デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1459380

スチレンブタジエンゴム(SBR)の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Styrene Butadiene Rubber (SBR) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.53円
スチレンブタジエンゴム(SBR)の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年04月03日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のスチレンブタジエンゴムの市場規模は、2024年に138億6,000万米ドルと推定され、2029年には161億5,000万米ドルに達し、予測期間中(2024年~2029年)にCAGR3.86%で成長すると予測されています。

COVID-19はスチレンブタジエンゴム市場にマイナスの影響を与えました。封鎖措置、工場閉鎖、輸送規制が物品の移動を妨げ、SBRとその原料材料の入手に影響を与えました。施錠措置が解除されると、商品やサービスの需要が増加し、さまざまな用途に使用されるSBRの需要が回復しました。

主なハイライト

  • 天然ゴムとSBRのクロスオーバー製品の販売増加、接着剤・シーリング材業界からのSBR需要の増加が、スチレンブタジエンゴム市場を牽引すると予想される大きな要因です。
  • その反面、不安定な原材料の変動と持続可能な材料による代替が市場の成長を妨げると予想されます。
  • 性能添加剤の技術革新とインフラ開発プロジェクトによる需要の増加は、スチレンブタジエンゴム市場に機会を提供すると予想されます。
  • アジア太平洋はスチレンブタジエン市場を独占しており、予測期間中もその優位性を維持すると予測されます。

スチレンブタジエンゴム(SBR)市場の動向

接着剤セグメントが市場を独占

  • SBRは良好な接着性、耐久性、柔軟性などバランスの取れた特性を備えており、多様な用途向けの幅広い接着剤の配合に適しています。SBRベースの接着剤は、金属、プラスチック、木材、紙、繊維など、さまざまな基材に接着できるため、汎用性が高く、多くの産業に応用できます。
  • SBR系接着剤は、さまざまな表面に対して優れた接着力を発揮し、包装、建築、自動車、フットウェア、木工などの用途において、強力で耐久性のある接着を実現します。SBRの凝集結合と接着結合を形成する能力は、接着剤分野での優位性に寄与しています。
  • スチレンブタジエンゴムはタイヤの特性改善に応用され、転がり抵抗を減らし、燃費を向上させます。また、タイヤのウェットグリップとブレーキ性能も向上させます。さらに、タイヤを摩耗や損傷から保護し、寿命を延ばす効果もあります。
  • 米国タイヤ工業会が発表した推計によると、2022年に米国に出荷されるトラック用タイヤは、純正品が約630万本、交換用が約2,310万本です。
  • さらに労働統計局の推計によると、乗用車用空気タイヤの米国生産者物価指数は2022年末時点で180.2指数ポイントでした。
  • 建設業界と包装業界は、カーペット、タイル、ラミネート、テープ、ラベル、包装資材を接着するためのSBR系接着剤の重要な消費者です。これらの産業が世界的に成長し続けるにつれて、SBR系接着剤の需要は増加し、この市場における接着剤セグメントの優位性が強まると予測されます。
  • 2022年、英国の新規建築プロジェクト(現行価格)は15.8%増の1,329億8,900万英ポンド(1,680億6,019万米ドル)となり、過去最高を記録しました。これは、民間分野の雇用が140億9,300万ポンド(178億954万米ドル)、公共分野の雇用が40億6,800万ポンド(51億1,805万米ドル)それぞれ増加したためです。
  • スチレンブタジエンゴムに対する需要の増加は、今後一定期間の市場成長を後押しするものであり、こうした要因の結果です。

アジア太平洋が市場を独占する

  • アジア太平洋には、自動車、建設、フットウェア、繊維、包装など、SBRの重要な消費者である幅広い産業が存在します。同地域の急速な工業化、都市化、経済成長は、タイヤ、コンベアベルト、接着剤、靴底、アスファルト改質剤など様々な用途におけるSBRベース製品の需要を牽引しています。
  • アジア太平洋、特に中国は、SBRを含む合成ゴム生産の中心的な製造拠点です。この地域は、豊富な原料供給力、確立された石油化学インフラ、競争力のある製造コストなどの恩恵を受け、SBR製造にとって魅力的な地域となっています。特に中国は、世界のSBR生産能力の中で大きなシェアを占めています。
  • 中国汽車工業協会(CAAM)が発表した推計によると、中国では2022年に約2,356万台の乗用車と330万台の商用車が販売されます。
  • インド自動車工業会が発表した推計によると、2022年、インドは世界最大の二輪車生産国になります。また、このセグメントは国内市場を独占しています。南アジア諸国では、2022会計年度に国内で1,580万台以上の二輪車が販売されました。
  • アジア太平洋は、靴と繊維製品の重要な生産地であり消費地でもあり、SBRベースの材料が広く使用されています。SBRは耐久性、耐摩耗性、柔軟性に優れているため、靴底、ヒール、運動靴によく使用されています。この地域では人口が増加し、可処分所得が増加しているため、SBRベースの靴や繊維製品の需要が高まっています。
  • インドは中国に次いで2番目に大きなフットウェア生産国で、2022年度には約2億1,900万足のフットウェアが生産されます。
  • したがって、上記の要因によって、主にアジア太平洋のスチレンブタジエンゴム需要が増加すると予想されます。

スチレンブタジエンゴム(SBR)業界の概要

スチレンブタジエンゴム(SBR)市場は、主要企業によって固まっています。主な企業は、旭化成株式会社、Arlanxeo、ランクセス、Versalis SpA、LG Chemなどです。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 天然ゴムとSBRのクロスオーバー製品の使用増加
    • 接着剤・シーラント業界からの需要増加
  • 抑制要因
    • 不安定な原料価格
    • 持続可能な材料による代替
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:金額)

  • タイプ別
    • エマルジョンSBR
    • ソリューションSBR
  • 用途別
    • タイヤ
    • 接着剤
    • フットウェア
    • その他の用途(建設資材)
  • 地域別
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • タイ
      • マレーシア
      • ベトナム
      • インドネシア
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • イタリア
      • スペイン
      • トルコ
      • ロシア
      • 北欧
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • コロンビア
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • 南アフリカ
      • サウジアラビア
      • ナイジェリア
      • エジプト
      • カタール
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • ARLANXEO
    • Asahi Kasei Corporation
    • China Petrochemical Corporation
    • Dynasol Group
    • Kemipex
    • KUMHO PETROCHEMICAL
    • LANXESS
    • LG Chem
    • Sumitomo Chemical Asia Pte Ltd
    • Synthos
    • Trinseo
    • Versalis SpA

第7章 市場機会と今後の動向

  • 性能添加剤の革新
  • インフラ開発プロジェクトによる需要の増加
目次
Product Code: 54687

The Styrene Butadiene Rubber Market size is estimated at USD 13.86 billion in 2024, and is expected to reach USD 16.15 billion by 2029, growing at a CAGR of 3.86% during the forecast period (2024-2029).

COVID-19 negatively impacted the styrene butadiene rubber market. Lockdown measures, factory closures, and restrictions on transportation hampered the movement of goods and affected the availability of SBR and its feedstock materials. As lockdowns were lifted, the increased demand for goods and services led to a rebounding demand for SBR used in various applications.

Key Highlights

  • Increasing sales of natural rubber and SBR crossover products and the rise in demand for SBR from the adhesives and sealants industry are the significant drivers expected to drive the styrene butadiene rubber market.
  • On the flip side, fluctuation in the volatile raw materials and the substitution by sustainable materials are expected to hinder the growth of the market.
  • Innovation in performance additives and the increasing demand from infrastructure development projects are expected to provide opportunities to the styrene butadiene rubber market.
  • The Asia-Pacific region dominated the styrene butadiene market and is projected to retain its dominance over the forecast period.

Styrene Butadiene Rubber (SBR) Market Trends

Adhesives Segment to Dominate the Market

  • SBR offers a balance of properties, including good adhesion, durability, and flexibility, making it suitable for formulating a wide range of adhesives for diverse applications. SBR-based adhesives can bond to various substrates, including metals, plastics, wood, paper, and textiles, making them versatile and applicable in many industries.
  • SBR-based adhesives offer excellent adhesion to various surfaces, providing strong and durable bonds in packaging, construction, automotive, footwear, and woodworking applications. SBR's ability to form cohesive and adhesive bonds contributes to its dominance in the adhesive segment.
  • Styrene butadiene rubber has been applied to improve the properties of tires. It helps reduce rolling resistance and increases fuel efficiency. It also improves tire wet grip and braking performance. In addition, it protects the tire from wear and tear to prolong its life.
  • According to the estimate released by the US Tire Manufacturers Association, about 6.3 million original equipment and 23.1 million replacement truck tires were shipped to the United States in 2022.
  • Furthermore, according to the Bureau of Labor Statistics estimate, the US producer price index for passenger car pneumatic tires was 180.2 index points at the end of 2022.
  • The construction and packaging industries are significant consumers of SBR-based adhesives for bonding carpets, tiles, laminates, tapes, labels, and packaging materials. The demand for SBR-based adhesives is projected to rise as these industries keep growing worldwide, strengthening the dominance of the adhesive segment in this market.
  • In 2022, the value of new building projects in current prices increased by 15.8% to a record high of GBP 132,989 million (USD 168,060.19 million) in Great Britain. This is due to increased private and public sector employment of GBP 14,093 million (USD 17809.54 million) and GBP 4,068 million (USD 5118.05), respectively.
  • This increase in demand for styrene butadiene rubber, which will help the market grow during the upcoming period, is a result of these factors.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is home to a wide range of industries that are significant consumers of SBR, including automotive, construction, footwear, textiles, and packaging. The region's rapid industrialization, urbanization, and economic growth drive demand for SBR-based products in various applications, such as tires, conveyor belts, adhesives, shoe soles, and asphalt modifiers.
  • Asia-Pacific, particularly China, is a central manufacturing hub for synthetic rubber production, including SBR. The region benefits from abundant feedstock availability, well-established petrochemical infrastructure, and competitive manufacturing costs, making it attractive for SBR production. China, in particular, accounts for a significant share of global SBR production capacity.
  • According to the estimate released by the China Automotive Association Manufacturers (CAAM), in China, about 23.56 million passenger cars and 3.3 million commercial vehicles were sold in 2022.
  • According to the estimate released by the Society of Indian Automobile Manufacturers, in 2022, India became the world's biggest producer of two wheels. This segment has also dominated the country's market. More than 15.8 million units of two-wheelers were sold domestically in South Asian countries during the financial year 2022.
  • Asia Pacific is a significant producer and consumer of footwear and textiles, extensively using SBR-based materials. SBR is commonly used in shoe soles, heels, and athletic footwear due to its durability, abrasion resistance, and flexibility. The region's growing population and increasing disposable incomes drive demand for SBR-based footwear and textiles.
  • India is the second largest footwear producer after China, with around 219 million pairs of footwear produced during FY 2022.
  • Thus, the abovementioned factors are expected to increase the demand for styrene butadiene rubber, majorly from the Asia-Pacific region.

Styrene Butadiene Rubber (SBR) Industry Overview

The styrene butadiene rubber (SBR) market is consolidated among the top players. The key players include Asahi Kasei Corporation, Arlanxeo, Lanxess, Versalis SpA, and LG Chem, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Usage of Natural Rubber and SBR Crossover Products
    • 4.1.2 Increasing Demand from Adhesives and Sealants Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Volatile Raw Material Prices
    • 4.2.2 Substitution by Sustainable Materials
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Emulsion SBR
    • 5.1.2 Solution SBR
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Tyres
    • 5.2.2 Adhesives
    • 5.2.3 Footwear
    • 5.2.4 Other Applications (Construction Materials)
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Thailand
      • 5.3.1.6 Malaysia
      • 5.3.1.7 Vietnam
      • 5.3.1.8 Indonesia
      • 5.3.1.9 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 United Kingdom
      • 5.3.3.2 France
      • 5.3.3.3 Germany
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Spain
      • 5.3.3.6 Turkey
      • 5.3.3.7 Russia
      • 5.3.3.8 NORDIC
      • 5.3.3.9 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Colombia
      • 5.3.4.4 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Nigeria
      • 5.3.5.4 Egypt
      • 5.3.5.5 Qatar
      • 5.3.5.6 United Arab Emirates
      • 5.3.5.7 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ARLANXEO
    • 6.4.2 Asahi Kasei Corporation
    • 6.4.3 China Petrochemical Corporation
    • 6.4.4 Dynasol Group
    • 6.4.5 Kemipex
    • 6.4.6 KUMHO PETROCHEMICAL
    • 6.4.7 LANXESS
    • 6.4.8 LG Chem
    • 6.4.9 Sumitomo Chemical Asia Pte Ltd
    • 6.4.10 Synthos
    • 6.4.11 Trinseo
    • 6.4.12 Versalis SpA

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Innovation in Performance Additives
  • 7.2 Increasing Demand from the Infrastructure Development Projects