デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
938148

自動車ホワイトボディ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Automotive Body-in-White Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecast (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
自動車ホワイトボディ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車ホワイトボディ市場は、2020年には867億8000万米ドルで、予測期間(2021年~2026年)のCAGRは3.32%に推移し、2026年には1093億2000万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の流行は、自動車販売の減少や世界の製造施設の閉鎖により、自動車ホワイトボディ市場の成長を阻害しました。しかし、パンデミック後の規制緩和により、予測期間中に市場は再び勢いを取り戻すと予想されます。

環境規制や排ガス規制の強化、燃費向上のための軽量化素材の自動車への採用が進み、予測期間中の需要を後押ししています。また、自動車メーカーは、軽量素材の使用による車両の軽量化によって燃費を向上させるために研究開発に投資しており、これが市場の成長を促進すると予測されます。

これとは別に、ボディ・イン・ホワイトはすべての自動車にとって不可欠な構造であるため、自動車部門の発展も世界のボディ・イン・ホワイト市場の成長に拍車をかけると考えられます。アジア太平洋地域は、インドや中国といった国々での政府の取り組みにより、予測期間中に大きな成長を遂げると予想されています。

主な市場動向

予測期間中に大きな需要が見込まれる軽量化素材

商用トラックから乗用車まで、またガソリン車から電気自動車まで、あらゆるタイプの車両において、ボディインホワイト(BIW)構造部品の従来の金属材料は、軽量鋼、繊維強化プラスチック、アルミニウムとマグネシウムの合金などの軽量材料に置き換えられつつあります。この改善の主な原動力は、厳しい排ガス規制や安全規制とともに、燃費の良い車の需要が高まっていることです。

発展途上国や先進国での厳しい排ガス規制は、軽量車両の需要に拍車をかけています。自動車メーカーは、より厳しい排出ガス規制や燃費規制に対応するため、車体全体の軽量化や燃費向上に注力しており、その結果、ボディ・イン・ホワイト(BIW)市場の成長が見込まれています。例えば、以下の通りです。

  • 2021年3月、Thyssenkruppは、自動車業界の顧客向けに車体組立ソリューションと軽量車体部品の生産を専門とする「Automotive Body Solutions」ビジネスユニットの立ち上げを発表しました。
  • 2021年3月、Hydroは、圧延ユニット事業をKPS Capitalに16億5,000万米ドルで売却すると発表しました。アルミニウム圧延ユニットは、自動車部品の製造に使用されます。圧延ユニットの売却は、低炭素アルミニウム生産戦略を強化するための戦略の一環です。

したがって、自動車需要の増加と先進技術により、予測期間中、自動車ホワイトボディ市場におけるこれらの他の種類の材料の需要が増加すると予想されます。

予測期間中、最も高い成長率を示すと予測されるアジア太平洋地域

アジア太平洋地域は、自動車ホワイトボディ市場で大きなシェアを占めると予想されます。自動車生産台数の増加、電気自動車の普及を促進する政府の取り組みにより、予測期間中にボディ・イン・ホワイト市場の需要が高まると予想されます。インド、中国などの主要国での自動車需要の高まりが、アジア太平洋地域の市場発展を補完すると予想されます。

中国は、毎年約2,500万台の自動車を生産し、アジア太平洋地域の自動車ホワイトボディ市場に大きく貢献しています。同市場の最大の収益源となっています。また、日本は強力な排ガス規制の導入と軽量化ソリューションを備えた電気自動車の購入により、最も急成長している市場の1つと推定され、この地域はBIWの世界最大の収益市場となっています。

最近の排ガス規制の変更に伴い、メーカーはエンジンをアップグレードした新型車の発売を余儀なくされました。この変化の一環として、ほとんどのメーカーは最新技術の研究開発に多額の投資を行い、車両重量を減らすための新材料を打ち出しています。このような背景から、アジア太平洋地域は自動車製造の中心地として支持されており、これが将来の自動車ホワイトボディ市場の原動力となるでしょう。

競合情勢

自動車ホワイトボディ市場は統合されており、世界的および地域的に確立されたプレーヤーが主導しています。これらの企業は、世界および地域レベルで強力な販売網を持ち、この市場で幅広い製品群を提供するための戦略を採用しています。彼らは市場での地位を維持するために、協力関係や契約、協定を結んでいます。例えば、次のようなことです。

  • 2021年4月、Magna Cosma Castingは、軽量車両を生産するための製造スペース追加のため、Battle Creekの施設におよそ5万平方フィートの拡張に 3,190万米ドルを投資する予定であると発表しました。
  • 2020年9月、ABBは最終トリム・組立(FTA)用の新しいダイナミック・アセンブリ・パックを発表しました。FTAは、ロボットグリッパーとアームに搭載されたリアルタイムビジョンカメラと、統合された力制御センサーを組み合わせ、ロボットがワークステーションに入る車体の位置を正確に追跡することを可能にします。

Magna International Inc、Norsk Hydro ASA、Gestamp Automocion SA、アイシン精機、Thyssenkrupp AGなどが、この市場の主要企業として挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 車両タイプ
    • 乗用車
    • 商用車
  • 推進方式
    • ICエンジン
    • 電気自動車
  • 材料の種類
    • アルミ
    • 鋼鉄
    • 複合材料
    • その他の材料
  • 材料接合技術
    • 溶接
    • クリンチング
    • レーザーブレージング
    • ボンディング
    • その他の接合技術
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • その他の地域
      • 南米
      • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル*1
    • Thyssenkrupp AG
    • Tata Steel Limited
    • Kuka AG
    • TECOSIM Group
    • Magna International Inc.
    • ABB Corporation
    • Gestamp Automocion SA
    • Aisin Seiki Co. Limited
    • Dura Automotive Systems
    • Tower International
    • CIE Automotive
    • Benteler International
    • Norsk Hydro ASA

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69664

The Automotive Body-in-white Market was valued at USD 86.78 billion in 2020, and it is expected to reach USD 109.32 billion by 2026, registering a CAGR of 3.32% during the forecast period (2021 - 2026).

The COVID-19 pandemic hindered the growth of automotive body-in-white market owing to decreased automotive sales, shut down of manufacturing facilities worldwide. However, as restrictions eased post-pandemic market expected to regain momentum during forecast period.

Growing stringent environmental regulations and emission norms along with rising adoption rate of lightweight materials in the vehicles to achieve fuel efficiency to propel demand in the market during the forecast period. Moreover, automakers are investing in research and development to improve the fuel efficiency of vehicles by reducing their weight through the use of lightweight materials, which is anticipated to drive the growth of the market.

Apart from this, the body in white is an integral structure for all automobiles, and hence, the development of the automobile sector will also add to the growth of the global body-in-white market. Asia-Pacific region is anticipated to have significant growth during the forecast period owing to the government initiatives in countries, like India and China, as it will promote manufacturing and contribute to the growth of this market.

Key Market Trends

Light weight Materials Likely to Witness Significant Demand During the Forecast Period

The conventional metallic materials of body-in-white (BIW) structural components are getting replaced by lightweight materials such as lightweight steels, fiber-reinforced plastics, and alloys of aluminum and magnesium for all types of vehicles, ranging from commercial trucks to passenger cars and from gasoline-powered vehicles to electric vehicles. The primary driving force behind this improvement is the rising demand for fuel-efficient vehicles along with the stringent emission and safety regulations.

Stringent emission standards across developing and developed nations are fueling the demand for lightweight vehicles. To further comply with stricter emissions and fuel economy standards, automobile manufacturers are focusing on reducing the overall weight of the car and enhancement of fuel efficiency resulting in the growth of the body-in-white (BIW) market. For instance,

  • In March 2021, Thyssenkrupp announced the launch of the "Automotive Body Solutions" business unit, which specializes in body assembly solutions and the production of lightweight body components for auto industry customers.
  • In March 2021, Hydro announced sells the Rolling unit business for USD 1.65 billion to KPS Capital. The aluminum rolling unit is used for manufacturing automotive parts. The sale of the rolling unit is part of the company's strategy to strengthen its strategy of low-carbon aluminum production.

Therefore, growing demand for vehicles and advanced technology anticipated to increase demand for these other types of materials in the automotive body-in-white market during the forecast period.

Asia-Pacific Anticipated to Exhibit the Highest Growth Rate During the Forecast Period

The Asia-Pacific region is expected to hold significant share in the automotive body-in-white market. Rising automotive production, government initiatives to encourage adoption of electric vehicles expected to boost demand for body-in-white market during the forecast period. Growing demand for automotive vehicles in major countries like India, China anticipated to supplement the development of market in Asia-Pacific region.

China has been the major contributor to the automotive body-in-white market in the Asia-Pacific region, with approximately 25 million cars produced every year. It is the largest revenue generator for the market. In addition, Japan estimated to be one of the fastest-growing market with the adoption of strong emission regulations and the purchase of electric vehicles with lightweight solutions, which makes the region the largest revenue market for BIW globally.

With recent changes in emission norms, manufacturers were forced to launch new car models with upgraded engines. As part of this change, most manufacturers are investing heavily in the research and development of the latest technologies and coming up with new materials to reduce the vehicle weight. These aspects have made Asia-Pacific the favored automotive manufacturing hub, which will drive the automotive body-in-white market in the future.

Competitive Landscape

The Automotive body-in-white market is consolidated and is led by globally and regionally established players. These companies have strong distribution networks at a global and regional level and adopting strategies to offer an extensive product range in this market. They are entering into collaborations, and contracts, and agreements to sustain their market position. For instance,

  • In April 2021, Magna Cosma Casting is announced that it is planning to invest USD 31.9 million into an expansion of its facility of a roughly 50,000-square-foot expansion to its Battle Creek facility for additional manufacturing space to produce lightweight vehicles.
  • In September 2020, ABB announced its new Dynamic Assembly Pack for Final Trim and Assembly (FTA). FTA combines real-time vision cameras on the robot gripper and arms with integrated force control sensors to allow the robot to precisely track the position of the car body as it enters the workstation.

Magna International Inc, Norsk Hydro ASA, Gestamp Automocion SA, Aisin Seiki, Thyssenkrupp AG are some of the key players in the market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Vehicle Type
    • 5.1.1 Passenger Vehicles
    • 5.1.2 Commercial Vehicles
  • 5.2 Propulsion Type
    • 5.2.1 IC Engines
    • 5.2.2 Electric Vehicles
  • 5.3 Material Type
    • 5.3.1 Aluminum
    • 5.3.2 Steel
    • 5.3.3 Composites
    • 5.3.4 Other Material Types
  • 5.4 Material Joining Technique
    • 5.4.1 Welding
    • 5.4.2 Clinching
    • 5.4.3 Laser Brazing
    • 5.4.4 Bonding
    • 5.4.5 Other Material Joining Techniques
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Rest of North America
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Spain
      • 5.5.2.5 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 India
      • 5.5.3.2 China
      • 5.5.3.3 Japan
      • 5.5.3.4 South Korea
      • 5.5.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Rest of the World
      • 5.5.4.1 South America
      • 5.5.4.2 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles *
    • 6.2.1 Thyssenkrupp AG
    • 6.2.2 Tata Steel Limited
    • 6.2.3 Kuka AG
    • 6.2.4 TECOSIM Group
    • 6.2.5 Magna International Inc.
    • 6.2.6 ABB Corporation
    • 6.2.7 Gestamp Automocion SA
    • 6.2.8 Aisin Seiki Co. Limited
    • 6.2.9 Dura Automotive Systems
    • 6.2.10 Tower International
    • 6.2.11 CIE Automotive
    • 6.2.12 Benteler International
    • 6.2.13 Norsk Hydro ASA

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS