デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
965041

日本医薬品市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Japan Pharmaceutical Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 80 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
日本医薬品市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 80 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本の医薬品市場は、CAGR1.06%の低成長が予想されています。日本の製薬業界は近年、緩やかな成長パターンを経験しています。強力な規制と価格設定システム、そして頻繁な価格引き下げにより、医薬品メーカーが画期的な新薬を発売することはほとんど不可能となりました。さらに、日本の医療費支出を最小限に抑えるため、2007年から政府が導入したジェネリック医薬品の普及が、事業停滞の原因となっています。この10年間でジェネリック医薬品の数量比率はほぼ2倍になり、現在も上昇中です。さらに、今後数年のうちにいくつかの医薬品の特許が切れるため、日本企業はビジネス状況の変化に対応することが求められています。

日本の医薬品市場は、高品質な医薬品と高品質な包装技術という戦略的優位性を持っています。また、日本の医薬品市場は、世界の医薬品の品質向上を目指しており、品質保証・品質管理の水準は世界一です。しかしながら、日本の医薬品市場は、米国、中国に次ぐ第3位の市場であることに変わりはありません。日本の医薬品業界は変化しつつありますが、様々な展望と成長の可能性を持っています。高齢化と平均寿命の伸びにより、治療に対する需要が高まっており、これが予測期間中の日本の医薬品業界の潜在的動向の主要な推進力となっています。

主な市場動向

日本におけるヘルスケア支出

OECDによると、2018年現在、日本における一人当たりのヘルスケア支出は4,766ドルと推定されます。ヘルスケア支出は2018年にGDPの10.9%を記録し、2030年には12.1%を達成すると予想されています。日本は、高齢者人口の増加と労働人口の減少に起因する経済的負担に直面することが予想されます。日本のヘルスケア産業には、生産性を向上させる余地がありそうです。ジェネリック医薬品の使用は、医師、患者、薬剤師による取り組みもあり、年々着実に増加しています。しかし、ジェネリック医薬品は医薬品数の40%に過ぎず、OECD平均の52%や英国、ドイツ、チリよりもさらに低い数値となっています。ジェネリック医薬品の有効性や効能について、ヘルスケア関係者や国民に納得してもらう努力を強化することで、ジェネリック医薬品の普及をさらに促進させることができると考えられます。

医療用医薬品分野が最大のシェアを占め、予測期間中も同様と予想

日本の処方薬セグメントは、予測期間中、最大の割合を占めると予想されます。処方薬で市場の80%以上を占めています。この分野の業界促進要因は、技術の進歩、老年人口の増加、心血管疾患、癌、自己免疫疾患などの慢性疾患の有病率の上昇、新製品のイノベーションであり、この上昇傾向の原因ともなっています。日本では、心血管疾患やその他の慢性疾患が増加しており、生活水準に影響を与えるだけでなく、経済発展にも支障をきたしています。慢性疾患の増加により、処方薬の使用が増加し、予測期間中の需要拡大が見込まれます。また、日本における一人当たりの医療費支出が改善され、予測期間中の成長がさらに高まると予想されます。

競合情勢

日本の医薬品市場は非常に競争が激しく、複数の大手企業が参入しています。市場シェアの観点からは、現在、少数の主要企業が市場を独占しています。また、一部の有力企業は、国内市場での地位を固めるために、他社との買収や合弁を精力的に行っています。現在、市場を独占している主要企業は、武田薬品工業、ファイザー、中外製薬、メルク・アンド・カンパニー、第一三共株式会社などです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
    • ヘルスケア支出
    • 医薬品の輸入と輸出
    • 主要疾病の疫学データ
    • 規制状況/規制機関
    • ライセンシングと市場認可
    • パイプライン分析
      • フェーズ別
      • スポンサー別
      • 疾患別
    • 静的概要
      • 病院数
      • 医薬品産業における雇用者数
      • 研究開発費
    • ビジネスのしやすさ
  • 市場促進要因
    • 老年人口の増加
    • CVDや糖尿病などの慢性疾患の発生率の増加
  • 市場抑制要因
    • 厳しい規制シナリオ
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 治療カテゴリー別
    • 抗アレルギー剤
    • 血液および造血器官
    • 循環器系
    • 皮膚科領域
    • 泌尿器系
    • 呼吸器系
    • 感覚器
    • その他
  • 処方タイプ別
    • 処方薬(Rx)
      • ブランド薬
      • ジェネリック医薬品
    • OTC医薬品

第6章 競合情勢と企業プロファイル

  • Company Profile
    • Takeda Pharmaceutical Company Limited
    • Pfizer Inc.
    • Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.
    • Merck & Co., Inc.
    • Daiichi Sankyo Company, Limited
    • Bayer AG
    • GlaxoSmithKline plc
    • Eli Lilly and Company
    • Novartis International AG
    • Sanofi S.A.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 70712

The Japan Pharmaceutical market studied was anticipated to show a slow growth with a CAGR of 1.06%. In Japan, the pharmaceutical industry has experienced modest growth patterns in recent years. Strong regulation and pricing systems, along with frequent price cuts, both made it almost impossible for pharmaceutical drug manufacturers to launch new revolutionary drugs. A further explanation for the stagnating business is the adoption of generic medicines introduced by the government from 2007 in order to minimize expenditure on healthcare in Japan. In the last decade, the volume percentage of generic drugs has almost doubled, and still, it is rising. Furthermore, with several pharmaceutical patents coming to an end in the coming years, Japanese corporations are obliged to respond to a changing business situation.

Japan's pharmaceutical market has a strategic edge in its ability to make strong-quality pharmaceutical drugs and high-quality packaging technology. Japan also has the greatest standard of quality assurance and quality control throughout the globe, as the Japanese pharmaceutical market aims to enhance the quality of pharmaceutical products across the globe. Nevertheless, Japan's pharmaceutical market remains third largest market, behind the United States and China. Although Japan's industry is undergoing change, it provides a range of prospects and growth potential. Aging population and rising life expectancy have contributed to a strong demand for treatment which would be a major driver of potential trends in the pharmaceutical industry in the country over the forecast period.

Key Market Trends

Healthcare Expenditure in Japan

According to the OECD, as of 2018, per capita, healthcare spending in Japan is estimated to be $4,766. The healthcare spending hit 10.9% of GDP in 2018 and is expected to achieve 12.1% by 2030. Japan is expected to face economic strain attributable to a growing geriatric population and a declining workforce. There seems to be scope for increases in productivity in the Japanese healthcare industry. Generic use has steadily grown over the years, due in part to initiatives aimed by doctors, patients, and pharmacists. However, generics account for just 40 percent of the number of pharmaceutical products, relative to an average of OECD which is 52 percent and even smaller than that of the United Kingdom, Germany, and Chile. Strengthened efforts to convince healthcare professionals and the public about the effectiveness and efficacy of generics could further enhance the generics uptake.

Prescription Drugs segment Holds the Largest Share and Expected to do Same in the Forecast Period

Japan's Prescription Drugs segment is expected to constitute the largest proportion in the forecast period. Prescription medications account for more than 80% of the market. The industry drivers for this field are technical advances, growing geriatric populace, rising prevalence of chronic diseases such as cardiovascular disease, cancer, autoimmune disease, and new product innovations are also accountable for this rising trend. Cardiovascular disease and other chronic diseases are increasing in Japan, they are not only impacting the standard of living but also hindering economic development. Rising cases of chronic diseases would lead to a rise in the use of prescription drugs that will accelerate demand growth in the country during the forecast period, along with an improvement in per capita healthcare expenditure in the country which is also anticipated to further boost growth during the forecast period.

Competitive Landscape

The Japanese pharmaceutical market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, few of the major players are currently dominating the market. And some prominent players are vigorously making acquisitions and joint ventures with the other companies to consolidate their market positions in the country. Some of the Key companies which are currently dominating the market are Takeda Pharmaceutical Company Limited, Pfizer Inc., Chugai Pharmaceutical Co., Ltd., Merck & Co., Inc., and Daiichi Sankyo Company, Limited

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
    • 4.1.1 Healthcare Expenditure
    • 4.1.2 Pharmaceutical Imports and Exports
    • 4.1.3 Epidemiology Data For key Diseases
    • 4.1.4 Regulatory Landscape/Regulatory Bodies
    • 4.1.5 Licensing and Market Authorization
    • 4.1.6 Pipeline Analysis
      • 4.1.6.1 By Phase
      • 4.1.6.2 By Sponsor
      • 4.1.6.3 By Disease
    • 4.1.7 Statically Overview
      • 4.1.7.1 Number of Hospitals
      • 4.1.7.2 Employment in the Pharmaceutical Sector
      • 4.1.7.3 R&D Expenditure
    • 4.1.8 Ease of Doing Business
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Geriatric Population
    • 4.2.2 Rising Incidence of Chronic Disease such as CVD and Diabetes
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulatory Scenario
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Therapeutic Category
    • 5.1.1 Antiallergics
    • 5.1.2 Blood and Blood Forming Organs
    • 5.1.3 Cardiovascular System
    • 5.1.4 Dermatologicals
    • 5.1.5 Genito Urinary System
    • 5.1.6 Respiratory System
    • 5.1.7 Sensory Organs
    • 5.1.8 others
  • 5.2 By Prescription Type
    • 5.2.1 Prescription Drugs (Rx)
      • 5.2.1.1 Branded
      • 5.2.1.2 Generics
    • 5.2.2 OTC Drugs

6 COMPETITIVE LANDSCAPE & COMPANY PROFILES

  • 6.1 Company Profile
    • 6.1.1 Takeda Pharmaceutical Company Limited
    • 6.1.2 Pfizer Inc.
    • 6.1.3 Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.
    • 6.1.4 Merck & Co., Inc.
    • 6.1.5 Daiichi Sankyo Company, Limited
    • 6.1.6 Bayer AG
    • 6.1.7 GlaxoSmithKline plc
    • 6.1.8 Eli Lilly and Company
    • 6.1.9 Novartis International AG
    • 6.1.10 Sanofi S.A.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS