デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
707237

細胞解離市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、および予測(2022年 - 2027年)

Cell Dissociation Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
細胞解離市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、および予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

製薬・バイオテクノロジー企業の全世界の研究開発費総額は、2006年の1080億米ドルから2015年には1410億米ドルに増加しました。研究開発活動への投資は今後も増え続けるかもしれませんが、そのペースはかつての半分程度です。インド・ブランド・エクイティ財団の報告書によると、研究開発費は2020年に1600億米ドルに達すると予想されています。

バイオ医薬品業界は、製薬業界の中でも急速に発展している分野であり、ヘルスケアに多大な機会と影響を及ぼしています。バイオ医薬品におけるビジネスチャンスは、その優れた有効性と安全性により、過去10年間で増加し続けています。バイオ医薬品には、高い有効性と強力な作用、少ない副作用、単なる症状の治療ではなく実際に病気を治す可能性など、いくつかの利点があり、バイオ医薬品の需要を著しく高めています。

細胞解離は、創薬や病態解明に直接関わるため、バイオ医薬品研究において欠くことのできない活動です。そのため、バイオ医薬品企業による研究開発費の増加が、研究対象市場の成長を促進しています。

主な市場動向

酵素分解系製品の健全な成長が期待される分野

幹細胞研究および細胞生物学研究における酵素の主な用途は、細胞および組織の解離、初代細胞の分離、単細胞の採取です。細胞解離を目的とした酵素の使用は広く行われています。どのような解離手順であっても、機能的に生存可能な解離細胞の収量を最大化することが目標です。どのような解離操作の結果も、組織の種類、動物/ヒトの年齢、使用する解離液、使用する酵素、酵素濃度、温度、および遺伝子組み換えに左右されます(ただし、これらに限定されるものではありません)。

その結果、研究活動において様々な目的のために数多くの酵素が使用されています。最も多く使用されている酵素分解製品は、使用頻度の高い順に、トリプシン、コラゲナーゼ、エラスターゼ、ヒアルロニダーゼなどが挙げられます。

米国が市場の大半を占める見込み

医薬品・バイオテクノロジー産業の持続的な成長、癌やその他の慢性疾患の増加、産学によるライフサイエンス分野への研究開発投資の強い動きが、市場成長の主な要因となっています。米国では、2016年度、連邦政府から国立がん研究所(NCI)予算として、乳がん研究に5億2000万米ドル、臨床試験に8億米ドル、大腸がん研究に2億1200万米ドル、白血病に2億4100万米ドル、さらに他のがん種の研究に10億米ドル超の累積額が付与されています。

さらに、国立衛生研究所(National Institute of Health)の幹細胞研究のポータルサイトに掲載されている推計によると、幹細胞を応用したさまざまな分野の研究に30億米ドル以上の累積資金予算が計上されていることがわかます。さらに、米国には、細胞解離のための酵素製品と非酵素製品の両方を供給することに長けた、多数の化学薬品および化学分析プロバイダーが存在するため、米国の細胞解離市場の成長をさらに促進すると予想されます。

競合情勢

この市場の競争は緩やかで、国際的な企業だけでなく、いくつかの地元の企業も、様々な地域で激しい競争を行っています。この市場の主要企業のほとんどは、北米と欧州地域で良い存在感を示しています。ドイツ、フランス、イタリアは、バイオテクノロジー企業が研究開発施設の設立を試みている欧州諸国の一部です。同様に、米国は、技術の高い採用率と細胞解離の使用の増加により、すべての企業が大きな収益を生み出している国です。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • バイオ製薬企業における研究開発活動の活発化
    • 癌研究に対する有利な資金調達シナリオ
  • 市場抑制要因
    • 組織・細胞ベースの治療法のコスト高
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • 酵素分解系製品
    • 非酵素解離製品
    • 装置および付属品
  • 組織別
    • 結合組織
    • 上皮組織
    • その他の組織
  • エンドユーザー別
    • 製薬会社、バイオテクノロジー企業
    • 研究・学術機関
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • American Type Culture Collection
    • Becton, Dickinson and Company
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • GE Healthcare
    • Himedia Laboratories
    • Merck KGaA
    • Miltenyi Biotec
    • Pan-Biotech
    • Stemcell Technologies
    • Thermo Fisher Scientific

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62794

The total worldwide R&D spending of pharmaceutical and biotechnology companies increased from USD 108 billion in 2006 to USD 141 billion in 2015. Investments in R&D activities may continue to increase but at half the former pace. As per the report from India Brand Equity Foundation, it is expected that R&D expenses will reach USD 160 billion in 2020.

The biopharmaceutical industry is a rapidly developing sector within the pharmaceutical industry, with enormous opportunities and implications for healthcare. Opportunities in biopharmaceuticals have been increasing over the past decade, as a result of great effectiveness and the safety of these drugs. Biopharmaceuticals offer several benefits, such as highly effective and potent action, fewer side effects, and the potential to actually cure the diseases rather than merely treat the symptoms, which have significantly increased the demand for biopharmaceutical products.

Cell dissociation is an indispensable activity in biopharmaceutical research, as it is involved directly in drug development and pathology elucidation. Consequently, the increased spending by biopharmaceutical companies in R&D activities is driving the growth of the market studied.

Key Market Trends

Enzymatic Dissociation Products Segment is Expected to Witness a Healthy Growth

Cell and tissue dissociation, primary cell isolation, and harvesting of single cells are the principal applications for enzymes in stem cell research and cell biology studies. The use of enzymes for cell dissociation purposes is widespread. The goal of any dissociation procedure is to maximize the yield of functionally viable dissociated cells. The outcome of any dissociation procedure is dependent on (but not limited to) the type of tissue, age of animal/human, dissociation medium used, an enzyme used, enzyme concentration, temperature, and genetic modifications.

Consequently, a number of enzymes are used in research activities for various purposes. The most prominently used enzymatic dissociation products, in decreasing order of usage frequency, include trypsin, collagenase, elastase, and hyaluronidase, among others.

United States to Hold Significant Share of the Market

Sustained growth in pharmaceutical and biotechnology industries, increasing incidences of cancers and other chronic diseases, and a strong trend of R&D investments in life sciences by both industry and academia are the primary factors driving the growth of the market. In the United States, for the fiscal year 2016, USD 520 million was granted by the federal government for National Cancer Institute (NCI) budget, for breast cancer research, USD 800 million for clinical trials, USD 212 million for colorectal cancer research, USD 241 million for leukemia, and another cumulative amount in excess of USD 1 billion for research in other cancer types.

Additionally, the estimates available in the National Institute of Health portal for stem cell-based research indicate a cumulative funding budget of more than USD 3 billion for research in various fields of stem cell applications. Added to that, the presence of a large number of chemicals and chemical analysis providers in the United States, who are adept in supplying both enzymatic products and non-enzymatic products for cell dissociation, is further expected to drive the growth of the US cell dissociation market.

Competitive Landscape

The market studied is moderately competitive and several local, as well as international players, are posing intense competition across various geographies. Most of the key players of this market are having a good presence in the North America and Europe region. Germany, France, and Italy are some of the European countries where biotechnology companies are trying to establish their R&D plants. Similarly, the United States is a country where all the companies are generating large revenue due to the high adoption of the technologies and increasing use of cell dissociation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing R&D Activities in Biopharmaceutical Companies
    • 4.2.2 Favourable Funding Scenario for Cancer Research
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High cost of Tissue- and Cell-based Procedures
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Enzymatic Dissociation Products
    • 5.1.2 Non-enzymatic Dissociation Products
    • 5.1.3 Instruments and Accessories
  • 5.2 By Tissue
    • 5.2.1 Connective Tissue
    • 5.2.2 Epithelial Tissue
    • 5.2.3 Other Tissues
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Pharmaceutical and Biotechnology Companies
    • 5.3.2 Research and Academic Institutes
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 COMPANY PROFILES
    • 6.1.1 American Type Culture Collection
    • 6.1.2 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.3 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.4 GE Healthcare
    • 6.1.5 Himedia Laboratories
    • 6.1.6 Merck KGaA
    • 6.1.7 Miltenyi Biotec
    • 6.1.8 Pan-Biotech
    • 6.1.9 Stemcell Technologies
    • 6.1.10 Thermo Fisher Scientific

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS