デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445826

採用ソフトウェア:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Recruitment Software - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
採用ソフトウェア:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

採用ソフトウェア市場規模は、2024年に30億5,000万米ドルと推定され、2029年までに48億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.86%のCAGRで成長します。

採用ソフトウェア-マーケット

この成長は主に、採用プロセスを合理化し、採用担当者の要請から新入社員が働き始めるまでにかかる時間を短縮したいという強いニーズによるものです。

主なハイライト

  • 世界中の企業は、採用ソフトウェアを業務運営に組み込むことで、大量採用をより効率的に行うことができます。クラウドベースのプラットフォームに対する需要の高まりと、採用システムにおけるテクノロジーの採用の増加が、採用ソフトウェア市場を推進する主な要因です。また、候補者の経験とスキルのレベルを評価するための自動履歴書審査方法にAI(人工知能)を導入したことにより、市場の成長が加速しました。
  • ソーシャルメディアやインターネットなどのコミュニケーションツールの台頭により、求職者が人材紹介会社や人材を探したり、人材を探したりすることがこれまで以上に簡単になりました。ソーシャルメディアは、コミュニティや個人が貴重な情報を共有できるオンラインコミュニケーションチャネルのエコシステムになりました。そしてフィードバック。ソーシャルネットワーキングの成長の主な理由の1つは、モバイルインターネットとスマートアプリによりソーシャルネットワーキング活動の採用が可能になったため、世界中でスマートフォンの普及率が高まっていることです。ソーシャルメディアネットワークを通じて内定者と会話できるため、企業からも好評を博しています。
  • しかし、中小企業における採用ソフトウェアの利用可能性に関する情報や認識の不足など、高度な採用ソフトウェアを使用する際の技術的専門知識が限られているため、世界の採用ソフトウェア市場の成長が制限される可能性があります。また、コンピュータに詳しくない求職者の中には、オンラインで正確な情報を提供できない人もいます。フォームに記入する際、間違った名前、間違った出身地、間違った学歴などを入力するなど、間違いを修正する必要が頻繁にあります。
  • さらに、企業は候補者のエクスペリエンスを最適化すると同時に組織の有効性を高めることを重視しており、これらのシステムが世界中でより広く使用されるよう支援しています。ソーシャルリクルーティングの動向、事務手続き、リソースの無駄、コストを削減するために従来の採用方法を置き換える必要性、特に新興国での新興企業の数の増加はすべて、市場の成長を促進すると予想されています。

COVID-19感染症が世界中のビジネスに影響を与える中、企業や機関は生産性を維持する方法を模索し、人員の増減を管理するという前例のない課題に直面していました。企業は顧客と従業員を守ろうとする一方で、従業員の手順を追跡し、作業量を把握するのに苦労していました。多くの企業が採用ソフトウェアを使用することで上記の問題を簡単に解決できることがわかり、採用ソフトウェア市場が後押しされました。

採用ソフトウェア市場動向

採用ソフトウェアへのクラウドの堅牢な組み込み

  • 最先端のインターネットベースのテクノロジーの1つがクラウドコンピューティングです。その利点から、このモデルは「次世代コンピューティングモデル」と呼ばれています。並列処理、グリッドコンピューティング、分散コンピューティングに次ぐ、最新のコンピューティングモデルです。このシステムには、内定者が履歴書や履歴書を投稿またはアップロードするためのツールが含まれています。以前は採用は手動で行われていたため、非常に時間がかかりましたが、今ではすべてが一瞬で実行可能です。
  • 市場の拡大を推進する主な理由の1つは、モバイルベースの採用システムの使用とクラウドベースのプラットフォームの普及率の上昇です。組織は、人工知能(AI)を使用して候補者のスキルと知識がどの程度あるかを判断する、自動化された履歴書スクリーニング方法を急速に導入しています。
  • 非常に多くの人がリモート勤務に切り替えているため、クラウドコンピューティングとクラウドサービスへのアクセスは、多くの企業の業務運営に大きな影響を与えています。これらのテクノロジーにより、仮想会議スペースが可能になり、リモートコラボレーション用のツールが提供され、物理的なファイルストレージの必要性が軽減されます。このため、企業はハードウェアやその他のオンサイトインフラストラクチャよりも、熟練労働者に多くの投資を行っています。これは、クラウドテクノロジの使用方法を知っているITおよびテクノロジーワーカーに対する大きなニーズがあることを示しています。
  • クラウドベースのソリューションは、採用プロセスを合理化し、採用をより迅速かつ簡単にしながら、採用時間と関連経費を大幅に削減することを目的としています。 Webサイトとクラウドベースの採用サービスは、信頼性が高く安全なデータセンターに保管されています。組織の成果は、より優れた採用および選考戦略によって向上します。クラウド採用ソフトウェアを使用すると、場所やデバイスを問わずにアクセスできるため、採用マネージャーと採用担当者は大きな自由を得ることができます。
  • クラウドベースの人事ソリューションを使用すると、今日の不安定な環境における複雑な問題を管理でき、人事は迅速な判断を下すことができます。クラウドコンピューティング HRソリューションの主な目標は、事務処理を行わずにどこからでもHRデータを迅速かつ効果的に保存および取得できるようにする情報の一元化です。このような状況が発生する一方で、HRクラウドテクノロジーソリューションは従来の組織の運営方法を変革しました。
  • 世界最大手のIT企業の多くが提供するいくつかの「as-a-service」代替手段を利用することは、企業がクラウドコンピューティングを使用する最も一般的な方法の1つです。 Flexera Softwareによると、今年までに回答者の46%が大規模なワークロードにアマゾンウェブサービス(AWS)を使用するようになるでしょう。

アジア太平洋は大幅な成長が期待される

  • アジアには47億人以上の人々が住んでおり、世界で最も重要な経済国の1つとなっています。国際通貨基金は、アジア太平洋地域が世界で最も著しい成長を遂げている地域であると主張しています。その結果、多国籍企業がこの広範な人材プールを活用する大きな可能性があります。北アジアの企業は、採用部門においてCOVID-19症以前の企業を上回っています。中国市場は非常に活発で、多くの国内外の企業が幅広い分野で人材を採用しています。
  • アジア太平洋の採用ソフトウェア業界は、新興企業の数が拡大し、モバイルアプリの作成に注力していることが原動力となっています。アジア太平洋市場は、予測期間中に非常に急速に発展すると予想されます。さらに、業界は今後数年間、急速な工業化と中国やインドなどの発展途上国でのモビリティのニーズの高まりから恩恵を受けるでしょう。
  • ソフトウェア人材紹介業界の主要企業は、アジア太平洋諸国におけるスマートフォンとインターネットの利用の増加により、大きな可能性を秘めています。デジタル化、政府支援、急速な技術進歩は、この地域の経済が経済発展の新興段階から先進段階に移行するのを助ける要素の一部です。
  • 特に中国、日本、韓国、インドなどの国々では、この地域には幅広いソフトウェアやサービスにアクセスできる強力なITインフラストラクチャが存在します。どの企業にも異なる採用要件があり、組織が拡大するにつれて変化します。一部の企業は急速な成長を遂げており、プロセスを変更せずに採用需要を満たすのはほぼ不可能です。

今年 4月の時点で、インドでは4,600人を超えるITソフトウェア労働者がさまざまな企業で働いています。これは昨年3月の採用者数と比べて大幅な増加となった。

採用ソフトウェア業界の概要

採用ソフトウェア市場は現在、市場を独占しているいくつかのプレーヤーで構成されているため、適度に細分化されています。市場の主要企業数社は、進歩をもたらすために絶えず努力を続けています。いくつかの著名な企業が提携を結び、発展途上地域で世界の拠点を拡大し、市場での地位を強化しています。この市場の主要企業には、Oracle Corporation、SAP SE、Workday, Inc.、ADP LLC、Cegidなどが含まれます。

2022年 11月、セリディアンは、全社的な人事改革を支援するためのデロイトオーストラリアとの協力を発表しました。このパートナーシップは、特に企業および高等教育業界の組織が、受賞歴のあるCeridianのDayforceプラットフォームと世界クラスの導入手法を使用してHCM業務を変革するのに役立ちます。

2022年 9月、SAP SuccessFactorsはこの10年間で最も重要な発表を行いました。 SuccessFactorsの機会ネットワークは、まったく新しいビジネスプラットフォームです。 SuccessFactorsは、最初にパフォーマンスと人材管理のために開発されたプラットフォームであり、アーキテクチャをいくつか変更してこの問題に正面から取り組んでいます。このプラットフォームは、新しいSAPスキルオントロジーを活用して、プロジェクト、ギグ、パートタイム雇用、メンター、学習、成長、さらには特別な関心のあるグループを提案します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19が採用ソフトウェア業界に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 採用ソフトウェアにおけるクラウドの急速な導入
    • コミュニケーションプラットフォームとソーシャルメディアの堅調な成長
  • 市場抑制要因
    • ソフトウェアの認識の欠如

第6章 市場セグメンテーション

  • 展開別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • エンドユーザー別
    • 小売
    • IT・通信
    • BFSI
    • 製造
    • ヘルスケア
    • その他
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • SAP SE
    • Workday, Inc.
    • Oracle Corporation
    • ADP LLC
    • The International Business Machines Corporation(IBM)
    • Cegid
    • People Admin
    • Cornerstone
    • Recruitee
    • Jobvite Inc.
    • Ceridian HCM
    • Trakstar

第8章 投資分析

第9章 今後の動向

目次
Product Code: 93206

The Recruitment Software Market size is estimated at USD 3.05 billion in 2024, and is expected to reach USD 4.89 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.86% during the forecast period (2024-2029).

Recruitment Software - Market

This growth is mainly attributable to the robust need to streamline the recruitment process and reduce the time it takes from the recruiting manager's request until the new hire begins working.

Key Highlights

  • Companies all over the world can make high-volume hiring more efficient by incorporating recruitment software into their business operations. The rising demand for cloud-based platforms and the increasing adoption of technology in recruitment systems are the primary factors driving the recruitment software market. Also, implementing AI (artificial intelligence) for automated resume screening methods to evaluate the candidate's level of experience and skills has augmented market growth.
  • With the rise of communication tools like social media and the internet, it's easier than ever for job seekers to send or talk to possible recruiting agencies or people.Social media has become an ecosystem of online communication channels through which communities or individuals can share valuable information and feedback. One of the primary reasons for the growth in social networking is the rising penetration of smartphones across the globe, as mobile internet and smart apps have allowed the adoption of social networking activities. It has been very well received by companies, which can talk to potential job candidates through social media networks.
  • However, the limited technical expertise in using advanced recruitment software, including the lack of information or awareness of the availability of recruitment software among SMEs, may restrict the growth of the global recruitment software market. Also, some jobseekers who are not computer adept fail to offer accurate information online. They frequently need to correct their mistakes when filling out forms, such as entering the wrong name, an incorrect hometown, an incorrect education, etc.
  • Additionally, firms emphasize optimizing the candidate experience while also boosting organizational effectiveness, helping these systems become more widely used worldwide. Social recruitment trends, the need to replace traditional hiring methods to cut down on paperwork, waste of resources, and costs, and the growing number of start-up businesses, especially in emerging economies, are all expected to drive market growth.

With COVID-19 impacting businesses worldwide, companies and institutions were looking for ways to stay productive, facing unprecedented challenges in managing increasing or decreasing headcounts. As businesses tried to protect their customers and employees, they had a hard time keeping track of staff procedures and keeping up with workloads. This boosted the recruitment software market, as many businesses found easy solutions to the above problems by using recruitment software.

Recruitment Software Market Trends

Robust Inclusion of Cloud in Recruitment Software

  • One of the cutting-edge Internet-based technologies is cloud computing. For its benefits, it has been dubbed the "next-generation computing model. After parallel processing, grid computing, and distributed computing, it is the most recent computational model. The system includes tools for prospective employees to post or upload their curriculum vitae and other academic accomplishments. Recruitment used to be done manually, which took a lot of time. Everything is now feasible in a split second.
  • One of the main reasons propelling the market's expansion is the use of mobile-based recruiting systems and the rising penetration rate of cloud-based platforms. Organizations are quickly adopting automated resume screening methods that use artificial intelligence (AI) to figure out how skilled and knowledgeable a candidate is.
  • With so many people switching to working remotely, cloud computing and access to cloud services significantly impact how many businesses conduct their operations. These technologies enable virtual meeting spaces, offer tools for remote collaboration, and lessen the need for physical file storage. Because of this, businesses are investing more in skilled workers than in hardware and other on-site infrastructure. This shows that there is a big need for IT and tech workers who know how to use cloud technology.
  • The cloud-based solution aims to streamline the hiring process, making it quicker and simpler to employ while drastically reducing hiring time and associated expenses. The websites and cloud-based hiring services are housed in reliable, secure data centers. Organizational results are enhanced by better recruiting and selection tactics. Cloud recruiting software allows hiring managers and recruiters much freedom because it can be accessed from any location and device.
  • With cloud-based HR solutions, complications in today's unsteady environment may be managed, and HR can make prompt judgments. The centralization of information that can enable rapid and effective storage and retrieval of HR data from any place without paperwork is the primary goal of the cloud computing HR solution. While this happened, HR cloud technology solutions transformed how conventional organizations operated.
  • Utilizing the several "as-a-service" alternatives provided by many of the biggest IT companies in the world is one of the most common ways businesses use cloud computing. According to Flexera Software, by this year, 46% of respondents would be using Amazon Web Services for large workloads (AWS).

Asia-Pacific is Expected to have a Significant Growth

  • More than 4.7 billion people reside in Asia, making it one of the world's most significant economies. The International Monetary Fund claims that APAC is the region with the most significant growth in the world. As a result, there is considerable potential for multinational corporations to take advantage of this broad talent pool. Businesses in North Asia are outperforming those from before the COVID-19 era in the recruiting sector. China's market is very active, with many international and domestic companies hiring people in a wide range of fields.
  • The Asia-Pacific recruitment software industry is driven by the expanding number of start-up businesses and their increased focus on creating mobile apps. The Asia-Pacific market is expected to develop very quickly during the projected period. In addition, the industry would benefit in the next few years from quick industrialization and the rising need for mobility in developing nations like China and India.
  • The primary companies in the software recruitment industry have significant potential due to the increase in smartphone and internet usage in Asia-Pacific nations. Digitalization, governmental assistance, and quick technical progress are a few of the elements aiding this region's economies in moving from the emerging to the developed stages of their economic development.
  • Particularly in nations like China, Japan, South Korea, and India, the area has a strong IT infrastructure with access to a wide range of software and services. Every business has different hiring requirements, which alter as the organization expands. Some firms experience such rapid growth that it is nearly impossible to satisfy hiring demands without changing the process.

As of April of this year, more than 4,600 IT software workers were working for different companies in India. This was a big jump from the number of people hired in March of last year.

Recruitment Software Industry Overview

The Recruitment Software Market is moderately fragmented as it currently consists of some players dominating the market. Several key players in the market are in constant efforts to bring advancements. A few prominent companies are entering into collaborations and expanding their global footprints in developing regions to consolidate their positions in the market. The major player in this market includes Oracle Corporation, SAP SE, Workday, Inc., ADP LLC, Cegid, and others.

In November 2022, Ceridian disclosed its collaboration with Deloitte Australia to aid enterprise-wide HR modifications. This partnership would assist organizations, particularly in the corporate and higher education industries, in transforming their HCM operations using Ceridian's award-winning Dayforce platform and world-class implementation methods.

In September 2022, SAP SuccessFactors introduced its most significant launch of the decade. The SuccessFactors opportunity network is a whole new business platform. SuccessFactors, a platform first developed for performance and people management, is tackling this issue head-on with several architectural modifications. This platform leverages the new SAP skills ontology to suggest projects, gigs, part-time employment, mentors, learning, growth, and even special interest groups.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness-Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the Recruitment Software Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rapid Adoption of Cloud in the Recruitment Software
    • 5.1.2 Robust Growth of Communication Platforms and Social Media
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Software Awareness

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Deployment
    • 6.1.1 On Premises
    • 6.1.2 Cloud
  • 6.2 By End-User
    • 6.2.1 Retail
    • 6.2.2 IT & Telecom
    • 6.2.3 BFSI
    • 6.2.4 Manufacturing
    • 6.2.5 Heathcare
    • 6.2.6 Other Commercial
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 SAP SE
    • 7.1.2 Workday, Inc.
    • 7.1.3 Oracle Corporation
    • 7.1.4 ADP LLC
    • 7.1.5 The International Business Machines Corporation (IBM)
    • 7.1.6 Cegid
    • 7.1.7 People Admin
    • 7.1.8 Cornerstone
    • 7.1.9 Recruitee
    • 7.1.10 Jobvite Inc.
    • 7.1.11 Ceridian HCM
    • 7.1.12 Trakstar

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE TRENDS