表紙:体外受精市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
市場調査レポート
商品コード
391330

体外受精市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

In Vitro Fertilization Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
体外受精市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

体外受精市場は、2020年に約6億8500万米ドルと評価され、2026年には11億200万米ドルの収益を示し、2021年から2026年の予測期間に8.2%のCAGRで推移すると予想されています。

世界中のほとんどの国がコロナウイルスの蔓延を減少させ排除するために独自の戦略を採用しているため、COVID-19のパンデミックが調査市場に与える影響は大きいと予想されます。例えば、不妊治療を提供するヘルスケア部門は、WHOが提供する勧告に沿ったものでした。欧州ヒト生殖・胚培養学会や米国生殖医学会などの学会は、体外受精を行う患者における感染の拡大曲線を克服し、平坦化するための勧告と指針を示しました。2020年9月に発表された「COVID-19期間中の不妊治療の中断は精神衛生に影響を及ぼす」という研究論文によると、米国生殖医学会とカナダ不妊・アンドロロジー学会は2020年3月17日からCOVID-19による米国とカナダのすべての対面不妊治療を即時かつ無期限に中断する勧告を発表しているそうです。その結果、治療中のカップルの86%が治療中断が精神的な健康に悪影響を及ぼし、52%が臨床的に重要なうつ症状を訴えたと報告されました。また、すでにヒト絨毛性ゴナドトロフィン誘発を行ったカップルの場合、新たな治療の開始を停止することや、代替のフリーズオールプロトコール、緊急の妊孕性温存を要する場合の配偶子凍結保存の検討などが提言されました。このように、COVID-19の大流行は、調査対象市場の成長に多大な影響を与えると予想されます。

高度な体外受精(IVF)技術に対する認知度の向上、体外受精の成功率の上昇、妊娠開始の遅れによる障害が、世界中で体外受精技術に対する需要を刺激しています。

35歳を超えて意図的に妊娠を遅らせる女性の割合は、ここ数年増加傾向にあります。妊娠の遅れは不妊症の主な原因です。妊娠の遅れは、多くの場合、妊娠に関連する合併症を引き起こし、不妊症になる可能性が高くなります。米国疾病対策予防センター(CDC)によると、米国では毎年、15~44歳の女性の約10%(610万人)が妊娠しにくい、または妊娠を継続できない状況にあるとされています。また、エルサレム・ヘブライ大学の研究により、男性の精子数が過去40年間で半減以上していることが明らかになりました。国連の世界出生率報告2019によると、世界77カ国で急速な出生率の低下が見られ、1990-1995年と2015-2020年の間に思春期の出生率が50%以上低下した地域があります。

さらに、主要プレイヤーの研究や戦略的提携への注力度が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。例えば、2019年7月、VitrolifeはPrime Techと提携契約を締結し、日本、タイ、マレーシアを除く全世界で、ヒト体外受精における顕微授精(ICSI)の手順を改善するピエゾ技術の開発および独占的な販売に取り組んでいます。

体外受精は、妊娠が遅れるケースが増加していることが、体外受精の普及に寄与しています。しかし、体外受精に伴う合併症や社会倫理的な問題により、予測期間中の市場成長は制限されるものと思われます。

主な市場動向

精子分離システム部門が予測期間中の売上高で最大のシェアを占めると予測

精子分離システムは、体外受精(IVF)や人工授精などの生殖補助医療(ART)の多くで使用されています。これらのシステムは、さらなる処置のために精製されたサンプルを提供するため、ARTに不可欠です。さらに、不妊治療クリニックや産婦人科医(OB/GYN)が実施する生殖補助技術(ART)手順で使用するための新規デバイスの開発に対する企業の注目度が高まっていることが、市場の成長を後押ししています。例えば、2018年3月、DxNow Inc.は、ZyMot ICSIおよびZyMot Multi Sperm Separation Devicesの米国FDA 510(k)クリアランスを取得しました。このデバイスは、正常な形態を持つ運動性の高い精子を分離・調製し、生殖補助医療処置の補助に使用されます。ザイモットマルチ(850μlと3mlのコレクションチャンバーが付属)には、下部のサンプルチャンバーと連通するインレットポートがあります。サンプルチャンバーは、マイクロポーラスフィルターで仕切られています。未処理の精液を入口ポートから加え、一定時間後に分離した精子を出口ポートから上部チャンバーから回収します。

健康な精子は、運動性の向上、正常な形態の割合の増加、受精率の向上、真性度や妊娠率の向上といった成果をもたらします。これらの機器に関連する結果の向上は、将来の需要を促進する可能性があります。

さらに、2020年のBioRXiVに掲載された研究論文によると、新しいマイクロチャンバーベースのマイクロ流体プラットフォームは、約10分という短時間で生の精液サンプルから進行性運動精子のみを直接分離することが研究されています。このように、最近の進歩や新製品の発売により、この市場は予測期間中に健全なCAGRで推移すると予想されます。

北米は市場で重要なシェアを占めており、予測期間中も同じことが予想される

北米地域は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などの関連疾患の有病率が上昇していることから、体外受精市場で大きな成長を遂げることが期待されています。男女ともに不妊症の発生率が常に上昇していることが、同地域の研究対象市場を牽引すると予測されています。

2020年10月に実施されたSingleCareオンライン調査によると、回答者の20%が米国で体外受精(IVF)を受けています。さらに、回答者の19%が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を、25%が不妊の理由が不明と回答しています。このように、不妊症の発生率の高さが、調査対象市場の成長を後押ししています。

不妊治療センターの新設や不妊治療に対する償還政策も、同地域における不妊治療機器の需要を高める要因のひとつです。例えば、2020年8月時点で、米国の19州で不妊治療保険適用法が成立しており、そのうち13州で体外受精が適用され、10州で異所性(医学的原因による)不妊に対する妊孕性温存の法律が制定されています。これにより、治療率が向上し、不妊治療機器の需要が高まります。さらに、2020年9月には、Inception Fertility(インセプション)が、不妊治療市場のパラダイムシフトと患者体験の向上を目指し、Pathways Fertility(パスウェイズ)と名付けたアトランタとジョージアの新しいクリニックネットワークを立ち上げた。これにより、不妊症患者の治療率が向上し、地域の成長にプラスの影響を与える可能性があります。

さらに、確立された市場プレイヤーの存在、新たに発売された製品、製品承認の増加も、市場成長の道を開くものです。2018年、Cooper Companiesは、体外受精(IVF)装置の大手プロバイダーの1つであるLifeGlobal Groupを買収し、Fertility Solutionsポートフォリオを拡大しました。このように、患者人口の巨大な基盤、製品発売の増加、市場プレイヤーの強力な足場、不妊治療に対する政府支援の上昇により、市場は健全なCAGRで推移する可能性が高いです。

競合情勢

体外受精市場は、主要企業が世界的に市場を独占しており、競争は緩やかです。しかし、Merck KGaA、Thermo Fisher Scientific Inc.、Vitrolife AB、Nikon Corporation、Fujifilm Holding Corporationなどの大手世界の企業の存在にもかかわらず、いくつかのローカル企業が市場のかなりのシェアを支配しているのが実情です。主要プレイヤーは、世界市場での地位を維持するために、新製品の発売とともに、買収やパートナーシップなどの戦略を通じて進化を遂げています。例えば、2019年5月、Hamilton Thorne Ltdは、体外受精臨床市場向けに次世代レーザーシステムLYKOSのDynamic Targeting System(DTS)オプションを発売しました。さらに、2019年8月、Hamilton Thorne Inc.は、生殖補助技術(ART)および細胞生物学市場向けのインキュベーター、コントロールレートフリーザー、ラボモニタリングシステムの世界有数のメーカーで、英国で関連サービスを提供するPlaner Limitedを買収しました。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 体外受精の成功率上昇
    • 体外受精技術に関する認知度の向上
    • 妊娠の遅れ
  • 市場の抑制要因
    • 体外受精に関連する合併症
    • 体外受精に関連する社会的スティグマ、倫理的、法的問題
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • 試薬
    • 機器
      • イメージングシステム
      • インキュベーター
      • クライオシステム
      • 体外受精用キャビネット
      • 卵子吸引ポンプ
      • 精子分離装置
      • マイクロマニピュレーター
      • その他機器
  • エンドユーザー別
    • 不妊治療クリニック
    • ホスピタリティ
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中近東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他
    • 南北アメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cook Group Incorporated
    • CooperSurgical Inc.
    • Fujifilm Holdings Corporation
    • Genea Biomedx Pty Ltd
    • Hamilton Thorne Ltd
    • Merck KGaA
    • Nidacon International AB
    • Nikon Corporation
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Vitrolife AB
    • INVO Bioscience
    • Esco Micro Pte Ltd
    • IVFtech APS
    • Oxford Gene Technology
    • Kitazato Corporation
    • Rocket Medical PLC
    • Ovascience Inc.
    • Bayer AG
    • Progyny Inc.
    • Boston IVF

第7章 市場機会と今後の動向

第8章 COVID-19が市場に与える影響

目次
Product Code: 48998

The in vitro fertilization market was valued at approximately USD 685 million in 2020, and it is expected to witness a revenue of USD 1,102 million in 2026, registering a CAGR of 8.2% over the forecast period, 2021-2026.

The impact of the COVID-19 pandemic on the studied market is anticipated to be significant as most countries across the globe have adopted their own strategies to diminish and eliminate the spread of coronavirus. For instance, the healthcare sectors offering infertility treatments were in line with the recommendations provided by the WHO. Scientific societies, such as the European Society for Human Reproduction and Embryology and the American Society for Reproductive Medicine, have provided recommendations and guidance to overcome and flatten the growing curve of infection in patients who undergo IVF treatments. According to a research article titled "Suspension of fertility treatments during COVID-19 has mental health impacts", published in September 2020, the American Society of Reproductive Medicine and the Canadian Fertility and Andrology Society announced their recommendations to immediately and indefinitely suspend all in-person fertility treatments in the United States and Canada due to COVID-19 from March 17, 2020. As a result, 86% of couples in treatment reported that treatment suspensions had a negative impact on their mental health, and 52% reported clinically significant depression symptoms. Also, the recommendations included suspending initiation of new treatments and an alternative freeze-all protocol in cases where couples have already undergone human chorionic gonadotrophin triggering and consideration of cryopreservation of gametes for cases of urgent fertility preservation. Thus, the COVID-19 pandemic is expected to have a tremendous impact on the growth of the studied market.

The increasing awareness of advanced in vitro fertilization (IVF) techniques, rising success rates of IVF, and disorders due to the delayed onset of pregnancy have stimulated the demand for in vitro fertilization techniques across the world.

The proportion of women who are intentionally delaying pregnancies beyond the age of 35 years has been increasing in the past few years. Delay in pregnancy is a major cause of infertility. Delayed pregnancies, in many cases, lead to pregnancy-associated complications and an increased chance of infertility. According to the Centers for Disease Control and Prevention (CDC), about 10% of women (6.1 million) in the United States aged between 15-44 years have difficulty in getting pregnant or staying pregnant each year. Also, a study by the Hebrew University of Jerusalem revealed that sperm counts for men have more than halved over the last 40 years. As per the UN World Fertility report 2019, rapid fertility declines were observed in 77 countries globally and in areas where adolescent fertility declined by more than 50% between 1990-1995 and 2015-2020.

Furthermore, the key players' growing focus on research and strategic alliances is driving the market growth. For instance, in July 2019, Vitrolife signed a collaboration agreement with Prime Tech to develop and exclusively market the Piezo technique for improved Intracytoplasmic sperm injection (ICSI) procedure in human IVF globally, except for Japan, Thailand, and Malaysia.

Moreover, the increasing instances of delayed pregnancies are contributing to the higher adoption of IVF techniques. However, the complications associated with the IVF technique and the socio-ethical issues involved are expected to restrict the market's growth over the forecast period.

Key Market Trends

The Sperm Separation Systems Segment is Estimated to Hold the Largest Share in Terms of Revenue Generated over the Forecast Period

Sperm separation systems are used in most assisted reproductive technology (ART), such as in vitro fertilization (IVF) and artificial insemination. These systems are crucial for ARTs as they provide purified samples for further procedures. Furthermore, the rising focus of companies on developing novel devices for use in assisted reproductive technology (ART) procedures conducted by fertility clinics and obstetrician-gynecologist (OB/GYN) practices is driving the market growth. For instance, in March 2018, DxNow Inc. received US FDA 510(k) clearance of its ZyMot ICSI and ZyMot Multi Sperm Separation Devices. The devices are used to separate and prepare highly motile sperm with normal morphology and aid in assisted reproductive technology procedures. The ZyMot Multi (provided with 850µl and 3ml collection chambers) has an inlet port that communicates with the lower sample chamber. The sample chambers are separated by a microporous filter. Untreated semen is added through the inlet port, and after a period of time, the separated sperm are collected from the upper chamber through the outlet port.

Healthier sperm produce outcomes, such as improved progressive motility, a higher proportion of normal morphology, increased fertilization rates, and higher euploidy and pregnancy rates. The improved outcome associated with these devices may fuel their demand in the future.

Additionally, as per the research article published in BioRXiV, 2020, a new microchamber-based microfluidics platform was studied to separate only the progressively motile sperm directly from a raw semen sample in a short period of time of approximately 10 minutes. Hence, owing to the recent advancements and novel product launches, the market is expected to register a healthy CAGR over the forecast period.

North America Holds a Significant Share in the Market, and it is Expected to do the Same over the Forecast Period

The North American region is expected to witness significant growth in the in vitro fertilization market owing to the rising prevalence of associated conditions such as polycystic ovary syndrome (PCOS). A constant rise in the incidence of infertility in both sexes is projected to drive the studied market in the region.

As per the SingleCare online Survey, conducted in October 2020, 20% of the respondents received in vitro fertilization (IVF) in the United States. Additionally, 19% of the respondents reported polycystic ovarian syndrome (PCOS), and 25% reported unknown reasons for infertility. Thus, the high incidence of infertility is driving the studied market's growth.

Newly launched fertility centers and reimbursement policies for infertility treatment are among the factors driving the demand for infertility treatment devices in the region. For instance, as of August 2020, fertility insurance coverage laws had been passed in 19 states of the United States, 13 of those laws include IVF coverage, and 10 states have fertility preservation laws for iatrogenic (medically-induced) infertility. This will increase the treatment rate, thereby increasing the demand for fertility treatment devices. Additionally, in September 2020, Inception Fertility (Inception) launched a new network of clinics in Atlanta and Georgia named Pathways Fertility (Pathways) to shift the paradigm of the fertility market and enhance the patient experience. This may boost the treatment rate among the infertile population, thereby positively influencing the regional growth.

Furthermore, the presence of well-established market players, newly launched products, and increasing product approvals also pave the way for the market growth. In 2018, Cooper Companies Acquired the LifeGlobal Group, which is one of the leading providers of in vitro fertilization (IVF) devices, to expand its Fertility Solutions portfolio. Thus, owing to the huge base of the patient population, increasing product launches, the strong foothold of market players, and rising government support for fertility treatments, the market is likely to register a healthy CAGR.

Competitive Landscape

The in vitro fertilization market is moderately competitive, with the key players dominating the market globally. However, several local players have control over a significant share of the market, despite the presence of major global players, such as Merck KGaA, Thermo Fisher Scientific Inc., Vitrolife AB, Nikon Corporation, and Fujifilm Holding Corporation. The key players have been evolving through strategies such as acquisitions and partnerships, along with new product launches, to sustain themselves in the global market. For instance, in May 2019, Hamilton Thorne Ltd launched the Dynamic Targeting System (DTS) option for its next-generation LYKOS laser system for the in vitro fertilization clinical market. Additionally, in August 2019, Hamilton Thorne Inc. acquired Planer Limited, one of the leading manufacturers of incubators, control rate freezers, and lab monitoring systems for the assisted reproductive technology (ART) and cell biology markets worldwide and a provider of related services in the United Kingdom.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Success Rate of IVF Technology
    • 4.2.2 Increasing Awareness about IVF Technology
    • 4.2.3 Delayed Onset of Pregnancies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Complications Associated with In Vitro Fertilization
    • 4.3.2 Social Stigma, Ethical, and Legal Issues Associated with In Vitro Fertilization
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Reagent
    • 5.1.2 Instrument
      • 5.1.2.1 Imaging Systems
      • 5.1.2.2 Incubators
      • 5.1.2.3 Cryosystems
      • 5.1.2.4 IVF Cabinet
      • 5.1.2.5 Ovum Aspiration Pump
      • 5.1.2.6 Sperm Separation Systems
      • 5.1.2.7 Micromanipulator Systems
      • 5.1.2.8 Other Instruments
  • 5.2 By End User
    • 5.2.1 Fertility Clinics
    • 5.2.2 Hospitals
    • 5.2.3 Other End Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Cook Group Incorporated
    • 6.1.2 CooperSurgical Inc.
    • 6.1.3 Fujifilm Holdings Corporation
    • 6.1.4 Genea Biomedx Pty Ltd
    • 6.1.5 Hamilton Thorne Ltd
    • 6.1.6 Merck KGaA
    • 6.1.7 Nidacon International AB
    • 6.1.8 Nikon Corporation
    • 6.1.9 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.10 Vitrolife AB
    • 6.1.11 INVO Bioscience
    • 6.1.12 Esco Micro Pte Ltd
    • 6.1.13 IVFtech APS
    • 6.1.14 Oxford Gene Technology
    • 6.1.15 Kitazato Corporation
    • 6.1.16 Rocket Medical PLC
    • 6.1.17 Ovascience Inc.
    • 6.1.18 Bayer AG
    • 6.1.19 Progyny Inc.
    • 6.1.20 Boston IVF

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET