デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
704952

消化器系治療薬市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Gastrointestinal Therapeutics Market - Growth, Trends , COVID-19 Impact , and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 113 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
消化器系治療薬市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 113 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

消化器系治療薬市場は、予測期間中にCAGR6.8%を記録すると予想されています。

Digestive Diseases Journal 2021年3月号に掲載されたHunt R.H.aらの調査結果によると、消化器系はSARS-CoV-2ウイルスの影響を受けることがあり、持病がある人は有害事象のリスクが最も高くなることが判明しているそうです。COVID-19に対して使用される再利用薬の中には、COVID-19に関連する消化器症状を引き起こしたり、悪化させたりするものがあり、また肝障害を誘発する可能性があることが判明しました。

また、American Journal of Physiology August 2020に掲載されたQing Yeらの研究によると、消化器症状を伴うCOVID-19症例は、肝障害や急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を合併しやすいとされています。治療が間に合わなければ、昏睡や循環不全を起こすこともあります。

消化管治療薬市場の成長に寄与する主な要因としては、不健康な食生活による消化管疾患の有病率の増加、正確な結果を得るための臨床試験数の増加、医療費の増加、老年人口の増加などが挙げられます。

また、国内における消化器系疾患の負担増も、市場をより有利なものにしています。例えば、BMC Journal August 2020に掲載されたThomas Joshua Pasvolらの調査研究によると、英国では、炎症性腸疾患(IBD)、クローン病(CD)、潰瘍性大腸炎(UC)の発症率がそれぞれ人口10万対28.6、10.2、15.7と判明しているとのことです。さらに、10~16歳の青少年では、炎症性腸疾患(IBD)の発症率が2000年の13.1から2018年には25.4/10万人へとそれぞれ増加しました。

そのため、幅広い新世代の治療薬が見つかっており、現在、新規低分子や細胞療法を含むターゲティングが検討されています。また、消化器系疾患による外科治療や入院の増加、バイオ製薬企業による生物製剤やバイオシミラーの研究開発投資の増加なども推進要因として挙げられます。全国臨床試験(NCT)登録によると、2021年5月現在、さまざまな開発段階にわたって、消化器疾患に関連する約6,443件の臨床試験が進行中です。これらの試験から得られた良好な結果は、近い将来、新たな有効な治療薬となることが期待されます。

市場参加者による効果的な治療薬の開発に向けた動向は高まっています。各社は、消化管治療薬の専門企業との提携を通じて、パイプラインと製品ポートフォリオを大きく拡大しています。例えば、2018年7月、HiFiBiO Therapeuticsは武田薬品と、さまざまな消化器疾患などを治療する可能性のある画期的な抗体治療の発見に向けて、マルチターゲット契約を結びました。

消化器系疾患は、その発症頻度が高く、また、そのリスク要因として、生理的、行動的、心理社会的、社会環境的な側面があることから、早期発見が困難であり、認知度や経済的負担が大きい疾患です。このようなリスク要因と特許切れの増加により、消化管治療薬市場の成長は制限されています。

主な市場動向

潰瘍性大腸炎セグメントは予測期間中、健全な成長率を示すと予測される

潰瘍性大腸炎分野の成長は、この疾患を治療するための薬剤が市場で容易に入手できることに起因しています。また、潰瘍性大腸炎の有病率の上昇を抑制することが臨床的に急務であることから、この分野はかなりの速度で成長すると予想されています。このような高い有病率は、予後不良や不健康な食べ物の摂取によるもので、病気の再発の可能性が高くなります。

COVID-19の大流行により、炎症性腸疾患(IBD)患者、特に免疫抑制療法中または疾患活動中の患者におけるSARS-CoV-2感染に関する懸念が高まっています。例えば、United European Gastroenterology Journal 2021年3月号に掲載されたAnupam Kumar Singhらの調査研究によると、COVID-19の有害事象のリスクはクローン病患者よりも潰瘍性大腸炎患者で高くなるとの調査結果が得られています。

Journal of the Anus, Rectum and Colon 2020年1月号に掲載された岡林伸治らの調査結果によると、日本では潰瘍性大腸炎の患者さんは約18万人います。また、ラテンアメリカでは、新興工業地域で潰瘍性大腸炎(UC)の発症率と有病率が上昇していることが報告されています。Therapeutic Advances in Gastroenterology Journal July 2020に掲載されたPaulo Gustavo Kotzeらの調査研究によると、ラテンアメリカにおける潰瘍性大腸炎(UC)の発症率は0.04~8.00/10万、有病率は0.23~76.1/10万であることが分かりました。

研究開発活動の活発化も、市場の成長を後押ししています。全国臨床試験(NCT)登録によると、2021年5月現在、潰瘍性大腸炎に関連する進行中の臨床試験は、開発のさまざまなフェーズにわたって245件ほどあります。これらの試験から得られた良好な結果は、今後数年間で潰瘍性大腸炎に有効な新しい治療薬を期待することができます。

また、武田薬品工業、Jassen Pharmaceuticals、Pfizerは、炎症性潰瘍性大腸炎の治療薬として確立された主要な世界の企業の1つです。さらに、同分野に関連する製品開発への主なプレイヤーの関与の増加が、セグメントの成長を促進すると予想されます。例えば、2019年3月、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、中等度から重度の潰瘍性大腸炎に苦しむ成人におけるSTELARAの良好な結果を示す第III相UNIFI試験の新しい臨床データを発表しました。

また、2018年8月には、ファイザー株式会社が、中等度から重度の潰瘍性大腸炎の治療薬として、欧州連合からXELJANZの販売承認を取得しました。この強力なパイプラインからの製品の新規上市は、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

北米が市場を独占し、予測期間中も同様と予測

北米地域の市場成長を促進している要因としては、技術の進歩、消化器疾患の増加、高齢者人口と肥満人口の増加、主要な市場プレイヤーの存在に加え、研究開発活動の活発化などが挙げられます。

COVID-19感染は、合併症のある患者、免疫抑制状態にある患者、栄養失調の患者、免疫不全の患者でより深刻になることが指摘されています。クローン病や潰瘍性大腸炎を含む炎症性腸疾患(IBD)は、腸管および腸管外症状を伴う慢性寛解および再発性の疾患です。炎症性腸疾患(IBD)患者は、栄養不良や免疫抑制剤を服用していることが多く、IBD患者がCOVID-19に感染するリスクが高いことが仮説的に懸念されています。

World Journal of Meta-AnalysisOctober2020に掲載されたMaliha Naseerの調査研究によると、米国では、炎症性腸疾患(IBD)患者の管理はしばしば複雑で、COVID-19流行時には消化器科医にとって独特の課題がありました。本研究の結果、2020年のCOVID-19パンデミック期間中、IBD患者は一般住民と同様に、服薬を継続し、普遍的予防策、すなわちマスク、手指・呼吸器の衛生、医療施設や公衆トイレの回避を守っていることが明らかになりました。IBD患者のうち、高齢であること、疾患が活発であること、合併症があることは、COVID-19の重症化の危険因子とされています。

Journal of the Canadian Association of Gastroenterology February 2019に掲載されたGilaad G Kaplanらの調査研究によると、カナダは世界で最も高い炎症性腸疾患(IBD)の有病率と発生率を誇っています。さらに、2018年の炎症性腸疾患(IBD)の有病率は、カナダ人口の0.7%でした。この数字は、2030年までに人口の1.0%に上昇すると予測されています。2018年、IBDを発症したカナダ人の数は約27万人であり、2030年には40万3,000人のカナダ人に増加すると予測されています。この要因は、同疾患の管理におけるGI治療薬の需要を高めるため、市場成長の原動力となることが予想されます。

市場参加者は、研究開発への投資、製品ポートフォリオの拡大、新規潰瘍性大腸炎およびクローン病治療薬の開発、強力な販売網を確立するためのM&Aなど、さまざまな戦略を採用しています。例えば、2018年2月、ヤンセン・バイオテック社とセラバンス・バイオファーマ社は、潰瘍性大腸炎やクローン病を含む炎症性腸疾患(IBD)の治療薬として、TD-1473の開発に向けて世界的に共同研究契約を締結しています。

また、2019年4月には、サリックス社(ボシュ・ヘルス・カンパニーズ社)が田辺三菱製薬と、炎症性腸疾患の治療薬として後期治験薬のS1Pモジュレーターの商業化および開発に関する独占ライセンス契約を締結しました。このように、上記の要因により、予測期間中、北米地域の市場成長が促進されると予想されます。

競合情勢

消化器系治療薬市場は、適度な競争下にあります。これらの市場参加者は、市場でより高いシェアを獲得するために、新製品開発や地域・流通チャネル拡大などの競争維持戦略を広く採用しています。さらに、精製作業やサプライチェーン管理への重点的な取り組みが、主要企業の競争力維持に役立っています。市場参加者には、アボット・ラボラトリーズ、武田薬品工業、アッヴィ・インク、バイエル、シプラ・インクが含まれます。などがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 消化器系疾患の有病率の増加
    • 製薬会社による研究開発投資の増加
  • 市場抑制要因
    • 胃腸障害に伴う社会経済的負担の増加
    • 特許失効の増加
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 薬物タイプ別
    • 制酸剤
    • 緩下剤
    • 止瀉剤
    • 制吐剤
    • 抗潰瘍剤
    • その他の薬物
  • 剤形別
    • 経口
    • 非経口剤
    • その他の剤形
  • 用途別
    • 潰瘍性大腸炎
    • 過敏性腸症候群
    • クローン病
    • セリアック病
    • 胃腸炎
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Abbvie Inc.
    • AstraZeneca Plc
    • Bayer AG
    • GlaxoSmithKline PLC
    • Janssen Pharmaceuticals Inc.(Johnson & Johnson)
    • Pfizer Inc.
    • AbbVie Inc.
    • Takeda Pharmaceutical Company Limited
    • Bausch Health Companies Inc.(Salix Pharmaceuticals, Inc.)
    • Boehringer Ingelheim GmbH
    • Cipla Inc

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62814

The Gastrointestinal Therapeutics Market is expected to register a CAGR of 6.8% during the forecast period.

According to a research study by Hunt R.H.a et al., published in Digestive Diseases Journal March 2021, the study results found that digestive system may be affected by the SARS-CoV-2 virus, and those with pre-existing disease are at greatest risk of adverse outcomes. Some repurposed drugs used against COVID-19 can cause or aggravate some of the COVID-19-related gastrointestinal symptoms and can also induce liver injury.

In addition, according to a research study by Qing Ye et al., published in American Journal of Physiology August 2020, COVID-19 Cases with gastrointestinal symptoms are more likely to be complicated by liver injury and acute respiratory distress syndrome (ARDS). If not treated in time, coma and circulatory failure may occur.

The major factors that contribute to the growth of the gastrointestinal therapeutics market include the increasing prevalence of gastrointestinal diseases due to unhealthy dietary habits, additional numbers of clinical trials with accurate results, increasing healthcare expenditure, and growth in the geriatric population.

The increasing burden of gastrointestinal disorders in the country is also making market more lucrative. For instance, according to the research study by Thomas Joshua Pasvol et al., published in BMC Journal August 2020, in United Kingdom, the incidence of inflammatory bowel disease (IBD), Crohn's disease (CD) and ulcerative colitis (UC) was found to be 28.6, 10.2 and 15.7/100,000 population, respectively. Moreover, in adolescents aged 10-16 years, incidence of inflammatory bowel disease (IBD) was increased from 13.1 in 2000 to 25.4/100,000 population in 2018, respectively.

Therefore a wide range of new generation therapeutics is found targeting that include novel small molecules and cellular therapy are currently under investigation. Other driving factors include the rising surgical treatments and hospitalizations, due to GI diseases, and increasing R&D investments by biopharmaceutical companies in developing biologics and biosimilars. According to the National Clinical Trial (NCT) registry, as of May 2021, there are around 6,443 ongoing clinical trials related to gastrointestinal diseases across diferent phases of development. The positive outcomes from these studies can expect new effective therapeutics in near future.

There is a rising trend towards the development of effective therapeutics products by the market players. The companies are majorly expanding their pipeline and product portfolio through collaborations with specialized companies in the gastrointestinal therapeutics. For instance, in July 2018, HiFiBiO Therapeutics collaborated with Takeda, in a multi-target agreement for the discovery of breakthrough antibody therapies to potentially treat a variety of gastrointestinal diseases and other disorders.

However, risk factors, such as those related to the physiological, behavioral, psychosocial, and socio-environmental aspects, restrict the populations from reporting the diseases early, which reflects the low awareness and the economic burden. These risk factors and the increasing number of patent expirations restrict the growth of the gastrointestinal therapeutics market.

Key Market Trends

Ulcerative Colitis Segment is Found to Witness Healthy Growth Rate Over the Forecast Period

The growth of Ulcerative colitis segment can be attributed to the easy availability of drugs in the market to treat this condition. The segment is also anticipated to grow at a considerable rate owing to high clinical urgency to curb the growing prevalence of ulcerative colitis. This high prevalence is due to poor prognosis and consumption of unhealthy food, which may result in a high probability of disease recurrence.

The COVID-19 pandemic has increased concern regarding SARS-CoV-2 infection in inflammatory bowel disease (IBD) patients, especially those on immunosuppressive therapies or with active disease. For instance, according to a research study by Anupam Kumar Singh et al., published in United European Gastroenterology Journal March 2021, the study results found that risk of adverse outcomes of COVID-19 will be higher in patients with ulcerative colitis than in patients with Crohn's disease.

According to a research study by Shinji Okabayashi et al., published in Journal of the Anus, Rectum and Colon January 2020, in Japan, there were around 180,000 patients with ulcerative colitis. In addition, in Latin America, the incidence and prevalence of ulcerative colitis (UC) has been reported to be rising in newly industrialised regions. According to a research study by Paulo Gustavo Kotze et al., published in Therapeutic Advances in Gastroenterology Journal July 2020, the incidence and prevalence of ulcerative colitis (UC) in Latin America was between 0.04 to 8.00/100,000 and 0.23 to 76.1/100,000, respectively.

Increasing research and development activities is also boosting the market growth. According to the National Clinical Trial (NCT) registry, as of May 2021, there are around 245 ongoing clinical trials related to ulcerative colitis across diferent phases of development. The positive outcomes from these studies can expect new effective therapeutics for ulcerative colitis in coming years.

In addition, Takeda Pharmaceuticals, Jassen Pharmaceuticals, and Pfizer are among the major global companies that have established themselves with their products for the treatment of inflammatory ulcerative colitis. Moreover, the increasing involvement of key players in product development related to the field is anticipated to drive the segment growth. For instance, in March 2019, Johnson & Johnson announced the new clinical data from its Phase III UNIFI study showing positive results of STELARA in adults suffering from moderate to severe ulcerative colitis.

In addition, in August 2018, Pfizer Inc. received marketing approval for XELJANZ from the European Union in the treatment of moderate to severe ulcerative colitis. The novel launch of products from this strong pipeline is anticipated to propel market growth over the forecast period.

North America Dominates the Market and Expected to do Same in the Forecast Period

Some of the factors that are driving the market growth in North America region include technological advancements, growing number of gastrointestinal diseases, rising geriatric population and obese population, increasing research and development activities along with presence of key market players.

The COVID-19 infection is noted to be more severe in patients with co-morbid conditions, those who are immunosuppressed, malnourished and immunocompromised. Inflammatory bowel disease (IBD) which includes Crohn's disease and ulcerative colitis is chronic remitting and relapsing disorders with intestinal and extraintestinal manifestation. Inflammatory bowel disease (IBD) patients are often malnourished and on immunosuppressive medications and there is a hypothetical concern that IBD patients are at substantial risk of COVID-19 infection.

According to a research study by Maliha Naseer published in World Journal of Meta-AnalysisOctober 2020,in the United States, the management of inflammatory bowel disease (IBD) patients was often complex and poses unique challenges for gastroenterologists during the COVID-19 pandemic. The study results found that, during the COVID-19 pandemic 2020, IBD patients continued their medications and followed universal precautions i.e. masks, hand and respiratory hygiene and avoidance of health care facilities and public toilets as general population. Among IBD patients older age, having active disease, and co-morbid conditions are risk factors for a severe COVID-19 infection.

According to a research study by Gilaad G Kaplan et al., published in Journal of the Canadian Association of Gastroenterology February 2019, Canada has among the highest prevalence and incidence of inflammatory bowel disease (IBD) in the world. Moreover, the prevalence of inflammatory bowel disease (IBD) in 2018 was 0.7% of the Canadian population. This number is projected to rise to 1.0% of the population by 2030. In 2018, the number of Canadians with IBD was approximately 270,000 and is predicted to rise to 403,000 Canadians in 2030. This factor is expected to drive market growth as this will increase demand for GI therapeutics in the management of the disease.

The market players have adopted various strategies such as investment in research and development, product portfolio expansion, development of novel ulcerative colitis and Crohn's disease therapeutics, mergers and acquisitions to establish a strong distribution network. For instance, in February 2018, Janssen Biotech, Inc. and Theravance Biopharma, Inc. entered into a worldwide collaboration to develop TD-1473 for the treatment of inflammatory bowel disease (IBD), which includes ulcerative colitis and Crohn's disease.

In addition, in April 2019, Salix Pharmaceuticals (Bausch Health Companies Inc.) entered into an exclusive license agreement with Mitsubishi Tanabe Pharma to commercialize and develop late stage investigational S1P modulators for the treatment of inflammatory bowel disease. Thus, owing to above mentioned factors it is expected to drive market growth in North America region during the forecast period.

Competitive Landscape

The Gastrointestinal Therapeutics Market is moderately competitive. These market players have extensively employed competition sustainability strategies such as new product development and regional and distribution channel expansion to gain a higher share in the market. Moreover, increased focus on refining operation and supply chain management has facilitated key players to maintain a competitive edge. Some of the market players include Abbott Laboratories, Takeda Pharmaceutical Company Limited, Abbvie Inc., Bayer AG and Cipla Inc. , among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of GI Diseases
    • 4.2.2 Rising Investments in R&D by Pharmaceutical Companies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Rising Socio-economic Burden Associated with Gastrointestinal Disorders
    • 4.3.2 Increasing Number of Patent Expiries
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Drug Type
    • 5.1.1 Antacids
    • 5.1.2 Laxatives
    • 5.1.3 Antidiarrheal agents
    • 5.1.4 Antiemetics
    • 5.1.5 Antiulcer agents
    • 5.1.6 Other Drug Types
  • 5.2 By Dosage Form
    • 5.2.1 Oral
    • 5.2.2 Parenteral
    • 5.2.3 Other Dosage Forms
  • 5.3 By Application
    • 5.3.1 Ulcerative Colitis
    • 5.3.2 Irritable Bowel Syndrome
    • 5.3.3 Crohn's Disease
    • 5.3.4 Celiac Disease
    • 5.3.5 Gastroenteritis
    • 5.3.6 Other Applications
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Abbvie Inc.
    • 6.1.3 AstraZeneca Plc
    • 6.1.4 Bayer AG
    • 6.1.5 GlaxoSmithKline PLC
    • 6.1.6 Janssen Pharmaceuticals Inc. (Johnson & Johnson)
    • 6.1.7 Pfizer Inc.
    • 6.1.8 AbbVie Inc.
    • 6.1.9 Takeda Pharmaceutical Company Limited
    • 6.1.10 Bausch Health Companies Inc. (Salix Pharmaceuticals, Inc.)
    • 6.1.11 Boehringer Ingelheim GmbH
    • 6.1.12 Cipla Inc

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS