デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445613

製材: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)

Sawn Wood - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
製材: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

製材市場の規模は、2024年に7億5,733万米ドルと推定され、2029年までに7億8,577万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に0.74%のCAGRで成長します。

製材- 市場

主なハイライト

  • 製材された木材は、建築材料、製紙、着火剤、住宅建築の壁鋲、床および屋根のフレーム部材など、さまざまな目的に使用されます。収入の変化は製材材の需要に大きな影響を与えています。一般的に、所得の増加は木材製品、特に住宅や建築に使用される木材の需要の増加につながります。
  • 世界的に見て、アジア太平洋は製材の最大の市場です。この地域の製材の最大の消費国の一つは中国です。スプルース製材を多用する中国の子供用家具産業の急速な成長が、製材需要の増加を促進する主な要因となっています。食糧農業機関(FAO)の統計によると、中国は2018年に9,030万立方メートルの製材材を生産したが、輸入依存度の増加により2021年には8,400万立方メートルに減少しました。他の主な地域生産者は、日本、トルコ、ベトナム、インド、タイ、マレーシアです。
  • 木材は再生可能、リサイクル可能、環境に優しく、適応性があるため、再生不可能な材料の代替としてより頻繁に使用されています。これは、再生不可能な資源の過剰使用によってもたらされる、環境、生物多様性、気候に対する世界の脅威に対処する試みの重要な要素です。過去数年間で、中国の製材消費量は34%増加し、米国の消費量は11%増加しました。世界の他の3つの製材材の主な消費者は、ドイツ、カナダ、日本です。

製材市場の動向

製材の生産と輸出の可能性が高まる

  • 需要の増加により、世界の製材生産量は増加しています。 FAOの統計によると、2021年の世界の製材生産量は前年比1.9%増加しました。製材の生産量の増加は、主に製材が広く使用されている家具および建設分野の急速な発展によって推進されています。
  • また、人口の増加、急速な都市化、収入レベルの変化も、製材材の生産と輸出の可能性を高める要因となっています。この成長の勢いは今後も続くため、世界最大の生産国、最大の輸出国、輸入国は、近い将来、生産量と貿易量がさらに大幅に増加すると予想されます。
  • 世界中の小規模な民間施設から大規模な社会的および公的施設まで、壁、天井、床、家具、階段、窓、ドアなどの機能や装飾の表面材として、インテリアにおける木材の需要が高まっています。輸出の成長を促進していました。主要生産国の良好な気候条件や建設部門からの木材需要などが市場を支えています。

アジア太平洋が製材市場を独占

  • アジア太平洋は世界市場の中で最大の製材市場です。中国はこの地域における製材の主要消費国の一つです。食糧農業機関(FAO)の統計によると、2021年の同地域の製材生産量は前年比0.7%増加しました。 2021年にはアジア太平洋が世界の生産量の32.0%を占めました。
  • 2021年、アジア太平洋地域は5,680万、169億米ドル相当の製材材を輸入しました。 2021年の同地域の輸入額は、主に建設部門と家具部門による消費需要の増加により、前年比11.9%増加しました。
  • この地域で消費される木材のほとんどは、製紙、ファイバーボード、パーティクルボード、家具、合板の製造などの産業で使用されていました。製材品の輸入量は主に針葉樹であったが、金額では針葉樹よりも広葉樹の方が高かったです。消費量の増加は主に、製材された木材が広く使用される家具部門の需要の急速な増加によって引き起こされています。したがって、上記の要因がこの地域の市場を牽引します。

製材産業の概要

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • バリューチェーン分析

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • ハードウッド
    • ソフトウッド
  • 地域(数量による生産分析、数量と金額による消費分析、金額と数量による輸入分析、金額と数量による輸出分析、および価格動向分析)
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ロシア
      • ドイツ
      • スウェーデン
      • フィンランド
      • オーストリア
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • ニュージーランド
      • オーストラリア
      • ベトナム
      • 日本
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
    • 中東とアフリカ
      • トルコ
      • エジプト
      • ナイジェリア

第6章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 70036

The Sawn Wood Market size is estimated at USD 757.33 million in 2024, and is expected to reach USD 785.77 million by 2029, growing at a CAGR of 0.74% during the forecast period (2024-2029).

Sawn Wood - Market

Key Highlights

  • Sawn wood is used for various purposes, such as building materials, paper production, fire starter, and domestic house construction for wall studs and floor and roof framing members. Changes in income have had a substantial impact on the demand for sawn wood. Generally speaking, higher income is linked to increased demand for wood products, especially those used in housing and building.
  • Globally, Asia-Pacific is the largest market for sawn wood. One of the region's largest consumers of sawn wood is China. The rapid growth of the Chinese children's furniture industry, which makes extensive use of spruce-sawn wood, is the key factor driving increased demand for sawn wood. According to Food and Agriculture Organization (FAO) statistics, China produced 90.3 million m3 of sawn wood in 2018, which decreased to 84.0 million m3 in 2021 due to increased dependency on imports. The other main regional producers are Japan, Turkey, Vietnam, India, Thailand, and Malaysia.
  • Wood is used more frequently to replace non-renewable materials since it is renewable, recyclable, environmentally friendly, and adaptable. It is a vital component of attempts to address the global threats to the environment, biodiversity, and climate brought on by the overuse of non-renewable resources. Over the past few years, the consumption of sawn wood in China grew by 34%, and the USA's consumption grew by 11%. The other three main consumers of sawn wood globally are Germany, Canada, and Japan.

Sawn Wood Market Trends

Rising Sawn Wood Production and Export Potentiality

  • Global sawn wood production is increasing due to increasing demand. According to the FAO statistics, global sawn wood production increased by 1.9% in 2021 compared to the previous year. The increase in the production of sawn wood is mainly driven by rapid developments in the furniture and construction sector, where sawn wood is widely used.
  • Also, increasing population, rapid urbanization, and changing levels of income are some factors boosting the production and export potential of the sawn wood. With this growing momentum set to continue, the world's largest producing countries, largest exporters, and importers are expected to witness a stronger increase in their production and trading volumes over the near future.
  • The growing demand for wood in the interiors as a surface material for walls, ceilings and floors, furniture, stairs, windows, and doors, in features and decorations, from small private facilities as well as large public social and official premises across the globe, was facilitating the growth of exports. Factors such as favorable climatic conditions in major producing countries and demand for wood from the construction sector support the market.

Asia-Pacific Dominates the Sawn Wood Market

  • Asia-Pacific is the largest market for sawn wood in the global market. China is one of the major consumers of sawn wood in the region. According to Food and Agriculture Organization (FAO) statistics, the production of sawn wood increased by 0.7% in the region in 2021 from the previous year. In 2021, the Asia-Pacific accounted for 32.0% of global production.
  • In 2021, the Asia-Pacific region imported sawn wood of 56.8 million m3, worth USD 16.9 billion. The import value in the region increased by 11.9% in 2021 compared to the previous year due to increasing consumption demand mainly driven by the construction and furniture sectors.
  • Most of the wood consumed in the region was used by industries such as papermaking, manufacturing fiberboard, particleboard, furniture, and plywood. Imports of sawn wood were mainly softwood in terms of volume, whereas in terms of value, hardwoods were higher than softwoods. An increase in consumption volumes is mainly driven by the rapid increase in the demand by the furniture sector, where sawn wood is widely used. Therefore, the above-mentioned factors drive the market in the region.

Sawn Wood Industry Overview

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Market definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Value Chain Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Hard Wood
    • 5.1.2 Soft Wood
  • 5.2 Geography (Production Analysis in Volume, Consumption Analysis by Volume and Value, Import Analysis by Value and Volume, Export Analysis by Value and Volume, and Price Trend Analysis)
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Russia
      • 5.2.2.2 Germany
      • 5.2.2.3 Sweden
      • 5.2.2.4 Finland
      • 5.2.2.5 Austria
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 India
      • 5.2.3.3 NewZeland
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 Vietnam
      • 5.2.3.6 Japan
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
    • 5.2.5 Middle East And Africa
      • 5.2.5.1 Turkey
      • 5.2.5.2 Egypt
      • 5.2.5.3 Nigeria

6 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS