表紙:電気自動車充電ステーション市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
市場調査レポート
商品コード
635783

電気自動車充電ステーション市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Electric Vehicle Charging Station Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
電気自動車充電ステーション市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電気自動車充電ステーションの世界市場は、2020年に50億3,000万米ドルとなり、2026年にはCAGR44.44%で368億7,000万米ドルを記録すると予測されます。電気自動車(EV)は、環境に対する関心の高まりと、持続可能でエネルギー効率の高い輸送手段に対する需要の高まりにより、著しい成長を遂げています。

パンデミックCOVID-19の発生により、世界中の政府は自国の医療施設にその他の活動から焦点を移し、また、社会的距離を保ちウイルスの拡散を避けるために人々が自宅待機を強いられたため、封鎖が行われ、すべてのインフラ作業が影響を受け、労働力の確保に影響を与え、そのためプロジェクトに影響を及ぼしました。しかし、経済が徐々に開放されるにつれて、インフラプロジェクトも再開されており、予測期間中に市場が大きく成長することが期待されています。

市場成長の主な要因としては、厳しい排出ガス規制や燃費規制の制定、政府による優遇措置、電気自動車の販売増などが挙げられ、これらが充電ステーションの需要を生み出しています。

電気自動車充電ステーション市場は、ABB、Schneider Electric SE、ChargePoint Inc.など、多くの世界のプレーヤーによって獲得されています。また、この市場は様々な新しいスタートアップ企業を惹きつけています。

主な市場動向

電気自動車の販売拡大

電気自動車は、自動車産業において不可欠な存在となっています。電気自動車は、エネルギー効率を高め、汚染物質や温室効果ガスの排出を削減するための手段となっています。環境問題への関心の高まりと政府の積極的な取り組みが、電気自動車の成長を促す主な要因となっています。電気自動車の年間販売台数は、2025年末までに500万台の大台に乗ると予測されています。2025年末には、電気自動車が自動車販売台数全体の15%を占めると予想されます。

電気自動車市場は近年、健全な成長率を示しています。2020年には、多くの欧州諸国でEV販売台数が2桁の成長率を記録しました。欧州市場は、2019年の26%に対し、2020年には世界のEV販売台数の約43%を占めました。プラグイン車全体の販売台数は、2019年の226万台に対し、約324万台に達しました。この販売台数の急増は、様々な組織や政府による規制規範の増加、排ガスレベルの制御、ゼロエミッション車の普及の結果です。

世界中の政府は、購入者が従来の自動車ではなく電気自動車を選択することを奨励するために、さまざまな制度や取り組みを導入しています。2025年までに150万台の電気自動車の普及を目指すカリフォルニア州のZEVプログラムもその一つです。インド、中国、英国、韓国、フランス、ドイツ、ノルウェー、オランダなどでは、電気自動車を購入する人たちに対してさまざまなインセンティブが与えられています。

アジア太平洋地域は電気自動車充電ステーション市場をリードしている

地理的には、アジア太平洋地域が電気自動車充電スタンド市場をリードしており、次いで欧州が続いています。アジア太平洋地域では、中国が電気自動車とバスの最大市場であり、2019年1~9月の新エネルギー車(乗用車と商用車の両方)の販売台数は872千台で、20.8%の成長率を示しています。

中国の電気自動車充電スタンド市場は、政府からの手厚い支援に支えられたバッテリー電気自動車市場によって支えられています。中国は、新エネルギー車(NEV)の購入に関連するインセンティブを2022年まで延長しています。2020年1月、テスラモーターズは上海に20億米ドルの施設を開設し、2020年3月には、電気自動車大手の他のすべての世界の施設がCOVID-19の流行により停止した際、週あたり約3000台の自動車を組み立てていました。

日本における電気自動車市場は、排出ガスを出さない車の需要が高まっていることから成長を続けており、政府はこの電気自動車市場に多額の投資を行っています。日本政府は、2050年までに国内で販売されるすべての新車を電気自動車またはハイブリッド車にすることを目標としています。また、政府は2050年までに自動車1台あたりの二酸化炭素やその他の温室効果ガスの排出を約80%削減する目標を掲げています。

競合情勢

電気自動車用充電スタンドの市場はかなり集約されています。市場を牽引しているのは、中国国家電網公司、ABB、シーメンス、青島Tgood Electric Co, Ltd、Tesla Inc.などの数社です。

電気自動車充電ステーション市場は、中国国家電網公司が支配的であり、ABBがそれに続く。現在、同社は29省273都市をカバーする100万基以上の充電ステーションを統合しています。同社は、大手自動車メーカーと提携することで、その存在感を高めています。例えば、2018年にBMWとSGCCは戦略的パートナーシップを締結し、SGCCは2020年末までにBMW車の促進要因が中国で27万基以上の充電柱にアクセスできるようにする予定です。

シーメンスAGは、e-モビリティの充電のための新技術市場の開拓に引き続き注力しています。2020年9月には、ニュージーランド最大のバス事業者の1つであるGo Bus社から、同社のバスデポ2カ所にe-Bus用充電インフラを搭載することを受注しています。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 車種
    • 乗用車
    • 商用車
  • 充電器タイプ
    • ACチャージングステーション
    • DCチャージングステーション
  • アプリケーションの種類
    • 公共
    • プライベート
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • 北欧諸国
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • その他の地域
      • 南北アメリカ
      • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • ABB
    • ChargePoint Inc.
    • Schneider Electric SE
    • Siemens AG
    • Tesla Motors Inc.
    • Evbox(ENGIE)
    • Leviton Manufacturing Co. Inc.
    • SemaConnect Inc.
    • The Newmotion BV(Acquired by Shell)
    • Efacec
    • Evgo(Acquired by L.S. Power)
    • EV Solutions(Webasto)
    • BP Pulse
    • Qingdao Tgood Electric Co. Ltd
    • Star Charge
    • The State Grid Corporation of China(SGCC)

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50767

The global electric vehicle charging station market was valued at USD 5.03 billion in 2020 and is expected to register a value of USD 36.87 billion by 2026, with a CAGR of 44.44%. Electric vehicles (EV) are witnessing significant growth, owing to the growing environmental concerns and rising demand for sustainable and energy-efficient transportation.

With the outbreak of pandemic COVID-19, the governments around the world have shifted their focus from other activities to health care facilities in their countries, and also with the imposed lockdown, all infrastructure work was affected as people were forced to stay at home to maintain social distancing and avoid the spread of the virus, which impacted the availability of the workforce and hence the projects were affected. Yet, with the gradual opening up of the economies infrastructure projects are also resuming and it is expected that the market will witness significant growth during the forecast period.

Some of the major factors driving the growth of the market studied are the enactment of stringent emission and fuel economy norms, government incentives, and the increasing sales of electric vehicles, which is generating a demand for charging stations.

The electric vehicle charging station market is captured by a number of global players such as ABB, Schneider Electric SE, and ChargePoint Inc. The market is also attracting various new startups.

Key Market Trends

Growing Sales of Electric Vehicles

Electric vehicles have become an integral part of the automotive industry. They represent a pathway toward achieving energy efficiency, and reduced emissions of pollutants and greenhouse gases. Increasing environmental concerns and favorable government initiatives are the major factors driving this growth. The annual sales volume of electric passenger cars is projected to cross the 5 million mark by the end of 2025. Electric cars are expected to account for 15% of the overall vehicle sales by the end of 2025.

The electric vehicle market has been witnessing healthy growth rates in recent years. In 2020, many European countries witnessed a double-digit growth rate in EV sales. The European market captured around 43% of the global EV sales in 2020, compared to 26% in 2019. The overall sales of plug-in vehicles reached about 3.24 million units, compared to 2.26 million in 2019. This spike in sales is the result of an increase in regulatory norms by various organizations and governments, to control emission levels and to propagate zero-emissions vehicles.

Governments across the world have introduced various schemes and initiatives to encourage buyers to choose electric vehicles over conventional vehicles. The California ZEV program, which aims to have1.5 million electric vehicles on road by 2025, is one such initiative. India, China, the United Kingdom, South Korea, France, Germany, Norway, and the Netherlands, are some of the countries which have various incentives for people willing to buy an electric vehicle.

Asia-Pacific is Leading the Electric Vehicle Charging Station Market

Geographically, Asia-Pacific is leading the electric vehicle charging station market, followed by Europe. In Asia-Pacific, China is the largest market for electric cars and buses, and it sold 872 thousand units of New Energy Vehicles (both passenger and commercial vehicles) for the first nine months in 2019, exhibiting a growth rate of 20.8%.

The Chinese electric vehicle charging station market is well supported by its battery electric vehicle market, which is backed by generous support from the government. China has extended the incentives relating to the purchase of new energy vehicles (NEVs) till 2022. In January 2020, Tesla Motors inaugurated a USD 2 billion facility at Shanghai, that was assembling nearly 3000 cars per week in March 2020 when all the other global facilities of the electric vehicle giant were shut down due to the COVID-19 pandemic.

The electric vehicle market in Japan has been experiencing growth, as the demand for emission-free vehicles has been increasing, and the government has been investing heavily in this electric vehicle market. The Japanese government aims to transform all the new cars, sold in the country, to electric or hybrid vehicles, by 2050. The government has also set a target to reduce the emissions of carbon dioxide and other greenhouse gasses, by about 80% per vehicle, by 2050.

Competitive Landscape

The Electric vehicle charging station market is fairly consolidated. The market is led by few companies, such as The State Grid Corporation of China, ABB, Siemens, Qingdao Tgood Electric Co., Ltd, and Tesla Inc.

The electric vehicle charging station market is dominated by The State Grid Corporation of China followed by ABB. As of now, the company has integrated over 1 million charging stations covering 273 cities from 29 provinces. The company is expanding its presence by making partnerships with major automakers. For instance; in 2018 BMW and SGCC entered into a strategic partnership under which SGCC will enable BMW car drivers to access more than 270,000 charging pillars in China by the end of 2020.

Siemens AG continues to focus on developing the new technologies market for charging e-mobility. In September 2020, the company has received an order from Go Bus, one of New Zealand's largest bus operators, to power two of their bus depots with charging infrastructure for e-Buses.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Vehicle Type
    • 5.1.1 Passenger Cars
    • 5.1.2 Commercial Vehicles
  • 5.2 Charger Type
    • 5.2.1 AC Charging Station
    • 5.2.2 DC Charging Station
  • 5.3 Application Type
    • 5.3.1 Public
    • 5.3.2 Private
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Nordic Countries
      • 5.4.2.5 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Rest of the World
      • 5.4.4.1 South America
      • 5.4.4.2 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 ABB
    • 6.2.2 ChargePoint Inc.
    • 6.2.3 Schneider Electric SE
    • 6.2.4 Siemens AG
    • 6.2.5 Tesla Motors Inc.
    • 6.2.6 Evbox (ENGIE)
    • 6.2.7 Leviton Manufacturing Co. Inc.
    • 6.2.8 SemaConnect Inc.
    • 6.2.9 The Newmotion BV (Acquired by Shell)
    • 6.2.10 Efacec
    • 6.2.11 Evgo (Acquired by L.S. Power)
    • 6.2.12 EV Solutions (Webasto)
    • 6.2.13 BP Pulse
    • 6.2.14 Qingdao Tgood Electric Co. Ltd
    • 6.2.15 Star Charge
    • 6.2.16 The State Grid Corporation of China (SGCC)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS