デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445443

航空分野における5G:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

5G in Aviation - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
航空分野における5G:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

航空分野における5G市場は、2024年の78億米ドルから2029年までに106億7,000万米ドルに成長し、予測期間(2024年から2029年)中のCAGRは6.49%になると予想されています。

航空分野における5G-市場

航空旅客数の増加、航空分野におけるIoTなどの接続技術の応用の増加、高速インターネット接続とより優れた飛行体験サービスに対するニーズの高まりは、航空分野における5G市場を推進する要因の一部です。

主なハイライト

  • 5Gテクノロジーは、世界市場の多くのエンドユーザー業界が最も投資しているテクノロジーの1つです。航空業界では、乗客数の増加により5Gが顕著になり、乗客からのより多くの帯域幅とより高速な速度に対する需要が大幅に増加しています。航空会社やその他の空港利害関係者も、乗客のエクスペリエンスを向上させるために、必須テクノロジーとして高速、シームレス、安全な接続エクスペリエンスを求めています。
  • 航空業界では、IoTの導入が世界のデジタル化動向の一部となりつつあります。このような施設のIoTネットワークには高速通信ネットワークが必要となるため、航空分野における5Gの需要が大幅に高まります。たとえば、オランダのスキポールには、エレベーターや歩道のパフォーマンスに関するリアルタイム情報を収集する約70,000個のセンサーがあります。ウェアラブルは空港でも効率を高めるために使用できます。シンシナティ/ノーザンケンタッキー国際空港は、モバイルデバイス、スマートセンサー、携帯電話ネットワークを組み合わせたソリューションを使用して施設管理を改善しました。
  • さまざまな業界団体も、業界でのこのテクノロジーの導入をさらに支援しています。現在の主な焦点の1つは、より優れた機内接続エクスペリエンスを顧客に提供することです。 Seamless Air Allianceは、OneWeb(世界の通信会社)、Airtel(インドのモバイルネットワークオペレーター)、GoGo(航空会社と機内ブロードバンドシステムで協力する会社)、およびSprint(ワイヤレス通信を提供する通信会社)によって結成されました。サービスであり、インターネットサービスプロバイダー(ISP)です。一方、連合の構成はエアバスとデルタ航空によって完成されます。
  • 5Gに接続された人工知能(AI)は、空港、国境検査、業界のその他の施設における主要な問題点を解決すると期待されています。たとえば、このテクノロジーは、AIが固有の擦り傷、折り目、素材の特徴を認識して、一見同一のバッグを区別し、正しい乗客と一致させることができるため、乗客と自分のバッグを照合するのに役立ちます。
  • 5G技術による通信速度の高速化により、空港や構内のさまざまな施設の自動化が現実味を帯びてきています。 5Gテクノロジーは、AIやIoTなどのさまざまな先進テクノロジーと相まって、過去数年間で航空業界で大きな進歩を遂げました。ただし、5Gサービスなどの課題が航空機の高度計に干渉する可能性があり、5G導入に伴う航空分野の安全上の問題が市場の成長を妨げる可能性があります。
  • COVID-19感染症のパンデミックは、航空業界に歴史的な変化をもたらし、空港利害関係者に新たな課題をもたらしました。パンデミックのシナリオの中で提起された公衆衛生対策は地上作戦プロセスのボトルネックを悪化させ、新型コロナウイルス以前の時代にすでに存在していた課題をさらに悪化させました。ただし、5Gの導入などの新しいテクノロジーにより、これらの運用上の制約を緩和する方法が提供されます。 5Gネットワークが提供する強力な機能により、効率の向上も可能になります。

航空分野における5Gの動向

大幅な成長が期待される地対地通信型

  • 5Gのユースケースが業界でますます明確になり、5Gの超高信頼性と低遅延が注目されるようになるにつれて、航空宇宙分野における5Gの存在感は今後数年で確実に高まるでしょう。さらに、世界中の空港では、空港敷地内で効果的な地上間通信を実現するために5Gテクノロジーの導入が急速に進んでいます。
  • たとえば、2022年 9月にデリー空港は5Gインフラストラクチャを開始しました。この空港は、乗客がターミナル内で高度なモバイルサービスを利用できる、インドで唯一の5G対応空港になります。滑走路に到着または離陸する飛行機は、第5世代モバイルネットワーク技術(5G)のパワーを体験できるようになりました。
  • 5Gブロードバンドの成長は、同様の周波数帯域を使用しながら、より高いデータレート、より高い信頼性、より低い遅延や遅延を備えた既存の4Gテクノロジーを補完すると予想されています。さらに、通信事業者やデバイスのメーカーは、セルラー通信では使用されていないもの、航空宇宙やレーダーの用途では一般的に使用されている周波数帯域を使用できます。
  • また、旅客輸送量の増加により、空港やコネクテッド航空機における良好なインターネット接続に対する需要が高まっています。したがって、この地域の空港は地上間の接続セグメントの成長を促進しています。たとえば、連邦航空局(FAA)の予測によると、米国に出入りする航空交通乗客の総数は2022年に1億7,800万人に達すると予想されています。
  • 業界で使用される機器の技術革新とは別に、地上スタッフと空港は、5Gにより今後数年間で大きな変化が見られると予想されます。テクノロジーとスマートフォンの普及が進むにつれて、消費者は空港でのデジタルエンゲージメントとパーソナライズされたエクスペリエンスをますます期待しています。

北米はかなりの市場シェアを保持すると予想される

  • 北米地域は、先進技術の早期採用、コネクテッド航空機や機内ブロードバンドへの投資の増加に伴う航空交通量の増加、航空産業の近代化により、相当な市場シェアを保持すると予想されています。さらに、北米地域には多くの著名なプレーヤーが存在するため、市場の成長はさらに促進されます。
  • FAAによると、5G信号は電波高度計で使用される周波数に近い周波数を使用します。電波高度計は地上からの航空機の高さを決定するものであり、悪天候時の飛行において非常に重要です。その結果、FAAは、これらの5G信号により高度計が不正確な飛行データを発行する可能性があることを発見しました。
  • さらに、当局は旅客機と貨物機に対し、2024年までにすべての航空機に5G安全機器を設置するよう命令する予定です。その結果、2022年6月、ベライゾン・コミュニケーションズとAT&Tは航空便としての一部のCバンド5G利用を2023年7月まで延期することに自主的に合意しました。航空会社は航空機が干渉を受けないよう改修に取り組んでいます。これは、短期的には、この地域の航空分野における5Gサービスの展開に影響を与える可能性があります。
  • しかし、航空旅客数の急増、地域の航空産業の近代化、乗客の好みの変化により、運用効率を高めるために高帯域幅、低遅延、高密度接続ネットワークの需要が高まり、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。地域の。さらに、米国におけるIoTの普及率の高さにより、同地域の航空分野における5Gの需要が促進されることが予想されます。

航空分野における5Gの概要

航空分野における5G市場は適度な競争があり、いくつかの大手プレーヤーと新興プレーヤーで構成されています。市場シェアの点では、現在、一部の大手企業が市場を独占しています。しかし、周波数帯域の進歩により航空分野での応用が拡大するにつれ、新規参入企業が市場での存在感を高め、新興経済国全体で事業展開を拡大しています。

2022年 10月、バニヤンエアサービスは、米国南東部でGogoの今後の5Gサービス向けに航空機のプロビジョニングを開始すると発表しました。これらの航空機には、ボンバルディア世界5000、エンブラエルレガシー600、ガルフストリームG550、その他多数のビジネス航空機が含まれます。 Gogo 5Gは平均速度約25 Mbps、ピーク速度は最大80 Mbpsを実現すると予想されています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替品の脅威
  • COVID-19感染症が市場に与える影響の評価
  • テクノロジーのスナップショット
  • 航空における5Gのユースケース

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 高速インターネット接続とより良い飛行体験サービスに対するニーズの高まり
    • 航空業界全体でIoTの応用が進む
  • 市場の課題
    • 5Gインフラの拡張に伴う高額な初期投資

第6章 市場セグメンテーション

  • 接続タイプ
    • 地上間通信
    • 空対地通信
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Deutsche Telekom AG
    • SK Telecom Co. Ltd
    • KT Corporation
    • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • Gogo LLC
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Nokia Corporation
    • Inseego Corp.
    • AeroMobile Communications Limited
    • SmartSky Networks LLC
    • Telia Company AB

第8章 投資分析

第9章 市場機会と市場の将来

目次
Product Code: 66923

The 5G Market in Aviation Industry is expected to grow from USD 7.80 billion in 2024 to USD 10.67 billion by 2029, at a CAGR of 6.49% during the forecast period (2024-2029).

5G  in Aviation - Market

The growing air passenger traffic, increasing application of connected technologies such as IoT in the aviation sector, and growing need for fast internet connectivity and better flight experience service are some of the factors driving the 5G market in aviation.

Key Highlights

  • 5G technology is one of the most invested technologies by many end-user industries in the global market. In the aviation industry, 5G is witnessing significant owing to a rise in passenger footfall, leading to a substantial rise in demand for more bandwidth and faster speed from passengers. Airline companies and other airport stakeholders are also seeking fast, seamless, and secure connectivity experiences for their essential technologies to enhance the passenger experience.
  • The adoption of IoT is increasingly becoming part of the global digitalization trend in the aviation industry. The IoT network in such facilities requires a high-speed communication network, thus significantly boosting the demand for 5G in the aviation sector. For example, Schiphol in the Netherlands has about 70,000 sensors collecting real-time information on the performance of elevators and walkways. Wearables can also be used in an airport to drive efficiency. The Cincinnati/Northern Kentucky International Airport improved facility management using a solution that combines mobile devices, smart sensors, and a cellular network.
  • Various industry associations are also further helping adopt the technology in the industry; one of the primary focuses currently is offering a better in-flight connected experience for customers. The Seamless Air Alliance has been formed by OneWeb (a global communications company), Airtel (an Indian Mobile Network Operator), GoGo (a company that works with airlines on in-flight broadband systems), and Sprint (a telecommunications company that delivers wireless services and is an internet service provider (ISP)); whereas the composition of the coalition is completed by Airbus and Delta Airlines.
  • 5G connected Artificial Intelligence (AI) is expected to solve major pain points at airports, border checking, and other facilities in the industry. For instance, the technology can help match passengers to their bags as AI will be able to recognize unique scuff marks, creases, and material characteristics to distinguish between seemingly identical bags and match them to the correct passenger.
  • Automating the airports and various facilities in such premises is increasingly becoming a reality due to higher communication speeds enabled by the 5G technology. Coupled with various advanced technologies such as AI and IoT, the 5G technology has made significant strides in aviation over the past few years. However, challenges such as 5G service could interfere with airplane altimeters, and safety issues in the aviation sector with 5G implementation may hamper the growth of the market.
  • The COVID-19 pandemic resulted in a historical shift in the aviation industry while introducing new airport stakeholders' challenges. Public health measures raised amid the pandemic scenario worsened the bottlenecks in ground operations processes, adding up to the challenges that were already present in the pre-COVID era. However, new technologies, such as the deployment of 5G, offer ways to ease these operational constraints. The powerful features provided by a 5G network can also enable greater efficiency.

5G in Aviation Market Trends

Ground-to-Ground Communication type is Expected to Register a Significant Growth

  • As 5G Use Cases are becoming increasingly well-articulated by the industry and the ultra-high reliability and low latency of 5G come into the picture, their presence in the aerospace sector will surely increase in the years to come. Moreover, airports worldwide are rapidly implementing 5G technology for effective ground-to-ground communication at airport premises.
  • For instance, in September 2022, Delhi Airport launched its 5G infrastructure. The airport becomes the only 5G-enabled airport in India where passengers can use the advanced mobile service inside the terminal. The flyers arriving or departing from the runway can now experience the power of the 5th generation mobile network technology (5G).
  • The growth of 5G broadband is expected to complement the existing 4G technology, using similar frequency bands but with higher data rates, greater reliability, and lower latency or lag. Further, carriers and device manufacturers can use frequency bands that have not been used in cellular communications but are commonly used in aerospace and radar applications.
  • Also, the rise in passenger traffic is leading to an increase in demand for good internet connectivity in airports and connected aircraft. Hence airports across this region are boosting the growth of the ground-to-ground connectivity segment. For instance, according to the Federal Aviation Administration (FAA) forecast, the total number of air traffic passengers traveling to or from the United States is expected to reach 178 million in 2022.
  • Apart from technological innovation in the equipment used in the industry, the ground staff and airports are expected to see a significant change over the coming years due to 5G. With the growing proliferation of technology and smartphones, consumers are increasingly expecting digital engagement and personalized experiences in airports.

North America is Expected to Hold Significant Market Share

  • The North American region is expected to hold a substantial market share due to the early adoption of advanced technologies, increasing air traffic coupled with rising investments in connected aircraft and in-flight broadband, and the modernization of the aviation industry. Moreover, the presence of many prominent players in the North American region further augments the market's growth.
  • According to FAA, 5G signals use frequencies closer to the ones used by radio altimeters, which determine the aircraft's height from the ground and are critically important when flying in bad weather. As a result, the FAA found that these 5G signals could potentially cause the altimeters to issue incorrect flight data.
  • Further, the agency intends to order passenger and cargo aircraft to install 5G-safe equipment on all airplanes by 2024. As a result, in June 2022, Verizon Communications and AT&T voluntarily agreed to delay some C-Band 5G usage until July 2023 as air carriers work to retrofit airplanes to ensure they will not face interference. This may impact the rollout of the 5G services in the region's aviation sector in the short term.
  • However, the upsurge in airline passenger traffic, modernization in the region's aviation industry, and changes in passenger preferences are expected to drive the demand for high band-with, low latency, and densely connected networks for operational efficiency, thus positively impacting the market growth in the region. In addition, the high adoption of IoT in the United States is expected to spur the demand for 5G in Region's aviation sector.

5G in Aviation Industry Overview

The 5G market in aviation is moderately competitive and consists of several major and emerging players. In terms of market share, some of the major players currently dominate the market. However, with the advancement in the frequency band, thereby growing application in the aviation sector, new players are increasing their market presence, expanding their business footprint across emerging economies.

In October 2022, Banyan Air Service announced the beginning of provisioning aircraft in the southeastern United States for Gogo's forthcoming 5G service. These aircraft include a Bombardier Global 5000, Embraer Legacy 600, Gulfstream G550, and numerous other business aircraft. Gogo 5G is expected to deliver around 25 Mbps average speed, with peak speeds up to 80 Mbps.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.4 Technology Snapshot
  • 4.5 5G in Aviation Use Cases

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Need for Fast Internet Connectivity and Better Flight Experience Service
    • 5.1.2 Rising Application of IoT across the Aviation Sector
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Initial Investment Involved in Expanding 5G Infrastructure

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Connectivity Type
    • 6.1.1 Ground-to-Ground Communication
    • 6.1.2 Air-to-Ground Communication
  • 6.2 Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
    • 6.2.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Deutsche Telekom AG
    • 7.1.2 SK Telecom Co. Ltd
    • 7.1.3 KT Corporation
    • 7.1.4 Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • 7.1.5 Gogo LLC
    • 7.1.6 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.7 Nokia Corporation
    • 7.1.8 Inseego Corp.
    • 7.1.9 AeroMobile Communications Limited
    • 7.1.10 SmartSky Networks LLC
    • 7.1.11 Telia Company AB

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE OF THE MARKET