表紙:ヘルスケア用クラウドコンピューティング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
市場調査レポート
商品コード
390893

ヘルスケア用クラウドコンピューティング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Healthcare Cloud Computing Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
ヘルスケア用クラウドコンピューティング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ヘルスケアクラウドコンピューティング市場は、2020年に237億4933万米ドルとなり、2026年には523億335万米ドルに達し、2021年から2026年の予測期間中に14.12%のCAGRで推移すると予想されます。

COVID-19のパンデミックは、市場に対して全体的にプラスの効果をもたらすと予想されます。現在、クラウド技術の可能性に対する理解が高まっています。クラウド技術は、外部のサービスプロバイダーが管理するデータストレージやコンピューティングリソースを提供し、ヘルスケアの安全性、品質、効率性の向上に貢献します。これはCOVID-19との戦いにおいて重要となっています。世界中で膨大な数の研究作業や臨床試験が行われているため、生成される研究データは、大量のデータを収容できる安全な環境に保存される必要があります。クラウドコンピューティングは、プライベートな専用クラウドチャンネルに膨大な量のデータをホスティングできるため、スペースの制約とセキュリティの両方の問題を解決することができます。COVID-19が流行している間、クラウドベースのサービスが組織や企業にもたらす大きなメリットは、さまざまな環境での迅速な導入とアップスケーリングが可能になることです。オンプレミスのソリューションに必要なサーバーなどのハードウェアを追加で調達する必要がなく、遠隔地からの導入も可能です。例えば、2020年3月には、ファーウェイのクラウドコンピューティング部門であるHuawei Cloudと、人工知能企業のHuiying Medical Technology Co.Ltd.がエクアドルの病院に遠隔で提供しました。

ヘルスケア用クラウドコンピューティング市場の成長を後押しする主な要因としては、機械学習などの先進技術へのアクセスの増加、ヘルスケア分野における情報技術の導入の増加、コスト削減と拡張性、ストレージ、柔軟性の向上を目的としたクラウドの利用が挙げられます。クラウドコンピューティングは、インターネット上に設置された遠隔地のサーバーを使用して、データの管理、保存、処理を行います。クラウドコンピューティングでは、ローカルサーバーを使用しないため、インフラコストが大幅に削減されます。また、クラウドベースのアーキテクチャーの場合、初期設定費用だけでなく、メンテナンス費用も少なくて済みます。COVID-19のパンデミックでは、ヘルスケア従事者の不足、集団閉鎖、ヘルスケアサービス間の連携不足が発生し、クラウドコンピューティングのメリットが実感されました。例えば、2020年5月、オクラホマ州保健局は、COVID-19ウイルスに感染した可能性があるリスクのある市民とヘルスケアワーカーが遠隔で関わることができるモバイルアプリを発表しました。GoogleとMTX Groupが共同で作成したこのアプリは、Google Cloudを利用して、COVID-19の症状を訴える市民と迅速に連絡を取り、検査施設に送ることを可能にしています。また、各省庁はクラウドベースのデータダッシュボードを使用して、リアルタイムの分析とデータの可視化を行い、ウイルスの蔓延を追跡・制御していました。2020年3月最終週、オーストラリア政府保健省は「コロナウイルス・オーストラリア・アプリケーション」を発表しました。Google Cloud上に構築されたこのアプリは、COVID-19パンデミックに関連するロックダウン、拡散パターン、ヘルスケア情報についてのリアルタイムの情報やアドバイスを提供することができます。これらの開発は、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

主な市場動向

予測期間中、電子健康記録(EHR)セグメントが最大の市場シェアを占めると予想される

COVID-19の流行は、EHRの市場にプラスの影響を与えると予想されます。2020年11月にJournal of the American Medical Informatics Association(JAMIA)に掲載された記事によると、COVID-19との戦いにおいて、EHRベースのデータ共有ネットワークおよびプラットフォーム、公衆衛生情報システムの開発、実装、評価が求められています。EHRシステムは複合的に活用できるため、公衆衛生部門、ヘルスケア機関、社会経済指標などのデータ収集・分析に活用することができます。これは、COVID-19に取り組むためのプログラムを展開する準備をする上で、非常に重要な意味を持ちます。

CMS(メディケア・メディケイド・サービスセンター)によると、EHRとは、バイタルサイン、患者の人口統計、経過記録、問題点、過去の病歴、投薬、検査データ、予防接種、放射線検査報告などを含む患者の健康情報を電子化したものであるとのことです。相互運用性の欠如により、これらのデータの共有が妨げられていました。しかし、現在、各社がより患者さんに優しい相互運用可能な機器の開発に取り組んでいるため、状況は変化しています。複雑なヘルスケアシステムには、情報をシームレスに共有するための多様なEHR製品が必要です。相互運用可能なEHRは、より良いワークフローを可能にし、曖昧さを減らすことで、EHRシステムとヘルスケア関係者の間でより簡単にデータを転送することができます。このように、上記の要因により、同市場は予測期間中に高い成長率を示すと予想されます。

北米が市場最大のシェアを占める

北米は、ヘルスケア用クラウドコンピューティング市場で大きなシェアを占めており、予測期間中も同様の傾向を示すと予想されます。米国はヘルスケアクラウドコンピューティング市場をリードしていますが、これは主にヘルスケアITサービスの導入率が高いことと、政府機関から継続的に財政的・規制的支援を受けていることが要因となっています。経済的および臨床的健全性のための医療情報技術法(HITECH法)の施行により、国全体でEHRとそれを支える技術の導入が活性化されました。同法の規定によると、医療機関は一定期間までEHRの有意義な利用を実証することで金銭的なインセンティブを得ることができ、その後はその利用を説明しなかった場合に時間的な罰則が課される可能性があるとのことです。クラウドベースのサービスは、すべてのステークホルダーにとって有用です。ほとんどのヘルスケア機関は、既存のクラウドプロバイダーが持っているようなサイバーセキュリティに注意を払う時間もリソースも持っていません。さらに、既存のクラウドプロバイダーがデータの漏洩を許すことはほとんどありません。米国で2018年に行われた最近のHIMSS Analytics調査によると、83%以上の医療機関がすでにクラウドサービスを利用していると回答しています。また、同調査では、米国保健社会福祉省が2018年に調査中のデータ漏洩を412件挙げていることも紹介されています。膨大な数のデータ侵害が発生していることから、ヘルスケア分野ではセキュリティ向上のため、より強固なクラウドテクノロジーの導入が求められています。したがって、前述のすべての要因によって、市場は予測期間中に高い成長を示すと予想されます。

競合情勢

ヘルスケア分野のクラウドコンピューティング市場は、少数の主要企業が存在するため、緩やかな統合市場となっています。各社は、より多くの市場シェアを獲得するために強力な競争戦略を適用しています。市場参入企業には、Amazon Web Services、Dell Inc.、IBM Corporation、Oracle Corporation、Koninklijke Philips NVなどがあります。

各社は、厳しい競合環境の中で持続するために、新製品の発売や研究開発活動への投資など、さまざまな戦略に取り組んでいます。例えば、2020年11月、マイクロソフトは、患者エンゲージメント、医療チームのコラボレーションを強化し、臨床および運用のインサイトを改善するために、Microsoft Cloud for Healthcareスイートを発表しました。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • ヘルスケア分野における情報技術の導入の増加
    • 機械学習などの先端技術へのアクセスがクラウドシステムでより容易になる
    • クラウドの利用により、コストを削減し、拡張性、ストレージ、柔軟性を向上させることが可能
  • 市場の抑制要因
    • データセキュリティと整合性の問題
    • 相互運用性と業界標準の欠如
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • アプリケーション別
    • 臨床情報システム(CIS)
      • 電子カルテ(EHR)
      • 画像保管・通信システム(PACS)
      • 放射線情報システム(RIS)
      • コンピューター医師オーダーエントリー(CPOE)
      • その他のアプリケーション
    • 非臨床情報システム(NCIS)
      • 収益サイクル管理(RCM)
      • 自動患者請求システム(APB)
      • ペイロールマネジメントシステム
      • その他非臨床情報システム
  • 導入形態別
    • プライベートクラウド
    • パブリッククラウド
  • サービス別
    • ソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)
    • インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス(IaaS)
    • プラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)
  • エンドユーザー別
    • ヘルスケアプロバイダー
    • ヘルスケアペイヤー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中近東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他
    • 南北アメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amazon Web Services Inc.
    • Athenahealth Inc.
    • CareCloud Corporation
    • ZYMR Inc.
    • ClearDATA
    • Dell Inc.
    • IBM Corporation
    • Iron Mountain Inc.
    • Oracle Corporation
    • Siemens Healthineers
    • Koninklijke Philips NV
    • e-Zest Solutions
    • OSP Labs
    • Euris
    • Microsoft

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 46990

The healthcare cloud computing market was valued at USD 23,749.33 million in 2020, and it is expected to reach USD 52,303.35 million by 2026, registering a CAGR of 14.12% during the forecast period of 2021-2026.

The COVID-19 pandemic is expected to have an overall positive effect on the market. There is now an increasing understanding of the potential of cloud technologies, which provide data storage and computing resources that are managed by external service providers to help improve the safety, quality, and efficiency of healthcare. This has become important in the fight against COVID-19. Due to the huge number of research work and clinical trials being carried out across the world, the research data being generated needs to be stored in a secure environment that can house large amounts of data. Cloud computing solves the problem of both space constraints and security as it allows the hosting of huge amounts of data on private dedicated cloud channels. A major benefit of cloud-based services to organizations and companies during the COVID-19 pandemic is that they allow faster implementation and upscaling across a range of different settings. They do not require companies to procure additional hardware (such as servers needed for on-premises solutions) and they can be implemented remotely. For example, in March 2020, an AI-enabled auxiliary diagnostic system was offered by Huawei Cloud, the cloud computing unit of Huawei, and artificial intelligence company Huiying Medical Technology Co. Ltd to hospitals in Ecuador remotely.

The major factors that are bolstering the growth of the healthcare cloud computing market include the increasing access to advanced technology, such as machine learning, the rise in adoption of information technology in the healthcare sector, and usage of cloud for reducing cost and improving scalability, storage, and flexibility. Cloud computing involves the use of remote servers that are hosted on the internet to manage, store, and process data. A local server is not used in cloud computing, due to which infrastructure costs are reduced significantly. In addition to one-time set-up cost, maintenance cost is also lesser in case of a cloud-based architecture. The benefits of cloud computing were felt during the COVID-19 pandemic when there was a shortage of healthcare workers, mass lockdowns, and a lack of coordination between healthcare services. For example, in May 2020, the Oklahoma State Department of Health launched a mobile app that allows healthcare workers to engage remotely with at-risk citizens who may have been exposed to the COVID-19 virus. The app, which was jointly created by Google and MTX Group, uses the Google Cloud to enable the state to quickly contact citizens who report COVID-19 symptoms and send them to testing sites. Agencies were also using cloud-based data dashboards to provide real-time analytics and data visualizations to track and control the spread of the virus. In the last week of March 2020, the Australian Government's Department of Health launched its Coronavirus Australia App. Built on the Google Cloud, the app can offer real-time information and advice about lockdowns, the spread patterns, and healthcare information pertaining to the COVID-19 pandemic. These developments are expected to positively affect market growth.

Key Market Trends

The Electronic Health Record (EHR) Segment is Expected to Hold the Largest Market Share During the Forecast Period

The COVID-19 pandemic is expected to have a positive impact on the market for EHR. According to an article appearing in the Journal of the American Medical Informatics Association (JAMIA) in November 2020, the development, implementation, and evaluation of EHR-based data sharing networks and platforms and public health information systems are required in the fight against COVID-19. Since EHR systems can be multi-disciplinary, they can be utilized to collect and analyze data from public health departments, healthcare organizations, and socioeconomic indicators. This can be of immense importance while preparing to roll out programs designed to tackle COVID-19.

According to the Center for Medicare and Medicaid Services (CMS), EHR refers to an electronic version of patient health information that includes vital signs, patient demographics, progress notes, problems, past medical history, medications, laboratory data, immunizations, and radiology reports. Lack of interoperability prevented the sharing of this data. However, as companies are currently working to develop more patient-friendly interoperable devices, the situation is now changing. Complex healthcare systems require diverse EHR products so that information may be shared seamlessly. By enabling better workflows and reducing ambiguity, interoperable EHR allows data transfer between EHR systems and healthcare stakeholders much more easily. Thus, due to the factors mentioned above, the market is expected to witness a high growth rate over the forecast period.

North America Accounted for the Largest Share in the Market

North America holds a significant share in the healthcare cloud computing market and is expected to show a similar trend over the forecast period. The United States is a leader in the healthcare cloud computing market, mainly due to the high adoption rate of healthcare IT services and the continuous financial and regulatory support from government agencies. The implementation of the Health Information Technology for Economic and Clinical Health Act (HITECH Act) stimulated the adoption of EHR and supporting technologies across the country. According to the Act's provisions, healthcare providers would be offered financial incentives for demonstrating meaningful use of EHRs until a certain period of time, after which, time penalties may be levied for failing to explain such use. Cloud-based services are helpful for all stakeholders. Most healthcare institutions neither have the time nor resources to devote attention to cybersecurity that an established cloud provider may have. Moreover, established cloud providers rarely allow the leakage of data. According to a recent HIMSS Analytics Survey in 2018 in the United States, over 83% of healthcare organizations said that they already use cloud services. The survey also stated that the United States Department of Health and Human Services listed 412 data breaches that were under investigation in 2018. The huge number of data breaches calls for more robust implementation of cloud technology in the healthcare sector to improve security. Thus, owing to all the aforementioned factors, the market is expected to witness high growth over the forecast period.

Competitive Landscape

The healthcare cloud computing market is a moderately consolidated market, owing to the presence of a few key players in the market. The companies are applying powerful competitive strategies to gain more market share. Some of the market players are Amazon Web Services, Dell Inc., IBM Corporation, Oracle Corporation, and Koninklijke Philips NV.

The companies are involved in various strategies such as new product launches and investments in R&D activities to sustain in the highly competitive environment. For example, in November 2020, Microsoft launched the Microsoft Cloud for Healthcare suite to boost patient engagement, health team collaborations, and improve clinical and operational insights.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in Adoption of Information Technology in the Healthcare Sector
    • 4.2.2 Access to Advance Technology, Such as Machine Learning, is Easier in Cloud System
    • 4.2.3 Usage of Cloud Reduces Cost and Improves Scalability, Storage, and Flexibility
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Data Security and Integrity Issues
    • 4.3.2 Lack of Interoperability and Industry Standards
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Clinical Information Systems (CIS)
      • 5.1.1.1 Electronic Health Record (EHR)
      • 5.1.1.2 Picture Archiving and Communication System (PACS)
      • 5.1.1.3 Radiology Information Systems (RIS)
      • 5.1.1.4 Computerized Physician Order Entry (CPOE)
      • 5.1.1.5 Other Applications
    • 5.1.2 Non-clinical Information Systems (NCIS)
      • 5.1.2.1 Revenue Cycle Management (RCM)
      • 5.1.2.2 Automatic Patient Billing (APB)
      • 5.1.2.3 Payroll Management System
      • 5.1.2.4 Other Non-clinical Information Systems
  • 5.2 By Deployment
    • 5.2.1 Private Cloud
    • 5.2.2 Public Cloud
  • 5.3 By Service
    • 5.3.1 Software-as-a-Service (SaaS)
    • 5.3.2 Infrastructure-as-a-Service (IaaS)
    • 5.3.3 Platform-as-a-Service (PaaS)
  • 5.4 By End User
    • 5.4.1 Healthcare Providers
    • 5.4.2 Healthcare Payers
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle-East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Amazon Web Services Inc.
    • 6.1.2 Athenahealth Inc.
    • 6.1.3 CareCloud Corporation
    • 6.1.4 ZYMR Inc.
    • 6.1.5 ClearDATA
    • 6.1.6 Dell Inc.
    • 6.1.7 IBM Corporation
    • 6.1.8 Iron Mountain Inc.
    • 6.1.9 Oracle Corporation
    • 6.1.10 Siemens Healthineers
    • 6.1.11 Koninklijke Philips NV
    • 6.1.12 e-Zest Solutions
    • 6.1.13 OSP Labs
    • 6.1.14 Euris
    • 6.1.15 Microsoft

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS