デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445644

変更・構成管理: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Change and Configuration Management - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 140 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
変更・構成管理: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 140 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

変更・構成管理の市場規模は、2024年に19億5,000万米ドルと推定され、2029年までに28億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に8.26%のCAGRで成長します。

変更・構成管理- マーケット

変更・構成管理市場は、さまざまなエンドユーザー業界で加速しています。構成管理の使用量の増加は、冗長性の減少による大幅なコスト削減や問題解決の迅速化によるサービス品質の向上など、さまざまなメリットによるものと考えられます。大規模組織、クラウドサービスプロバイダー、中堅市場の顧客に強力な開発を提供します。

主なハイライト

  • 世界のネットワーク構成および変更管理市場は、組織の世界の拡大によるネットワークの規模と複雑さの増大により、予測期間中に急速に成長すると予測されています。企業の需要を満たすために新しいデバイスやテクノロジーが組み込まれたことで、ネットワークのサイズは大幅に増加しました。企業のIT管理者は、パフォーマンスの低下とネットワークのダウンタイムの防止に関する懸念に対処する必要があります。ネットワークの停止やアプリケーションのパフォーマンス低下のほとんどは、不適切な手動による構成変更によって引き起こされるため、より効果的な構成管理が必要です。
  • CMDBにCIを保存すると、システム情報の統合リポジトリが構築されます。これにより、IT管理者は、システムコンポーネントの状態をより簡単に調整し、インフラストラクチャレベルと個別レベルの両方で要件の変化を監視し、リアルタイムでシステム障害を診断することでシステムの可用性を確保できるようになります。システムのダウンタイムの削減、ガイドラインへのコンプライアンスの向上、インフラストラクチャの柔軟性の向上、プロセスのある程度の自動化を可能にする効果的な基本ルールを確立し、中核的なビジネス機能に集中できるようにすることが、主な動機の一部です。組織が変更管理と構成管理を使用できるようにします。
  • 自動化されたネットワーク構成および変更管理システムは、手動による構成変更によって引き起こされる人的エラーを削減し、ネットワークの停止や機能低下を軽減します。これらのソリューションは、デバイスの構成を継続的に監視し、構成の変更が発生するたびにリアルタイムの通知と警告を提供するため、マルチベンダーのネットワーク環境での構成ファイルの管理が向上します。予測期間中、NCCM(ネットワーク構成および変更管理)市場は、従来の構成管理の自動化によるコスト削減によって推進されると考えられます。ネットワーク機能仮想化(NFV)やソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)などのネットワークテクノロジのイントロダクションは、これらのソリューションの導入に役立ちました。
  • さらに、複数の組織の顧客は、会社に委託する文書についてHIPAAまたはFINRAへの準拠を要求する可能性があります。したがって、ドキュメント管理システムには、会社とそのクライアントの情報を保護するために、適用されるすべてのプライバシー法に完全に準拠するための特別な措置を講じる機能を組み込む必要があります。デジタル時代には、データ侵害やハッカーによる悪意のある攻撃を防ぐために、オンラインドキュメントの保護が不可欠です。 DMSを導入している多くの企業にとって、セキュリティは重大な懸念事項となっています。データ侵害は財務上の影響に加えて、顧客の損失、ブランドの評判の低下、企業秘密の漏洩、コンプライアンス、法的問題を引き起こす可能性があります。
  • COVID-19感染症のパンデミックに関連した多くの障害には、医療機器、個人用保護具(PPE)、病院用品の国家および地方の不足が含まれていました。通常の戦略は、顧客の不足をできるだけ早く埋めることでした。
  • 適切なリスクと利益の計算に基づいて商品を急いで市場に投入する決定が行われれば、危機の最中であっても製品の完全性、プロトコル、顧客の満足度を維持することができます。国家的災害の際には、切実に必要な製品を店頭に届けて顧客の手に届けるには、相応以上の危険を伴う近道が必要となる場合があります。このような事例はパンデミック中に市場を押し上げました。

変更・構成管理の市場動向

中小企業セグメントが市場で大きなシェアを握る

  • 米国中小企業庁によると、2022年に米国の中小企業の数は3,320万社に達し、国内のほぼすべて(99.9%)の企業を占めます。 2022年の米国の中小企業数の増加は、前年比2.2%増、2017年から2022年にかけて12.2%増と着実な成長を反映しています。
  • 2022年 3月、インド政府は「MSMEパフォーマンスの向上と加速」イニシアチブに6,062.45カロールインドルピー(8億800万米ドル)を割り当てました。このプログラムは、市場と信用へのアクセスを拡大し、連邦レベルと州レベルでの制度とガバナンスを構築し、連邦と州の連携と協力を強化し、支払い遅延問題に対処し、グリーンMSMEを目指すことを目的としています。中小企業省のデータによると、2022年11月25日の時点で、Udyam登録プラットフォームには1,220万1,448社のMSMEが登録されており、これまでのUdyog Aadhaar Memorandumへの登録方法に取って代わられました。
  • 顧客はお金の使い方を選択できるようになりました。その結果、既存の価値観と一致する、意味のあるイベントに対する強い連携が生まれます。購入は、消費者がブランドの理想と一致していることを表します。消費者ベースとスタッフを引き付けるために、中小企業は新規および既存のタッチポイントを通じて自社のブランド価値をうまく表現する必要があります。パンデミックから立ち直りつつあるコミュニティ全体で、地元で買い物をしたり、中小企業を支援したりすることに意識的に移行しています。さらに、消費者は、ハイエンドブランドや急速消費のビジネスモデルを超えて購買力を拡大し、地域経済の再建を支援する賢明な購買行動をとろうとする考えを示しています。
  • 中小企業の発展と創造には融資が重要な役割を果たします。パンデミックの影響により、中小企業は創造的なソリューションを通じて、より革新的な資金調達を求めています。その結果、分散型金融(DeFi)は、新興経済諸国の中小企業、特に送金や少額融資のためのツールとして登場しました。ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨は、支払い方法として認識されることが多くなってきています。さらに、暗号通貨とそれをサポートする金融インフラを支えるブロックチェーン技術は、金融サービスシステムを提供するために進化しています。
  • MSME部門におけるテクノロジーの導入は、企業が事実に基づいて適切かつ賢明な判断を下していることを実証しています。彼らの状況では、データと分析によって、ビジネス上の優れた意思決定に重要な洞察がすぐに明らかになります。その結果、2022年以降、最も考え抜かれ計画された企業活動においてテクノロジーの利用が増加するでしょう。テクノロジーはこれまで以上にアクセスしやすくなり、中小企業がビジネスのやり方を根本的に変革しようとしていることが動向で示されています。

アジア太平洋は予測期間中に最高の成長を遂げる

  • アジア太平洋地域は、政府によるさまざまなデジタル化の取り組みにより、予測期間中に最も高い成長が見込まれると予想されます。さらに、この地域におけるデジタル化の急速な進展により、クラウドベースのITSMソリューションが大幅に推進されることが予想されます。たとえば、Digital Indiaは、ITインフラストラクチャを改善し、インターネット接続を強化することで、国民に政府サービスを電子的に提供することを目指しています。
  • さらに、この取り組みは、レガシーシステムとオンプレミスシステムをクラウドベースまたは統合モデルに移行することを目的としています。クラウドプラットフォームは、国民への電子サービスの提供をホストすることが期待されています。中国、インド、日本、韓国などの国々では、ITサービス管理に対する投資家の関心が高まっています。中国は急速な発展を遂げており、エッジコンピューティング、AI、IoTなどの新たなITテクノロジーの世界的リーダーです。その結果、ITサービスの向上に対する需要が急増すると予想されます。
  • Bank of East Asia(China)Limited(BEA China)は、包括的なIT管理プラットフォームを提供し、急速に成長する銀行ビジネスに対応するデータセンターを構築するために、BMCソフトウェアのビジネスサービス管理プラットフォームを選択しました。ベンダーは、安全で信頼性の高い自動化されたIT構成管理プロセスを確立することで、手動による干渉のリスクを軽減し、ビジネスの安定性を確保するBSMソリューションをBEA Chinaに提供しています。
  • インド準備銀行のデータによると、インドのITおよびIT対応サービスの輸出は2020年から2021年の時点で1,337億米ドルまで着実に増加しています。インドのITおよびIT対応サービス企業は、80か国に1,000以上の世界デリバリーセンターを設置しています。また、ビジネスプロセス管理部門はインドのIT市場の収益の32%を占めています。
  • 構成管理ソリューションを使用すると、運用環境の変更が企業の業務運営に及ぼす影響を軽減できます。構成管理は、企業が既存のIT環境の総所有コストをより適切に把握できるようにすることで、運用コストの削減にも貢献します。構成管理はソフトウェアの開発および展開プロセス中に利用されるため、ソフトウェアまたは統合構成管理とも呼ばれます。ソフトウェア開発者は構成管理を使用して、ソースコード、リビジョン、ドキュメントを追跡します。

変更・構成管理業界の概要

変更・構成管理市場の主な企業は、IBM Corporation、Microsoft Corporation、Hewlett-Packard Company、Amazon Web Services、およびBMC Softwareです。市場はこれらの大手企業によって支配されており、統合されています。したがって、市場の集中度は高いと予想されます。

同社によれば、2023年 1月に、構成ライフサイクル管理(CLM)テクノロジーの市場企業であるConfigit Aceがクラウドサービスとしてアクセスできるようになりました。クラウドベースの構成ライフサイクル管理(CLM)プラットフォームはベンダーに依存せず、あらゆるITシステムと連携できるように設計されています。 Configit Ace Cloudを使用すると、設計、開発、生産、販売、サポートをサポートする複雑な製品、システム、サービスの包括的な企業全体の構成プロセスが可能になります。

2022年 9月に、Microsoft Endpoint Configuration Managerバージョン2103~2207は、脆弱性を修正するためのセキュリティアップグレードを受けました。攻撃者がこの欠陥を利用して機密情報にアクセスする可能性があります。サイバーセキュリティ・インフラストラクチャ・セキュリティ庁(CISA)によると、ユーザーと管理者はMicrosoftのCVE-2022-37972に関するセキュリティアドバイザリを確認し、必要な更新プログラムを適用することが推奨されています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替製品の脅威
  • COVID-19による市場への影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 組織によるデジタルトランスフォーメーションの導入が急速に増加
    • ITリソースの自動管理
  • 市場抑制要因
    • エンタープライズアプリケーションの多様な要件

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 組織タイプ別
    • 中小規模
    • 大規模
  • エンドユーザー
    • BFSI
    • 小売り
    • ヘルスケア
    • 通信とIT
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amazon Web Services
    • Ansible(Red Hat, Inc.)
    • BMC Software Inc.
    • CA Technologies(Broadcom Inc.)
    • Chef Software, Inc.
    • Codenvy, Inc.
    • Hewlett-Packard Enterprise Company
    • IBM Corporation
    • Microsoft Corporation
    • Puppet
    • Servicenow Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 70625

The Change and Configuration Management Market size is estimated at USD 1.95 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.89 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.26% during the forecast period (2024-2029).

Change and Configuration Management - Market

The change and configuration management market is gaining pace in various end-user industries. The rising usage of configuration management can be ascribed to various benefits, including significant cost savings due to less redundant duplication and faster problem resolution, resulting in higher service quality. It offers strong development for large organizations, cloud service providers, and midmarket customers.

Key Highlights

  • The global network configuration and change management market is predicted to grow rapidly during the forecast period due to increased network size and complexity due to the organization's global expansion. Including new devices and technology to meet corporate demands has greatly increased the network's size. IT managers in firms must deal with the concerns of performance degradation and network downtime prevention. Most network outages and application performance deterioration are caused by incorrect manual configuration changes, necessitating more effective configuration management.
  • The storage of CIs in CMDB results in the construction of a unified repository for the system's information. This allows IT managers to more easily regulate the state of system components, monitor requirement changes at both the infrastructure and individual levels, and assure system availability by diagnosing system faults in real-time. Establishing effective ground rules with which they can reduce system downtimes, improve compliance with guidelines, improve the flexibility of the infrastructure, and automation of the process to a certain extent, allowing them to focus on their core business functions, are some of the major motivators for organizations to use change and configuration management.
  • Automated network configuration and change management systems help to reduce human errors caused by manual configuration changes, resulting in fewer network outages and degradation. These solutions continuously monitor device configurations and offer real-time notifications and warnings whenever a configuration change occurs, allowing for better configuration file management in a multi-vendor network environment. Over the projection period, the NCCM (network configuration and change management) market would be driven by cost savings from the automation of traditional configuration management. The introduction of networking technologies like Network Function Virtualization (NFV) and Software-defined Networking (SDN) has aided in adopting these solutions.
  • Moreover, multiple organizations' clients would require HIPAA or FINRA compliance for the documents they entrust to the company. Therefore, document management systems must incorporate features that take extra steps to fully comply with all applicable privacy laws to protect the company's and its client's information.In the digital era, protecting online documents is essential to prevent data breaches and malicious attacks from hackers. Security is becoming a significant concern for many companies that have deployed DMS. Besides the financial consequences, a data breach can cause customer loss, brand reputation damage, company secrets leaking, compliance, and legal issues.
  • Numerous obstacles related to the COVID-19 pandemic included national and local shortages of medical devices, personal protective equipment (PPE), and hospital supplies. The normal strategy was to fill client shortages as soon as possible.
  • When decisions to rush items to market are based on appropriate risk/benefit calculations, the product's integrity, protocols, and customer happiness can be maintained even during a crisis. During a national disaster, getting desperately required products out the door and into customers' hands may need shortcuts that carry more than their fair share of dangers. Such instances pushed the market during a pandemic.

Change & Configuration Management Market Trends

Small and Medium Scale Enterprise Segment Holds Significant Share of the Market

  • According to the US Small Business Administration Office of Advocacy, in 2022, the number of small enterprises in the United States reached 33.2 million, accounting for nearly all (99.9%) firms in the country. The increase in the number of small firms in the United States in 2022 reflects steady growth, with a 2.2% increase from the previous year and a 12.2% increase from 2017 to 2022.
  • In March 2022, The Indian government allotted INR 6,062.45 crore (USD 808 million) for the Raising and Accelerating MSME Performance initiative. The program aims to increase market and credit access, build institutions and governance at the federal and state levels, strengthen federal-state links and cooperation, handle late payment issues, and green MSMEs. According to Ministry of Micro, Small, and Medium Enterprises data, as of November 25, 2022, the Udyam Registration platform had registered 12,201,448 MSMEs, replacing the previous method of registering for a Udyog Aadhaar Memorandum.
  • Customers can now choose how they want to spend their money. As a result, there is a strong alignment towards meaningful events, which corresponds with their existing values. A purchase represents the consumer's alignment with the brand's ideals. To engage their consumer base and staff, SMEs must successfully express their brand values through new and existing touchpoints. There has been a conscious shift towards shopping locally and supporting small businesses throughout communities recovering from the pandemic. Furthermore, consumers have demonstrated a level of thought to expand their purchasing power beyond high-end brands and fast-consumption business models to engage in wise purchase behavior that supports reconstructing their local economies.
  • Financing plays an essential role in the advancement and creation of SMEs. Due to the pandemic's effects, SMEs seek more innovative funding via creative solutions. As a result, decentralized finance (DeFi) arises as a tool for smaller enterprises in developing economies, notably for remittances and small loans. Cryptocurrencies such as Bitcoin and Ethereum are becoming more frequently recognized as payment methods. Furthermore, the blockchain technology that underpins cryptocurrencies and its supporting financial infrastructure is evolving to provide a financial services system.
  • Technology deployment in the MSME sector has demonstrated that firms make appropriate and intelligent judgments based on facts. In their situation, data and analytics readily reveal the insights critical to making great business decisions. As a result, 2022 and beyond will see increased tech usage for the most thought-out and planned corporate activities. Technology is more accessible than ever, and trends show that SMEs are here to transform how they do business fundamentally.

Asia-Pacific to Witness the Highest Growth Over the Forecast Period

  • The Asia-Pacific region is expected to witness the highest growth during the forecast period, owing to various government digitization initiatives. Additionally, the rapid increase in digitization in this region is expected to drive cloud-based ITSM solutions significantly. For instance, Digital India aims to electronically provide government services to citizens by improving the IT infrastructure and increasing internet connectivity.
  • Moreover, the initiative aims to move legacy and on-premise systems to a cloud-based or integrated model. The cloud platform is expected to host the delivery of e-services to the citizens. Economies such as China, India, Japan, and South Korea are witnessing increasing investor interest in IT service management. China is going through rapid development and is the global leader in new, emerging IT technologies, such as edge computing, AI, and IoT. As a result, a surge in demand for improved IT services is expected.
  • The Bank of East Asia (China) Limited (BEA China) has selected BMC Software's business service management platform to provide a comprehensive IT management platform and build a data center that meets the rapidly growing banking business. The vendor is offering BEA China a BSM solution that reduces the risks of manual interference and ensures business stability by establishing a secure and reliable automated IT configuration management process.
  • According to the Reserve Bank of India data, India's IT and IT-enabled services exports have steadily risen to USD 133.7 billion as of 2020-21. The Indian IT and IT-enabled service companies have set up over 1,000 global delivery centers in 80 countries. Also, the business process management sectors account for 32% of the revenue in the Indian IT market.
  • A configuration management solution can reduce the impact of changes in production on the enterprise's business operations. Configuration management also contributes to lower operational costs by giving businesses a better grasp of the total cost of ownership of their existing IT environment. Because configuration management is utilized during the software development and deployment processes, it is also known as software or unified configuration management. Software developers use configuration management to track source code, revisions, and documentation.

Change & Configuration Management Industry Overview

The major players in the change and configuration management market are IBM Corporation, Microsoft Corporation, Hewlett-Packard Company, Amazon Web Services, and BMC Software. The market is consolidated, as it is dominated by these major players. Hence, market concentration is expected to be high.

In January 2023, Configit Ace, the market's player in Configuration Lifecycle Management (CLM) technology, is now accessible as a cloud service, according to the company. The cloud-based Configuration Lifecycle Management (CLM) platform is vendor-agnostic and designed to interface with any IT system. Configit Ace Cloud allows a comprehensive, enterprise-wide configuration process for complex products, systems, and services that support design, development, production, sales, and support.

In September 2022, Microsoft Endpoint Configuration Manager versions 2103-2207 received a security upgrade to fix a vulnerability. An attacker could take advantage of this flaw to access sensitive information. Users and administrators are encouraged to review Microsoft's Security Advisory for CVE-2022-37972 and apply the necessary updates, according to the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 COVID-19 Impact on the Market

5 Market Dynamics

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rapid Increase in Adoption of Digital Transformation by Organizations
    • 5.1.2 Automated Management of IT Resources
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Diverse Requirements in an Enterprise Application

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Software
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By Organization Type
    • 6.2.1 Small and Medium Scale
    • 6.2.2 Large Scale
  • 6.3 End-user
    • 6.3.1 BFSI
    • 6.3.2 Retail
    • 6.3.3 Healthcare
    • 6.3.4 Telecom and IT
    • 6.3.5 Other End-User Industry
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Rest of World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Amazon Web Services
    • 7.1.2 Ansible (Red Hat, Inc.)
    • 7.1.3 BMC Software Inc.
    • 7.1.4 CA Technologies (Broadcom Inc.)
    • 7.1.5 Chef Software, Inc.
    • 7.1.6 Codenvy, Inc.
    • 7.1.7 Hewlett-Packard Enterprise Company
    • 7.1.8 IBM Corporation
    • 7.1.9 Microsoft Corporation
    • 7.1.10 Puppet
    • 7.1.11 Servicenow Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET