デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
392461

コイルコーティング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Coil Coatings Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 170 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
コイルコーティング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 170 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コイルコーティングの市場は、予測期間中に5%以上のCAGRで推移すると予想されています。市場を牽引する主な要因の1つは、アジア太平洋の新興国における建築・建設業界からの需要の増加です。しかし、自動車産業における軽量材料の需要増が市場成長の妨げになると予想されます。

主なハイライト

  • ポリエステルは、ほとんどの条件下で被膜材料に優れた耐食性と耐候性をもたらすため、業界で最も広く使用されている製品の1つであり、市場を独占しており、予測期間中の成長も見込まれています。
  • 建築用途でのフッ素樹脂コーティングの需要増は、将来的に機会として作用すると思われます。
  • アジア太平洋地域が世界市場を独占しており、中国やインドなどの国々が最も多く消費しています。

主な市場動向

建築・建設業界からの需要増加

  • 建築・建設業界は、コイルコーティングの最大の消費者です。建築で広く使用されている主な樹脂は、ポリエステル樹脂、シリコン変性ポリエステル、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)またはフッ素樹脂です。エネルギー効率の高い構造を推進する建築基準法の増加に伴い、住宅建設業者や消費者は、長期的に性能と省エネを実現する建築戦略へと徐々に移行しています。
  • 美観、耐久性、機能性に加え、コイルコーティングは赤外線反射顔料技術で知られています。この技術は、建物の内部温度を緩和することで、冷房にかかるエネルギーを節約することができます。
  • エネルギー省によると、一般的な米国家庭のエネルギー使用量のうち、冷暖房費は48%を占めると言われています。コイルコーティングは、ほぼすべての形状に成形できること、優れた耐性、優れた寿命、無限の美的色彩と質感の選択肢、環境への利点から、内装および外装の建築用途に最適な選択肢となっています。
  • また、雨水貯留のための雨どいや樋にも利用されています。また、最近では落ち葉やゴミを防ぐためのシステムにも利用されています。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • 世界市場のシェアは、アジア太平洋地域が圧倒的に高くなっています。コイルコーティングは、その高級感のある美観と長持ちする価値から、建築・建設業界の天井格子、ドア、屋根やサイディング、窓などに使用されています。
  • 建築業界が成長を続けるにつれ、コイルコーティングの市場も上昇する可能性があります。世界的に見ると、アジア太平洋地域は最大の建設市場であり、インド、中国、東南アジアのさまざまな国々がリードしています。
  • インドでは、インフラ分野への外国人投資家の関心が高いです。クリアウォーター・キャピタル・パートナーズLLCのノンバンクであるアルティコ・キャピタルは、今後1年半の間に、商業オフィスビルの開発およびインフラ部門の改善のために約1億5000万米ドルを投資することに関心を示しています。アジア開発銀行が、ヴィシャカパトナム-チェンナイ間産業回廊の開発のため、6億3,100万米ドルの融資を承認。PTC India Financial Services(PFS)とIndia Infrastructure Finance Company Limited(IIFCL)は、インド国内のインフラプロジェクトに資金を提供する契約を締結しました。これらは、今後数年間でインドが着手すると予想される数少ない投資の一部です。
  • 最近、中国は建設業界の低迷に苦しんでいます。しかし、今後数年で回復すると予想されています。アジア開発銀行(ADB)の予測によると、中国は2030年まで毎年1兆7,000億米ドルを投じてインフラ整備を行う必要があります。
  • こうしたすべての要因が、同地域におけるコイルコーティングの需要を増加させると予想されます。

競合情勢

コイルコーティング市場は断片化されており、ごく少数の企業が独占しています。これらの主要なプレーヤーには、AkzoNobel、PPG Industries、Solvay SA、Beckers Group、Sherwin Williams Companyが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 建築・建設業界からの需要増加
    • 従来製品への厳しい環境規制
  • 抑制要因
    • 自動車産業における軽量化素材の需要増加
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場のセグメンテーション

  • 樹脂の種類
    • ポリエステル
    • ポリフッ化ビニリデン(PVDF)
    • ポリウレタン(PU)
    • プラスチゾル
    • その他の樹脂タイプ
  • エンドユーザー業界
    • 建築・建設
    • 産業・生活家電
    • 輸送機器
    • 家具
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Coil Coaters
      • ArcelorMittal
      • Arconic Inc.
      • BDM Coil Coaters
      • CENTRIA
      • Chemcoaters
      • Dura Coat Products
      • Goldin Metals Inc.
      • Jupiter Aluminum Corporation
      • Metal Coaters System
      • Norsk Hydro ASA
      • Novelis
      • Ralco Steels
      • Rautaruukki Corporation
      • Salzgitter Flachstahl GmbH
      • Tata Steel
      • Tekno
      • Thyssenkrupp
      • UNICOIL
      • United States Steel
    • Paint Suppliers
      • AkzoNobel N.V.
      • Axalta Coatings System LLC
      • Beckers
      • Kansai Paints
      • PPG Industries
      • The Sherwin-Williams Company
      • Yung Chi Paint & Varnish Mfg Co. Ltd
      • NOORO Coil Coatings Co. Ltd
      • Brillux GmbH & Co. KG
      • Hempel
      • Nippon Paint
    • Pretreatment, Resins, Pigments, Equipment
      • Wacker Chemie AG
      • Arkema
      • Bayer AG
      • Chemetall
      • Evonik Industries AG
      • Henkel AG & Co. KgaA
      • Solvay SA
      • Covestro AG

第7章 市場機会と今後の動向

  • 建築用途でのフッ素樹脂コーティングの需要増加
目次
Product Code: 50932

The market for coil coatings is expected to register a CAGR of over 5%, during the forecast period. One of the major factors driving the market studied is the rising demand from the building and construction industry in the emerging economies of Asia-Pacific. However, increasing demand for lightweight materials in the automobile industry is expected to hinder the growth of the market studied.

Key Highlights

  • The polyester segment dominated the market and is expected to grow during the forecast period, as it is one of the most widely used products in the industry since it offers excellent corrosion and weather resistance to the coated material in most conditions.
  • Increasing demand for fluoropolymer coatings for architectural applications is likely to act as an opportunity in the future.
  • Asia-Pacific dominated the market across the world, with the largest consumption from countries, such as China and India.

Key Market Trends

Rising Demand from the Building and Construction Industry

  • The building and construction industry is by far the largest consumer of coil coatings. The main resins, which are used extensively in construction, are a polyester resin, and silicone-modified polyester and polyvinylidene fluorides (PVDF) or fluoropolymer. With the rising number of building codes that promote energy-efficient structures, home builders and consumers are gradually moving toward building strategies that deliver performance and energy savings in the long run.
  • In addition to aesthetic look, durability, and functionality, coil coatings are known for their infrared-reflective pigment technology. This technology saves energy on cooling, by helping to ease the building's interior temperature.
  • According to the Department of Energy, heating and cooling costs account for 48% of the energy use in a typical US household. Capability to be molded into almost any shape, excellent resistance, superior longevity, infinite aesthetic color and texture options, and environmental benefits make coil coatings a perfect option for both interior and exterior construction applications.
  • Furthermore, these coatings are also used in making gutters and downspouts, as a part of rainwater collection installations. Another rising use of coil coatings is for various leaf and debris prevention systems, which have recently been introduced to the market

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region dominated the global market share. Coil coatings, due to their high-end aesthetics and long-lasting value, are used in the building and construction industry, in ceiling grids, doors, roofing and siding, windows, etc.
  • As the construction industry continues to grow, the market for coil coatings may also rise. Globally, Asia-Pacific has the largest construction market, which is led by India, China, and various Southeast Asian countries.
  • India has experienced significant interest from foreign investors in its infrastructural sector. Altico Capital, the non-banking finance company of Clearwater Capital Partners LLC, has expressed interest to invest around USD 150 million to develop commercial office properties and improve the infrastructure sector, over the next one and a half years. The Asian Development Bank approved a loan of USD 631 million to develop the Vishakhapatnam-Chennai industrial corridor. PTC India Financial Services (PFS) and India Infrastructure Finance Company Limited (IIFCL) entered into an agreement to provide funding for infrastructure projects in India. These are some of the few investments the country is expected to embark on, in the upcoming years.
  • Recently, China was suffering a slump in its construction industry. However, it is expected to recover in the next few years. According to the forecast of the Asian Development Bank (ADB), the country needs to spend USD 1.7 trillion, annually, until 2030, to meet its infrastructure needs.
  • All such factors are expected to increase the demand for coil coatings in the region.

Competitive Landscape

The coil coatings market is fragmented and dominated by very few players. Some of these major players include AkzoNobel, PPG Industries, Solvay SA, Beckers Group, and the Sherwin Williams Company.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Demand from the Building and Construction Industry
    • 4.1.2 Stringent Environmental Regulations for Conventional Products
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Increasing Demand for Lightweight Materials in Automotive Industry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Resin Type
    • 5.1.1 Polyester
    • 5.1.2 Polyvinylidene Fluorides (PVDF)
    • 5.1.3 Polyurethane(PU)
    • 5.1.4 Plastisols
    • 5.1.5 Other Resin Types
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Building and Construction
    • 5.2.2 Industrial and Domestic Appliances
    • 5.2.3 Transportation
    • 5.2.4 Furniture
    • 5.2.5 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Coil Coaters
      • 6.4.1.1 ArcelorMittal
      • 6.4.1.2 Arconic Inc.
      • 6.4.1.3 BDM Coil Coaters
      • 6.4.1.4 CENTRIA
      • 6.4.1.5 Chemcoaters
      • 6.4.1.6 Dura Coat Products
      • 6.4.1.7 Goldin Metals Inc.
      • 6.4.1.8 Jupiter Aluminum Corporation
      • 6.4.1.9 Metal Coaters System
      • 6.4.1.10 Norsk Hydro ASA
      • 6.4.1.11 Novelis
      • 6.4.1.12 Ralco Steels
      • 6.4.1.13 Rautaruukki Corporation
      • 6.4.1.14 Salzgitter Flachstahl GmbH
      • 6.4.1.15 Tata Steel
      • 6.4.1.16 Tekno
      • 6.4.1.17 Thyssenkrupp
      • 6.4.1.18 UNICOIL
      • 6.4.1.19 United States Steel
    • 6.4.2 Paint Suppliers
      • 6.4.2.1 AkzoNobel N.V.
      • 6.4.2.2 Axalta Coatings System LLC
      • 6.4.2.3 Beckers
      • 6.4.2.4 Kansai Paints
      • 6.4.2.5 PPG Industries
      • 6.4.2.6 The Sherwin-Williams Company
      • 6.4.2.7 Yung Chi Paint & Varnish Mfg Co. Ltd
      • 6.4.2.8 NOORO Coil Coatings Co. Ltd
      • 6.4.2.9 Brillux GmbH & Co. KG
      • 6.4.2.10 Hempel
      • 6.4.2.11 Nippon Paint
    • 6.4.3 Pretreatment, Resins, Pigments, Equipment
      • 6.4.3.1 Wacker Chemie AG
      • 6.4.3.2 Arkema
      • 6.4.3.3 Bayer AG
      • 6.4.3.4 Chemetall
      • 6.4.3.5 Evonik Industries AG
      • 6.4.3.6 Henkel AG & Co. KgaA
      • 6.4.3.7 Solvay SA
      • 6.4.3.8 Covestro AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Demand for Fluoropolymer Coatings for Architectural Applications