デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
390704

幹細胞市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、および予測(2021年~2026年)

Stem Cell Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2021 - 2026)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 118 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
幹細胞市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、および予測(2021年~2026年)
出版日: 2021年07月01日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 118 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

幹細胞市場は、2020年に147億米ドルと評価され、2026年には、予測期間である2021年から2026年の間に約10.24%のCAGRを記録し、約264億米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、臨床試験数の増加や幹細胞治療の世界の普及に起因するものです。COVID-19に関連して、各国の政府機関、研究機関、多くのバイオテクノロジーおよび製薬会社は、COVID-19の迅速な診断のための効果的で迅速な技術に注目しています。科学雑誌「Aging and Disease」に掲載された2020年の研究論文によると、間葉系幹細胞はCOVID-19の治療に安全かつ有効なアプローチであるとされています。少なくとも10のプロジェクトが臨床試験のための公式国際登録に登録されており、コロナウイルス肺炎の患者への間葉系幹細胞の使用が示唆されています。しかし、研究対象となる市場との関係では、まだ初期段階の研究です。

幹細胞は、再生医療、特に皮膚科領域で主に使用されています。しかし、腫瘍や癌の治療のためのパイプライン製品が多数存在するため、腫瘍学が最も高い成長率を示すと予想されます。また、再生医療センターの増加に伴い、幹細胞市場も今後拡大することが予想されます。

幹細胞の最も豊富な供給源のひとつは臍帯で、ユニークな性質を持ち、胚性幹細胞や成体幹細胞よりも優れた利点を持っています。特に新興市場では、病院と連携し、家庭での臍帯血の保管に関する意識を高める幹細胞バンクが増加しています。100以上の疾患の治療に幹細胞を使用することを推進する医療コミュニティや政府の取り組みが活発化し、支援が増加しています。現在、臍帯血の将来の治療の可能性を検証するための臨床試験の数が増加しています。現在、米国だけでも200以上の国立衛生研究所(NIH)が資金提供する臍帯血の臨床試験が実施されています。

主な市場動向

予測期間中、腫瘍疾患分野が最も速い成長率を示すと予想される

世界的にがんの負担が増加しているため、がん治療は地域や国の優先順位に従って変更される必要があります。世界がん研究基金によると、2018年には、世界中で1,800万人のがん患者がいると推定されています。世界保健機関(WHO)によると、がんは世界全体の死因の第2位であり、2018年の死亡者数は960万人と推定され、死亡者の約6人に1人を占めています。

骨髄移植や幹細胞移植は、白血病、多発性骨髄腫、神経芽腫、あるいはある種のリンパ腫など、ある種のがんに対する治療法です。がん治療には、自家幹細胞移植と同種幹細胞移植の両方が行われます。白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫、精巣がん、神経芽細胞腫の場合は自家移植が望ましいとされています。

がん治療における自家幹細胞移植に伴う主な欠点は、幹細胞とともにがん細胞も採取されることがあり、治療中にさらにそれを体内に戻してしまう可能性があることです。

同種幹細胞移植の場合、ドナーには必要に応じてより多くの幹細胞や白血球を提供してもらうことができ、健康なドナーの幹細胞には癌細胞は含まれていません。しかし、移植されたドナーの幹細胞は、骨髄に定着する前に死んだり、患者さんの体内で破壊されたりする可能性があります。

さらに、幹細胞を用いた研究が注目され、新規治療法の需要が高まっていることから、Stemline Therapeutics社など複数の企業が、がん細胞を攻撃する技術や治療法の開発に注力しており、これが市場の成長を後押しする可能性があります。しかし、COVID-19の大流行により、新たながん患者の発見と治療が急務となっており、このことが今年のセグメント成長に若干の影響を与える可能性があります。

北米が最大の市場シェアを獲得し、今後もその優位性を維持すると予想される

北米は幹細胞市場全体を支配し、米国が最大のシェアを占めています。米国とカナダは、発展した医療制度を有しています。また、これらの制度は研究開発を奨励しています。がん患者数の増加は、市場参加者に機会を提供しています。主要な市場参加者は、新しい幹細胞治療法を市場に導入するために研究開発活動に注力しています。

例えば、米国国立がん研究所(NCI)は、がん医療に対する国家支出が2020年までに1560億米ドルに達する見込みであると発表していました。この要因は、今後の市場の成長を後押しすると予想されます。2019年12月には、国立眼科研究所(NEI)の研究者が、65歳以上の視力低下の主要原因である加齢黄斑変性(AMD)の進行したドライ型である地理的萎縮を治療するために、患者固有の新規幹細胞を用いた治療の安全性を検証する臨床試験を開始しました。

また、COVID-19の治療に向けた研究活動が行われている現状も、同国における市場拡大の要因となっています。また、幹細胞治療は、今後、COVID-19の治療法として有望視される可能性があります。例えば、2020年5月6日、リネージ・セル・セラピューティクスは、カリフォルニア再生医療研究所(CIRM)から500万米ドルの助成金を受け、リネージの同種樹状細胞療法であるVACを、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2のワクチン開発のために用いることを支援します。

競合情勢

幹細胞市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。市場シェアの観点からは、現在、少数の主要プレイヤーが市場を独占しています。Thermo Fisher Scientific(Qiagen NV)、Sigma Aldrich(Merck KGaAの子会社)、Becton、Dickinson and Company、Stem Cell Technologiesなどの大手市場プレイヤーの存在が、市場全体の競争企業間の敵対関係を高めています。また、主要企業による製品の進歩や幹細胞技術の向上も、競争企業間の敵対関係を高めています。

本レポートを購入する理由

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 臍帯血幹細胞に関する認知度の向上
    • 幹細胞治療開発のための研究開発イニシアチブの高まりと、幹細胞研究の臨床試験認可の増加
    • 再生治療オプションに対する需要の高まり
  • 市場の抑制要因
    • 高価な手術
    • 規制の複雑さ
    • 倫理的・道徳的な枠組み
  • 業界の魅力-ファイブフォース分析分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • 成体幹細胞
    • ヒト胚性幹細胞
    • 多能性幹細胞
    • その他の製品タイプ
  • アプリケーション別
    • 神経疾患
    • 整形外科治療
    • 腫瘍疾患
    • 傷害・創傷
    • 循環器疾患
    • その他の用途
  • 治療タイプ別
    • 同種幹細胞治療
    • 自家培養幹細胞治療
    • 遺伝子組換え幹細胞治療
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中近東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Smith & Nephew PLC
    • Pluristem Therapeutics Inc.
    • Thermo Fisher Scientific
    • Qiagen NV
    • Merck KGaA(Sigma Aldrich)
    • Becton, Dickinson and Company
    • Stem Cell Technologies Inc.
    • AllCells LLC
    • Miltenyi Biotec
    • International Stem Cell Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 47511

The stem cell market was valued at USD 14.7 billion in 2020, and it is expected to reach approximately USD 26.40 billion in 2026, registering a CAGR of nearly 10.24% during the forecast period, 2021-2026. The growth of the market is attributed to the rising number of clinical trials and the growing adoption of stem cell therapies globally. In the context of COVID-19, government organizations in various countries, research institutes, and many biotech and pharmaceutical firms are focusing on effective and rapid technologies for the fast diagnosis of COVID-19. According to a 2020 research article published in the scientific journal Aging and Disease (2020), mesenchymal stem cells are a safe and effective approach to the treatment of COVID-19. At least 10 projects have been registered in the official international registry for clinical trials, implicating the use of mesenchymal stem cells to patients with coronavirus pneumonia. However, it is still at an initial stage of study in relation to the market studied.

Stem cells are majorly used in regenerative medicine, especially in the field of dermatology. However, oncology is expected to grow at the highest rate due to a large number of pipeline products present for the treatment of tumors or cancers. With the increase in the number of regenerative medicine centers, the stem cell market is also expected to increase in the future.

One of the richest sources of stem cells is the umbilical cord, which possesses unique qualities and has greater advantages over embryonic stem cells or adult stem cells. There are an increasing number of stem cell banks, which collaborate with hospitals and increase awareness about the storage of cord blood units in families, particularly in the emerging markets. The support is increasing with the rising number of medical communities and government initiatives active in promoting the use of stem cells for the treatment of more than 100 diseases. Currently, there is an increase in the number of clinical trials for testing future treatment possibilities of cord blood. Over 200 National Institutes of Health (NIH)-funded clinical trials with cord blood are currently being conducted in the United States alone.

Key Market Trends

The Oncology Disorders Segment is Expected to Exhibit the Fastest Growth Rate Over the Forecast Period

The global cancer burden has been increasing, and thus, cancer therapies must be modified according to regional and national priorities. According to the World Cancer Research Fund, in 2018, there were an estimated 18 million cancer cases around the world. According to the World Health Organization (WHO), cancer is the second-leading cause of death across the world, with an estimated number of 9.6 million deaths in 2018, accounting for nearly one in six deaths.

Bone marrow transplant or stem cell transplant is a treatment for some types of cancer, like leukemia, multiple myeloma, neuroblastoma, or some types of lymphoma. For cancer treatments, both autologous and allogeneic stem cell transplants are done. Autologous transplants are preferred in the case of leukemias, lymphomas, multiple myeloma, testicular cancer, and neuroblastoma.

The major disadvantage associated with autologous stem cell transplants in cancer therapy is that cancer cells sometimes also get collected, along with stem cells, which may further put it back into the body during the therapy.

In case of allogeneic stem cell transplants, the donor can often be asked to donate more stem cells or even white blood cells, as per the requirement, and stem cells from healthy donors are free of cancer cells. However, the transplanted donor stem cells could die or be destroyed by the patient's body before settling in the bone marrow.

Moreover, due to the growing focus of stem cell-based research and the rising demand for novel treatments, several companies, such as Stemline Therapeutics, have been focusing on developing technologies and treatments to attack cancer cells, which may help the market grow. However, owing to the COVID-19 pandemic, the detection and treatment of new cancer cases are impended, which may slightly impact the segment growth in the year.

North America Captured The Largest Market Share and is Expected to Retain its Dominance

North America dominated the overall stem cell market, with the United States contributing to the largest share in the market. The United States and Canada have developed and well-structured healthcare systems. These systems also encourage research and development. The increasing number of cancer cases is providing opportunities for market players. The major market players are focusing on R&D activities to introduce new stem cell therapies in the market.

For instance, the National Cancer Institute (NCI) had stated that the national expenditure on cancer care was expected to reach USD 156 billion by 2020. This factor is expected to boost the growth of the market in the future. In December 2019, the researchers at the National Eye Institute (NEI) launched a clinical trial to test the safety of a novel patient-specific stem cell-based therapy to treat geographic atrophy, the advanced dry form of age-related macular degeneration (AMD), a leading cause of vision loss among people aged 65 years and above.

In addition, the current situation of COVID-19 is another factor driving the growth of the market in the country, as research activities are undergoing for the treatment of COVID-19. Stem cell therapy can also be a promising approach for the treatment of COVID-19 in the future. For instance, on May 6, 2020, Lineage Cell Therapeutics received a grant of USD 5 million from the California Institute for Regenerative Medicine (CIRM) to support the use of VAC, Lineage's allogeneic dendritic cell therapy for the development of a potential vaccine against SARS-CoV-2, the virus that causes COVID-19.

Competitive Landscape

The stem cell market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, few of the major players currently dominate the market. The presence of major market players, such as Thermo Fisher Scientific (Qiagen NV), Sigma Aldrich (a subsidiary of Merck KGaA), Becton, Dickinson and Company, and Stem Cell Technologies, is in turn, increasing the overall competitive rivalry in the market. The product advancements and improvement in stem cell technology by the major players are also increasing the competitive rivalry.

Reasons to Purchase this report:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increased Awareness about Umbilical Stem Cell
    • 4.2.2 Rising R&D Initiatives to Develop Stem Cell Therapies and Increasing Approvals for Clinical Trials in Stem Cell Research
    • 4.2.3 Growing Demand for Regenerative Treatment Options
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Expensive Procedures
    • 4.3.2 Regulatory Complications
    • 4.3.3 Ethical and Moral Framework
  • 4.4 Industry Attractiveness- Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Adult Stem Cell
    • 5.1.2 Human Embryonic Cell
    • 5.1.3 Pluripotent Stem Cell
    • 5.1.4 Other Product Types
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Neurological Disorders
    • 5.2.2 Orthopedic Treatments
    • 5.2.3 Oncology Disorders
    • 5.2.4 Injuries and Wounds
    • 5.2.5 Cardiovascular Disorders
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 By Treatment Type
    • 5.3.1 Allogeneic Stem Cell Therapy
    • 5.3.2 Autologic Stem Cell Therapy
    • 5.3.3 Syngeneic Stem Cell Therapy
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 United Kingdom
      • 5.4.2.2 Germany
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Smith & Nephew PLC
    • 6.1.2 Pluristem Therapeutics Inc.
    • 6.1.3 Thermo Fisher Scientific
    • 6.1.4 Qiagen NV
    • 6.1.5 Merck KGaA (Sigma Aldrich)
    • 6.1.6 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.7 Stem Cell Technologies Inc.
    • 6.1.8 AllCells LLC
    • 6.1.9 Miltenyi Biotec
    • 6.1.10 International Stem Cell Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS