表紙:感情検出・認識(EDR)市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
612973

感情検出・認識(EDR)市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Emotion Detection and Recognition (EDR) Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
感情検出・認識(EDR)市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

感情検出・認識(EDR)市場は、2020年の市場規模が1987万米ドル、2026年には5286万米ドルに達し、予測期間(2021年~2026年)に18.01%のCAGRで推移すると予測されています。人と機械とのコミュニケーションにおいて、感情を理解することは重要な意味を持ちます。EDRは、人間とコンピュータのインターフェースを改善するだけでなく、コンピュータがユーザーから受けるフィードバックのメカニズムも強化します。

ハイライト

  • 人工知能(AI)はデジタル破壊の波を引き起こしているが、人間の感情を理解するAIの限界は依然として課題です。しかし、ここ数年、データへのアクセスの増加、低コストのコンピューティングパワー、デジタル学習と組み合わせた進化したNLPにより、システムが人間の感情を分析することが可能になりつつあります。
  • 感情は複数の方法で表現され、また欺くこともできるため、感情を詳細に理解することはEDR市場に課題を与える要因となっています。この課題にもかかわらず、AIの技術的進歩は、予測期間中にEDRの市場を牽引すると予想されます。
  • その他、市場の主な影響要因としては、より良い顧客体験に対するニーズの高まり(感情のつながりも顧客満足度と並んで重要な役割を果たすため)、デジタルコミュニケーションにおける人間味の必要性の高まり(チャットボット)、言語文脈や顔認識における課題などが挙げられます。
  • 多くの著名な企業が、感情の検出と認識を活用しています。この技術は消費者行動の検出を容易にし、その結果、消費者行動研究に大きく貢献するのに役立ちます。例えば、ディズニーは、観客がどのように映画を楽しむかを判断するために技術を利用しています。具体的には、複雑な顔の表情を認識し、今後の感情まで予測できるAI搭載のアルゴリズムを作成しています。
  • さらに、このテクノロジーは、ビデオゲーム会社からも大きな注目を浴びています。ビデオゲームは、プレイヤーの一連の感情を誘発するように設計されており、これらの反応は、ゲーム全体を楽しむために不可欠であることが多いです。開発者は、リアルタイムでシーケンスを調整するために、感情検出をユーザーエクスペリエンスに統合しています。これにより、より没入感のあるゲーム体験が実現されています。

主な市場動向

ウェアラブルデバイスの普及がEDR市場を牽引

  • GSMAによると、IoT接続市場は2025年までに250億に達し、IoT市場の収益は同期間に1兆1,000億米ドルを超えると予測されています。IoT需要の増加に伴い、デバイスのアプリケーションは、世界のほぼすべてのエンドユーザー産業に浸透していくと予想されます。
  • さらに、接続型ウェアラブルデバイスの数も増加傾向にあります。こうしたデバイスには、心拍数、脈拍、体温などの生体バイタルを収集、監視、分析するセンサーが搭載されています。例えば、シスコシステムズによると、接続型ウェアラブルデバイスの数は、2022年までに世界で11億500万個に達すると予想されています。
  • さらに、市場のさまざまなスマート・ウェアラブル端末ベンダーが、健康追跡機能の一部としてバイオトラッカーを取り入れるケースが増えています。例えば、華美の最新スマートウォッチ「Amazfit GTS」は、華美バイオトラッカー光センサーを搭載し、24時間の高精度な心拍数モニタリングを可能にしています。このようなバイオセンサーの搭載により、データ分析のための大規模なデータセットが企業に提供されることが期待されます。
  • ウェアラブルには心電図モニターが搭載されることが多くなり、心電図を測定し、その測定値を医師に伝えて診断や緊急警告を行うことができるようになってきています。このような市場の新興国市場は、感情認識のための確立された技術的インフラを提供しています。

EDR市場を独占する北米市場

  • 北米は、IoTやスマートウェアラブルの需要、高い広告費など、最大の小売市場を持つ米国やカナダなどの国の存在により、市場で大きなシェアを占めると予想されます。この地域のマーケティング担当者は、消費者インサイトを獲得できるテクノロジーの採用において、世界のリーダーの一角を占めています。
  • 米国は、eコマースを含む世界の小売の大きなシェアを占める世界最大の小売市場の一つです。小売売上高の増加に伴い、この地域の小売業者は、適切なセグメントをターゲットにした広告に費用をかけるようになってきています。売上高の増加により、小売業者はこうした機能を実現するテクノロジーに多くの費用を投じることができるようになりました。
  • 例えば、米国商務省によると、米国の小売売上高は2018年に5兆3500億米ドルであり、2023年には5兆9900億米ドルに達すると予想されています。また、米国、カナダともにeコマース分野は増加傾向にあり、StatCanによると、2018年中のカナダにおけるeコマース小売売上高は180.4億カナダドル(約1兆円)に達しています。こうした成長は、同地域の広告費需要を増大させています。
  • これとは別に、北米には、消費者と産業分野の両方でIoTの最大市場の1つがあります。GSMA Intelligenceによると、2018年の同地域のIoT接続数は23億であり、そのうち14億接続が消費者向けIoT接続でした。

競合情勢について

感情検出・認識市場は、複数のベンダーが存在するため、競争が激しくなっています。少数のプレーヤーが主要な市場シェアを占めているため、市場は統合されているように見えます。また、投資額が大きく、熟練技術者の需要も高いため、新規参入は依然として厳しい状況です。市場の主要プレイヤーには、Affectiva Inc.、Noldus、Realeyes OU、Kairosなどが挙げられます。

  • 2019年4月-Affectiva社は、自動車の乗客監視のための感情および物体検出AIを進化させるために、2600万米ドルの資金調達ラウンドの終了を発表しました。この資金調達ラウンドは、自動車サプライヤーであるAptivが主導しました。Affectivaは、そのソリューションを自動車の安全システムに使用されるカメラに組み込んで、促進要因が喜んでいるとき、悲しんでいるとき、眠いとき、イライラしているときを認識させたいと考えています。
  • 2019年6月-RealeyesはIntralinkとパートナーシップを締結しました。アジアでの事業拡大に向け、1240万米ドルの投資を発表。Realeyesは、Intralinkとの提携を発表し、アジアでの拡張計画を発表し、国際的なビジネス展開に役立てることを発表しました。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シートのエクセル形式でのご提供
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • 技術スナップショット
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • IoTアプリケーションとウェアラブルデバイスの採用の増加
    • 高度なマーケティングツールへのニーズの高まり
  • 市場の抑制要因
    • 世界各国におけるデータプライバシーへの懸念とデータ規制の導入

第6章 市場セグメンテーション

  • ソフトウェアとサービス別
    • ソフトウェア
      • 顔認識
      • 音声認識
      • バイオセンシング
    • サービス
  • 業界別
    • 政府機関
    • ヘルスケア
    • 小売
    • エンターテインメント
    • 交通機関
    • その他業界別
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • その他の地域

第7章 競合情報

  • 企業プロファイル
    • Emotibot Technologies Limited​
    • iMotions
    • Noldus​
    • Sightcorp.
    • Realeyes OU
    • NVISO SA
    • Kairos AR Inc.
    • Nemesysco Ltd
    • audEERING GMBH

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 55780

The emotion detection and recognition (EDR) market was valued at USD 19.87 million in 2020, and it is expected to reach USD 52.86 million by 2026, registering a CAGR of 18.01% during the forecast period (2021 - 2026). Understanding emotions hold significance during the interaction process between humans and machine communication systems. EDR not only improves human and computer interfaces, but also enhances the feedback mechanism actions taken by computers from the users.

Key Highlights

  • Though artificial intelligence (AI) is unleashing a wave of digital disruption, the limitation of AI to understand human emotion is still a challenge. However, in the past few years, increasing access to data, low-cost computing power, and evolving NLP combined with digital learning are enabling the systems to analyze human emotions.
  • A detailed understanding of emotion is a factor that challenges the EDR market, as emotions can be expressed in multiple ways and can also be deceptive. Despite this challenge, technological advancements in AI are expected to drive the market for EDR during the forecast period.
  • Other key influencers of the market include the rising need for better customer experience (as emotional connection also plays a key role along with customer satisfaction), the increasing need for a human touch in digital communications (chatbots), and challenges in language context and facial recognition.
  • Many prominent companies are using emotion detection and recognition to their advantage. This technology facilitates consumer behavior detection and, thus, helps in contributing significantly to consumer behavior studies. For instance, Disney has been using technology to determine how audiences enjoy its movies, specifically creating an AI-powered algorithm that can recognize complex facial expressions and even predict upcoming emotions.
  • Moreover, the technology has gained a significant amount of focus from the video game companies. Video games are designed to induce a series of emotions in players, with these reactions often being essential for the overall enjoyment of the game. The developers are integrating emotion-detection into user experience, in order to adjust or tweak sequences in real-time. This has also resulted in more immersive experience for gamers.

Key Market Trends

Increasing Adoption of Wearable Devices to Drive the EDR Market

  • The IoT connections market is estimated to reach 25 billion by 2025, according to GSMA, and the IoT market revenue is expected to cross USD 1.1 trillion by the same period. With increasing IoT demand, the applications of the devices are expected to trickle down to almost every end-user industry in the world.
  • Additionally, the number of connected wearable devices is on the rise. Such devices are equipped with sensors that collect, monitor, and analyze biological vitals, such as heart rate, pulse, and body temperature. For instance, the number of connected wearable devices, worldwide, is expected to reach 1,105 million by 2022, according to Cisco Systems.
  • Moreover, various smart wearable device vendors in the market are increasingly incorporating biotrackers as part of their health tracking features. For instance, Huami's latest smartwatch, Amazfit GTS, is powered by its Huami Bio Tracker Optical sensor, enabling 24-hour precision heart rate monitoring. Such incorporation of biosensors is expected to provide large scale data sets to enterprises for data analysis.
  • Wearables are increasingly getting equipped with ECG monitors and can measure electrocardiograms and communicate the readings to physicians for diagnosis, as well as emergency alerts. Such developments in the market offer established technological infrastructure for emotion recognition.

North America to Dominate the EDR Market

  • North America is expected to hold a prominent share of the market, owing to the presence of countries, such as the United States and Canada, which are home to the largest retail markets, with demand for IoT and smart wearables and high ad spending. Marketers in the region are among the global leaders in adopting technologies that enable gaining consumer insights.
  • The United States is one of the largest retail markets in the world that drives a significant share of global retail, including e-commerce. With the increasing retail sales, the retailers in the region are increasingly spending on ads that target the right segment. Increasing sales are enabling retailers to spend more on technologies that enable such capabilities.
  • For instance, the total retail sales in the United States stood at USD 5.35 trillion in 2018, and this is expected to reach USD 5.99 trillion by 2023, according to the US Department of Commerce. Also, the e-commerce sector is on the rise in both the United States and Canada, and according to StatCan, the e-commerce retail sales in Canada during 2018 stood at CAD 18.04 billion. Such growth is augmenting the demand for ad spending in the region.
  • Apart from this, North America is home to one of the largest markets for IoT in both consumer and industrial space. According to GSMA Intelligence, the number of IoT connections in the region in 2018 stood at 2.3 billion, out of which 1.4 billion connections were consumer IoT connections.

Competitive Landscape

The emotion detection and recognition market is competitive owing to the presence of multiple vendors in the market. The market appears to be consolidated due to a few players accounting for the major market share. Moreover, due to higher investment and demand for skilled technicians, market entry for new entrants remains challenging. Some of the key players in the market are Affectiva Inc., Noldus, Realeyes OU, Kairos, among others.

  • April 2019 - Affectiva announced the closure of a USD 26 million funding round to advance its emotion and object detection AI for monitoring vehicle passengers. The funding round was led by automotive supplier Aptiv. Affectiva wants its solution to be incorporated into cameras used in car safety systems to recognize when a driver is happy, sad, drowsy, or frustrated.
  • Jun 2019 - Realeyes entered into a partnership with Intralink. The company announced an investment of USD 12.4 million for its expansion in Asia. Realeyes announced its expansion plans in Asia, by announcing a partnership with Intralink, which will help develop its international business.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 Technology Snapshot
  • 4.4 Impact of Covid-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing IoT Applications and Adoption of Wearable Devices
    • 5.1.2 Increasing need for Advanced Marketing Tools
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Data Privacy Concerns and data Regulation Adoption across the World

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Software and Services
    • 6.1.1 Software
      • 6.1.1.1 Facial Recognition
      • 6.1.1.2 Speech and Voice Recognition
      • 6.1.1.3 Bio-sensing
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By End-user Vertical
    • 6.2.1 Government
    • 6.2.2 Healthcare
    • 6.2.3 Retail
    • 6.2.4 Entertainment
    • 6.2.5 Transportation
    • 6.2.6 Other End-user Verticals
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE INTELLIGENCE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 Emotibot Technologies Limited​
    • 7.1.2 iMotions
    • 7.1.3 Noldus​
    • 7.1.4 Sightcorp.
    • 7.1.5 Realeyes OU
    • 7.1.6 NVISO SA
    • 7.1.7 Kairos AR Inc.
    • 7.1.8 Nemesysco Ltd
    • 7.1.9 audEERING GMBH

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS