デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
393131

スマートセンサー市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Smart Sensors Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
スマートセンサー市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートセンサー市場は、予測期間(2021年~2026年)にCAGR19%で成長すると予測されています。センサーは、様々なアプリケーションで最も重要かつ広く使用されるコンポーネントの1つとなっています。性能と効率に対する要求の高まりが、過去数年にわたるスマートセンサの採用の上昇に寄与しています。

主なハイライト

  • スマートセンサーは、環境情報の自動収集を可能にし、エラー率を大幅に低減するため、従来のセンサーを大幅にアップグレードするものです。
  • モノのインターネット(IoT)の活用と普及が進み、自動車の自動化や健康監視のためのスマートウェアラブルシステムが増加していることから、予測期間中にスマートセンサー市場の成長が増大すると予想されます。
  • NB-IoT、LTE-M、LoRa、Sigfoxなどの長距離低電力広域ネットワーク(LPWAN)技術も、IIoT接続のためのイノベーションを促進しています。IoTセンサー向けのLPWANは、低消費電力デバイスがデータのパケットを無線でストリーミングすることを可能にしますが、製造施設で必要とされるより広いエリアをカバーすることができます。
  • 世界各国の政府は、有利な規制や外国企業への投資奨励により、市場成長を促進しており、これが市場成長の推進力になると予想されます。
  • COVID-19の発生はインダストリー4.0の導入を加速させ、生産に影響を与えるセンサー、サービス間隔を変更したメンテナンス、新しい仕事の要件を備えた人材、顧客の個々の使用事例に関する新しい詳細な知識を備えたマーケティングを使用して、業界全体の企業をIoT技術とワークフローのより高度な状態へ導いています。

主な市場動向

高成長を遂げる温度センサー

  • スマート温度センサーは、温度センサー、バイアス回路、アナログ・デジタル・コンバータ(ADC)で構成される統合システムです。温度センサーは、プロセスが特定の範囲内に収まるように熱を測定し、アプリケーションの安全な使用や、猛暑、危険、またはアクセスできない測定ポイントに対処する際に必要な条件を満たすことができます。
  • 信頼性が高く、高性能で低コストのセンサーへの需要が高まっており、マイクロテクノロジーやナノテクノロジーなどの新しい技術の開発が進んでいます。
  • 貼り付け式や印刷式のセンサーは、ラベルとして機器に貼り付けて、湿度、温度、ガスなどのさまざまな物理パラメータを測定することができます。
  • 低コスト、小型、使いやすさから、自動車、住宅、医療、環境、食品加工、化学など、さまざまな産業で幅広く利用されています。
  • 温度センサーは、スマートホームデバイスであるスマートサーモスタットで主に使用されていることがわかります。スマートホームの需要は、消費者の関心の高さ、技術革新の進展、アクセスのしやすさなどから、急速に拡大すると予想されています。
  • マイクロチップ内蔵のセンサーは、建物内のほぼすべての機器を監視するために設置することができます。そのコストは低く、さらに下がり続けています。ワイヤレスセンサーは、新たな配線工事のコストと混乱を避けることができるため、配線工事のコストがセンサーよりも高くつく後付けには、特に魅力的な選択肢となります。

予測期間中、最も成長率の高い市場はインド

  • インドは世界で最も急速に発展している国の一つであり、政府は先進的なテクノロジーやよりスマートなインフラに多大な投資を行っています。このような急速な発展に伴い、同国のセンサーは、スマートフォン、自動車、ヘルスケアなどに広く応用されるようになってきています。民生用電子機器に使用される代表的なセンサーとしては、モーションセンサー、温度センサー、圧力センサーなどが挙げられます。
  • 過去数年間、インドではスマートフォンやウェアラブルデバイスなど、タッチセンサーやイメージセンサーを多用するハイエンドテクノロジー製品の採用が堅調に推移しています。インドなどの新興国では、2013年以降、データ通信料が95%低下し、スマートフォンの利用者数が増加しています。
  • ASSOCHAMによると、インドのスマートフォンユーザー数は2017年の4億6800万人から倍増し、2022年には8億5900万人に達すると予測されており、予測期間中のCAGRは12.9%となっています。
  • 近年、インドでは、コネクテッドカー、スマートホーム機器、ウェアラブル、自律型機械など、コネクテッドデバイスの利用が顕著に増加しています。コネクテッドデバイスの需要の高まりは、予測期間中にスマートセンサー市場を牽引することが期待されます。
  • シスコによると、インドは2023年までに、インターネットに接続されたデバイスが約21億個になると予想されています。最近発表された「Cisco Annual Internet Report(2018-2023)」によると、同国のインターネットユーザーは、手頃な価格のスマートフォンの普及と安価なインターネットプランの増加により、9億人を超えると予想されています。

競合情勢について

スマートセンサー市場は、国内外の多くのプレーヤーが存在し、非常に競争が激しい市場です。主要プレイヤーは、製品イノベーション、合併、買収などの戦略に従って、市場範囲の拡大や市場地位の保持に努めています。市場の主要なプレーヤーは、Honeywell international、ABB Ltd、Analog Devices inc.、GEなどです。

  • 2020年6月- ハネウェルは、産業施設のオペレーターや安全管理者が作業者のガス、天候、特定の生理的条件への曝露をリアルタイムで監視し、事故の防止や緊急事態への迅速な対応を支援する新しいソフトウェアソリューションを発表しました。ハネウェルはまた、アーバンエアモビリティ(UAM)車両がパイロットの介入なしに着陸するよう誘導するセンサーの飛行試験を開始しました。このテストに参加する航空機にはハネウェルのセンサーが搭載され、QRコードに似た視覚的マークを分析するカメラも含まれており、車両を指定の着陸地点に誘導するのに役立つといわれています。
  • 2020年6月-SalesforceとSiemens AGは、世界のCOVID-19の流行の影で「ニューノーマル」が形作られる中、ロックダウン後の企業の再開と物理的な職場のための新しい慣行を受け入れるために、新しいIoTスイートに彼らの職場管理ツールをバンドルしました。IoTベースのセンサーとセンシングツール、そしてソーシャルメディアスタイルのユーザーアプリを通じて、より優れたスペースマネジメントソリューションを提供することを理念としています。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • エネルギー効率と省エネルギーへの要求の高まり
    • コンシューマーエレクトロニクス製品への需要拡大
    • ヘルスケアと自動車産業におけるスマートセンサの需要拡大
    • 小型化、ワイヤレス化における技術進歩
  • 市場抑制要因
    • 比較的高いデプロイメントコスト
    • 従来のセンサーと比較した場合の複雑な設計
  • バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 流量センサー
    • 湿度センサー
    • 位置センサー
    • 圧力センサー
    • 温度センサ
    • その他のタイプ
  • 技術情報
    • MEMS
    • CMOS
    • 光学式分光器
    • その他の技術
  • コンポーネント
    • アナログ-デジタルコンバータ
    • デジタル-アナログ変換器
    • アンプ
    • その他コンポーネント
  • 応用分野
    • 航空宇宙・防衛
    • 自動車・輸送機器
    • ヘルスケア
    • 産業用オートメーション
    • ビルディングオートメーション
    • コンシューマーエレクトロニクス
    • その他のアプリケーション
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd
    • Honeywell International
    • Eaton Corporation
    • Analog Devices Inc.
    • Infineon Technologies AG
    • NXP Semiconductors N.V.
    • ST Microelectronics
    • Siemens AG
    • TE Connectivity Ltd
    • Legrand Inc.
    • General Electric
    • Vishay Technology Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 56830

The smart sensors market is expected to grow at a CAGR of 19% over the forecast period (2021-2026). Sensors have become one of the most crucial and widely used components in various applications. The increasing demand for performance and efficiency helps in the rising adoption of smart sensors, over the past few years.

Key Highlights

  • These sensors represent a major upgrade over the conventional sensors, as they enable the automated collection of environmental information, with significantly lower error rate.
  • The increasing utilization and penetration of internet of things (IoT), coupled with increasing automation in vehicles and smart wearable systems for health monitoring, is expected to augment the growth of the smart sensor market over the forecast period.
  • Long-range low-power wide-area network (LPWAN) technologies such as NB-IoT, LTE-M, LoRa, and Sigfox are also driving innovation for IIoT connectivity. LPWANs for IoT sensors allow low powered devices to stream packets of data wirelessly but with a wider area, which is required in a manufacturing facility.
  • Governments across the world are fueling market growth, due to favorable regulations and encouragement to foreign companies to invest, which is expected to propel the market growth.
  • The COVID-19 outbreak is speeding up the adoption of Industry 4.0, leading enterprises across industries into a more sophisticated state of the IoT technology and workflow using sensors that influence production, maintenance with modified service intervals, human resources with new job requirements, and marketing with new and detailed knowledge of customers' individual use cases.

Key Market Trends

Temperature Sensors to Witness High Growth

  • A smart temperature sensor is an integrated system consisting of a temperature sensor, bias circuitry, and an analog-to-digital converter(ADC). A temperature sensor measures heat to ensure that a process stays within a specific range, providing safe usage of the application or meeting a necessary condition when dealing with extreme heat, hazards, or inaccessible measuring points.
  • The demand for reliable, high-performance and low-cost sensors is increasing, thereby leading to the development of new technologies, such as microtechnology and nanotechnology.
  • Stick-on or printed sensors can be attached to devices as labels to measure various physical parameters, such as humidity, temperature and gas
  • The low cost, small size, and ease of use have led the sensors to have widespread utilization in various industries, such as automobile, residential, medical, environmental, food processing, and chemical.
  • Temperature sensor finds its primary usage in a smart thermostat, which is a smart home device. The overall demand for smart homes is forecasted to grow rapidly, owing to strong consumer interest, incremental technological innovations, and greater accessibility.
  • Microchip-embedded sensors can be installed to monitor almost any device in a building. Their cost is low and continues to fall. Wireless sensors can avoid the cost and disruption of new hardwiring, making them a particularly attractive option for retrofits, where wiring can cost more than the sensors.

India to be the Fastest Growing Market During the Forecast Period

  • India is one of the fastest developing countries in the world, with the government investing significantly in advanced technologies and smarter infrastructures. With such rapid developments, sensors in the country are finding widespread applications in smartphones, automobiles, and healthcare, among others. Some of the most common sensors used in consumer electronics include motion sensors, temperature sensors, pressure sensors, etc.
  • Over the past few years, the country has witnessed a robust growth in the adoption of high-end technology products, such as smartphones and wearable devices, which make extensive use of touch and image sensors. Emerging nations, such as India, have witnessed the fall of data costs by 95% since 2013, thus, resulting in the growth of the number of smartphone users.
  • According to ASSOCHAM, the number of smartphone users in the country is expected to almost double from 468 million users in 2017, to reach to 859 million by 2022, witnessing a CAGR of 12.9% during the forecast period.
  • In recent years, India witnessed a notable surge in the usage of connected devices, including connected cars, smart home devices, wearables, and autonomous machines. The rise in demand for connected devices is expected to drive the smart sensors market during the forecast period.
  • According to Cisco, India is expected to have around 2.1 billion internet-connected devices, by 2023. The country is expected to cross the 900 million mark of internet users in the country, according to the recently published Cisco Annual Internet Report (2018-2023), owing to the increased penetration of affordable smartphones and cheaper internet plans.​

Competitive Landscape

The smart sensors market is very competitive, with the presence of many national and international players in the market. The major players are following strategies like product innovation, mergers, and acquisition to expand their reach and hold their market position. The major players in the market are Honeywell international, ABB Ltd, Analog Devices inc., GE among others.

  • June 2020 - Honeywell announced a new software solution to help industrial facility operators and safety managers monitor workers' exposure to gas, weather and certain physiological conditions in real time to help prevent incidents and quickly respond to emergencies. Honeywell also began in-flight testing of sensors that will guide urban air mobility (UAM) vehicles to land without pilot intervention. Aircraft involved in the testing are outfitted with Honeywell sensors and include cameras that analyze visual markings resembling QR codes, which help guide the vehicle to a designated landing spot.
  • June 2020 - Salesforce and Siemens AG bundled their workplace management tools in a new IoT suite to help businesses reopen after lockdown and embrace new practices for physical workplaces, as new normal' takes shape in the shadow of the global COVID-19 pandemic. The principle is to provide better space management solutions, through IoT-based sensors and sense-making tools, and social-media style user apps.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Growing Demand for Energy Efficiency and Saving
    • 4.3.2 Increasing Demand for Consumer Electronics Products
    • 4.3.3 Higher Demand for Smart Sensors in the Healthcare and Automotive Industries
    • 4.3.4 Technology Advancements in Miniaturization and Wireless Capabilities
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Relatively High Deployment Costs
    • 4.4.2 Complex Design compared to Traditional Sensors
  • 4.5 Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Flow Sensor
    • 5.1.2 Humidity Sensor
    • 5.1.3 Position Sensor
    • 5.1.4 Pressure Sensor
    • 5.1.5 Temperature Sensor
    • 5.1.6 Other Types
  • 5.2 Technology
    • 5.2.1 MEMS
    • 5.2.2 CMOS
    • 5.2.3 Optical Spectroscopy
    • 5.2.4 Other Technologies
  • 5.3 Component
    • 5.3.1 Analog-to-Digital Converter
    • 5.3.2 Digital-to-Analog Converter
    • 5.3.3 Amplifier
    • 5.3.4 Other components
  • 5.4 Application
    • 5.4.1 Aerospace and Defense
    • 5.4.2 Automotive and Transportation
    • 5.4.3 Healthcare
    • 5.4.4 Industrial Automation
    • 5.4.5 Building Automation
    • 5.4.6 Consumer Electronics
    • 5.4.7 Other Applications
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 United Kingdom
      • 5.5.2.2 Germany
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 India
      • 5.5.3.3 Japan
      • 5.5.3.4 Rest Asia Pacific
    • 5.5.4 Latin America
    • 5.5.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ABB Ltd
    • 6.1.2 Honeywell International
    • 6.1.3 Eaton Corporation
    • 6.1.4 Analog Devices Inc.
    • 6.1.5 Infineon Technologies AG
    • 6.1.6 NXP Semiconductors N.V.
    • 6.1.7 ST Microelectronics
    • 6.1.8 Siemens AG
    • 6.1.9 TE Connectivity Ltd
    • 6.1.10 Legrand Inc.
    • 6.1.11 General Electric
    • 6.1.12 Vishay Technology Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS