デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
546555

政府機関向けクラウド市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年~2026年)

Government Cloud Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2021 - 2026)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
政府機関向けクラウド市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年~2026年)
出版日: 2021年01月01日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

政府機関向けクラウド市場は、2020年の市場規模が228億6000万米ドル、2026年には597億4000万米ドルに達し、予測期間(2021年~2026年)のCAGRは17.4%で成長すると予測されています。政府機関向けクラウドとは、特に政府機関向けに開発されたクラウドコンピューティングと仮想化ソリューションのことを指します。これは、世界中の連邦政府のIT、戦略、財務、運用目的のニーズに対応するクラウドソリューションに取り組み、設計する世界の取り組みです。

  • 国勢調査データの増加(人口の増加)、新しい政策/イニシアティブの導入、他の地域との提携、新しい企業の急増によるGDPの増加などにより、政府のデータ生成は増加の一途をたどっています。物理的なハードウェアで構成されるレガシーシステムは効率的ではなく、スペースが不足する可能性があります。そこで、行政のクラウド化が必須となります。
  • 2009年、米国はdata.govというポータルを立ち上げました。それ以来、世界中で政府データの体系的な公開が急速に進んでいます。クラウドは、政府データの透明性を高め、政府の説明責任を促進し、汚職を減らす役割を担っています。また、市民のエンパワーメントにも役立ち、複雑な公共問題の解決に、より幅広い専門知識と経験をもたらしてくれます。
  • クラウド・コンピューティング企業が直面する大きな課題の1つに、スキル・ギャップがあります。IBMによると、クラウド技術のスキル不足は、2018年の最重要予測事項の1つです。OpRampのCloud Skills Surveyによると、ほとんどの企業がハイブリッドモデルを計画しており、特定の専門的な作業負荷をマネージドサービスプロバイダーに移行し、社内チームのスキルも再教育する予定です。
  • クラウドコンピューティング企業が直面するもう一つの課題は、セキュリティの問題です。IBMの調査データとケーススタディ分析によると、ガバナンス、脆弱性、設定ミスなど、主要なセキュリティ監視の問題は、依然としてクラウドコンピューティング企業にとって最大のリスク要因となっています。調査結果の上位には、回答者の66%がベースラインのセキュリティをクラウドプロバイダーに依存していることが示されており、サイバー犯罪が増加していることから、政府機関や民間組織での利用にはクラウドセキュリティが不可欠となっています。
  • COVID-19は、リモートワークやデジタル化といった要因がクラウドベースのソリューションの利用を促進し、クラウド市場にプラスの影響を及ぼしています。MariaDBの調査によると、回答者の40%がクラウドへの移行を加速させており、約51%がCOVID-19の第二波に備え、アプリケーションをクラウドに移行する予定です。約39%が100%クラウド化を見込んでいます。一方、24%の回答者は、セキュリティ、価格、互換性の問題から、クラウドへの移行を遅らせています。

主な市場動向

Software-as-a-Service(サービス型ソフトウェア)が最大のシェアを占める

  • クラウド技術で大きな成長を遂げている分野のひとつにSaaSがあります。SaaSベースのアプリケーションやサービスは、ハイブリッド環境においてクラウドとオンプレミスのモデルを統合する形で利用されることが多いです。企業はしばしば、SaaSアプリケーションをデータセンター内の他の多くの既存アプリケーションやプラットフォーム、および他のクラウドプラットフォームと連携させる必要があります。
  • 政府機関は、実行可能なソリューションがすでにクラウド上にあるため、もはや独自のソリューションを作成する必要はありません。認知技術がソフトウェアに組み込まれているSaaSアプリケーションの利用は、政府機関におけるAIやその他の新興技術の取り込みを促進する可能性を秘めています。
  • 例えば、米国保健社会福祉省は、クラウドベースのAI搭載SaaSツールを使って、助成金申請の分析に役立てています。このツールは、データを分析して補助金の成果の可能性を予測するのに役立つパターンを特定することができ、例えば、財務監査で否定的な指摘を受ける可能性が高い申請書を特定することができます。また、このツールは、何百ページもの情報を段落にまとめ、政府機関のアナリストが素早く確認し、補助金を授与するかどうかを決定することができます。
  • インドの政府機関は多くの発展段階にあり、サービス提供を強化する一方で、割り当てられた予算を超えないようにコストを削減する新しい方法を常に探し求めています。
  • 効率と効果を高めるために、公共部門におけるプロセスの再構築が強く求められています。公共機関のIT機能を再構築する最良の方法の1つは、Software as a Serviceのようなソフトウェア提供モデルを採用することです。

アジア太平洋地域が最も高い成長率を記録

  • アジア太平洋地域は、政府のさまざまな取り組みによってクラウドサービスを導入し、デジタル変革を加速させ、本格的なクラウドコンピューティングのハブに変貌を遂げています。近年、ASEAN諸国では、ユニバーサルブロードバンドインフラの拡充、ICT産業の強化、あらゆる分野でのICTの普及促進、新技術の開発に適した強固な法的基盤の整備などに取り組んでいます。
  • 例えば、マレーシア政府は2020年予算において、216億マレーシアリンギットを国家光ファイバー化・接続計画(NFCP)に投入することを発表しています。マレーシア政府は、2024年までにクラウド導入率50%を達成する目標を掲げています。2021年は、公共部門におけるクラウドファースト戦略の実施に焦点が当てられると思われます。
  • タイの電子政府機関(EGA)によるASEANのクラウドコンピューティングに関する調査では、インドネシアはインターネットユーザーが急速に増加しており、クラウドコンピューティングに基づくビジネス変革の初期段階であるため、潜在的に巨大な市場であると結論づけています。
  • 2020年5月、タイの内閣は、今後2年間で1億4660万米ドルの国家クラウドおよびデータセンターサービスを資金調達することを承認しました。政府データセンターとクラウドサービスは、政府機関がデータを安全かつセキュアに利用するために利用される予定です。国営のクラウドサービスを利用することで、政府はクラウドサービスのレンタル料を1億5430万米ドル節約できると見込んでいます。
  • 日本政府はアマゾン・ウェブ・サービスに対し、2026年度までの契約で、人事システムや文書管理ツールのクラウド化を支援するよう求めている(2億7300万米ドル超)。政府は、各省庁が現在運用しているシステムを4~8年でクラウド化することを目標としています。

競合情勢

政府向けクラウド市場は、Microsoft、Oracle NEC、IBM、Googleなどの大手企業が政府向けのクラウドソリューションやサービスを提供し、集中的に展開しています。既存ベンダーの足場が固いため、参入障壁が高い市場です。

  • 2020年6月にSalesforceが米国政府顧客向けにクラウド基盤「Government Cloud Plus」を提供開始。同社が提供するクラウドソリューションは、高セキュリティ影響レベルのFedRamp暫定権限を獲得しており、顧客はCRMなどの業界ソリューションを導入するための安全でコンプライアンスに準拠した環境を提供することができます。
  • 2019年10月:マイクロソフトは、JEDI(Joint Enterprise Defense Infrastructure)と呼ばれる100億米ドルの軍事クラウド契約でアマゾンを上回る。JEDIは、レガシーシステムをより新しいクラウドサービスでアップグレードするために設計されています。当初の提案によると、JEDIクラウドは、省内およびあらゆるミッションパートナーに対して、省内のすべてのビジネスおよびミッション業務にエンタープライズレベルの商用IaaSおよびPaaSを提供します。

本レポートを購入する理由

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • より大きなストレージ容量へのニーズが市場の需要を牽引
    • データの透明性に対するニーズが市場を拡大
  • 市場抑制要因
    • クラウドコンピューティングのスキルギャップが市場成長の妨げに
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • デプロイメントモデル別
    • パブリッククラウド
    • プライベートクラウド
    • ハイブリッドクラウド
  • 提供形態別
    • インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス
    • プラッタフォーム・アズ・ア・サービス(Pltaform-as-a-Service
    • ソフトウェア・アズ・ア・サービス
  • アプリケーション別
    • サーバーとストレージ
    • ディザスターリカバリー/データバックアップ
    • セキュリティとコンプライアンス
    • アナリティクス
    • コンテンツ管理
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amazon Web Services Inc.
    • AT&T Inc.
    • CGI Inc.
    • Cisco Systems Inc.
    • Dell Inc.
    • Google Inc.
    • IBM Corporation
    • Microsoft Corporation
    • NetApp Inc.
    • Oracle Corporation
    • Rackspace Inc.
    • Salesforce.com Inc.
    • Verizon Wireless
    • VMware Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 48332

The Government Cloud Market was valued at USD 22.86 billion in 2020 and expected to reach USD 59.74 billion by 2026 and grow at a CAGR of 17.4% over the forecast period (2021 - 2026). Government cloud refers to cloud computing and virtualization solutions that are developed, especially for government organizations. It is a global initiative to address and design cloud solutions that meet the needs of IT, strategic, financial, and operational objectives of federal governments across the world.

  • Government data generation is on the rise due to growing census data (ever-increasing population), new policies/initiatives introduction, partnerships with other regions, and GDP increase due to new enterprises mushrooming. Legacy systems consisting of physical hardware are not efficient and might run out of space. Hence, government cloud is mandatory.
  • In 2009, the United States launched the data.gov portal. Since then, there has been a rapid increase in the systematic opening of government data around the world. Cloud is responsible for the transparency of government data, which promotes the government's accountability and reduces corruption. It also helps in empowering citizens and helps to solve complex public problems bringing a wider range of expertise and knowledge to bear on public problems.
  • The skills gap is one of major challenge faced by cloud computing companies. As per IBM, shortage of skills in cloud technologies is one of their topmost prediction in 2018. OpRamp's Cloud Skills Survey also says that most of the enterprises are planning to go for a hybrid model where they will shift certain specialized workload to managed service providers and also the re-skill internal team.
  • Another challenge that cloud computing companies face is that of security. According to IBM survey data and case study analysis, primary security oversight issues, including governance, vulnerabilities, and misconfigurations, remain top risk factors for cloud computing companies. One of the surveys top findings suggests that 66% of the respondents rely on cloud providers for base line security, and with the growing cyber crimes it makes the cloud security imperative for use in government and private organizations.
  • Covid-19 has positively impacted the cloud market as factors like remote work and digitalization encourage the use of cloud-based solutions. According to a survey by MariaDB, 40% of the respondents are accelerating their move to the cloud, and around 51% planning to move applications to cloud to prepare for the second wave of Covid-19. About 39% expect to be 100% in the cloud. On the flip side, 24% of respondents are slowing down their move to the cloud because of security, price, and compatibility issues.

Key Market Trends

Software-as-a-Service to Occupy Maximum Share

  • One area of cloud technology that is boosting significant growth is SaaS. SaaS-based applications and services are often used as integrating with cloud and on-premises models in hybrid environments. Organizations often need their SaaS applications to couple with many other existing applications and platforms in their data centers, as well as other cloud platforms. ​
  • Government agency no longer has to create its own solutions when viable solutions are already on the cloud. The use of SaaS applications, where cognitive technologies are built into the software, has the potential to increase the uptake of AI and other emerging technologies in government.​
  • For instance, the US Department of Health and Human Services uses a cloud-based, AI-powered SaaS tool to help analyze grant applications. This tool can analyze data to identify patterns that can help predict the likely outcome of a grant, e.g., identifying applications with a high probability of a negative financial audit finding. This tool can also summarize hundreds of pages of information into a paragraph that agency analysts can quickly review and then decide whether or not to award a grant.​
  • Indian Government agencies are in numerous developmental stages and are always on the lookout for new ways to enhance their service provisioning while also reducing their costs so that they do not exceed their allocated budget. ​
  • There is a demanding need for restructuring within the public sector in terms of processes in order to improve efficiency and efficacy. One of the best ways of restructuring the IT function within the public structure is by adopting software delivery models like Software as a Service.

Asia-Pacific to Witness the Highest Growth

  • Various government initiatives have helped the region adopt cloud services, thus accelerating digital transformation and transforming into a full-fledged cloud computing hub. During recent years, countries in the ASEAN bloc have been working on the expansion of universal broadband infrastructure, building a stronger ICT industry, promoting a widespread use of ICT in all sectors, and creating a solid legal infrastructure suitable for the new technology development.​
  • For instance, in the 2020 budget the Malaysian government announced an amount of MYR 21.6 billion into the National Fiberisation and Connectivity Plan (NFCP). The Malaysian government has set a target of achieving 50% cloud adoption by the year 2024. The focus in 2021 would be on the implementation of cloud-first strategy in the public sector.​
  • A study on cloud computing in ASEAN by Thailand's Electronic Government Agency (EGA) concludes that Indonesia is a potentially huge market for cloud computing due to a swift growth in internet users and a nascent stage of business transformation based on cloud computing.​
  • In May 2020, the Cabinet of Thailand approved a USD 146.6 million state cloud and data center service to be funded over the next two years. The Government Data Center and Cloud service will be used by government agencies to ensure safe and secure use of data. With a state-run cloud service, the government expects USD 154.3 million to be saved on renting cloud services. ​
  • The Japanese Government has asked Amazon Web Services to help move human resource systems and document management tools onto the cloud in a more than USD 273 million) contract through fiscal 2026. The government aims to put systems currently operated by different ministries and agencies on the cloud in four to eight years. ​

Competitive Landscape

The market for government cloud is concentrated with major giants, such as Microsoft, Oracle NEC, IBM, and Google, providing cloud solutions and services for the government. The entry barrier is high for this market since the existing vendors have a strong foothold in the market.

  • June 2020: Salesforce launched cloud infrastructure, Government Cloud Plus, for U.S. government customers. The cloud solution offered by the company has achieved FedRamp provisional authority at the high-security impact level, which provides customers a secure and compliant environment to deploy CRM and other industry solutions.
  • Oct 2019: Microsoft beats Amazon for a USD 10 billion military cloud contract called JEDI (Joint Enterprise Defense Infrastructure). JEDI is designed to upgrade legacy systems with newer cloud services. According to the original proposal, JEDI Cloud will provide enterprise-level, commercial IaaS and PaaS to the Department and any mission partners for all Department business and mission operations.

Reasons to Purchase this report:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Need for Greater Storage Capabilities is Driving the Market Demand
    • 4.2.2 Need for Data Transparency are Expanding the Market
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Cloud Computing Skills Gap is Hindering the Market Growth
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Deployment Model
    • 5.1.1 Public Cloud
    • 5.1.2 Private Cloud
    • 5.1.3 Hybrid Cloud
  • 5.2 By Delivery Mode
    • 5.2.1 Infrastructure-as-a-Service
    • 5.2.2 Pltaform-as-a-Service
    • 5.2.3 Software-as-a-Service
  • 5.3 By Application
    • 5.3.1 Server and Storage
    • 5.3.2 Disaster Recovery/Data Backup
    • 5.3.3 Security and Compliance
    • 5.3.4 Analytics
    • 5.3.5 Content Management
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Amazon Web Services Inc.
    • 6.1.2 AT&T Inc.
    • 6.1.3 CGI Inc.
    • 6.1.4 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.5 Dell Inc.
    • 6.1.6 Google Inc.
    • 6.1.7 IBM Corporation
    • 6.1.8 Microsoft Corporation
    • 6.1.9 NetApp Inc.
    • 6.1.10 Oracle Corporation
    • 6.1.11 Rackspace Inc.
    • 6.1.12 Salesforce.com Inc.
    • 6.1.13 Verizon Wireless
    • 6.1.14 VMware Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS