デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1459379

合成ゴム:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Synthetic Rubber - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.53円
合成ゴム:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年04月03日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

合成ゴム市場規模は2024年に334億8,000万米ドルと推定され、2029年には411億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは4.21%で成長する見込みです。

2020年、COVID-19の大流行により、世界の合成ゴム市場は低迷に見舞われ、広範囲に及ぶ操業停止、製造およびサプライチェーンの混乱、生産停止が発生しました。しかし、2021~2022年には状況が改善し始め、自動車需要の増加が見込まれることから、予測期間中に市場は前年比で成長すると予想されます。

主なハイライト

  • 電気自動車の生産台数増加により、市場の成長に弾みがつくと予想されます。
  • 一方、一部の用途で合成ゴムの代わりにポリウレタンを使用することは、市場の成長を減速させる可能性が高いです。
  • 市場の将来的なチャンスは、合成ゴム用のバイオベース原料の開発と医療用手袋の需要拡大からもたらされる可能性があります。
  • 中国、インド、日本からの需要が高いため、アジア太平洋地域が最大の市場シェアを占めており、予測期間中は市場をリードする可能性が高いです。

合成ゴム市場の動向

タイヤ・タイヤ部品からの需要増加

  • 合成ゴム市場では、タイヤ・タイヤ部品のセグメントが最大の市場シェアを占めています。タイヤは、その耐久性と耐摩耗性により、スチレンブタジエンゴムが主に使用されています。
  • タイヤ製造分野では、スチレンブタジエンゴムが好んで使用されています。自動車用タイヤの約50%は、スチレンブタジエンゴムと天然ゴムをブレンドして作られています。
  • 低価格帯のタイヤでは、生産コストを下げるため、SBRと天然ゴムの比率を低くしています。このため、タイヤ全体の寿命は短くなるが、費用対効果の高い選択肢です。
  • 国際タイヤ・ゴム協会(ITRA)によると、中国と米国は世界2大タイヤ生産国です。
  • 中国国家統計局によると、中国のタイヤ産業は2022年に約8億5,919万本のタイヤを製造しました。さらに、高い需要や海外企業の進出などの要因により、中国国内のタイヤ産業は2023年に続き、2024年も大幅な成長を遂げる可能性が高いです。例えば、Global Timesによると、主に乗用車用に利用される中国のセミスチールタイヤの輸出は、前年比20%増の急増を示し、2023年には合計2億8,700万本に達しました。
  • 乗用車の需要が世界的に高まっていることから、タイヤ・タイヤ部品の生産量も予測期間中に増加する可能性が高いです。例えば、EV-Volumes.comによると、世界のEV販売台数は2022年の1,050万台から2027年には3,100万台超へと3倍になると予測されています。
  • 以上のような要因から、タイヤ・タイヤ部品セグメントは予測期間中に市場の成長を大きく押し上げると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域が合成ゴム市場で最大のシェアを占めるのは、インド、中国、日本など、需要が著しく高い国々があるからです。
  • 中国、インド、日本、韓国、タイ、インドネシアといった国々は、世界の主要タイヤ生産企業の本拠地です。
  • インドはアジア太平洋地域で中国に次いでゴムの生産量と使用量が多いです。ゴムの最大生産国のひとつであるにもかかわらず、国内の需要を満たすために他国から多くのゴムを輸入しています。
  • ゴム委員会によると、インドにおける合成ゴムの消費量は2023会計年度で約75万トンです。さらに、このうちほぼ4分の3は自動車タイヤ・チューブ部門で消費され、残りの量は一般ゴム製品に使用されています。
  • 日本のタイヤ産業もこの地域で大きく拡大しています。東洋ゴム工業は、自動車用タイヤとその他の自動車関連製品を専門とする日本最大級のゴム会社です。
  • 東洋ゴム工業の純売上高は、前年の約3,937億円(26億米ドル)から2022年には約4,972億円(33億米ドル)に達し、同地域の市場成長を大きく後押ししています。
  • これらの要因により、予測期間中、アジア太平洋地域が市場全体を支配することが期待されます。

合成ゴム産業の概要

合成ゴム市場は細分化されています。市場の主要企業には、Exxon Mobil Corporation、Kumho Petrochemical、Saudi Arabian Oil Co.、TSRC、China Petrochemical Corporationなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 電気自動車の販売台数増加による需要増
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 一部の用途におけるポリウレタンによるゴムの代替
    • その他の抑制要因
  • バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • タイプ
    • スチレンブタジエンゴム(SBR)
    • エチレンプロピレンジエンゴム(EPDM)
    • ポリイソプレン(IR)
    • ポリブタジエンゴム(BR)
    • イソブチレンイソプレンゴム(IIR)
    • その他
  • 用途
    • タイヤ・タイヤ部品
    • タイヤ以外の自動車用途
    • フットウェア
    • 工業用品
    • その他
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • マレーシア
      • タイ
      • ベトナム
      • インドネシア
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • ロシア
      • ノルディック
      • トルコ
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • コロンビア
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • ナイジェリア
      • カタール
      • エジプト
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア(%)/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Apcotex
    • China Petrochemical Corporation
    • ENEOS Corporation
    • Exxon Mobil Corporation
    • Kumho Petrochemical
    • LANXESS
    • LG Chem
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • Reliance Industries Limited
    • SABIC
    • Saudi Arabian Oil Co.
    • SIBUR
    • Synthos
    • The Goodyear Tire & Rubber Company
    • TSRC
    • Versalis S.p.A.
    • Dow

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 54562

The Synthetic Rubber Market size is estimated at USD 33.48 billion in 2024, and is expected to reach USD 41.15 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.21% during the forecast period (2024-2029).

In 2020, due to the COVID-19 pandemic, the global synthetic rubber market experienced a downturn, resulting in widespread lockdowns, disruptions in manufacturing and supply chains, and production stoppages. However, conditions began to improve in 2021-2022, and the market is expected to grow year-on-year during the forecast period as automotive demand is expected to increase.

Key Highlights

  • The growth of the market is expected to receive a boost due to the increasing production of electric vehicles.
  • On the other hand, using polyurethanes instead of synthetic rubber in some applications is likely to decelerate the growth of the market.
  • Future opportunities for the market could come from the development of bio-based feedstock for synthetic rubber and the growing demand for medical gloves.
  • Due to high demand from China, India, and Japan, Asia-Pacific has the largest market share and is likely to lead the market during the forecast period.

Synthetic Rubber Market Trends

Increasing Demand From Tire and Tire Components

  • The segment for tires and tire parts holds the largest market share in the synthetic rubber market. Tires are predominantly made using styrene-butadiene rubber due to its durability and resistance to wear over time.
  • It is the preferred material in the tire manufacturing sector. Around 50% of car tires are made of styrene-butadiene rubber blended with natural rubber.
  • For low-end tires, the ratio of SBR to natural rubber is lower to reduce the cost of production. Although this reduces the overall tire life, it is a cost-effective option.
  • According to the International Tyre and Rubber Association (ITRA), China and the United States are the two largest tire producer countries in the world.
  • According to the National Bureau of Statistics of China, the Chinese tire industry made about 859.19 million tires in 2022. Moreover, due to factors such as high demand and overseas company expansion, the domestic tire industry in China is likely to experience substantial growth in 2024, as it did in 2023. For instance, China's export of semi-steel tires, primarily utilized for passenger vehicles, witnessed a 20% year-on-year surge and reached a total of 287 million units in 2023, according to Global Times.
  • The globally increasing demand for passenger cars will also likely increase the production of tires and their components during the forecast period. For instance, according to EV-Volumes.com, the unit volume of global EV sales is projected to triple from 10.5 million in 2022 to over 31 million in 2027.
  • Due to the above-mentioned factors, the tire and tire components segment is expected to boost the growth of the market significantly during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific accounts for the largest share of the synthetic rubber market because of countries such as India, China, and Japan, where the demand is significantly high.
  • Countries such as China, India, Japan, South Korea, Thailand, and Indonesia are home to major tire-producing companies in the world.
  • India is second only to China in the Asia-Pacific region in terms of how much rubber it makes and uses. Even though the country is one of the biggest producers of rubber, it imports a lot of rubber from other countries to meet local demand.
  • According to the Rubber Board, synthetic rubber consumption in India was about 0.75 million metric tons in the financial year 2023. Furthermore, almost three-quarters of this total was consumed by the auto tires and tubes sector, with the remaining quantity used for general rubber goods.
  • The Japanese tire industry is also expanding significantly in the region. Toyo Tire Corporation is one of Japan's largest rubber corporations, specializing in automobile tires and other automotive-related products.
  • The net sales of Toyo Tire Corporation amounted to approximately JPY 497.2 billion (USD 3.3 billion) in 2022, up from around JPY 393.7 billion (USD 2.6 billion) in the previous year, thus boosting the growth of the market significantly in the region.
  • These factors are expected to assist Asia-Pacific dominate the overall market during the forecast period.

Synthetic Rubber Industry Overview

The synthetic rubber market is fragmented in nature. Some of the major players in the market include Exxon Mobil Corporation, Kumho Petrochemical, Saudi Arabian Oil Co., TSRC, and China Petrochemical Corporation, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand from Rising Sales of Electric Vehicles
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Replacement of Rubber by Polyurethanes in Some Applications
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Styrene Butadiene Rubber (SBR)
    • 5.1.2 Ethylene Propylenediene Rubber (EPDM)
    • 5.1.3 Polyisoprene (IR)
    • 5.1.4 Polybutadiene Rubber (BR)
    • 5.1.5 Isobutylene Isoprene Rubber (IIR)
    • 5.1.6 Other Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Tire and Tire Components
    • 5.2.2 Non-tire Automobile Applications
    • 5.2.3 Footwear
    • 5.2.4 Industrial Goods
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Malaysia
      • 5.3.1.6 Thailand
      • 5.3.1.7 Vietnam
      • 5.3.1.8 Indonesia
      • 5.3.1.9 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Spain
      • 5.3.3.6 Russia
      • 5.3.3.7 NORDIC
      • 5.3.3.8 Turkey
      • 5.3.3.9 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Colombia
      • 5.3.4.4 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 United Arab Emirates
      • 5.3.5.4 Nigeria
      • 5.3.5.5 Qatar
      • 5.3.5.6 Egypt
      • 5.3.5.7 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Apcotex
    • 6.4.2 China Petrochemical Corporation
    • 6.4.3 ENEOS Corporation
    • 6.4.4 Exxon Mobil Corporation
    • 6.4.5 Kumho Petrochemical
    • 6.4.6 LANXESS
    • 6.4.7 LG Chem
    • 6.4.8 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.9 Reliance Industries Limited
    • 6.4.10 SABIC
    • 6.4.11 Saudi Arabian Oil Co.
    • 6.4.12 SIBUR
    • 6.4.13 Synthos
    • 6.4.14 The Goodyear Tire & Rubber Company
    • 6.4.15 TSRC
    • 6.4.16 Versalis S.p.A.
    • 6.4.17 Dow

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Development of Bio-based Feedstock for Synthetic Rubber
  • 7.2 Other Opportunities