デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
635865

署名検証市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Signature Verification Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
署名検証市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

署名検証の世界市場は、予測期間中(2021年~2026年)に25.3%のCAGRで推移すると予測されています。COVID-19の大流行とそれに伴う各国の政府による閉鎖により、いくつかの組織はリモートワークモデルに移行しています。その結果、電子署名の採用が進み、法的枠組みの中で商取引を特定・認証するための署名検証ソフトウェアの需要が高まっています。

主なハイライト

  • 署名は、政府、企業、金融機関などのエンティティが取引や文書を認証するために使用されるユニークなものです。署名は、手書きの署名の動的な特徴やその特徴を利用して本人確認を行う認証方法です。
  • 近年、銀行、オフィス、機関、その他の商業組織におけるセキュリティや個人の検証・認証の必要性の高まりに伴い、バイオメトリクス署名検証(BSV)が再び注目されています。オフライン署名処理は、小切手、クレジットカード、契約書、歴史的文書などを検証するオフィスオートメーションシステムで一般的に使用されています。また、生体サンプルの速度、加速度、圧力、幾何学的形状などのさまざまなパラメータに基づいて署名を比較する動的署名検証(DSV)は、世界中で人気を集めており、今後数年間で大きな市場成長を保持すると予想されます。
  • さらに、米国やEU諸国を中心に、世界のほとんどの政府がデジタル署名や電子署名を手書き署名と同等と認める法律を制定しています。仮に特定の要件(例えば、欧州議会と理事会の電子署名に関するEU指令1999/93/Ec)に沿って作成された場合。
  • この業界では、多くのベンダーがワークフローをデジタル化し、事業強化や新製品投入のために買収に踏み切っています。例えば、DocuSignはLiveoak Technologiesを3800万米ドルで買収しました。Liveoakは、ライブビデオ、コラボレーションツール、本人確認を組み合わせ、当事者が公証された許可を取得できるようにします。
  • さらに、電子署名の検証に関しては、複雑さがさらに増しています。例えば、副署の適用方法、多数の署名と文書フォーマット、署名者が署名を許可されたかどうかの判断、署名の履歴検証などです。

主な市場動向

ヘルスケア産業が大きな市場シェアを占める見込み

  • ヘルスケアは規制が厳しい業界であり、多くの書類を作成する必要があります。また、署名による検証が法的に義務付けられている業界でもあります。この業界では、取引詐欺やセキュリティ侵害が増加しているため、必須データの損失を防止するための署名検証ソリューションの需要が高まっています。
  • 2020 Healthcare Data Breach Reportによると、500件以上のヘルスケアデータ侵害は、1日あたり1.76件以上の割合で報告されています。2020年には、ヘルスケアプロバイダー、ヘルスプラン、ヘルスケアクリアリングハウス、およびこれらの事業体のビジネスアソシエイトから642件の重大なデータ侵害が報告され、2019年の記録よりも25%多くなっています。
  • ヘルスケア分野では、HIPAA(Healthcare Insurance Portability Accountability Act)やUniform Electronic Transactions Actなどの地域規制に準拠し、合法的に電子署名を使用することができます。
  • また、患者ケアの向上、経費の最小化、機器や記録の紛失や置き忘れを防ぎ、起こりうるエラーを排除するために、優れた医療インフラを構築する必要性が高まっています。電子署名ソリューションの利用は、顧客の文書作成、医療プロセスの承認、医療費の支払い、医療記録への署名、領収書の発行、患者の満足度向上などのアプリケーションに役立ちます。
  • さらに、ベンダーはヘルスケア業界に特化した電子署名および文書管理ソリューションを発売するために提携しており、署名検証の市場を牽引しています。2020年11月には、ケルンに本社を置くスマートヘルスのm.Doc GmbHと、デジタルアンIDプロバイダーのValidated IDが、アナログ署名プロセスを簡略化するデジタル署名統合を開発したと発表しました。

北米が最大の市場シェアを占める

  • 米国では、銀行や金融機関、ヘルスケア、BPOサービス、政府機関など、さまざまな分野でデジタル署名認証が徹底的に活用されています。政府は、デジタル署名検証の正しい利用を監視するために、複数の規則や規制を導入しています。
  • 2020年の選挙では、このソフトウェアが例外的に多く使用されていることが確認されました。パンデミックにより数百万人の有権者の移動が制限されたため、政府は有権者にデジタル投票の導入を奨励せざるを得なくなりました。これは電子署名ソフトウェアの使用に直接影響を与え、政府と署名検証開発企業との協力関係を促しました。
  • さらに、署名検証技術は米国の選挙で常態化し、今後数年間は精度の向上とともに導入が進むと予想されます。CISA(Cybersecurity and Infrastructure Security Agency)選挙インフラ政府調整評議会とセクター調整評議会の合同COVIDワーキンググループは、2020年の選挙に向けて自動署名検証手順を監視し統合するための明確なガイドラインを発表しました。Parascriptなどの企業が自動署名検証ソフトウェアを提供しており、2020年の米国選挙をサポートしました。
  • また、カナダ政府はデジタル署名の利用を法的に強制できるようにしました。これにより、さまざまな企業が署名検証プラットフォームを採用するケースが増えました。COVID-19の大流行後、政府は個人情報保護法および電子文書法に沿った署名検証ソフトウェアソリューションについて、さまざまな検討事項を定めました。
  • さらに、カナダのデジタル識別認証評議会は、商業、産業、政府、市民のためのデジタルアイデンティティとドキュメントの検証を促進しています。カナダでは、金融機関の間でデジタルID認証ソリューションの採用が進んでいます。カナダの銀行では、ソフトウェアの利用が動向になりつつあります。カナダロイヤル銀行は、2020年3月にデジタルID認証を導入した最初の銀行で、もっと前から署名認証技術を採用していました。カナダロイヤル銀行は、カナダ、米国、その他34カ国で1700万人の顧客にサービスを提供しており、口座開設時にデジタル本人確認を展開し、銀行の支店やモバイル、ウェブサイトからリモートで利用できるようにしました。

競合情勢

署名認証市場は、トップ企業が大きなシェアを占めているため、統合されています。また、既存プレーヤーが強い支配力を持つため、新規プレーヤーが市場に参入することは困難です。主要プレイヤーには、Biometric Signature ID(J C Lads Corporation)、CERTIFY Global Inc.、Ascertia Ltd.、Kofax Inc.、Entrust Datacard Corporation、Odyssey Technologies Limited、Scriptel Corporationなどがあります。

  • 2021年5月-JumiocがVeridiumと協業し、eKYC(Know Your Customer)使用事例のセキュリティを強化し、企業が本人確認に高度な顔、文書、指紋の生体認証機能を採用できるようにします。
  • 2021年2月パラスクリプトはFormXtra.AI 8.0を発表しました。このソリューションは、NLPベースの全ページ手書き文字転写機能を備え、ビジネス文書プロセスを驚くべき精度で自動化し、人間のデータ入力を減らし、時間のかかる設定と生産管理の責任を軽減します。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シートのExcel形式での提供
  • アナリストサポート3ヶ月分

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 厳しい規制とコンプライアンスニーズ
  • 市場抑制要因
    • 検証デバイスの多様性とレガシーシステムとの互換性
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場セグメンテーション

  • ソリューションのタイプ別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
  • エンドユーザー産業別
    • 金融サービス
    • 政府機関
    • ヘルスケア
    • 運輸・物流
    • その他の業種
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • その他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Parascript LLC
    • Ascertia Ltd
    • Jumio Corp.
    • Ekata Inc.
    • IBM Corporation
    • SutiSoft Inc.
    • Acuant Inc.
    • Mitek Systems Inc.
    • CERTIFY Global Inc.
    • Scriptel Corporation
    • iSign Solutions Inc.
    • Veriff

第7章 投資分析

第8章 市場の将来性

目次
Product Code: 59014

The Global Signature Verification Market is expected to register a CAGR of 25.3% during the forecast period (2021 - 2026). Several organizations are shifting toward remote working models due to the COVID-19 pandemic and consequent lockdowns imposed by governments across various countries. As a result, they are adopting electronic signing, thus, increasing the demand for signature verification software for identifying and authenticating business transactions within legal frameworks.

Key Highlights

  • Signatures are uniquely used for verification by entities, such as governments, businesses, and financial organizations, for authorizing transactions and documents. They provide an authentication method, which uses the dynamic feature of a person's handwritten signature and its characteristics to authenticate their identity.
  • In recent years, biometric signature verification (BSV) has renewed interest in line with the increasing need for security and individual verification and authentication across banks, offices, institutions, or other commercial organizations. Offline signature processing is typically used in office automation systems that validate cheques, credit cards, contracts, and historical documents. Also, dynamic signature verification (DSV) that compares signatures based on various parameters, such as velocity, acceleration, pressure, and geometrical shape, of the biometric sample is gaining traction worldwide and is expected to hold a significant market growth in coming years.
  • Moreover, most governments worldwide, especially in the United States and EU nations, have enacted legislation recognizing digital signatures or electronic signatures as equivalent to handwritten signatures. Suppose produced in line with specific requirements (for instance, the EU Directive on Electronic Signature 1999/93/Ec of the European Parliament and Council).
  • Many market vendors in the industry are marking workflows digitally and going for acquisition for strengthening business and launching new products. For instance, DocuSign acquired Liveoak technologies for USD 38 million. Liveoak combines live video, collaborative tools, and identity verification to allow parties to obtain notarized permission.
  • Further, regarding the verification of e-signatures, complexities increase even further. For instance, there are multiple ways of applying countersignatures, numerous signatures and document formats, determining whether the signer was authorized to sign, historical verification of signatures, etc.

Key Market Trends

Healthcare Industry is Expected to Hold Significant Market Share

  • Healthcare is a heavily regulated industry that requires a lot of documentation. It is an industry where verification by signature is a legal requirement. The increasing transaction frauds and security breaches in the sector are propelling the demand for signature verification solutions that help prevent the loss of imperative data.
  • According to the 2020 Healthcare Data Breach Report, healthcare data breaches of 500 or more records were reported at a rate of more than 1.76 per day. 2020 saw 642 significant data breaches reported by healthcare providers, health plans, healthcare clearinghouses, and business associates of those entities, 25% more than what was recorded in 2019.
  • The healthcare sector can use e-signatures legally in compliance with regional regulations, such as the Healthcare Insurance Portability Accountability Act (HIPAA) and the Uniform Electronic Transactions Act.
  • There is also a growing need to create a good healthcare infrastructure to boost patient care, minimize expenses, and prevent loss or misplacement of equipment or records while eliminating any possible errors. The use of e-signature solutions helps in applications, such as client documentation, medical process approvals, medical bill payment, signing medical records, issuing medical receipts, and improving patient satisfaction.
  • Further, Vendors are partnering to launch e-signature and document management solutions specific to the healthcare industry, thus driving the market for signature verification. In November 2020, Cologne-based m.Doc GmbH, smart health, and Validated ID, digital an identification provider, announced that they had developed a digital signature integration to simplify analog signature processes.

North America Accounts For the Largest Market Share

  • United States has exhaustively used digital signature verification in various sectors, including banking and financial institutes, healthcare, BPO services, and government offices. For their increased usage, the government has implemented multiple rules and regulations to monitor the correct use of digital signature verification.
  • The country witnessed exceptionally high use of the software during the 2020 elections. The pandemic restricted the movement of millions of voters, which compelled the government to encourage the voters to adopt digital voting. This directly impacted the use of digital signature software, prompting government collaboration with signature verification developer companies.
  • Moreover, the signature verification technology became the normalized trend in the U.S. elections and is expected to see increased implementation with advancements in terms of accuracy in the coming years. The Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) Elections Infrastructure Government Coordinating Council and Sector Coordinating Council's Joint COVID Working Group announced clear guidelines to monitor and integrate the automatic signature verification procedure for the 2020 elections. Companies such as Parascript offer automated signature verification software that supported the U.S. elections in 2020.
  • The Government of Canada has also made the use of digital signatures legally enforceable. This has allowed various companies to adopt signature verification platforms increasingly. After the Covid-19 pandemic hit the country, the government set out different considerations for the signature verification software solutions aligned with the Personal Information Protection and Electronic Documents Act.
  • Further, Canada's Digital Identification and Authentication Council facilitate digital identity and document verification for commerce, industry, governments, and citizens. The country is marked with increased adoption of digital identity verification solutions amongst financial institutions. Software usage amongst banks in Canada is becoming a trend. The Royal Bank of Canada was the first bank to implement digital identity verification in March 2020 and had adopted signature verification technology much earlier. The Royal Bank of Canada serves 17 million customers in Canada, the U.S., and 34 other countries and rolled out digital identity verification for account opening, which is available at the bank branches and remotely via mobile and its website.

Competitive Landscape

The signature verification market is consolidated as the significant share of the market is occupied by top players. Moreover, the new player finds it difficult to enter the market due to the strong dominance of existing players. Some key players include Biometric Signature ID (J C Lads Corporation), CERTIFY Global Inc., Ascertia Ltd., Kofax Inc., Entrust Datacard Corporation, Odyssey Technologies Limited, Scriptel Corporation, among others.

  • May 2021 - Jumiocollaborated with Veridiumproviding enhanced security for eKYC(Know Your Customer) use cases, allowing businesses to employ advanced facial, document, and fingerprint biometric recognition capabilities for identity verification.
  • February 2021 - Parascript launched FormXtra.AI 8.0. The solution features NLP-based Full-page Handwriting Transcription and automates business document processes with remarkable precision, reduces human data entry, and reduces time-consuming configuration and production management responsibilities.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Stringent Regulations and Need for Compliance
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Variability of Verification Devices and Compatibility with Legacy Systems
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.5 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type of Solution
    • 5.1.1 Hardware
    • 5.1.2 Software
  • 5.2 By End-user Industry
    • 5.2.1 Financial Services
    • 5.2.2 Government
    • 5.2.3 Healthcare
    • 5.2.4 Transport and Logistics
    • 5.2.5 Other End-user Industries
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Parascript LLC
    • 6.1.2 Ascertia Ltd
    • 6.1.3 Jumio Corp.
    • 6.1.4 Ekata Inc.
    • 6.1.5 IBM Corporation
    • 6.1.6 SutiSoft Inc.
    • 6.1.7 Acuant Inc.
    • 6.1.8 Mitek Systems Inc.
    • 6.1.9 CERTIFY Global Inc.
    • 6.1.10 Scriptel Corporation
    • 6.1.11 iSign Solutions Inc.
    • 6.1.12 Veriff

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET