デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445879

マラリア診断:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Malaria Diagnostics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
マラリア診断:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のマラリア診断市場規模は2024年に8億6,000万米ドルと推定され、2029年までに11億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.23%のCAGRで成長します。

世界のマラリア診断-市場

COVID-19のパンデミックは市場に大きな影響を与えることが予想されます。 2020年4月にランセットオンラインマガジンに掲載された「COVID-19症パンデミック中のマラリアやその他の発熱性疾患の診断」というタイトルの記事によると、新型COVID-19患者にアクセスすることが困難になっていたといいます。発熱により、病気の検査や診断が損なわれる可能性があります。さらに、2020年7月に掲載された「マラリアに対するCOVID-19症の影響の特定と対策」というタイトルの別の記事によると、子どもと妊婦は、新型コロナウイルス感染症に関連した医療制度の混乱から生じるマラリア超過死亡という不均衡な負担を負うことになるだろうという。特にサハラ以南アフリカにおけるマラリア対策プログラム。これは主に、現在の新型COVID-19感染症のパンデミックがマラリアの診断に混乱をもたらしているためであり、これらの病気は両方ともいくつかの症状を共有しているためです。これらの要因により、COVID-19感染症のパンデミック中にマラリア診断市場が影響を受けると予想されます。

この市場の成長の要因には、マラリア流行地域における診断ツールの需要の高まり、一部の地域でのマラリアの発生率の高さ、技術の進歩と効率的な診断の増加、迅速な診断検査の規模の拡大、および診断への普遍的なアクセス。マラリアの診断ツールに対する需要の高まりが、市場調査を推進する主な要因の1つです。例えば、世界保健機関(WHO)の2022年7月の最新情報によると、2020年に世界で新たに登録されたマラリア症例は2億4,100万件で、前年より1,400万件増加しました。また、同じ情報源によると、世界のマラリア負荷のうち不釣り合いに大きいのはWHOアフリカ地域であり、2020年にはマラリア症例の95%とマラリア死亡の96%がこの地域で発生しました。世界中のマラリアの増加により、マラリア診断製品の需要が増加すると予想されており、予測期間中にマラリア診断市場の成長を促進するでしょう。さらに、意識向上プログラムやその他の政府の取り組みも市場成長の要因です。たとえば、2022年 7月、インド保健家族福祉省は、家、敷地、近所に蚊がいないようにするために国民や地域社会を熱狂させ、関与させるために、ログ・バギダリ(人々の参加)を掲げたジャン・アビヤーンズを立ち上げました。したがって、このような取り組みは人々の意識を高め、それによって市場に成長機会を提供する可能性があります。

さらに、マラリア診断技術の技術進歩や市場企業による新製品の市場投入、および提携、合併・買収、事業拡大などのその他の事業拡大活動も、マラリア診断技術の進歩において重要な役割を果たすことが期待されています。予測期間中のマラリア診断市場の成長。たとえば、Mylab Discovery Solutionsは2022年 7月に、マラリア、チクングニア熱、デング熱、ジカ熱、レプトスピラ症、サルモネラ症の細菌種、およびリーシュマニア症原虫などのモンスーン病を対象とした、PathoDetect拡張モンスーン熱パネルと呼ばれる複合RT-PCR検査を開始しました。したがって、上記の要因により、マラリア診断市場は予測期間中に成長すると予想されます。ただし、マラリアのない国の数の増加と低コストの診断ツールに対する需要の高まりにより、予測期間中のマラリア診断市場の成長が妨げられると予想されます。

マラリア診断薬市場の動向

顕微鏡診断はテクノロジー分野で最高の市場シェアを保持すると予想される

マラリアの顕微鏡診断は比較的単純で確立された技術であり、ほとんどの検査職員には馴染みのあるものです。日常的な血液学検査を実行できるほとんどの研究室には、マラリアの薄い塗抹標本と厚いマラリア塗抹標本を実行できる設備が整っています。この検査は採血後数時間以内に貴重な情報が得られるため、マラリアの検出に広く使用されています。最初に、この検査は患者の血液中にマラリア原虫が存在するかどうかを判断するために使用されます。厚い塗抹標本から寄生虫を検出して診断が確立されると、検査技師は薄い塗抹標本を検査して、マラリアの種と寄生虫血症、またはマラリア原虫に感染している患者の赤血球の割合を判定します。顕微鏡検査の結果の信頼性は、検査を実施する研究室によってのみ決まります。米国では、毎年平均2,000件のマラリアが診断され、報告されています。同様に、調査研究により、マラリアの診断における顕微鏡の使用法についての洞察が得られます。例えば、2021年6月に発表された「インド北東部2州の低マラリア流行地域および高マラリア流行地域で実施された調査調査における迅速診断検査、光学顕微鏡検査およびポリメラーゼ連鎖反応の診断性能」と題された研究報告では、次のように述べられています。マラリア診断は、現場での顕微鏡検査と迅速診断検査(RDT)によって日常的に行われていること。ただし、そのパフォーマンスは地域、年齢、無症状の状態によって異なる場合があります。合計 3,322人がRDT、顕微鏡検査、およびPCRを使用してマラリアのスクリーニングを受け、診断精度の尺度が推定されました。従来の診断ツール(RDTおよび顕微鏡)は、成人よりもほぼ2倍高い感度で小児のマラリアを検出しました。したがって、このような研究は、マラリア診断に顕微鏡を使用する利点についての洞察を提供します。したがって、このような研究は市場の成長を促進すると予想されます。主要な市場プレーヤーによる拡大も市場成長のもう1つの要因です。たとえば、ニコン株式会社は2021年 6月に、ニュージーランド、オーストラリア、太平洋地域における顕微鏡の拡大と開発に重点を置くヘルスケア事業部門を追加することで、オーストラリアの子会社であるニコンオーストラリアを拡大しました。したがって、上記の要因により、顕微鏡診断セグメントは予測期間中に大きな市場シェアを占めると予想されます。

アジア太平洋および中東地域は、予測期間中にマラリア診断市場で重要な市場シェアを保持すると予想される

中東およびアフリカ地域は、米国や英国などの先進国による投資の増加、患者数の増加、医療への注目の高まりと相まって、予測期間を通じて市場シェアの優位性を維持すると予想されます。世界保健機関(WHO)は、アフリカ諸国におけるマラリア死亡率の削減を目指しています。世界保健機関が発表した2022年7月のデータによると、サハラ以南のアフリカはマラリアの蔓延に耐え続けている可能性が高く、全感染者の約95%、全死亡者の約96%を占めています。さらに、世界保健機関が発表したデータによると、2021年にアフリカのルワンダで、合併症のない熱帯熱マラリアの第一選択治療薬である部分アルテミシニンに関連する変異の発生の証拠が、耐性を示しているといいます。熱帯熱マラリア原虫は、この地域で最も蔓延しているマラリア原虫であり、アフリカの全症例の推定99%を占めています。

世界保健機関の2021年世界マラリア報告書によると、2020年にはWHOアフリカ地域で約22万8,000人の新たなマラリア症例が記録され、東地中海地域では5,700人の新たなマラリア症例が記録されました。また、同じ情報源によると、この地域ではマラリアの症例が年々増加しているため、予測期間中にこの地域ではマラリア診断製品の需要が高まることが予想されます。さらに、早期発見の必要性の高まりとマラリア診断に対する意識の高まりにより、この地域のマラリア診断市場の需要が促進されると予想されます。したがって、上記の要因により、アジア太平洋および中東地域は、予測期間中にマラリア診断市場の大きなシェアを占めると予想されます。

マラリア診断業界の概要

マラリア診断市場は適度な競争があり、いくつかの主要企業で構成されています。市場シェアの点では、現在、いくつかの大手企業が市場を独占しています。病気の有病率の上昇に伴い、他の小規模企業数社も市場に参入し、相当なシェアを握ると予想されています。たとえば、bioMerieuxは42の子会社を通じて150か国以上に広範な代理店ネットワークを持ち、診断ソリューションを提供しています。市場の主要企業としては、Alere Inc.、Abbott Laboratories、bioMerieux SA、Bio-Rad Laboratories Inc.、Premier Medical Corporation Ltdなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • マラリア流行地域における診断ツールの需要の高まり
    • テクノロジーの進歩と効率的な診断
    • 迅速診断検査の規模拡大と診断への普遍的なアクセス
  • 市場抑制要因
    • マラリアのない国の増加
    • 低コストの診断ツールに対する需要の高まり
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • テクノロジー別
    • 臨床診断
    • 顕微鏡診断
    • 迅速診断テスト(RDT)
    • 分子診断学
    • その他の技術
  • 地域
    • 南北アメリカ
      • ベネズエラ
      • ブラジル
      • コロンビア
      • 南北アメリカの残りの部分
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • トルコ
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋および中東
      • インド
      • ミャンマー
      • インドネシア
      • パキスタン
      • 中国
      • パプアニューギニア
      • カンボジア
      • その他アジア太平洋地域および中東
    • アフリカ
      • コンゴ民主共和国
      • ナイジェリア
      • ウガンダ
      • その他アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Access Bio Inc.
    • Abbott Laboratories
    • BioMerieux SA
    • Ortho Clinical Diagnostics
    • Thermo Fisher Scientific
    • Premier Medical Corporation Pvt. Ltd
    • Siemens Healthineers
    • Bio-Rad Laboratories Inc.
    • Nikon Corporation
    • Advy Chemical Pvt Ltd
    • Zephyr Biomedicals
    • AdvaCare Pharma

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 61439

The Global Malaria Diagnostics Market size is estimated at USD 0.86 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.12 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.23% during the forecast period (2024-2029).

Global Malaria Diagnostics - Market

The COVID-19 pandemic is expected to have a significant impact on the market. According to an article titled, 'Diagnosing malaria and other febrile illnesses during the COVID-19 pandemic' that appeared in The Lancet online magazine in April 2020, social distancing measures implemented to manage COVID-19 were making it difficult for personnel to access patients with fever, potentially compromising testing and diagnostics for the disease. Additionally, according to another article published in July 2020 titled, 'Identifying and combating the impacts of COVID-19 on malaria', children and pregnant women would bear a disproportionate burden of excess malaria mortality arising from COVID-19-related disruption of health systems and malaria control programs, particularly in sub-Saharan Africa. This is primarily because the current COVID-19 pandemic is disrupting malaria diagnosis as both these diseases share some symptoms. It is because of these factors that the malaria diagnostics market is expected to be affected during the COVID-19 pandemic.

The factors that are responsible for the growth of this market include the growing demand for diagnostic tools in malaria-endemic regions, the high incidence of malaria in some regions, increasing technological advancements and efficient diagnostics, the scale-up of rapid diagnostic tests, and universal access to diagnosis. The rising demand for diagnostic tools for malaria is one of the primary factors driving the market study. For instance, according to the July 2022 update of the World Health Organization (WHO), there were 241 million new cases of malaria registered in 2020 globally, an increase of 14 million cases from the previous year. Also, as per the same source, a disproportionately large amount of the worldwide malaria burden is found in the WHO African Region and 95% of malaria cases and 96% of malaria deaths occurred in the area in 2020. Hence, due to the high burden of malaria around the world, the demand for malaria diagnostics products is expected to increase which will drive growth in the malaria diagnostics market over the forecast period. In addition, awareness programs and other government initiatives are other factors in market growth. For instance, in July 2022, the Ministry of Health and Family Welfare of India launched Jan Abhiyaans with log bhaagidari (people's participation) to enthuse and engage citizens and communities to ensure that their homes, premises, and neighborhoods are free of mosquitoes. Thus, such initiatives are likely to increase awareness among people thereby providing growth opportunities for the market.

Furthermore, the technological advancement in the malaria diagnostics techniques and launch of new products in the market by the companies in the market along with other business expansion activities such as collaborations, mergers and acquisitions, and expansion are also expected to play a crucial role in the growth of the malaria diagnostics market over the forecast period. For instance, in July 2022, Mylab Discovery Solutions launched a combined RT-PCR test called PathoDetect Extended Monsoon Fever Panel, for monsoon diseases such as malaria, Chikungunya, dengue, Zika, Leptospirosis and Salmonellosis bacterial species, and Leishmaniasis parasites. Therefore, due to the above-mentioned factors, the malaria diagnostics market is expected to grow over the forecast period. However, the increasing number of malaria-free countries and rising demand for low-cost diagnostic tools are expected to hinder the growth of the malaria diagnostics market over the forecast period.

Malaria Diagnostics Market Trends

Microscopic Diagnostics is Expected to Hold the Highest Market Share in the Technology Segment

Microscopy diagnosis of malaria is a relatively simple and established technique that is familiar to most laboratory personnel. Most laboratories that can perform a routine hematology test are equipped to perform a thin and thick malaria smear. This test is used extensively for the detection of malaria since it can provide valuable information within a few hours of collecting the blood. Initially, the test is used to determine whether malaria parasites are present in the patient's blood. Once the diagnosis is established by detecting parasites in the thick smear, the laboratorian can then examine the thin smear to determine the malaria species and the parasitemia, or the percentage of the patient's red blood cells that are infected with malaria parasites. Microscopy results are only as reliable as the laboratories performing the tests. In the United States, there are, on average, 2,000 cases of malaria diagnosed and reported each year. Similarly, research studies provide insight into the usage of microscopy for the diagnosis of malaria. For instance, in June 2021, a research study published titled "Diagnostic performance of the rapid diagnostic test, light microscopy and polymerase chain reaction during a mass survey conducted in low and high malaria-endemic areas from two North-Eastern states of India" stated that malaria diagnosis is routinely performed by microscopy and rapid diagnostic tests (RDTs) in the field settings; however, their performance may vary across regions, age and asymptomatic status. A total of 3,322 individuals were screened for malaria using RDT, microscopy, and PCR, and measures of diagnostic accuracy were estimated. The conventional diagnostic tools (RDT and microscopy) detected malaria in children with nearly twofold greater sensitivity than in adults. Thus, such studies provide insight into the advantages of using microscopy for malaria diagnosis. Hence, such studies are expected to increase the market growth. Expansion by key market players is another factor in market growth. For instance, in June 2021, Nikon Corporation expanded the Australian subsidiary, Nikon Australia, through the addition of the Healthcare Business Unit that will focus on the expansion and development of its microscopes across New Zealand, Australia, and the Pacific region. Hence, owing to the above-mentioned factors, the microscopy diagnosis segment is expected to have a significant market share over the forecast period.

Asia-Pacific & Middle East Region is Expected to Hold a Significant Market Share in the Malaria Diagnostics Market Over Forecast Period

The Middle East and Africa region are expected to retain dominance in the market share over the forecast period, due to the rising investments by the developed countries, such as the United States and the United Kingdom, larger patient populations, coupled the rising focus of the World Health Organization (WHO) to reduce the mortality rate of malaria in the African countries. According to the July 2022 data published by the World Health Organization, Sub-Saharan Africa likely continues to endure the burden of malaria, accounting for approximately 95% of all cases and 96% of all deaths. Further, according to the data published by the World Health Organization, in 2021, the evidence of the occurrence of mutations linked to partial artemisinin, which is the first-line treatment for uncomplicated P. falciparum malaria, resistance found in Rwanda in Africa. P. falciparum is the most prevalent malarial parasite in the region, accounting for an estimated 99% of all cases in Africa.

According to the 2021 World Malaria Report by the World Health Organization, in 2020, about 228,000 new cases of malaria were recorded in the WHO Africa region and 5,700 new malaria cases in the Eastern Mediterranean region. Also, as per the same source, the case of malaria is increasing in this region over the years and thus, it is anticipated that the demand for malaria diagnostics products to be high in the region over the forecast period. In addition, the rising need for early detection and increased awareness regarding malaria diagnosis is expected to propel the demand for the malaria diagnostics market in this region. Therefore, owing to the above-mentioned factors, the Asia-Pacific & Middle East region is expected to occupy a significant share of the malaria diagnostics market over the forecast period.

Malaria Diagnostics Industry Overview

The malaria diagnostics market is moderately competitive and consists of several major players. In terms of market share, a few of the major players currently dominate the market. With the rising prevalence of diseases, a few other smaller players are also expected to enter into the market and hold a substantial share. For instance, bioMerieux has a vast network of distributors in more than 150 countries through 42 subsidiaries providing diagnostic solutions. Some of the major players of the market are Alere Inc., Abbott Laboratories, bioMerieux SA, Bio-Rad Laboratories Inc., and Premier Medical Corporation Ltd, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Demand for Diagnostic Tools in Malaria-endemic Regions
    • 4.2.2 Increasing Technological Advancements and Efficient Diagnostics
    • 4.2.3 Scale-up of Rapid Diagnostic Tests and Universal Access to Diagnosis
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Increasing Number of Malaria-free Countries
    • 4.3.2 Rising Demand for Low-cost Diagnostic Tools
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Technology
    • 5.1.1 Clinical Diagnostics
    • 5.1.2 Microscopic Diagnostics
    • 5.1.3 Rapid Diagnostic Tests (RDTs)
    • 5.1.4 Molecular Diagnostics
    • 5.1.5 Other Technologies
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Americas
      • 5.2.1.1 Venezuela
      • 5.2.1.2 Brazil
      • 5.2.1.3 Colombia
      • 5.2.1.4 Rest of the Americas
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Turkey
      • 5.2.2.5 Spain
      • 5.2.2.6 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific & Middle East
      • 5.2.3.1 India
      • 5.2.3.2 Myanmar
      • 5.2.3.3 Indonesia
      • 5.2.3.4 Pakistan
      • 5.2.3.5 China
      • 5.2.3.6 Papua New Guinea
      • 5.2.3.7 Cambodia
      • 5.2.3.8 Rest of Asia-Pacific & middle East
    • 5.2.4 Africa
      • 5.2.4.1 Democratic Republic of Congo
      • 5.2.4.2 Nigeria
      • 5.2.4.3 Uganda
      • 5.2.4.4 Rest of Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Access Bio Inc.
    • 6.1.2 Abbott Laboratories
    • 6.1.3 BioMerieux SA
    • 6.1.4 Ortho Clinical Diagnostics
    • 6.1.5 Thermo Fisher Scientific
    • 6.1.6 Premier Medical Corporation Pvt. Ltd
    • 6.1.7 Siemens Healthineers
    • 6.1.8 Bio-Rad Laboratories Inc.
    • 6.1.9 Nikon Corporation
    • 6.1.10 Advy Chemical Pvt Ltd
    • 6.1.11 Zephyr Biomedicals
    • 6.1.12 AdvaCare Pharma

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS