デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
546893

産業用ワイヤレストランスミッター市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Industrial Wireless Transmitter Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
産業用ワイヤレストランスミッター市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

産業用ワイヤレストランスミッター市場は、2020年に25億6,552万米ドルとなり、2026年には34億3,804万米ドルに達し、予測期間(2021年~2026年)にCAGR5%で成長すると予測されています。インダストリー4.0政策の登場により、ワイヤレスセンシングとIoTソリューションは、いくつかの産業用アプリケーションで世界中でますます使用されるようになってきています。現代の多くのメーカーは、ワイヤレスソリューションが過去10年間の製造空間や事業所における最高の技術採用の1つであり、採用拡大のための広大な範囲を提供すると考えています。

WirelessHART(FieldComm Group)などの製品は、プロセス産業における制御・監視システムへの計測器の接続にますます採用されるようになってきています。予知保全などの予知分析ソリューションの需要が大幅に増加していることが、製造業における無線ソリューションの成長の主な理由であることが確認されています。このようなエンドユーザーにおけるワイヤレスソリューションの高い使用率が、産業用ワイヤレストランスミッタの大きな需要につながっています。

主なハイライト

  • ワイヤレスソリューションの大量導入を後押ししている主な理由の1つは、ワイヤレスソリューションとトランスミッタなどのサポート機器のコストが低いことです。ワイヤレストランスミッターは、有線トランスミッターと比較して、5分の1から3分の1のコストで産業用制御システムに接続することができると言われています。
  • 低コストで設置が簡単なワイヤレスソリューションは、工場の操業の最適化、省エネ、効率化、メンテナンスコストの削減といったニーズを満たすのに役立ちます。しかし、他のソリューションと同様に、ワイヤレス技術にもいくつかの欠点があります。セキュリティの問題は、あらゆる無線ネットワークが直面しうる最も一般的な欠点です。
  • 米国、中国、日本などの先進的な製造業では、無線技術は深刻なセキュリティ問題に直面しています。無線ネットワークが侵害された場合、攻撃者は制御システムにアクセスすることができ、企業の生産スケジュールに甚大な損害を与える可能性があります。

主な市場動向

エネルギーと電力が大きなシェアを占める見込み

  • エネルギー・電力産業は、産業用無線送信機の最大のエンドユーザー・セグメントの1つです。この産業でワイヤレストランスミッタを使用する主な理由は、いくつかの安全基準やアクセスが困難な場所でも簡単に設置できることから、ワイヤレスセンサネットワーク(WSN)などのワイヤレスソリューションの展開率が高いためです。
  • 電力・エネルギー産業の場合、スチームトラップ、熱交換器、ポンプ、コンプレッサー、圧力逃し弁など、有線技術では監視が難しく、しばしば高価だった多くの種類の機器に、監視やメンテナンス目的で無線送信機を取り付けることができるようになりました。
  • 近年、環境問題への関心の高まりから、北米や欧州を中心とした数カ国の発電方式に大きな変化が起きています。原子力発電所や火力発電所の数は、天然ガスを燃料とする発電所に取って代わられ、徐々に減少しています。
  • 米国では、2010年から2018年の間にガス火力発電を40%以上増加させています。また、石炭や石油を燃料とする発電を天然ガス発電所に置き換えるために、さらなる新しいプロジェクトが国内で導入されており、無線トランスミッタ、特に圧力と温度のトランスミッタに対する大きな需要を生み出しています。

北米が主要なシェアを占める見込み

  • 北米の国内総生産(GDP)の23%以上を占める高い製造活動が、ワイヤレストランスミッタの需要の主要な推進力となっています。この地域は、ほぼすべてのエンドユーザー垂直型に明確な展望を持っています。エネルギーと電力、産業オートメーションは、この地域の産業用無線送信機の主要な需要源となる見込みです。
  • 国内の厳しい安全規制と高度な製造業は、ワイヤレストランスミッタの市場に影響を与えることが期待されます。Observatory of Economic Complexityの推計によると、米国とカナダは世界第2位と第12位の輸出国であり、平均で労働者1000人あたり189台以上の産業用ロボットが使用されているとのことです。

競合情勢

産業用ワイヤレストランスミッター市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。多くの企業は、新たな契約を獲得し、新製品やサービスを導入することで、市場での存在感を高めています。例えば、2018年、ハネウェルはSmartLineワイヤレス圧力トランスミッタを発売し、同社の堅牢なワイヤレスネットワーク技術と組み合わせることで、圧力モニタリングと制御のための拡張性、柔軟性、安全性の高いソリューションを提供します。

  • 2018年2月- ハネウェルは、工場や遠隔地における作業者のリアルタイム安全監視のための新しいソリューションを発表しました。このソリューションは、ウェアラブルガス検知器からのデータを同社のExperion Process Knowledge Systemに統合し、緊急事態の際に当局に警告するためのものです。
  • 2018年11月- シーメンスは、Hewlett Packard Enterprise傘下のArubaと、高度な統合ネットワークの開発で提携したことを発表しました。報道によると、複数のチャネルを介して実装可能な有線および無線のネットワーク製品と関連ソフトウェアの開発が含まれるとのことです。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 技術概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 汎用
    • レベルトランスミッター
    • 圧力トランスミッタ
    • 温度トランスミッタ
    • 流量トランスミッタ
    • その他のタイプ
  • エンドユーザー
    • 産業用オートメーション
    • エネルギー・電力
    • 食品と農業
    • 水処理・廃水処理
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情報

  • 企業プロファイル
    • Emerson Electric Company
    • Honeywell International Inc.
    • Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG
    • Adcon Telemetry GmbH
    • OleumTech Corporation
    • Inovonics Corporation
    • Cooper Industries Inc.(Eaton Corporation PLC)
    • Phoenix Contact
    • Ascom Wireless Solutions AG
    • Siemens Corporation
    • Schneider Electric Corporation
    • Keri Systems Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 51709

The industrial wireless transmitter market was valued at USD 2565.52 million in 2020 and is expected to reach USD 3438.04 million by 2026, and grow at a CAGR of 5% over the forecast period (2021 - 2026). With the advent of Industry 4.0 policies, wireless sensing and IoT solutions are increasingly being used worldwide in several industrial applications. Many modern manufacturers believe that wireless solutions are one of the best technology adoptions in the manufacturing space and establishments in the past decade and provide vast scope for increased adoption.

Products, such as WirelessHART (FieldComm Group) are increasingly being adopted for connecting instrumentation to control and monitoring systems in the process industries. Critically rising demand for predictive analytics solutions, such as predictive maintenance, etc., are identified to be the dominant reason for the growth of the wireless solutions in manufacturing establishments. Such high usage of wireless solutions in several end-user verticals is creating a huge demand for industrial wireless transmitters.

Key Highlights

  • One of the primary reasons that are encouraging the mass installations of the wireless solutions is its low cost of wireless solutions and supporting equipment, like transmitters. In comparison, it is estimated that a wireless transmitter system can be installed and connected to an industrial control system, for about one-fifth to one-third of the costs required to procure and install a wired transmitter.
  • The attributes of low cost and simple installation help wireless solutions to fulfill the needs of plants to optimize operations, save energy, increase efficiency, and reduce maintenance costs. But, like any other solution, wireless technology also suffers certain drawbacks. Security issues are the most common drawback that any wireless network can face.
  • In the advanced manufacturing economies, such as United States, China, and Japan, wireless technologies face severe security issues. When wireless networks are breached, attackers can gain access to the control systems, which could cause immense damage to the company's production schedules.

Key Market Trends

Energy and Power is expected to hold a Significant Share

  • Energy & power industry is one of the largest end-user segment for industrial wireless transmitters. The major reason for using wireless transmitters in the industry is due to high rate of deployment of wireless solutions, like wireless sensor networks (WSN), etc., due to several safety standards and easy installation, even at places that are hard to access.
  • In case of power & energy industry, many types of equipment, such as steam traps, heat exchangers, pumps, compressors, and pressure relief valves which were hard to monitor and often expensive using wired technology, can now be fitted with wireless transmitters for monitoring and maintenance purposes.
  • In recent times, due to several environmental concerns, there has been a considerable shift in the power generation practices of several countries, especially in North America and Europe. The number of nuclear and thermal power plants are gradually coming down, as they are replaced with plants operating on natural gas.
  • The United States has increased its gas-fired power by more than 40% between 2010 and 2018. Further new projects are also being introduced in the country to replace the coal and oil powered electricity generation with natural gas power plants, which create a huge demand for wireless transmitters, especially pressure and temperature transmitters.

North America is Expected to Hold a Major Share

  • The high manufacturing activity in North America, which accounts for more than 23% of the region's gross domestic product (GDP), is the major driver of demand for wireless transmitters. The region has a definite outlook form almost all the end-user verticals. Energy and power, and industrial automation stand to be the major source of demand for industrial grade wireless transmitters in the region.
  • Stringent safety regulations in the country and a high degree of manufacturing are expected to influence the wireless transmitter's market. According to the estimates of Observatory of Economic Complexity, the United States and Canada are the second largest and twelfth largest export economies in the world with over 189 industrial robots per every 1000 workers on an average.

Competitive Landscape

The industrial wireless transmitter market is highly competitive and consists of several major players. Many of the companies are increasing their market presence by securing new contracts and introducing new products or services. For instance, in 2018, Honeywell launched the SmartLine wireless pressure transmitter, which offers a scalable, flexible and secure solution for pressure monitoring and control when combined with the company's robust wireless network technology.

  • February 2018 - Honeywell has announced a new solution for real-time safety monitoring of workers in plant and remote operations. The solution integrates data from wearable gas detectors to the company's Experion Process Knowledge System, in order to alert authorities during emergency situations.
  • November 2018 - Siemens has announced that they have formed an alliance with Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company, for developing advanced integrated networks. Reportedly, the project includes development of wired and wireless networking products and related software that can be implemented via several channels.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
  • 4.4 Market Restraints
  • 4.5 Technology Overview
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 General Purpose
    • 5.1.2 Level Transmitters
    • 5.1.3 Pressure Transmitters
    • 5.1.4 Temperature Transmitters
    • 5.1.5 Flow Transmitters
    • 5.1.6 Other Types
  • 5.2 End User
    • 5.2.1 Industrial Automation
    • 5.2.2 Energy and Power
    • 5.2.3 Food and Agriculture
    • 5.2.4 Water and waste water Treatment
    • 5.2.5 Other End-users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle East & Africa

6 COMPETITIVE INTELLIGENCE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Emerson Electric Company
    • 6.1.2 Honeywell International Inc.
    • 6.1.3 Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG
    • 6.1.4 Adcon Telemetry GmbH
    • 6.1.5 OleumTech Corporation
    • 6.1.6 Inovonics Corporation
    • 6.1.7 Cooper Industries Inc. (Eaton Corporation PLC)
    • 6.1.8 Phoenix Contact
    • 6.1.9 Ascom Wireless Solutions AG
    • 6.1.10 Siemens Corporation
    • 6.1.11 Schneider Electric Corporation
    • 6.1.12 Keri Systems Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS