市場調査レポート
商品コード
1445653

プラスチック射出成形: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)

Plastics Injection Molding - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 180 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.56円
プラスチック射出成形: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 180 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

プラスチック射出成形市場規模は、2024年に590万トンと推定され、2029年までに724万トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.18%のCAGRで成長します。

プラスチック射出成形- 市場

COVID-19のパンデミック中に射出成形の需要は落ち込みましたが、調査対象の市場は着実に回復し、パンデミック前の活動レベルに達しました。

主なハイライト

  • 市場における射出成形の需要を促進する主な要因は、自動車用途での使用の増加と、包装業界からの需要の増大です。さらに、消費財や電子機器の需要の増加により、この需要はさらに強化されると予想されます。
  • ただし、射出成形市場への参入に伴う高額な初期コストと、3Dプリンティングなどの代替技術や新興技術の普及が市場の成長を妨げると予想されます。
  • 一方で、軽量で電動化された車両の製造やヘルスケア分野での新たなアプリケーションへの移行は、プラスチック射出成形市場の成長に有利な機会をもたらす可能性があります。
  • アジア太平洋地域は世界のプラスチック射出成形市場を独占しており、中国、インド、日本などの国々からの消費が最大となっています。

プラスチック射出成形市場動向

市場を独占するパッケージングセグメント

  • プラスチック射出成形は、大量の包装から薄肉の容器やボトルの金型に至るまで、多くのソリューションを提供します。これらのソリューションは、さまざまなエンドユーザー業界のパッケージング目的で広く使用されています。
  • プラスチック成形は、多用途の包装ソリューションを提供するだけでなく、プラスチックの消費量を削減し、経済的および環境上の理由から理想的な選択肢であることが証明されています。
  • 世界中の包装業界は急速に進化し、拡大しています。包装加工技術協会(PMMI)が発行した報告書によると、世界の包装産業の総額は2021年に422億米ドルに達しました。
  • この成長は主に、人口増加、持続可能性への懸念の高まり、発展途上国における可処分所得の増加、新興国における小売部門の成長、スマートパッケージングソリューションに対する需要の増加によって牽引されました。
  • たとえば、日本は最大かつ急速に成長しているeコマース市場の一つとして、世界で第3位の地位にあります。同国は2023年までに約2,322億米ドルの歳入を生み出すと予想されており、2023年から2028年までの年間平均成長率は11.23%と予想されています。国内のeコマース分野の成長により、パッケージングソリューションの需要が高まることが予想されます。
  • 同様に、米国は小売業界の第一人者です。世界の大手小売企業トップ 10のうち、5社は米国に拠点を置いています。米国フレキシブル・パッケージング協会によると、フレキシブル・パッケージングは米国で2番目に大きな包装分野であり、市場で約20%のシェアを占めています。
  • さらに、国内での包装飲食品の消費主義の高まりと、COVID-19感染症パンデミック後のレストランでの持ち帰りの増加により、食品・飲料業界の収益は2025年までに250億米ドルに達する可能性があります。2021年の時点で、業界の価値は約210億米ドルで、食品包装は軟包装用途全体の50%以上を占めています。
  • したがって、上記の要因により、プラスチック射出成形の需要はパッケージング分野で急激に増加すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • 中国、インド、日本、韓国などの新興経済国の影響で、アジア太平洋地域は予測期間中に世界のプラスチック射出成形市場を独占すると予想されます。
  • 中国はアジア太平洋地域の主要経済国の一つです。この国の包装産業は今後数年間で力強い成長を記録し、2025年までに約6.8%のCAGRで推移すると予想されています。包装産業の成長により、国内のプラスチック射出成形の需要が増大すると予想されます。
  • 同様に、中国の自動車産業は、頻繁なCOVID-19感染症の流行の再発、半導体チップの不足、サプライチェーンの混乱をもたらす地政学的な緊張など、多くの障害に直面しながらも、2022年に成長を遂げました。
  • 中国自動車工業協会によると、中国の生産台数は2,702万1,000台、販売台数は2,686万4,000台で、前年比3.4%増、2.1%増となった。自動車業界におけるプラスチック射出成形の採用の増加により、予測期間中に調査対象市場の需要が促進される可能性があります。
  • さらに、国内の住宅建設部門の成長により、プラスチック射出成形の需要が高まることが予想されます。インド政府は、2022-23年度連合予算で、「PM Aawas Yojana」計画に48,000カロールインドルピー(64億4,000万米ドル)を割り当て、8,000,000戸の手頃な価格の住宅の建設を目指す「みんなの住宅」の実施へのコミットメントを改めて表明しました。 2022~23年度に都市部と地方の貧困層を対象に。
  • アジア太平洋地域のエレクトロニクス部門はここ数年で着実な成長を遂げ、中国、インド、日本が市場競争をリードしています。電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した報告書によると、2021年の国内エレクトロニクス産業の総生産額は前年比10%近く増加しました。
  • したがって、上記の要因は、予測期間中にアジア太平洋地域が世界のプラスチック射出成形市場を独占することになることを示しています。

プラスチック射出成形業界の概要

プラスチック射出成形市場は細分化されており、主要企業がわずかな市場シェアを占めています。市場の主要企業には、Berry Global Inc.、AptarGroup, Inc.、Silgan Holdings Inc.、Amcor PLC、ALPLAなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 包装業界からの需要の拡大
    • 消費財やエレクトロニクスの需要は好調
    • 自動車用途での使用の増加
  • 抑制要因
    • 高い参入コストと代替技術の存在
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(ボリューム))

  • 原材料の種類
    • ポリプロピレン
    • アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)
    • ポリスチレン
    • ポリエチレン
    • ポリ塩化ビニル(PVC)
    • ポリカーボネート
    • ポリアミド
    • その他の原材料
  • アプリケーション
    • 包装
    • 建築と建設
    • 消費財
    • エレクトロニクス
    • 自動車と輸送
    • ヘルスケア
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • ALPLA
    • Amcor PLC
    • AptarGroup Inc.(CSP Technologies)
    • BERICAP
    • Berry Global Inc.
    • EVCO Plastics
    • HTI Plastics
    • IAC Group
    • Magna International
    • Quantum Plastics
    • Silgan Holdings Inc.
    • The Rodon Group

第7章 市場機会と将来の動向

  • 軽量車両と電気自動車の導入
  • ヘルスケア分野における新たなアプリケーション
目次
Product Code: 70896

The Plastics Injection Molding Market size is estimated at 5.90 Million tons in 2024, and is expected to reach 7.24 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 4.18% during the forecast period (2024-2029).

Plastics Injection Molding - Market

Although there was a dip in demand for injection molding during the COVID-19 pandemic, the studied market steadily recovered and reached pre-pandemic activity levels.

Key Highlights

  • The major factors driving the demand for injection molding in the market are the increasing usage in automotive applications and the growing demand from the packaging industry. Additionally, increased consumer goods and electronics demand is anticipated to strengthen this demand further.
  • However, the high initial costs associated with entering the injection molding market and the strong prevalence of alternative and emerging technologies like 3D printing are expected to hinder the market growth.
  • On the flip side, the shift towards manufacturing lightweight and electrified vehicles and the emerging applications in the healthcare sector could open up lucrative opportunities for the growth of the plastics injection molding market.
  • The Asia-Pacific region dominated the plastics injection molding market worldwide, with the largest consumption from countries such as China, India, and Japan.

Plastics Injection Molding Market Trends

Packaging Segment to Dominate the Market

  • Plastic injection molding offers many solutions, from high-volume packaging to thin-wall containers and bottle molds. These solutions are extensively used in packaging purposes across various end-user industries.
  • Besides providing versatile packaging solutions, plastic molding reduces plastic consumption, proving an ideal choice for economical and ecological reasons.
  • The packaging industry across the globe is evolving and expanding at a rapid pace. According to a report published by the Association for Packaging and Processing Technologies (PMMI), the total value of the global packaging industry reached USD 42.2 billion in 2021.
  • The growth was majorly led by the increasing population, growing sustainability concerns, rising disposable income in developing nations, growing retail sector in emerging economies, and increasing demand for smart packaging solutions.
  • For instance, Japan stands in the 3rd position globally as one of the largest and fastest-growing e-commerce markets. The country is anticipated to generate revenue of around USD 232.20 billion by 2023 and is expected to grow at an average annual growth rate of 11.23% between 2023-28. The growing e-commerce sector in the nation is anticipated to strengthen the demand for packaging solutions.
  • Similarly, the United States is the foremost company in the retail industry. Out of the top 10 largest retail companies in the world, five of them are based out of the United States. According to the Flexible Packaging Association of the United States, flexible packaging is the second-largest packaging segment in the country, with around 20% share in the market.
  • Additionally, with the growing consumerism for packaged food and beverages in the country and the rise in restaurant takeaways in the aftermath of the COVID-19 pandemic, the revenue from the food and beverage industry could reach USD 25 billion by 2025. As of 2021, the industry is valued at around USD 21 billion, with food packaging accounting for over 50% of the total flexible packaging applications.
  • Thus, owing to the factors above, the demand for plastic injection molding is anticipated to rise sharply in the packaging segment.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Due to emerging economies like China, India, Japan, and South Korea, the Asia-Pacific region is expected to dominate the global plastics injection molding market during the forecast period.
  • China is one of the leading economies in the Asia-Pacific region. The packaging industry in the country is anticipated to register strong growth figures in the coming years, registering a CAGR of around 6.8% by 2025. The growth of the packaging industry is anticipated to augment the nation's demand for plastic injection molding.
  • Similarly, China's automotive industry experienced growth in 2022, despite facing many obstacles, including the reoccurrence of frequent COVID-19 outbreaks, semiconductor chip shortages, and geopolitical tensions resulting in supply chain disruptions.
  • According to China's Association of Automobile Manufacturers, the country recorded production and sales figures of 27.021 million and 26.864 million, respectively, an increase of 3.4% and 2.1% compared to the previous year. The growing adoption of plastic injection molding in the automotive industry could drive demand for the studied market during the forecast period.
  • Additionally, demand for plastic injection molding is anticipated to be strengthened by the growing residential construction sector in the country. The Indian government, in its Union Budget 2022-23, allocated INR 48,000 crores (USD 6.44 billion) for its 'PM Aawas Yojana' scheme, reiterating its commitment to implementing 'Housing for All' which aims to build 80,00,000 affordable housing units for the urban and rural poor in FY 2022-23.
  • The Asia-Pacific's electronic sector witnessed steady growth in the last several years, with China, India, and Japan leading the market race. According to the report published by the Japan Electronics and Information Technology Industries Association (JEITA), in 2021, the total production value of the electronics industry in Japan showcased a rise of nearly 10% from the previous year.
  • Thus, the factors mentioned above indicate the Asia-Pacific region is set to dominate the global plastics injection molding market., during the forecast period.

Plastics Injection Molding Industry Overview

The plastics injection molding market is fragmented, with the top players accounting for a marginal market share. Some of the key companies in the market include Berry Global Inc, AptarGroup, Inc., Silgan Holdings Inc., Amcor PLC, and ALPLA.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand from the Packaging Industry
    • 4.1.2 Favorable Demand from Consumer Goods and Electronics
    • 4.1.3 Increasing Usage in Automotive Applications
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Entry Cost and Presence of Alternative Technologies
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Raw Material Type
    • 5.1.1 Polypropylene
    • 5.1.2 Acrylonitrile Butadiene Styrene (ABS)
    • 5.1.3 Polystyrene
    • 5.1.4 Polyethylene
    • 5.1.5 Polyvinyl Chloride (PVC)
    • 5.1.6 Polycarbonate
    • 5.1.7 Polyamide
    • 5.1.8 Other Raw Materials
  • 5.2 Applications
    • 5.2.1 Packaging
    • 5.2.2 Building and Construction
    • 5.2.3 Consumer Goods
    • 5.2.4 Electronics
    • 5.2.5 Automotive and Transportation
    • 5.2.6 Healthcare
    • 5.2.7 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ALPLA
    • 6.4.2 Amcor PLC
    • 6.4.3 AptarGroup Inc. (CSP Technologies)
    • 6.4.4 BERICAP
    • 6.4.5 Berry Global Inc.
    • 6.4.6 EVCO Plastics
    • 6.4.7 HTI Plastics
    • 6.4.8 IAC Group
    • 6.4.9 Magna International
    • 6.4.10 Quantum Plastics
    • 6.4.11 Silgan Holdings Inc.
    • 6.4.12 The Rodon Group

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Adoption of Lightweight Vehicles and Electric Vehicles
  • 7.2 Emerging Applications in the Healthcare Sector