表紙:サービスとしてのサイバーセキュリティ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
907049

サービスとしてのサイバーセキュリティ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Cyber Security as a Service Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
サービスとしてのサイバーセキュリティ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のCSaaS(Cybersecurity as a Service)市場は、予測期間(2021年~2026年)に12.6%のCAGRで推移すると予想されています。サイバーセキュリティに関連する複雑さとサイバー脅威の増大は、ほとんどの組織の能力を超えています。データコンプライアンスが支配的な現在の経済では、保護とデータセキュリティに関連する法的複雑性は、IT専門家の権限と理解の範囲をはるかに超えています。

主なハイライト

  • CSaaSは、人、プロセス、テクノロジーに関する専門知識と経験を提供し、コンプライアンスの観点から情報漏えいを管理するために必要な専門知識を持つ法務チームも含むため、予測期間中に需要が増加すると予想されます。また、CSaaSは、戦略的な観点から完全な展開まで、各組織の要件に合わせて調整することが可能です。
  • これに加えて、世界のサイバー脅威は増加傾向にあり、データ侵害のたびに発生するコストも増加傾向にあります。RiskBased Securityによると、2019年上半期に、約41億件のレコードが流出しました。Verizon Data Breach Investigation Report 2020によると、約71%が金銭的な動機、25%が諜報活動による動機でした。
  • 脅威やデータ侵害の増加に伴い、世界中の企業にとって深刻な懸念は、顧客の信頼を失い、企業にとって深刻な財務的影響をもたらすことです。IBMによると、2019年に組織が失ったビジネスの平均コストは142万米ドル、総平均コストは392万米ドルに上りました。2019年の侵害を特定するまでの平均時間は206日で、侵害を封じ込めるまでの平均時間は73日でした。これはさらに、企業の経済的損失につながります。
  • データ侵害と攻撃の中でも、2019年中にデータ侵害の大部分を引き起こしたのは悪意のある攻撃でした。また、悪意のある攻撃の数は、過去5年間で急激に増加しています。企業が悪意のある攻撃のターゲットとなり、特に小規模な組織が頻繁に攻撃されました。シマンテックによると、従業員数250人未満の小規模組織では、悪質なメールの割合が323通に1通と、悪質な攻撃のターゲットが最も多くなっています。
  • さらに、COVID-19の発生により、業界ではサービスとしてのサイバーセキュリティに対する需要が急増しており、企業はこうしたソリューションを提供するか、市場でのサービス提供をさらに拡大するために投資するよう求められています。
  • データ漏洩は、サイバーセキュリティの最も重要な懸念事項であり、予測期間中も継続する可能性があります。したがって、サイバーセキュリティは企業や事業者にとって主要な関心事となっています。これとは別に、業界ではサイバーセキュリティのスキル不足が指摘されており、全世界でITセキュリティの人材が不足していると報告する組織が3社に2社近くあります。これは、サービスとしてのサイバーセキュリティの需要を増大させる要因の1つとなっています。

主な市場動向

エネルギー・公益事業部門が市場の成長を牽引

  • エネルギー・公益事業部門は、一国が所有・運営する重要インフラの大部分を担っています。発電部門、石油・ガス事業所、水の処理・加工工場など、高度に近代化・自動化された重要インフラは、サイバー的・物理的脅威に非常に弱く、ハッカーや悪の組織、国家公務員に簡単に狙われてきました。
  • Ponemon Instituteのレポートによると、エネルギー企業や電力会社の4分の3が、少なくとも1回は最近のデータ侵害を経験しています。電力の物理的な脆弱性は、発電施設、変電所、送電線に関連しています。また、大規模な石油精製所も主要な標的となっています。過去10年間、パイプラインによる石油の輸送が増加したため、広大でほとんど無防備なターゲットが存在することになります。石油・ガスの脆弱性には、河川横断ライン、相互接続ライン、ポンプ、バルブ、コンプレッサー、天然ガスシティゲートなどがあります。
  • 重要なインフラを運用・保護する多くの電力会社には、強力な協力体制が必要です。さらに、電力網とエネルギーの安全保障には、産業界、DHS、国防総省(DOD)、エネルギー省(DOE)間の民間と公共の協力と規制の調整が必要です。電力網やその他の産業インフラは、物理的な攻撃とサイバーセキュリティの両方の攻撃にさらされることが多くなっています。
  • エネルギーインフラ産業は、一国の重要なインフラを扱う組織であるため、COVID-19のような感染症の影響を受けやすく、機密のビジネスデータや人事情報が危険にさらされています。
  • COVID-19を武器にした新たなキャンペーンで、世界中のエネルギー産業が標的になっています。産業界の中では、エネルギー部門、特に電力部門が有力な標的となっています。
  • 例えば、北米電気信頼性委員会は、サウジアラビアの石油化学プラントの安全性を脅かす攻撃を行ったハッカー、特にXenotimeグループが米国の電力セクターを狙い始めたと警告を発しました。6月には、このような脅威を受け、連邦エネルギー規制委員会がサイバーセキュリティ報告義務の新ルールを承認しました。

北米が市場を席巻する

  • 北米は、高度なデジタル化と接続デバイスの増加により、サービスとしてのサイバーセキュリティ市場において、世界的に市場シェアでリードしています。また、この地域は革新的な技術の採用者として世界をリードしており、サイバーセキュリティベンダーの存在感が大きく、市場の成長に寄与しています。インターネットの悪用を減らし、従業員の生産性を向上させ、ITインフラへの攻撃に対処するという組織のニーズの高まりが、北米のCSAaS市場の成長を促進すると予想されます。
  • また、同地域には多くの企業が存在し、同地域の市場の恒常的な成長に貢献するとともに、同市場においてサービスを展開しています。例えば、2020年1月にアクセンチュアは、ブロードコム社からシマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収することで合意しており、セキュリティオペレーションセンターのネットワークを通じた世界の脅威監視・分析、敵対者および業界固有のリアルタイム脅威インテリジェンス、インシデント対応サービスといったサービスが含まれています。
  • さらに、国別では、米国におけるデータ侵害は、他の国のデータ侵害に比べて引き続き高額でした。同国におけるデータ侵害の平均コストは819万米ドルに達し、これは世界平均の約2倍で、過去14年間で130%以上増加しました。
  • 米国では、変電所レベルのセキュリティに重点を置いたNEC CIP規制がすでに導入されています。米国の大統領政策指令21では、エネルギー部門はすべての重要インフラ部門にまたがる「実現機能」を提供することから、独自の重要性を持つとされました。2019年3月には、米国の「サイバーセキュリティ、エネルギーセキュリティ、緊急対応オフィス」が発表され、9600万米ドルが配分されました。

競合情勢について

世界のサイバーセキュリティ・アズ・ア・サービス市場の競合情勢は、競争的です。世界中でサービスとしてのサイバーセキュリティが急速に採用されているため、多くの企業がサイバーセキュリティのソリューションとサービスを革新し、開発しています。需要の増加により、多くの新興企業がサイバーセキュリティ市場で重要な存在感を確立するために出現しています。同市場の主な発展をいくつか紹介します。

  • 2020年2月-McAfee Inc.は、デバイスレベルからクラウドまで統一されたデータと脅威保護を提供するUnified Cloud Edge(UCE)の提供により、クラウドネイティブなMvisionプラットフォームへのイノベーションを発表しました。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • データ漏えいの発生率の増加
    • オンプレミスソリューションに関連する高コスト
    • 中小企業による採用の増加
  • 市場の抑制要因
    • クラウドベースのアプリケーションのサイバー犯罪に対する脆弱性
  • 市場機会
    • 企業におけるBYODの動向の高まり
  • 産業エコシステムの分析
  • COVID-19がCSaaS産業に与える影響
  • 新たな事例と導入シナリオ(IT・通信・小売企業におけるCSaaS導入の効果。SMBにおける効果的な脅威の予防と緩和を可能にするCSaaSの役割)
  • データ漏えいのコスト分析

第6章 市場セグメンテーション

  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • セキュリティタイプ別
    • 脆弱性診断・セキュリティ診断
    • 脅威インテリジェンスとビジネス・アナリティクス
    • 監査とロギング
    • 継続的な監視と暗号化
    • アイデンティティとアクセス管理
    • その他のセキュリティタイプ
  • エンドユーザー業界別
    • ヘルスケア
    • BFSI
    • IT・通信
    • 政府機関
    • エネルギー・公共事業
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東&アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Foresite MSP LLC
    • FireEye Inc.
    • Forcepoint LLC
    • Convergent Network Solutions Ltd
    • IBM Corporation
    • McAfee Inc.
    • Armor Defense Inc.
    • Transputec Ltd
    • Zeguro Inc.
    • Cyber Security Services
    • Sara Technologies Inc.
    • Cloud24x7 Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 66413

The global cybersecurity as a service (CSaaS) market is expected to register a CAGR of 12.6% in the forecast period (2021 - 2026). The complexities that are associated with cybersecurity and the growing cyber threat are outstripping the abilities of most organizations. In current data compliance dominated economies, the legal complexities associated with protection and data security are far outside the remit and understanding of any IT expert.

Key Highlights

  • Over the forecast period, the demand for CSaaS is expected to gain traction as it provides expertise and experience across people, processes, and technology, even encompassing a legal team with the expertise required to manage a breach from a compliance perspective. Also, CSaaS can be tailored to each organization's requirements from a strategic perspective to complete deployment.
  • In addition to this, the global cyber threats are on the rise, and the costs associated with each data breach are also on the rise. According to RiskBased Security, during the first half of 2019, nearly 4.1 billion records were exposed. According to Verizon Data Breach Investigation Report 2020, about 71% of the breaches were financially motivated, and 25% were motivated by espionage.
  • With the growing number of threats and data breaches, a serious concern for businesses worldwide is the loss of customer trust, which led to serious financial consequences for the companies. According to IBM, the average cost of lost business for organizations in 2019 stood at USD 1.42 million, and the total average cost stood at USD 3.92 million. The average time to identify a breach in 2019 was 206 days, and the average time to contain a breach was 73 days. This further leads to financial losses for a business.
  • Among all of the data breaches and attacks, malicious attacks caused the majority of the data breaches during 2019. Also, the number of malicious attacks have increased exponentially in the last five years. Enterprises are the target of malicious attacks, and especially smaller organizations were attacked frequently. According to Symantec, smaller organizations with less than 250 employees had the highest target of malicious attacks with a malicious email rate of 1 in 323.
  • Moreover, with the outbreak of COVID-19, the demand for cybersecurity as a service in the industry is surging, attracting enterprises to invest in either offering such solutions or expanding their service offering in the market further.
  • Data breaches continue to be the most significant cybersecurity concern and likely to continue during the forecast period; thus, cybersecurity is a primary concern for enterprises and businesses. Apart from this, the industry sees a shortage in the cybersecurity skill gap, with nearly two in three organizations reporting a shortage in IT security staff across the world. This is one of the factors augmenting the demand for cybersecurity as a service.

Key Market Trends

Energy and Utility Sector Drive the Market Growth

  • The energy and utility sector, globally, hosts a large share of critical infrastructure owned and operated by a country. Highly modernized and automated critical infrastructure, such as the electricity generation sector, oil and gas establishments, and water processing and treatment plants, are highly vulnerable to cyber and physical threats and have been easily targeted by hackers and evil organizations, and state actors.
  • According to the Ponemon Institute Report, three-quarters of energy companies and utilities have experienced at least one recent data breach. The physical vulnerabilities for electric power are related to generation facilities, substations, and transmission lines. Large oil refineries are also primary targets. An increase in the transportation of oil through pipelines over the past decade offers a vast and largely unprotected target array. Oil and gas vulnerabilities include lines at river crossings, interconnects, pumps, valves, and compressors, and natural gas city gates.
  • Many electric companies operating and protecting critical infrastructure require a strong working partnership. Further, power grid and energy security require private-public cooperation and regulatory coordination among industries, DHS, the Department of Defense (DOD), and the Department of Energy (DOE). The power grid and other industrial infrastructures have been increasingly subjected to both physical and cybersecurity attacks.
  • Energy infrastructure industries are more susceptible to outbreaks, such as COVID-19, as such organizations handle a country's critical infrastructure, putting confidential business data and personnel information at risk.
  • Energy sectors across the world are being targeted in a new campaign that weaponizes the COVID-19 outbreak. Among industrial targets, the energy sector, and particularly the electric power sector, have become prime targets.
  • For instance, the North American Electric Reliability Corporation issued an alert warning that hackers, particularly the Xenotime group, which was responsible for an attack that jeopardized the safety of a Saudi petrochemical plant, began targeting the US power sector. In June, those types of threats prompted the Federal Energy Regulatory Commission to approve a new, mandatory cybersecurity reporting rule.

North-America to Dominate the Market

  • North America is the market leader in global cybersecurity as a service market globally in terms of market share due to the high level of digitalization and the rising number of connected devices. Also, the region leads globally as innovative technology adopters and has a significant presence of cybersecurity vendors contributing to the growth of the market. The increasing need among organizations to reduce the misuse of the internet, enhance employees' productivity, and address attacks on their IT infrastructures is expected to drive the growth of the CsaaS market in North America.
  • There are also many companies in the region, contributing to the constant growth of the market in the region and expanding their services in the market. For instance, in January 2020, Accenture agreed to acquire Symantec's Cyber Security Services business from Broadcom Inc., which includes services, such as global threat monitoring and analysis through a network of security operation centers, real-time adversary and industry-specific threat intelligence, and incident response services.
  • Moreover, by countries, data breaches in the United States continued to be expensive than those in other nations. Data breaches in the country, on average, cost to USD 8.19 million, which is nearly double that of the global average, and this increased by over 130% over the last 14 years.
  • The NEC CIP regulation is already in place in the United States, focusing on security at the substation level. The Presidential Policy Directive 21 of the United States identified the energy sector as uniquely critical, as it provides an "enabling function" across all critical infrastructure sectors. In March 2019, the announcement of an office of Cybersecurity, Energy Security, and Emergency Response for the United States was made, with an allocation of USD 96 million.

Competitive Landscape

The competitive landscape of the global cybersecurity as a service market is competitive. The rapid adoption of cybersecurity as a service across the world has led many companies to innovate and develop cybersecurity solutions and services. Owing to the increased demand, many start-ups have emerged in the cybersecurity market to establish a significant presence in the market. Some of the key developments in the market are:

  • In Feb 2020 - McAfee Inc. announced innovations to its cloud-native Mvision platform with the availability of Unified Cloud Edge(UCE), which provides unified data and threat protection from the device level to the cloud.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHT

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Incidence of Data Breaches
    • 5.1.2 High Costs associated with On- premise Solutions
    • 5.1.3 Increased Adoption from SME's
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Vulnerability of Cloud-based Applications to Cyber Crimes
  • 5.3 Market Opportunities
    • 5.3.1 Growing Trend of BYOD in Enterprises
  • 5.4 Industry Ecosystem Analysis
  • 5.5 Impact of COVID-19 on the CSaaS Industry
  • 5.6 Emerging Case Studies and Implementation scenarios (Effect of CSaaS implementation among IT and Telecom and Retail Firms. Role of CSaaS in enabling Effective Threat Prevention and Mitigation among SMB's)
  • 5.7 Cost Analysis of Data Breaches

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Size of Organization
    • 6.1.1 Small and Medium Enterprises
    • 6.1.2 Large Enterprises
  • 6.2 By Security Type
    • 6.2.1 Vulnerability and Security Assessment
    • 6.2.2 Threat Intelligence and Business Analytics
    • 6.2.3 Auditing and Logging
    • 6.2.4 Continuous Monitoring and Encryption
    • 6.2.5 Identity and Access Management
    • 6.2.6 Other Security Types
  • 6.3 By End-user Industry
    • 6.3.1 Healthcare
    • 6.3.2 BFSI
    • 6.3.3 IT and Telecom
    • 6.3.4 Government
    • 6.3.5 Energy and Utilities
    • 6.3.6 Other End-user Industries
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Foresite MSP LLC
    • 7.1.2 FireEye Inc.
    • 7.1.3 Forcepoint LLC
    • 7.1.4 Convergent Network Solutions Ltd
    • 7.1.5 IBM Corporation
    • 7.1.6 McAfee Inc.
    • 7.1.7 Armor Defense Inc.
    • 7.1.8 Transputec Ltd
    • 7.1.9 Zeguro Inc.
    • 7.1.10 Cyber Security Services
    • 7.1.11 Sara Technologies Inc.
    • 7.1.12 Cloud24x7 Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET