デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
922168

プロポリス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Propolis Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 118 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
プロポリス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 118 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

プロポリスの世界市場は2020年に6億710万米ドルとなり、予測期間2021-2026年にはCAGR5.48%を記録すると予測されています。

調査した市場のサプライチェーンは、原料であるプロポリスの生産量の減少によって大きな影響を受けました。COVID-19のロックダウンは、養蜂家とミツバチにとって特有の問題を提起しています。各国が長期のロックダウンに入ると、不要不急の車両の移動が停止してしまうのです。その結果、養蜂家は国内外を問わず、ミツバチの箱を移動することが困難となり、ミツバチが餓死する事態となっています。そのため、ミツバチの受粉量が減り、プロポリスの生産量も減少しました。さらに、限られた労働力を確保することが、最終製品の生産性をさらに低下させました。

プロポリスの摂取は、免疫システムを強化し、同時に抗酸化剤、麻酔剤、創傷治癒剤としての役割を果たすため、医薬品分野の重要な構成要素となっています。

プロポリスを購入する際の課題の1つは、入手可能なブランド間で標準化がなされていないことです。多くのブランドは、20%の純粋なプロポリスを使用していると述べているが、これはその20%の品質について消費者に知らせているわけではないです。このような情報の透明性の欠如は、市場の成長を抑制する可能性があります。

主な市場動向

単純ヘルペスウイルス1型および2型の感染率上昇

世界では、何十億もの人々がヘルペス感染症に罹患しており、口唇ヘルペスや性器ヘルペスに悩まされています。これらの感染症は、頻繁に水ぶくれや冷え症を引き起こし、痛みを伴うことがあります。これらの感染症は、より致命的な病気を引き起こす可能性があります。世界保健機関(WHO)が2020年5月に発表した最近の報告書によると、性器ヘルペス感染は、世界のHIVの蔓延にかなりの役割を担っているとされています。米国は性器ヘルペスの人口が多い国の一つです。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、2019年に米国で新たに発生した性器ヘルペス感染症は57万2000件近くにのぼります。研究者たちは、この病気に対するワクチンや適切な治療法を見つけるために継続的に取り組んでいますが、それでも今日まで得られた適切な結果はありません。さらに、このウイルスの恐ろしい影響に関する消費者の意識の高まりは、水疱や冷え症を治すための軟膏としてのプロポリスの成長に寄与しています。

欧州が最大の市場シェアを占める

欧州におけるプロポリスの需要の高まりは、健康意識の高まりと、成人の間で免疫系、消化器系の健康、しわの減少を促進するその能力に起因しているものと思われます。さらに、プロポリスはグルテンフリーの製品であるため、セリアック病に苦しむ人々も利用することができます。現在、英国では、全人口の約20%が65歳以上の高齢者です。高齢者人口の増加と、ヘルスケア製品により多くの費用をかけることができるようになったことで、市場の成長が見込まれています。また、栄養面や健康面での利点から、免疫力を高めるために広く使用されています。疫学的および前臨床研究に基づいて、プロポリスは化学予防活性を有し、癌のリスクを減少させます。英国癌研究所のデータによると、英国では2分ごとに誰かが癌と診断されています。英国人の癌発生率の上昇と臨床研究からの証拠は、プロポリス市場の成長を助ける。

競合情勢

プロポリスの使用は、関連するヘルスケア効果が公開されて以来、大規模に行われています。ブラジル、ニュージーランド、中国、ロシア、トルコなどの国のメーカーは、工業規模でプロポリスの抽出を導入しており、製品はカプセル、スプレー、エキスなどの形態で市場に出ています。市場の主要なプレーヤーは、コンビタ、ワックスグリーン、アピスフローラ、アピアリオポレネクター、MNプロポリスです。パートナーシップ、ジョイントベンチャー、合併のための戦略は、世界市場のシナリオで、これらの企業の発展の背後にある重要な戦略でした。過去数年間、新興国への市場プレゼンスの拡大は、主要企業の成長の背後にある重要な戦略でした。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と調査の成果
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • カプセル・錠剤
    • 液体
    • クリーム
    • その他の製品タイプ
  • 販売チャネル別
    • オフラインの小売店
      • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
      • 薬局・薬店
      • その他のオフライン小売店
    • オンラインストア
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • スペイン
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • 南アフリカ共和国
      • サウジアラビア
      • トルコ
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • 主要プレイヤーの戦略
  • Market Positioning of Players
  • 企業プロファイル
    • Herb Pharm LLC
    • Apis Flora
    • Bee Health Limited
    • YS Organic Bee Farms
    • Comvita Ltd
    • Wax Green
    • Apiary Polenecter
    • Uniflora Health Foods
    • Sunyata Pon Lee
    • NOW Foods

第7章 市場機会と将来動向

第8章 COVID-19が市場に与える影響

目次
Product Code: 67660

The global propolis market was valued at USD 607.10 million in 2020 and it is expected to register a CAGR of 5.48% during the forecast period 2021-2026.

The supply chain of the market studied was vastly affected by the falling production of propolis as an ingredient. The COVID-19 lockdown has presented a peculiar problem for beekeepers and bees. As countries go into extended lockdowns, the movement of non-essential vehicles has come to a standstill. Consequently, bee farmers found it difficult to move their bee boxes from one place to another, both cross-country and internationally, which resulted in bees starving to death. This reduced bee pollination and the production of propolis. Moreover, the availability of limited labour power further the production of end products.

Propolis intake strengthens the immune system, simultaneously serving as an antioxidant, anesthetic, and wound healer, which makes it an important component of the pharmaceutical sector.

One of the challenges while purchasing Propolis is the lack of standardization across available brands. Many brands state they are made from 20% pure Propolis, however this does not inform the consumer of the quality of that 20%. Such a drawback in information transparency might restrain the growth of the market.

Key Market Trends

Rising rate of herpes simplex virus type 1 and type 2

Globally, billions of people are living with herpes infections, and are affected by oral as well as genital herpes. These infections can lead to frequent, often painful, blisters or cold sores. These infections can cause more deadly diseases. According to a recent report launched in May 2020 by the World Health Organization (WHO), genital herpes infections play a substantial role in the spread of HIV globally. The United States is among the leading population with genital herpes. According to the Centers for Disease Control and Prevention (CDC), there were close to 572,000 new cases of genital herpes infections in the United States in 2019. Although researchers are continuously working on finding vaccines or proper cures to the ailment, still there is no proper result obtained till date. Moreover, the surging consumer awareness regarding the dreadful effects of this virus is contributing to the growth of propolis as an ointment to heal blisters and cold sores.

Europe holds a Largest Market Share

The growing demand for propolis in Europe can be attributed to the rising health awareness and its ability to boost the immune system, digestive health, and reducing wrinkles, among adults. Additionally, propolis is a gluten-free product, which can be used by people suffering from coeliac diseases. At present, in the United Kingdom, around 20% of the total population is aged above 65 years. The rise in the elderly population, along with the ability to spend more on healthcare products, is expected to augment the market growth. On account of their nutritional and health benefits, they are widely being used to boost immunity. Based on the epidemiological and preclinical studies, propolis has a chemo-preventive activity, which decreases the risk of cancer. As per the data from the Cancer Research UK, every two minutes, someone in the United Kingdom is diagnosed with cancer. The rising incidence of cancer among the British people and evidence from clinical studies aid the propolis market growth.

Competitive Landscape

The use of propolis is taking place at an enlarged scale since the disclosing of associated healthcare benefits. The manufacturers from countries like Brazil, New Zealand, China, Russia, and Turkey are introducing the extraction of propolis at industrial scale and the products are visible in the market in the form of capsules, sprays, and extracts. The major players of the market are Comvita, Wax Green, Apis Flora, Apiario Polenectar, and MN Propolis. The strategy for partnerships, joint ventures, and mergers has been the crucial strategy behind the development of these companies in the global market scenario. Over the past few years, expanding the market presence to emerging economies has been a key strategy behind the growth of major companies.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Study Deliverables
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Capsules and Tablets
    • 5.1.2 Liquids
    • 5.1.3 Creams
    • 5.1.4 Other Product Types
  • 5.2 By Distribution Channel
    • 5.2.1 Offline Retail Stores
      • 5.2.1.1 Supermarkets/Hypermarkets
      • 5.2.1.2 Pharmacies and Drugstores
      • 5.2.1.3 Other Offline Retail Stores
    • 5.2.2 Online Retail Stores
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Spain
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 Germany
      • 5.3.2.4 France
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Turkey
      • 5.3.5.4 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.2 Market Positioning of Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Herb Pharm LLC
    • 6.3.2 Apis Flora
    • 6.3.3 Bee Health Limited
    • 6.3.4 YS Organic Bee Farms
    • 6.3.5 Comvita Ltd
    • 6.3.6 Wax Green
    • 6.3.7 Apiary Polenecter
    • 6.3.8 Uniflora Health Foods
    • 6.3.9 Sunyata Pon Lee
    • 6.3.10 NOW Foods

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET