  • Route Planning and Traffic Management
  • Material Research
  • Battery Optimization
  • Autonomous and Connected Vehicles
  • Production Planning and Scheduling
  • Other Applications

End Users Covered:

  • Pharmaceutical and Healthcare
  • Banking and Finance
  • Aerospace & Defense
  • Automotives
  • Other End Users

Regions Covered:

  • North America
    • US
    • Canada
    • Mexico
  • Europe
    • Germany
    • UK
    • Italy
    • France
    • Spain
    • Rest of Europe
  • Asia Pacific
    • Japan
    • China
    • India
    • Australia
    • New Zealand
    • South Korea
    • Rest of Asia Pacific
  • South America
    • Argentina
    • Brazil
    • Chile
    • Rest of South America
  • Middle East & Africa
    • Saudi Arabia
    • UAE
    • Qatar
    • South Africa
    • Rest of Middle East & Africa

What our report offers:

  • Market share assessments for the regional and country-level segments
  • Strategic recommendations for the new entrants
  • Covers Market data for the years 2020, 2021, 2022, 2025, and 2028
  • Market Trends (Drivers, Constraints, Opportunities, Threats, Challenges, Investment Opportunities, and recommendations)
  • Strategic recommendations in key business segments based on the market estimations
  • Competitive landscaping mapping the key common trends
  • Company profiling with detailed strategies, financials, and recent developments
  • Supply chain trends mapping the latest technological advancements

Free Customization Offerings:

All the customers of this report will be entitled to receive one of the following free customization options:

  • Company Profiling
    • Comprehensive profiling of additional market players (up to 3)
    • SWOT Analysis of key players (up to 3)
  • Regional Segmentation
    • Market estimations, Forecasts and CAGR of any prominent country as per the client's interest (Note: Depends on feasibility check)
  • Competitive Benchmarking
    • Benchmarking of key players based on product portfolio, geographical presence, and strategic alliances

Table of Contents

1 Executive Summary

2 Preface

  • 2.1 Abstract
  • 2.2 Stake Holders
  • 2.3 Research Scope
  • 2.4 Research Methodology
    • 2.4.1 Data Mining
    • 2.4.2 Data Analysis
    • 2.4.3 Data Validation
    • 2.4.4 Research Approach
  • 2.5 Research Sources
    • 2.5.1 Primary Research Sources
    • 2.5.2 Secondary Research Sources
    • 2.5.3 Assumptions

3 Market Trend Analysis

  • 3.1 Introduction
  • 3.2 Drivers
  • 3.3 Restraints
  • 3.4 Opportunities
  • 3.5 Threats
  • 3.6 Application Analysis
  • 3.7 End User Analysis
  • 3.8 Emerging Markets
  • 3.9 Impact of Covid-19

4 Porters Five Force Analysis

  • 4.1 Bargaining power of suppliers
  • 4.2 Bargaining power of buyers
  • 4.3 Threat of substitutes
  • 4.4 Threat of new entrants
  • 4.5 Competitive rivalry

5 Global Quantum Computing in Automotive Market, By Stakeholder

  • 5.1 Introduction
  • 5.2 Original Equipment Manufacturer (OEM)
  • 5.3 Warehousing and Distribution
  • 5.4 Other Stakeholders

6 Global Quantum Computing in Automotive Market, By Component

  • 6.1 Introduction
  • 6.2 Services
  • 6.3 Hardware
  • 6.4 Software

7 Global Quantum Computing in Automotive Market, By Deployment

  • 7.1 Introduction
  • 7.2 On Premises
  • 7.3 Cloud

8 Global Quantum Computing in Automotive Market, By Application

  • 8.1 Introduction
  • 8.2 Route Planning and Traffic Management
  • 8.3 Material Research
  • 8.4 Battery Optimization
  • 8.5 Autonomous and Connected Vehicles
  • 8.6 Production Planning and Scheduling
  • 8.7 Other Applications

9 Global Quantum Computing in Automotive Market, By End User

  • 9.1 Introduction
  • 9.2 Pharmaceutical and Healthcare
  • 9.3 Banking and Finance
  • 9.4 Aerospace & Defense
  • 9.5 Automotives
  • 9.6 Other End Users

10 Global Quantum Computing in Automotive Market, By Geography

  • 10.1 Introduction
  • 10.2 North America
    • 10.2.1 US
    • 10.2.2 Canada
    • 10.2.3 Mexico
  • 10.3 Europe
    • 10.3.1 Germany
    • 10.3.2 UK
    • 10.3.3 Italy
    • 10.3.4 France
    • 10.3.5 Spain
    • 10.3.6 Rest of Europe
  • 10.4 Asia Pacific
    • 10.4.1 Japan
    • 10.4.2 China
    • 10.4.3 India
    • 10.4.4 Australia
    • 10.4.5 New Zealand
    • 10.4.6 South Korea
    • 10.4.7 Rest of Asia Pacific
  • 10.5 South America
    • 10.5.1 Argentina
    • 10.5.2 Brazil
    • 10.5.3 Chile
    • 10.5.4 Rest of South America
  • 10.6 Middle East & Africa
    • 10.6.1 Saudi Arabia
    • 10.6.2 UAE
    • 10.6.3 Qatar
    • 10.6.4 South Africa
    • 10.6.5 Rest of Middle East & Africa

11 Key Developments

  • 11.1 Agreements, Partnerships, Collaborations and Joint Ventures
  • 11.2 Acquisitions & Mergers
  • 11.3 New Product Launch
  • 11.4 Expansions
  • 11.5 Other Key Strategies

12 Company Profiling

  • 12.1 Accenture plc
  • 12.2 Alphabet Inc.
  • 12.3 Amazon
  • 12.4 Anyon Systems
  • 12.5 Atom Computing Inc.
  • 12.6 Capgemini
  • 12.7 D-Wave Systems Inc.
  • 12.8 IBM Corporation
  • 12.9 Intel Corporation
  • 12.10 Magiq Technologies Inc.
  • 12.11 Microsoft Corporation
  • 12.12 Pasqal
  • 12.13 Qc Ware Corp
  • 12.14 Quantinuum Ltd. (Cambridge Quantum Computing Ltd.)
  • 12.15 Rigetti & Co, LLC
  • 12.16 Terra Quantum
  • 12.17 Xanadu Quantum Technologies Inc.
  • 12.18 Zapata Computing