デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445570

プラチナ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Platinum - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
プラチナ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

プラチナ市場規模は2024年に814万オンスと推定され、2029年までに1,015万オンスに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.52%のCAGRで成長します。

プラチナ-マーケット

COVID-19の感染拡大により、世界中で全国的なロックダウンが発生し、製造活動やサプライチェーンの混乱、生産停止が発生し、そのすべてが2020年の市場に悪影響を及ぼしました。しかし、2021年から2022年にかけて状況は改善し始めました。予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。

主なハイライト

  • 長期的には、産業用途におけるプラチナの使用量の増加が市場を牽引すると考えられます。
  • 反対に、製品価格の高さが調査対象市場の成長を妨げています。
  • 電気自動車(EV)の普及が進み、燃料電池の需要が高まっています。これによりプラチナの需要が高まり、予測期間中の市場にとってはプラスとなります。
  • 排気システム、エレクトロニクス、ガラス製造などに大量のプラチナが必要だったため、アジア太平洋は世界最大の市場となった。

プラチナ市場動向

自動車産業における排気システムの需要の拡大

  • 天然に存在するレアメタルであるプラチナは、他の白金族金属と組み合わせて触媒として自動車の触媒コンバーターシステムで広く使用されています。
  • 排気システムは、エキゾーストマニホールド、触媒コンバータ、酸素センサー、マフラー、エキゾーストパイプで構成される車両の重要な部分です。これらの部品を組み合わせることで、騒音が低減され、エンジンの燃焼室内に蓄積する有害な汚染物質が有害性の低いガスに変換され、それらのガスが車の外に排出されるようになります。
  • 自動車排気セグメントは、プラチナの最大の用途セグメントを構成します。プラチナ総生産量の約40%が自動車分野で消費されています。通常、ディーゼル自動車の排気ガスには約3~7グラムのプラチナが含まれています。正確な値はブランドや車両のタイプによって異なる場合があります。
  • 世界プラチナ投資評議会(WPIC)の2022年第2四半期報告書によると、2022年第2四半期の自動車分野のプラチナ需要は708コルツと予想よりわずかに低かった。これは主に、プラチナ不足による業界のサプライチェーンの問題によるものでした。半導体問題、ロシア・ウクライナ戦争、中国のロックダウン。
  • しかし、WPICは、内燃機関を搭載した自動車がより多く製造されるため、2022年にはプラチナの全体的な需要が前年比3%増加すると述べています。
  • 米国は、中国に次ぐ世界第2位の自動車製造国です。 OICAによると、2021年の自動車生産台数は916万7,214台で、報告された2020年の生産台数882万2,399台と比較して4%増加しました。全米自動車ディーラー協会(NADA)は、米国の軽自動車の新車販売は2022年に3.4%増加して1,550万台になると予測しています。人気の高まりと手頃な価格のため、自動車の生産は近い将来増加すると予想されています。
  • 予測期間中、上記の要因により、プラチナの購入を希望する人が増える可能性があります。

アジア太平洋が市場を独占する

  • 中国、インド、日本などの国々からの需要の増加により、アジア太平洋地域が予測期間中に調査された市場を独占すると予想されます。
  • World Gold Councilが実施した調査によると、中国の「Z世代」はゴールドの宝飾品を嫌い、ダイヤモンドやプラチナの宝石を選ぶ傾向があります。今後数年間で、人口の大部分がこのグループに分類されるでしょう。これにより、プラチナで作られた宝飾品の需要が増加し、調査対象の市場に影響を与えることになります。
  • 中国の自動車産業では、消費者のバッテリー駆動車への志向が高まり、動向の転換が見られています。さらに、中国政府は、2025年までに電気自動車生産の普及率が20%になると予測しています。したがって、これにより、国内の低摩擦コーティングの消費が増加すると予想されます。
  • プラチナの消費の大部分は自動車分野、特に触媒コンバーターで行われています。インドには世界最大の自動車市場の一つがあります。
  • インドのガラス産業の成長は主に建設部門によって牽引されてきました。さらに、インドは世界でトップ 15のガラス包装市場の1つであり、トルコ、ブラジルに次いで3番目に急成長している市場です。この国のガラス需要のほとんどは容器ガラスから生じており、金額ベースで国のガラス消費量の50%を占めています。
  • 電子情報技術産業協会(JEITA)は、電子機器、部品、デバイスなどを含む日本のエレクトロニクス・IT産業の世界生産高は、2021年12月までに前年比8%増の2,852億4,000万米ドルになると予想しています。 2022年の鉱工業生産は前年比2%増の2,905億6,000万米ドルになると予想されています。
  • 予測期間中、アジア太平洋におけるプラチナの需要は、上記の要因と政府からの支援により増加すると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 産業用途での使用の増加
    • 自動車産業におけるアプリケーションの需要の拡大
  • 抑制要因
    • 高い製品価格
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途
    • 排気システム
    • ジュエリー
    • 化学触媒
    • ガラスの製造
    • エレクトロニクス
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Anglo American Platinum Limited
    • Chimet Spa
    • Heesung Pmtech
    • Heraeus Holding
    • Hindustan Platinum
    • Impala Platinum Holdings Limited
    • Johnson Matthey
    • Nihon Material Co. Ltd.
    • Norilsk Nickel
    • Northam Platinum Holdings Limited
    • Sibanye-stillwater

第7章 市場機会と将来の動向

  • 燃料電池の未来
目次
Product Code: 69143

The Platinum Market size is estimated at 8.14 Million ounces in 2024, and is expected to reach 10.15 Million ounces by 2029, growing at a CAGR of 4.52% during the forecast period (2024-2029).

Platinum - Market

The COVID-19 outbreak caused nationwide lockdowns around the world, disruptions in manufacturing activities and supply chains, and production halts, all of which had a negative impact on the market in 2020. However, conditions began to improve in 2021-2022, which is expected to boost market growth during the forecast period.

Key Highlights

  • Over the long term, increasing usage of platinum in industrial applications will drive the market.
  • On the flip side, the high product prices are hampering the growth of the market studied.
  • Electric vehicles (EVs) are becoming more popular, which is driving up the demand for fuel cells. This, in turn, is driving up the demand for platinum, which is good for the market during the forecast period.
  • Asia-Pacific was the biggest market in the world because of how much platinum was needed for exhaust systems, electronics, making glass, and other things.

Platinum Market Trends

Growing Demand for Exhaust Systems in Automobile Industry

  • Platinum, a naturally occurring rare metal, is widely used in automobile catalytic converter systems as a catalyst in conjunction with other platinum group metals.
  • Exhaust systems are an important segment of vehicles that are composed of an exhaust manifold, a catalytic converter, an oxygen sensor, a muffler, and exhaust pipes. Together, these parts reduce noise, turn harmful pollutants that build up in the engine's combustion chamber into less harmful gases, and give those gases a way to get out of the car.
  • The automotive exhaust segment constitutes the largest application segment for platinum. Roughly 40% of the total platinum production volume is consumed by the automotive segment. Typically, a diesel automobile exhaust contains about 3-7 grams of platinum. The exact value may vary with the brand and type of vehicle.
  • According to the World Platinum Investment Council's (WPIC) Quarterly Q2 2022 Report, the demand for platinum in the automotive sector was slightly lower than expected at 708 Koz during Q2 2022. This was mostly because of supply chain problems in the industry caused by a lack of semiconductors, the Russia-Ukraine war, and a lockdown in China.
  • However, WPIC states that overall platinum demand will go up by 3% year over year in 2022 because more cars with internal combustion engines will be made.
  • The United States is the second-largest automotive manufacturing country on the globe, falling only behind China. According to OICA, the automotive production in 2021 accounted for 9,167,214 units, an increase of 4% in comparison to the production in 2020, which was reported to be 8,822,399 units. The National Automobile Dealers Association (NADA) predicts that US new light-vehicle sales are likely to increase by 3.4% to 15.5 million units in 2022. The production of automobiles is anticipated to increase in the near future owing to their rising popularity and affordability.
  • During the forecast period, the above factors are likely to make more people want to buy platinum.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to dominate the market studied during the forecast period due to an increase in demand from countries like China, India, and Japan.
  • As per a survey conducted by the World Gold Council, the Chinese "Gen-Z" dislike gold jewelry goods and tend to opt for diamond and platinum jewels. In the coming years, a large portion of the population will fall into this group. This will increase the demand for jewelry made with platinum, which will affect the market that was studied.
  • The automobile industry in China is witnessing a switch in trends as consumer inclination toward battery-operated vehicles is on the rise. Moreover, the government of China estimates a 20% penetration rate of electric vehicle production by 2025. Hence, it is anticipated that this will increase the consumption of low-friction coatings in the country.
  • The majority of platinum consumption is in the automotive sector, especially in catalytic converters. India has one of the largest automobile markets in the world.
  • The Indian glass industry's growth has been driven primarily by the construction sector. Furthermore, India is one of the top 15 glass packaging markets in the world, and it is the third fastest-expanding market after Turkey and Brazil. Most of the glass demand in the country originates from container glass, which accounts for 50% of the country's glass consumption by value.
  • The Japan Electronics and Information Technology Industries Association (JEITA) says that by December 2021, the global production of the Japanese electronics and IT industry, which includes electronic equipment, components, devices, and more, will have grown by 8% Y-o-Y to USD 285.24 billion, and the industrial production is expected to grow by 2% Y-o-Y to USD 290.56 billion in 2022.
  • During the forecast period, the demand for platinum in Asia-Pacific is expected to rise due to the factors listed above and the help from the government.

Platinum Industry Overview

The global platinum market is consolidated, with top players accounting for a major share of the market. Some of the companies in the market that were looked at were Anglo American Platinum Limited, Impala Platinum Holdings Limited, Sibanye-Stillwater, Northam Platinum Holdings Limited, and Norilsk Nickel, among others (not in any particular order).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Usage in the Industrial Applications
    • 4.1.2 Growing Demand for Applications in the Automotive Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Product Prices
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Exhaust Systems
    • 5.1.2 Jewelry
    • 5.1.3 Chemical Catalysts
    • 5.1.4 Glass Production
    • 5.1.5 Electronics
    • 5.1.6 Other Applications
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
      • 5.2.2.3 Mexico
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 United Kingdom
      • 5.2.3.3 Italy
      • 5.2.3.4 France
      • 5.2.3.5 Rest of Europe
    • 5.2.4 Rest Of The World
      • 5.2.4.1 South America
      • 5.2.4.2 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Anglo American Platinum Limited
    • 6.4.2 Chimet Spa
    • 6.4.3 Heesung Pmtech
    • 6.4.4 Heraeus Holding
    • 6.4.5 Hindustan Platinum
    • 6.4.6 Impala Platinum Holdings Limited
    • 6.4.7 Johnson Matthey
    • 6.4.8 Nihon Material Co. Ltd.
    • 6.4.9 Norilsk Nickel
    • 6.4.10 Northam Platinum Holdings Limited
    • 6.4.11 Sibanye-stillwater

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Future Of Fuel Cells