市場調査レポート
商品コード
1453094

マッピング・ルーティングの進歩による、電気自動車 (EV)・自動運転車 (AV) への移行支援

Mapping and Routing Advances Support the Transition to EVs and Automated Vehicles

出版日: | 発行: Guidehouse Insights | ページ情報: 英文 14 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
マッピング・ルーティングの進歩による、電気自動車 (EV)・自動運転車 (AV) への移行支援
出版日: 2024年03月19日
発行: Guidehouse Insights
ページ情報: 英文 14 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 図表
  • 目次
概要

マッピング (地図表示) およびルーティング (経路検索) サービスは、道路利用者の運転体験を簡素化し、長年にわたり自動車業界の定番となっています。これらのサービスが進歩し、あらゆる車両で利用されるようになるにつれ、提供される内容もより広範囲かつ包括的になってきました。マッピング・ルーティング技術は、近年加速している電気自動車 (EV) や自動運転車(AV)の普及を促進する主要な手段となっています。EVにとって、これらのサービスは使いやすさを向上させ、車間距離への不安を軽減します。AVにとっては、マッピングとルーティングが必要な技術です。

当レポートでは、マッピング・ルーティング技術の現在までの開発動向や、どのような機能がEV・AVの開発の主な実現要因になったのかについて分析すると共に、業界関係者 (EV・AVメーカー、マッピング・ルーティングエンジン開発者) 向けに詳細かつ実現可能な提言を提示しております。

本レポートでは、これらの技術がどのように発展し、どのような機能がEVやAVの発展を可能にしたのかについて論じています。 本レポートでは、 向けに、詳細かつ実用的な推奨事項を提示しています。

目次

序論

背景事情

提言

ADASを搭載したEVが、標準的なLDV (ライトトラック) になりつつある

EV (電気自動車)

AV (自動運転車)

マッピング・ルーティング技術

EV・AVは、特殊なマッピング・ルーティングの考慮事項を必要とする

EVのマッピング・ルーティング

現在提供中のサービス

AVのマッピング・ルーティング

現在提供中のサービス

メーカー (OEM)・サービスプロバイダーが将来に備えて取るべき事項

EVメーカーはマッピングとルーティングを提供サービスの中核部分にする必要がある

LDVメーカーは、HDマップを作成する必要がある

マッピング・ルーティング企業は、自社のサービスを補完する必要がある

図表

List of Figures

  • Annual LDV Deployment by ADAS Classification, 2023-2035
  • LDV Sales by Powertrain, World Markets: 2021-2035
目次
Product Code: SI-RMV-24

Mapping and routing services have been a staple in the auto industry for years, simplifying the driving experience for road users. As these services have advanced and become ubiquitous for vehicles everywhere, what they offer has become more extensive and comprehensive. Now, mapping and routing technologies stand as a prime enabler to EV and automated vehicle (AV) adoption, which has been accelerating over the past several years. For EVs, these services increase ease of use and alleviaterange anxiety. For AVs, mapping and routing are necessary technologies. This report discusses how these technologies developed and what features have been the key enablers for EV and AV development. The report provides detailed and actionable recommendations for EV and AV manufacturers as well as mapping and routing engine developers.

Table of Contents

Spark

Context

Recommendation

EVs with ADAS Are Becoming the Standard LDV

EVs

Avs

Mapping and Routing Technology

EVs and AVs Require Specific Mapping and Routing Considerations

EV Mapping and Routing

Current Service Offerings

AV Mapping and Routing

Current Service Offerings

OEMs and Service Providers Need to Prepare for the Future

EV OEMs Should Make Mapping and Routing a Core Part of Their Service Offerings

LDV OEMs Should Be Creating HD Maps

Mapping and Routing Companies Need to Supplement Their Offerings