デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445594

Ethernetコントローラー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Ethernet Controller - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 139 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
Ethernetコントローラー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 139 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

Ethernetコントローラーの市場規模は、2024年に116億2,000万米ドルと推定され、2029年までに166億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.42%のCAGRで成長します。

調査対象の市場は、現代のデジタル経済におけるデータセンターとクラウドコンピューティングの採用の増加によって推進されています。科学的発見から人工知能(AI)に至るまで、最新のデータセンターは、地球規模の重大な課題のいくつかを解決するために不可欠です。これらの現在のデータセンターは、人工知能と同様に、ネットワーク帯域幅を増加し、ワークロードを最適化するために変革を進めています。

主なハイライト

  • ビジネスエコシステム全体でビッグデータの量が増加し、成熟しつつあります。 Accentureの調査によると、企業経営者の約79%が、ビッグデータを導入しない企業は競争上の地位を失い、消滅に直面すると予想されることに同意しています。企業がビッグデータに移行するにつれて、データトラフィックが増加し、Ethernetコントローラーの需要が高まることが予想されます。
  • Ethernet for Control Automation Technology(EtherCAT)は、CANopenプロトコルとEthernetに基づいています。それでも、産業オートメーション制御用に明示的に最適化されているという点で、インターネットやネットワーク通信とは異なります。 OSIネットワークモデルを利用することで、EthernetとEtherCATは同じ物理層とデータリンク層に依存します。さらに、2つのネットワークは異なるタスクに最適化されるため、設計によって分岐します。
  • USBからEthernetへのコンバーターは、さまざまな状況で役立ちます。たとえば、ユーザーのラップトップのWi-Fiオプションで技術的な問題が発生したり、ユーザーがインターネットアクセスを必要としているにもかかわらず、セキュリティ上の理由から特定の場所でWi-Fiが無効になっていることに気づく場合があります。このような状況では、Ethernetポートと単純なアダプターで十分です。ケーブルを使用すると、より高速で安定した接続が提供されます。
  • 延長を伴う長期契約が市場を飽和させ、市場の成長に影響を与えるため、市場はテクノロジーをより迅速に更新するために障害を生み出すと予想されています。業界の動向がソリューションやサービスのプロバイダーに新しいテクノロジーのEthernetコントローラーを使用するよう指示している場合、長期契約は市場で逆効果になる可能性があります。さらに、市場における競合の激化は、利益率と既存ベンダーの成長に影響を与えます。サプライヤー間の競合レベルは非常に高いため、Ethernetコントローラー製品は世界中でコモディティ化されつつあります。
  • 在宅勤務(WFH)ポリシーにより、情報セキュリティの焦点はエンタープライズインフラからクラウドおよび仮想化インフラに移りました。前年のIBMセキュリティー・レポートによると、約54%の組織が、COVID-19の感染拡大のさなかのリモート勤務に前向きに反応しました。このような市場の発展は、クラウドベースのソリューションに対する需要の高まりに貢献しており、Ethernetコントローラーの必要性も高まるでしょう。

Ethernetコントローラー市場動向

最大の市場シェアを保持するサーバー

  • ほとんどの企業は、電子メール、Webサイト、オンライン取引などのデータストレージを必要とし、これはサーバー上で行われる場合があります。サーバーは、企業のローカルネットワーク、およびほとんどの場合インターネットにリンクされた特殊なコンピューターです。会社が十分に小さい場合は、サーバーを社内に保持し、独自に実行することを決定する場合があります。ただし、組織とその需要が拡大するにつれて、より多くのデータが生成されるため、より多くのサーバーとストレージスペースが必要になります。一般的なデータセンターインフラには、強力なコンピュータである多数のサーバーが含まれています。 Ericssonによると、今後4年間で、モバイルPCあたりの世界の月間トラフィックは、アクティブなデバイスあたり25.88 GBに達すると予測されています。
  • サーバーがデータセンターに電力を供給し、クラウド環境をサポートするにつれて、サーバー業界は、無数のミッションクリティカルな企業コンピューティング業務とクライアント側の企業コンピューティング業務のバックボーンとなっています。企業がビッグデータと高度なワークロード要件を強化しようとするにつれ、より高性能なサーバーに対する需要が高まり続けています。クラウドコンピューティング、AI、ビッグデータ、データセンターの増加に伴い、サーバーのニーズも大幅に増加します。サーバーに対する需要の増加に伴い、Ethernetコントローラーの需要も増加します。
  • ベースボード管理コントローラー(BMC)は、ほとんどの最新サーバーの温度、電圧、ファンを監視します。システム内で管理者の注意が必要な何か(CPUの過熱など)が発生した場合、BMCは通常、(電子メールおよびSNMPアラートの形式で)通知を送信するように設定されている場合があります。
  • インテルEthernet 800シリーズコントローラーには、アプリケーションデバイスキュー(ADQ)、ダイナミックデバイスパーソナライゼーション(DDP)、およびiWARPとRoCEv2リモートダイレクトメモリアクセス(RDMA)の両方のサポートが含まれています。ワークロードに最適化されたパフォーマンスと、変化するネットワーク要件に対応する柔軟性を提供します。 NFV、ストレージ、HPC-AI、ハイブリッドクラウドなどの高性能サーバーアプリケーションの場合、800シリーズコントローラーは最大100GbEの速度を提供します。
  • NetXtreme-Eシリーズ BCM57414 50G PCIe 3.0Ethernetコントローラーは、Broadcomのスケーラブルな10/25/50/100/200Gに基づいています。Ethernetコントローラーアーキテクチャは、ハイパフォーマンスコンピューティング、通信、機械学習、ストレージの分解、データ分析など、エンタープライズおよびクラウド規模のネットワーキングおよびストレージアプリケーション向けのサーバー内に、拡張性が高く機能豊富なネットワーキングソリューションを構築するように設計されています。

北米が最大の市場シェアを保持

  • 5Gがその可能性を最大限に発揮するには、柔軟なネットワークと輸送インフラが必要です。Ethernetが最も効率的なトランスポートテクノロジになるにつれ、キャリアのルータとスイッチは共有インフラ上でさまざまなユースケースをサポートする責任を負い、Ethernetギアの設置が増加しています。
  • 5Gネットワークの成長とそのアプリケーションの拡大に伴い、5Gインフラ用のEthernetコントローラーの需要も高まるでしょう。米国と同様に、一部の企業のみが5Gネットワークサービスの提供を開始しています。たとえば、新しい無線技術の展開が大幅に遅れた後、通信大手のAT&Tとベライゾンは2022年1月に大幅な航空便の遅延なく米国で5Gサービスを開始しました。
  • Ethernetコントローラーを使用するとコンピューターネットワークへの有線接続が可能になるため、高速インターネット接続を必要とするデバイスはすべて、高速インターネット接続のためにEthernetコントローラーを使用する必要があります。クラウドインフラネットワークも同様です。クラウド機能の開発と企業の業務のクラウドへの移行に伴い、米国ではクラウドアプリケーションの需要が急速に増加しています。今後数年間で、低コスト、メンテナンスの軽減、データセキュリティ、ほぼ無制限の拡張性を理由に、クラウドストレージソリューションを選択する企業がますます増えていくでしょう。したがって、クラウドコンピューティングとストレージのこの増加は、Ethernetコントローラー市場でも急増するでしょう。
  • Ericsson ConsumerLabによると、5Gワイヤレス技術はすでにカナダ人のスマートフォンの使用方法を変革しつつあります。 4Gユーザーと比較して、5Gの早期導入者は週に2時間をクラウドゲームに費やし、90分以上を拡張現実(AR)アプリに費やします。アップグレード後、15%が自宅でもWi-Fiの使用量が減少したと回答しました。これは、消費者が高帯域幅アプリで待ち望んでいたエクスペリエンスが5Gによってついに提供されることを意味します。さらに、ユーザーは5Gが車内をカバーすることを期待しており、これは速度やバッテリー寿命よりも重要であると考えられています。
  • 通信会社の3500 MHzスペクトルへの巨額の支出(予測の3倍)は、5Gへの取り組みをさらに証明しています。ロジャースは、カナダ人口の99.4%をカバーする5G周波数帯に33億カナダドル(24億3,000万米ドル)を費やし、この技術に対する同国最大の単一投資家となった。

Ethernetコントローラー業界の概要

Ethernetコントローラー市場は、激しい競合により本質的に細分化されています。断片化にもかかわらず、市場は主に設立と運営に関する規制要件に結びついています。さらに、イノベーション、買収、パートナーシップの増加に伴い、将来的には市場の競争が激化する傾向にあります。市場の主要企業は、Intel Corporation、Broadcom Inc.、Microchip Technology Inc.、Cirrus Logic Inc.、Texas Instruments Incorporatedなどです。

  • 2022年 12月- データインフラ半導体ソリューションのリーダーの1つであるMarvell Technology, Inc.は、100G I/O機能、内蔵メディアアクセスコントロールセキュリティ(MACsec)およびトータル機能を備えた新しい5nm 1.6TEthernet PHYであるAlaska CX9340Pを発表しました。 Precision Time Protocol(PTP)は、通信ネットワークアプリケーションとクラウドデータセンターをサポートします。 PTPを使用すると、Ethernetネットワークは非常に信頼性の高いタイミングクリティカルなサービスを処理できるようになります。一方、MACsecを使用すると、データセンターオペレータはハードウェアベースのリンク層セキュリティを有効にすることができます。 X9340Pと以前に発表されたAlaska C X93160 PHYを組み合わせることで、最大800 GbEの速度でリタイミング、ギアボックス、暗号化、およびタイミングアプリケーションに対応するピン互換の多用途プラットフォームが提供されます。
  • 2022年 4月-Cadence Design Systems Inc.は、最大800Gまでの完全なEthernetサブシステムソリューションを可能にするCadence高速EthernetコントローラーIPファミリを発表しました。同社はまた、電力、パフォーマンス、エリア(PPA)に関して最適化された、7 nm、5 nm、および3 nmプロセスノードのCadence SerDes PHY IPを導入しました。低遅延、高速コントローラIPは、ケイデンスのEthernetコントローラーIPポートフォリオを拡張し、新時代の人工知能および機械学習(AI/ML)、クラウド、および5GインフラにおけるEthernetの広範なアプリケーションに最適です。新しいコントローラファミリは、100G、200G、400G、および800GEthernetのさまざまな集約帯域幅をサポートします。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • マシン制御用リアルタイムネットワークにEtherCatを採用
    • USB Ethernetコントローラーの採用
  • 市場抑制要因
    • COVID-19の影響による需要低迷
    • 競争力のある価格により利益率が厳しい
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響の評価

第5章 市場セグメンテーション

  • 帯域幅の種類
    • ファストEthernet
    • ギガビットEthernet
    • スイッチEthernet
  • 機能
    • PHY(物理層)
    • 統合型
  • エンドユーザー
    • サーバー
    • ルーター・スイッチ
    • 消費者向けアプリケーション
    • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Intel Corporation
    • Broadcom Inc.
    • Microchip Technology Inc.
    • Cirrus Logic Inc.
    • Texas Instruments Incorporated
    • Silicon Laboratories, Inc.
    • Marvell Technology Group
    • Realtek Semiconductor Corp.
    • Cadence Design Systems, Inc.
    • Futurlec Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 69646

The Ethernet Controller Market size is estimated at USD 11.62 billion in 2024, and is expected to reach USD 16.63 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.42% during the forecast period (2024-2029).

Ethernet Controller - Market

The market studied is driven by the increasing adoption of data centers and cloud computing in the modern digital economy. From scientific discoveries to Artificial Intelligence (AI), modern data centers are crucial to solving some of the critical global challenges. These current data centers, like Artificial Intelligence, are transforming to increase networking bandwidth and optimize workloads.

Key Highlights

  • The growing volume of Big Data across the business ecosystem is gaining maturity. A study by Accenture indicates that about 79% of enterprise executives agreed that companies that do not embrace Big Data would lose their competitive position and are expected to face extinction. With enterprises transitioning to Big Data, the data traffic is expected to increase, fueling the demand for Ethernet controllers.
  • Ethernet for Control Automation Technology (EtherCAT) is based on the CANopen protocol and Ethernet. Still, it differs from the internet or network communications in optimized explicitly for industrial automation control. Utilizing the OSI network model, Ethernet and EtherCAT rely on the same physical and data link layers. Beyond that, the two networks diverge by design as they are optimized for different tasks.
  • A USB-to-Ethernet converter is helpful in a variety of circumstances. For example, a user's laptop's Wi-Fi option may be experiencing technical difficulties, or the user may discover that the Wi-Fi is disabled for security reasons in specific locations, even though users require internet access. In the circumstances like these, an Ethernet port and a simple adapter should suffice. Using a cable will provide a faster and more consistent connection.
  • The market is expected to create a roadblock for itself to update faster on technology, as long-duration contracts with extensions saturate the market, thus impacting its growth. When the industry trends indicate to the solution and services providers to use new and emerging technology Ethernet controllers, long-term contracts can be counterproductive in the market. Moreover, the growing competition in the market impacts the profit margins and existing vendors' growth. The competition level between suppliers is so high that Ethernet controller products are transitioning to commoditized worldwide.
  • The Work-From-Home (WFH) policies shifted information security's focus from enterprise infrastructure to cloud and virtualized infrastructure. As per IBM Security Report from the previous year, about 54% of the organizations responded positively to remote working amid the COVID-19 outbreak. Such developments in the market have contributed to the rising demand for cloud-based solutions, which will increase the need for ethernet controllers.

Ethernet Controller Market Trends

Servers to Hold the Largest Market Share

  • Most businesses require data storage, whether for their email, website, or online transactions, and this may be done on a server. Servers are specialized computers linked to a company's local network and, in most cases, the Internet. If a company is small enough, it may decide to keep its servers in-house and run them own. However, as organizations and their demands expand, more servers and storage space are required as more data is generated. A typical data center infrastructure includes many servers, which are powerful computers. According to Ericsson, by the next four years, global monthly traffic per mobile PC is projected to amount to 25.88 GB per active device.
  • As servers power data centers and support cloud environments, the server industry is the backbone of innumerable mission-critical and client-side corporate computing operations. As businesses seek to power big data and advanced workload requirements, demand for higher-performing servers continues to climb. With the increasing cloud computation, AI, Big Data, and Data Centers, the need for servers will also grow significantly. With this growing demand for servers, Ethernet Controller demand will also increase.
  • A Baseboard Management Controller (BMC) monitors most modern servers' temperature, voltages, and fans. When something in the system requires an administrator's attention (such as the CPU overheating), the BMC may generally be set to send out notifications (in the form of emails and SNMP alerts).
  • Application Device Queues (ADQ), Dynamic Device Personalization (DDP), and support for both iWARP and RoCEv2 Remote Direct Memory Access (RDMA) are included in Intel Ethernet 800 Series controllers. It provides workload-optimized performance and the flexibility to meet changing network requirements. For high-performance server applications, including NFV, storage, HPC-AI, and hybrid cloud, the 800 Series controllers provide speeds up to 100GbE.
  • The NetXtreme-E Series BCM57414 50G PCIe 3.0 Ethernet controller is based on Broadcom's scalable 10/25/50/100/200G. Ethernet controller architecture is designed to build highly scalable, feature-rich networking solutions in servers for enterprise and cloud-scale networking and storage applications, such as high-performance computing, telco, machine learning, storage disaggregation, and data analytics.

North America Holds Largest Market Share

  • 5G requires a flexible networking and transportation infrastructure to reach its full potential. As Ethernet becomes the most efficient transport technology, carrier routers and switches are charged with supporting a range of use cases over shared infrastructure, increasing Ethernet gear installations.
  • With the 5G network growth and their growing applications, the need for ethernet controllers for 5G infrastructure will also be in demand. As in the United States, only some companies have started to provide 5G network services. For instance, after the deployment of the new wireless technology was scale delayed, telecom giants AT&T and Verizon debuted 5G service in the United States in January 2022 without significant flight delays.
  • As Ethernet Controller allows wired connection to the computer network, any device requiring a high-speed internet connection will have to use Ethernet Controllers for fast internet connections. Such is the case with Cloud Infrastructure networks. With developing cloud capabilities and enterprises shifting their work to the cloud, the demand for cloud applications is increasing rapidly in the United States. In the coming years, more and more businesses will opt for Cloud storage solutions due to their low costs, less maintenance, data security, and almost unlimited scalability. Therefore this rise in cloud computing and storage will also surge in the Ethernet Controller Market.
  • According to Ericsson ConsumerLab, 5G wireless technology is already transforming how Canadians use their smartphones. Compared to 4G users, early 5G adopters spend two hours per week on cloud gaming and 90 minutes more on augmented reality (AR) apps. After upgrading, 15% said they had reduced their Wi-Fi usage, even at home. It means that 5G will finally deliver the experience consumers have been waiting for in high-bandwidth apps. Furthermore, users expect 5G to provide interior coverage, which is considered more significant than speed or battery life.
  • Telecommunications companies' enormous spending in the 3500 MHz spectrum (three times more than projected) further proves their commitment to 5G. Rogers spent CAD 3.3 billion (USD 2.43 billion) on the 5G spectrum, which covers 99.4% of the Canadian population, making it the country's largest single investor in the technology.

Ethernet Controller Industry Overview

The Ethernet Controller Market is fragmented in nature due to high competition. Despite the fragmentation, the market is primarily tied to the regulatory requirements for establishment and operation. Further, with increasing innovation, acquisitions, and partnerships, market rivalry tends to rise in the future. The major players in the market are Intel Corporation, Broadcom Inc., Microchip Technology Inc, Cirrus Logic Inc., and Texas Instruments Incorporated, among others.

  • December 2022 - Marvell Technology, Inc., one of the leaders in data infrastructure semiconductor solutions, announced the Alaska CX9340P, a new 5nm 1.6T Ethernet PHY with 100G I/O capability, built-in Media Access Control security (MACsec) and total Precision Time Protocol (PTP) support communications network applications and for the cloud data center. PTP enables Ethernet networks to handle ultra-reliable timing-critical services, whereas MACsec allows data center operators to enable hardware-based link-layer security. The combination of the X9340P and the previously announced Alaska C X93160 PHY provides a pin-compatible, versatile platform for retiming, gear boxing, encryption, and timing applications at speeds up to 800 GbE.
  • April 2022 - Cadence Design Systems Inc. announced the Cadence High-Speed Ethernet Controller IP family, enabling complete Ethernet subsystem solutions up to 800G. The company also introduced Cadence SerDes PHY IP in 7 nm, 5 nm, and 3 nm process nodes, optimized for power, performance, and area (PPA). The low-latency, high-speed controller IP expands Cadence's Ethernet Controller IP portfolio and is well suited for vast applications of Ethernet in new-age artificial intelligence and machine learning (AI/ML), cloud, and 5G infrastructures. The new controller family supports different aggregated bandwidths for 100G, 200G, 400G, and 800G Ethernet.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Adoption of EtherCat for Realtime Network for Machine Control
    • 4.2.2 Adoption of USB Ethernet Controllers
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Low Demand Due to Impact of COVID-19
    • 4.3.2 Competitive Prices Led to Stiff Profit Margins
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.5.3 Threat of New Entrants
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Bandwidth Type
    • 5.1.1 Fast Ethernet
    • 5.1.2 Gigabit Ethernet
    • 5.1.3 Switch Ethernet
  • 5.2 Function
    • 5.2.1 PHY (Physical Layer)
    • 5.2.2 Integrated
  • 5.3 End User
    • 5.3.1 Servers
    • 5.3.2 Routers and Switches
    • 5.3.3 Consumer Applications
    • 5.3.4 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
      • 5.4.3.1 India
      • 5.4.3.2 China
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Intel Corporation
    • 6.1.2 Broadcom Inc.
    • 6.1.3 Microchip Technology Inc.
    • 6.1.4 Cirrus Logic Inc.
    • 6.1.5 Texas Instruments Incorporated
    • 6.1.6 Silicon Laboratories, Inc.
    • 6.1.7 Marvell Technology Group
    • 6.1.8 Realtek Semiconductor Corp.
    • 6.1.9 Cadence Design Systems, Inc.
    • 6.1.10 Futurlec Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS