デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
866706

デジタル著作権管理(DRM)市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Digital Rights Management (DRM) Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
デジタル著作権管理(DRM)市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

デジタル著作権管理(DRM)市場は、2020年の市場規模が32億1,540万米ドル、2026年には63億2,410万米ドルに達し、予測期間(2021~2026年)のCAGRは12.18%で成長すると予測されています。ビジネスや取引のプラットフォームとしてのインターネットの継続的な進化と、デジタルコンテンツの収益化の成功が、市場成長の原動力となっています。

主なハイライト

  • 様々な企業がBYOD(Bring-Your-Own-Device)ポリシーを導入し、従業員が自分のデバイスを使って会社の情報にアクセスするようになると予想され、さらに、モバイルプラットフォームで機密文書が盗まれるリスクが拡大し、DRMの需要を後押しすることになります。
  • 世界的には、DRMの回避、回避に関するコミュニケーション、回避に使用するツールの作成と配布を犯罪とする多くの法律が制定されています。米国のデジタルミレニアム著作権法や、欧州連合の情報社会指令などがそれです。フランスのDADVSIは、欧州連合(EU)の加盟国が同指令を実施した例です。
  • 企業は、ブロックチェーンを利用したDRMシステムなど、DRMの迅速な導入に貢献できるイノベーションに注目しています。例えば、ソニーはブロックチェーンベースのDRMを発表しましたが、これは同社が著作権製品の流通を追跡するために使用している既存のDRMシステムの上に構築されるものと思われます。
  • 新型コロナウイルスの発生により、ウイルスを封じ込めるため、多くの国でロックダウンが行われました。このため、OTTプレーヤーはあらゆるジャンルからの需要に応えるため、コンテンツプランを再構築し、OTT視聴者の増加につながっています。人々はモバイル機器を使用してコンテンツを視聴しており、DRMの利用が増加しているため、市場はCOVID-19の悪影響を受けないと予想されます。

主な市場動向

メディア&エンターテインメント分野が大きなシェアを占めると予想される

  • デジタルコンテンツの消費拡大やオンラインコンテンツ配信事業者の加入者数増加に伴い、メディア・エンターテインメント分野が予測期間中に大きな市場シェアを占めると予想されます。
  • デジタル・コンテンツ・プロバイダーは、できるだけ多くの視聴者にリーチすることに注力する一方、大手スタジオのコンテンツ保護に関する要件も満たしています。彼らは、世界のなフットプリントでスケーラブルかつ堅牢なDRM戦略の展開を成功させる予定です。2019年11月、BuyDRMは、楽天VikiがViki.comプラットフォームでのプレミアムコンテンツの配信を保護するためにKeyOS MultiKey Serviceを採用したことを発表しました。
  • 楽天Vikiは、Apple FairPlay、Microsoft PlayReady、Google Widevineなどの消費者対応およびスタジオ公認のマルチDRMでプレミアムストリーミングおよびダウンロードコンテンツを暗号化する予定です。楽天Vikiのユーザーは、マルチキーサービスプラットフォームからコンテンツを再生するためのDRMライセンスキーを受け取ります。
  • 消費者は、Netflixや同様のOTT(オーバー・ザ・トップ)サービスを世界中で利用し、コンテンツに対価を支払うようになってきており、消費者の行動がOTTを中心とした市場の拡大を受け入れる方向に変化していることが証明されています。米国のメディア測定・分析会社comScoreによると、米国のOTT世帯の普及率はNetflixが74%、Youtubeが54%、Amazonが33%と続いています。
  • AMDなどのプレイヤーは、2019年8月にマイクロソフトと提携し、RX 5700シリーズにマイクロソフトのPlayReady 3.0 DRMサポートを追加しました。これにより、AMD RX 5700のユーザーには、Netflixコンテンツなどの4Kプロテクトされたコンテンツが提供されます。

アジア太平洋地域が最速の成長地域になると予想される

  • 2010年以降、アジア太平洋地域では、スマートフォンやその他のモバイルデバイスが飛躍的に成長し、モバイルデバイスでデジタルメディアにアクセスできるようにするための需要を高めています。シスコによると、同地域のスマートフォンユーザー数は、2018年に30億の大台を超えた世界のスマートフォンユーザー数のほぼ半分であるとのことです。
  • IPTV、OTT、IoT技術の採用が増加しているため、地域全体の消費者の間で驚異的な速度で上昇しています。また、アジア太平洋は、他の地域と比較して、かなりの量の顧客基盤で構成されており、これが予測期間中のDRMのアプリケーション市場の需要を促進するのに役立っています。
  • 2020年2月、インドネシアのOTTサービスプロバイダーであるMola.tvは、Verimatrix Multi-DRMソリューションを使用してサービスを確保し、Mola.tvが配信するライブおよびVODコンテンツを最適化されたデジタル権利管理(DRM)機能で保護することになっています。
  • さらに、革新的なソリューションを提供する新興企業の存在感が高まっていることも、この地域の市場成長を後押しすると予想されます。

競合情勢

デジタル著作権管理市場は、複数の企業が参入しており、適度な競争が行われています。主なプレイヤーは、Microsoft Corporation、Dell Technologies Inc.、Fasoo Inc.などです。

  • 2020年3月- マイクロソフトは、複数の修正が施されたWindows 10ビルド18363.752と18362.752をリリースしました。このビルドは主に、デジタル著作権管理(DRM)で保護されているコンテンツをバックグラウンドで再生または一時停止したときに発生するアプリケーションのパフォーマンスの問題を更新しています。
  • 2020年1月-Secloreは、Seclore Rights ManagementプラットフォームとMicrosoft O365プラットフォームをシームレスに統合し、データ保護を強化することができるSeclore for O365を発表しました。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • 市場促進要因
    • インターネットユーザーの増加
    • DRMソリューションの実装に関する政府規制
  • 市場抑制要因
    • デバイスとDRMソフトウェア間の互換性問題
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場セグメンテーション

  • 組織規模
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー産業
    • メディア・エンターテインメント
    • IT・通信業
    • BFSI
    • ヘルスケア
    • 教育
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Microsoft Corporation
    • Dell Technologies Inc.
    • Fasoo Inc.
    • Seclore
    • Oracle Corporation
    • SAP SE(NextLabs Inc.)
    • Adobe Systems Inc.
    • OpenText Corporation
    • ArtistScope
    • Vitrium Systems Inc.
    • Locklizard Limited
    • Widevine Technologies Inc.
    • Bynder LLC
    • CipherCloud Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 66574

The Digital Rights Management (DRM) market was valued at USD 3215.4 million in 2020 and expected to reach USD 6324.1 million by 2026 and grow at a CAGR of 12.18% over the forecast period (2021-2026). The continuous evolution of the Internet as a platform for business and trade and the success in monetizing digital content are driving the market growth.

Key Highlights

  • Various businesses are anticipated to implement bring-your-own-device (BYOD) policies wherein the employees use their own devices for accessing the company information, furthermore, expanding the risk of proprietary document theft to the mobile platforms which will drive the demand of DRM.
  • Globally, many laws have been created that criminalize the circumvention of DRM, communication about such circumvention, and the creation and distribution of tools used for such circumvention. Such laws are part of the United States' Digital Millennium Copyright Act, and the European Union's Information Society Directive. The French DADVSI is an example of a member state of the European Union (EU) implementing the directive.
  • Companies are focusing on innovations, such as blockchain-based DRM systems, which can contribute in the rapid adoption of DRM. For instance, Sony announced its blockchain-based DRM, which is expected to be built on the already existing DRM system used by the company to track the distribution of its copyrighted products.
  • The outbreak of the novel coronavirus has led to lockdowns in many countries, in order to contain the virus. This led to an increase in OTT viewership, as OTT players are re-vamping their content plans to meet the demand from every genre. People are watching the content using their mobile devices, which has been leading to an increase in the use of DRM and therefore the market is not expected to be negatively impacted by Covid-19.

Key Market Trends

Media & Entertainment Sector is Expected to hold a Significant Market Share

  • With the growing consumption of digital content and expanding of subscriber base of the online content based publisher, the media & entertainment segment is expected to hold a significant market share during the forecast period.
  • Digital content providers focus on reaching the widest audience possible, while also meeting the requirements of the major studios to protect their content. They plan to successfully deploy scalable and robust DRM strategies with a global footprint. In Nov 2019, BuyDRM announced that Rakuten Viki adopted the KeyOS MultiKey Service to secure the delivery of premium content on the Viki.com platform.
  • Rakuten Viki will encrypt its premium streaming and download content with consumer-compatible and studio-approved multi-DRM, including Apple FairPlay, Microsoft PlayReady, and Google Widevine. Rakuten Viki's users will receive DRM license keys to playback the content from the MultiKey Service platform.
  • Consumers are increasingly using services, like Netflix and similar OTT (over-the-top) services worldwide, and are paying for content, proving that consumer behavior has shifted to accept a growing market around OTT. According to the American media measurement and analytics company, comScore, Netflix captures 74% of the total penetration of US OTT households, followed by Youtube with 54%, and Amazon by 33%.
  • Players, such as AMD, partnered with Microsoft in Aug 2019 to add Microsoft's PlayReady 3.0 DRM support for its RX 5700 series. This offers 4K protected content, such as Netflix content, to the users of AMD RX 5700.

Asia-Pacific is Expected to be the Fastest Growing Region

  • The tremendous growth of smartphones and other mobile devices in the region, since 2010, has fueled the demand for digital media accessibility in mobile devices. As per Cisco, the number of smartphone users in the region is almost half the number of global smartphone users, which crossed the mark of 3 billion in 2018.
  • The increasing adoption of IPTV, OTT, and IoT technologies are rising at a tremendous rate among consumers across the region. Also, Asia-Pacific consists of a significant amount of customer base as compared to the other regions, which is helping to drive the demand for the application of DRM market during the forecast period.
  • In February 2020, Mola.tv, Indonesia's OTT service provider, secured its services using the Verimatrix Multi-DRM solution, which will protect the live and VOD content streamed by Mola.tv with optimized digital rights management (DRM) capabilities.
  • Moreover, the rise in the presence of startup companies, offering innovative solutions is anticipated to drive the growth of the market across the region.

Competitive Landscape

The digital rights management market is moderately competitive and consists of several players. Major players include Microsoft Corporation, Dell Technologies Inc., Fasoo Inc., among others.

  • March 2020 - Microsoft released Windows 10 builds 18363.752 and 18362.752 that came with multiple of fixes. The build primarily updates the performance issue in the applications that occurs when the content that is being protected by the digital rights management (DRM) plays or is paused in the background.
  • January 2020 - Seclore launched its Seclore for O365, which enables organizations to seamlessly integrate Seclore Rights Management platform with Microsoft O365 platform to provide enhanced data protection.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Increasing Proliferation of Internet Users
    • 4.3.2 Government Regulations Regarding the Implementation of DRM Solutions 
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Compatibility Issues between Devices and DRM Software
  • 4.5 Assessment of Impact of Covid-19 on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Organization Size
    • 5.1.1 Small and Medium Enterprises
    • 5.1.2 Large Enterprises
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Media & Entertainment
    • 5.2.2 IT & Telecommunication
    • 5.2.3 BFSI
    • 5.2.4 Healthcare
    • 5.2.5 Education
    • 5.2.6 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Microsoft Corporation
    • 6.1.2 Dell Technologies Inc.
    • 6.1.3 Fasoo Inc.
    • 6.1.4 Seclore
    • 6.1.5 Oracle Corporation
    • 6.1.6 SAP SE (NextLabs Inc.)
    • 6.1.7 Adobe Systems Inc.
    • 6.1.8 OpenText Corporation
    • 6.1.9 ArtistScope
    • 6.1.10 Vitrium Systems Inc.
    • 6.1.11 Locklizard Limited
    • 6.1.12 Widevine Technologies Inc.
    • 6.1.13 Bynder LLC
    • 6.1.14 CipherCloud Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS