市場調査レポート
商品コード
1445431

デジタルマップ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Digital Map - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
デジタルマップ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

デジタルマップ市場規模は、2024年に255億5,000万米ドルと推定され、2029年までに478億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に13.39%のCAGRで成長します。

デジタルマップ- 市場

自動車業界における高度なナビゲーションシステムのアプリケーションの成長、地理情報システム(GIS)の需要の急増、接続デバイスとインターネットの採用の増加は、デジタルマップ市場の成長を促進する主な要因の一部です。

主なハイライト

  • 近年、デジタルマップテクノロジーは、エネルギーと電力、自動車、物流、運輸、政府、建設、通信などのさまざまな業界で潜在的な地位を確立しており、高度なGIS、地図分析、リアルタイム追跡システムを提供しています。物流および輸送部門は、稼働時間を短縮し、効果的な配送ルートを見つけることで業務を強化するために、高度なデジタルマップソリューションを導入する最も重要な部門の1つです。
  • さらに、デジタルマップテクノロジは、位置情報、リアルタイム更新、テクノロジコラボレーション、より優れた地理マッピング出力のための分析などのエンドツーエンドのマップソリューションを提供します。インターネットおよびスマートフォン、タブレット、インタラクティブディスプレイなどの接続デバイスでは、世界人口の間で地図ベースのアプリケーションの採用が増加しているため、デジタルマップ市場は今後数年間で健全な速度で成長すると予想されます。
  • さらに、自動車から家電に至るまで、世界は消費者にリアルタイムのデータ追跡と位置ベースの操作ソリューションを提供するコネクテッドデバイスに移行しており、市場の大幅な成長を推進しています。 Forbesによると、世界中のモノのインターネット(IoT)接続デバイスの設置ベースは2025年までに754億4,000万デバイスに達すると予想されており、これにより、予測期間を通じて市場に幅広い有利な成長機会がもたらされることになります。
  • ただし、従来の地図と最新のGISシステムの統合における全体的な複雑さの増大が、市場の成長を抑制する要因となる可能性があります。

デジタルマップ市場動向

GISとGNSSの需要の急増がデジタルマップ技術の導入に影響

  • 地理情報システム(GIS)と全地球測位衛星システム(GNSS)は、デジタルマップソリューションにおける有力なテクノロジーです。 GISおよびGNSSベンダーがモバイルベースの地理空間センサープラットフォームを開発するにつれて、デジタルマップソリューションはベクトル開発とマップシミュレーション技術によってさらに進歩しています。
  • 通信ネットワークとワイヤレス接続の拡大により、GISを活用したマップが活用され、ユーザーのアクセシビリティとリアルタイムのマップ実行が実現されています。データ分析も、時空間データと多次元接続を使用してGIのアプリケーションを強化する新たな分野の1つです。さらに、GISテクノロジーは、シミュレーション予測、計画、情勢分析、モビリティ管理、オブジェクト追跡などのデジタルマッピング機能を進化させており、予測期間におけるデジタルマップソリューションの成長を促進すると予想されます。
  • 配備されているさまざまな全地球航法衛星システム(GNSS)(GLONASSなど)、または最近開発中(BeiDouやGalileoなど)は、人々の日常生活における衛星測位の影響を強化するでしょう。したがって、自動車、その他の車両、スマートフォンにおける消費者レベルの測位のアプリケーションと要件は大幅に増加しています。さらに、市場では、顧客にリーチし、複数のアプリケーションの要件を満たすためにビジネスとそのプレゼンスを向上させる戦略の一環として、主要企業によるさまざまな製品革新や発売が見られます。
  • たとえば、今年 9月、Aurora Insightは、世界中のGNSS信号の脆弱性や干渉を警告できる宇宙ベースの無線周波数干渉(RFI)監視サービスの開始を宣言しました。したがって、Auroraは、潜在的に有害な干渉をGNSS顧客に通知するデータの世界層を組織に提供することにより、干渉監視に独自のアプローチを採用しています。マップベースのツールは、地球規模の干渉状態の全体像を提供しながら、絶えず変化するワイヤレス環境について組織に情報を提供し続けるのにも役立ちます。
  • 欧州 GNSS庁によると、昨年、世界中の全地球測位衛星システム(GNSS)デバイスの設置ベースは約65億台であり、2031年末までに約106億台に増加すると予測されています。全地球測位衛星システム(GNSS)市場は約1,505億米ドルと評価されました。したがって、全地球航法衛星システム(GNSS)デバイスの設置ベースが世界中で全体的に増加しているため、市場は予測期間を通じて指数関数的な成長を遂げると予想されます。

アジア太平洋はデジタルマップ市場で最も急成長している地域

  • アジア太平洋は、市場で最も急速に成長している地域の1つです。これは主にeコマース部門の台頭によるもので、デジタルマップの大幅な需要がこの市場のもう一つの主要な原動力の1つであると予想されます。大手eコマース企業であるFlipkartやAlibabaなどの企業は、全地球測位システム(GPS)追跡および地理情報システム(GIS)ソリューションに投資してきました。アリババは、消費者の行動を特定しモデル化するためのユーティリティとして位置情報を使用する位置情報プラットフォームPlaceIQに投資しました。
  • インド、中国、シンガポール、日本、オーストラリア、韓国を含む国々では、近年テクノロジーの導入に大きな変化が見られます。これらすべてのアジア諸国で、eコマースアプリケーション、モバイルデータ通信範囲、都市計画、サプライチェーンと物流管理、環境モニタリングのためのデジタルマップソリューションの利用が増加しており、今後数年間のデジタルマップの導入に影響を与えるでしょう。
  • さらに、この地域のゲーム会社は、世界的に先進的なARテクノロジーを主に採用している企業の一部です。仮想環境でプレイされる洗練されたゲームのイントロダクションは、GISベースのシステムの主要な応用分野の1つです。ゲーム分野では中国が優勢ですが、ゲーム収益によれば日本は第3位の市場であり、年間1,400万米ドル以上を生み出しています。
  • この地域の自動車セクターの成長は、将来の市場の主な推進力の1つになると予想されます。自動運転車における次の変化の波を先導する日産、トヨタ、ホンダなどの企業は、すでにレベル2 ADASシステムと同様の技術を開発しています。これは、TomTom BVのような企業が提供するHDマップソリューションの主な応用分野の1つです。TomTom BVは現在、韓国や日本などの国で大きな存在感を持っています。
  • さらに、通信会社チャイナモバイルは、ファーウェイ、サムスン、ビボ、オッポなど34社のパートナーが開発した、AR/VRを含む5Gネットワークをサポートする47以上のモバイル端末をリリースすると発表しました。チャイナモバイルはまた、国内ですでに1,000万人が5Gネットワークを利用しており、その数字は2025年までに6億人に達すると予想されていると述べた。これは、この地域でのGISベースの位置ソリューションの導入を促進すると期待されています。

デジタルマップ業界の概要

一部の地域および世界的企業がデジタルマップソリューションの技術的専門知識で市場を独占しているため、デジタルマップの世界市場は統合されることが予想されます。 Collins Bartholomew Ltd、Digital Map Products, Inc.、Digital Mapping Solutions、DMTI Spatial、ESRI Business Information Solutions, Inc.、Google LLC(Alphabet Inc.)、HERE Technologies、Lepton Software、Mapbox、MapData Services Pty Ltd、Maxar Technologies(DigitalGlobe)、ThinkGeo LLC、TomTom International BVBVは、現在の市場に存在する主要な企業の一部です。ただし、これらの企業はすべて、世界のデジタルマップ市場でリーダーの地位を獲得するために、パートナーシップ、新製品の革新、市場の拡大などの競争力のある戦略的開発に関与しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 自動車産業における先進ナビゲーションシステムの用途の拡大
    • 地理情報システム(GIS)の需要の急増
    • 接続されたデバイスとインターネットの採用の増加
  • 市場抑制要因
    • 従来の地図と最新のGISシステムの統合における複雑さ
  • テクノロジーのスナップショット
    • ベクトル管理
    • 分析
    • リアルタイム追跡
    • データ統合
    • その他の用途

第6章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • ソフトウェア
    • サービス
  • デプロイメント別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 業界別
    • 自動車
    • エンジニアリングと建設
    • 物流と輸送
    • エネルギーと公共事業
    • 通信
    • その他の産業
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Collins Bartholomew Ltd
    • Digital Map Products, Inc.
    • Digital Mapping Solutions
    • DMTI Spatial
    • ESRI Business Information Solutions, Inc.
    • Google LLC(Alphabet Inc.)
    • HERE Technologies
    • Lepton Software
    • Mapbox
    • MapData Services Pty Ltd
    • Maxar Technologies(DigitalGlobe)
    • ThinkGeo LLC
    • TomTom International BV

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 66662

The Digital Map Market size is estimated at USD 25.55 billion in 2024, and is expected to reach USD 47.88 billion by 2029, growing at a CAGR of 13.39% during the forecast period (2024-2029).

Digital Map - Market

Growth in the application of the advanced navigation system in the automotive industry, the surge in demand for Geographic Information Systems (GIS), and increased adoption of connected devices and the internet are some of the major factors driving the growth of the digital map market.

Key Highlights

  • In recent years, digital map technology has found a potential place in various industries such as energy & power, automobile, logistics, transportation, government, construction, telecommunication, and others, offering advanced GIS, map analytics, and real-time tracking systems. Logistics and transportation sectors are one of the most crucial sectors deploying advanced digital map solutions to augment their operations through reduced up-time and finding effective delivery routes.
  • Additionally, digital map technology offers end-to-end map solutions such as location information, real-time update, technology collaboration, and analytics for better geo-mapping outputs. As the internet and connected devices such as smartphones, tablets, and interactive displays are experiencing higher adoption for map-based applications among the global population, the market for digital maps is expected to grow at a healthy rate in the coming years.
  • Moreover, from automotive vehicles to home appliances, the world is moving towards connected devices which provide real-time data tracking and location-based operation solution to consumers, driving the market's growth significantly. According to Forbes, the Internet of Things (IoT) connected devices installed base worldwide is expected to reach 75.44 billion devices by 2025, which in turn will bring a broad range of lucrative growth opportunities for the market throughout the forecast period.
  • However, the rise in the overall complexity of the integration of traditional maps with modern GIS systems might be a factor that could restrain the market's growth.

Digital Map Market Trends

Surge in Demand for GIS and GNSS to Influence the Adoption of Digital Map Technology

  • Geographic Information Systems (GIS) and Global navigation satellite systems (GNSS) are potent technologies in digital map solutions. As the GIS and GNSS vendors are developing mobile-based geospatial sensor platforms, digital map solutions are becoming more advanced with vector development and map simulation techniques.
  • Expanding telecom networks and wireless connectivity is leveraging GIS-powered maps to gain user accessibility and real-time map execution. Data analytics is also one of the emerging areas to augment the application of GIs with spatiotemporal data and multidimensional connectivity. Moreover, GIS technology advances digital mapping capability with simulation forecasting, planning, landscape analysis, mobility management, and object tracking, which is anticipated to fuel the growth of digital map solutions in the forecast period.
  • Various Global Navigation Satellite Systems (GNSS) deployed (such as GLONASS) or under development in recent times (such as BeiDou and Galileo) would reinforce the impact of satellite positioning in the daily lifestyles of people. Hence, there lies a massive growth in the applications and requirements for consumer-level positioning in cars, other vehicles, and smartphones. Moreover, the market is witnessing various product innovations and launches by key players as part of its strategy to improve business and their presence to reach customers and meet their requirements for multiple applications.
  • For instance, in September this year, Aurora Insight declared the launch of a space-based radio frequency interference (RFI) monitoring service that could alert GNSS signal vulnerabilities or interferences worldwide. Aurora thus takes a unique approach to interference monitoring by delivering organizations with a global layer of data that informs GNSS customers of potentially harmful interference. The map-based tool can also help keep organizations informed about the ever-changing wireless environment while delivering a holistic view of the global state of interference.
  • As per the European GNSS Agency, last year, the installed base of global navigation satellite system (GNSS) devices worldwide stood at around 6.5 billion units and is thus predicted to rise to about 10.6 billion devices by the end of 2031. Last year, the global navigation satellite system (GNSS) market was valued at approximately 150.5 billion USD. Hence, with the overall rise in the installed base of global navigation satellite system (GNSS) devices globally, the market is expected to witness exponential growth throughout the forecast period.

Asia-Pacific is the Fastest Growing Region for Digital Map Market

  • Asia-Pacific is one of the fastest-growing regions in the Market. It is primarily due to the rise in the E-commerce sector, considerably requiring digital maps is expected to be one of the other major driving forces for this Market. Companies like Flipkart and Alibaba, major e-commerce players, have invested in Global Positioning System (GPS) tracking and geographic information system (GIS) solutions. Alibaba invested in the location platform PlaceIQ, which uses location as a utility to identify and model consumer behavior.
  • Countries including India, China, Singapore, Japan, Australia, and South Korea have seen a significant shift in technological adoption in recent years. Increased utilization of digital map solutions for e-commerce applications, mobile data coverage, urban planning, supply chain & logistics management, and environmental monitoring in all these Asian countries will influence the adoption of digital maps in the coming years.
  • Moreover, the gaming companies in the region are some of the primary adopters of advanced AR technologies globally. The introduction of sophisticated games being played in virtual environments is one of the major application areas for GIS-based systems. Though China dominates the gaming sector, Japan is the third largest Market according to game revenue and generates over USD 14 million a year.
  • The growth of the automotive sector in the region is expected to be one of the primary drivers of the Market in the future. Leading the next wave of change in automated vehicles, players like Nissan, Toyota, and Honda have already developed technology similar to Level-2 ADAS systems. This is one of the major areas of application for HD Map solutions offered by players like TomTom BV, which now have a major presence in countries like South Korea and Japan.
  • Furthermore, China Mobile, a telecom company, has announced to release of over 47 mobile ends supporting 5G networks, including AR/VR, developed by 34 partners, including Huawei, Samsung, Vivo, and Oppo. China Mobile has also mentioned that 10 million people are already using the 5G network, and the figure is expected to reach 600 million by 2025 in the country. This is expected to aid the region's adoption of GIS-based location solutions.

Digital Map Industry Overview

As some regional and global players dominate the market with their technological expertise in digital map solutions, the global market for digital maps is expected to be consolidated. Collins Bartholomew Ltd, Digital Map Products, Inc., Digital Mapping Solutions, DMTI Spatial, E.S.R.I. Business Information Solutions, Inc., Google L.L.C. (Alphabet Inc.), HERE Technologies, Lepton Software, Mapbox, MapData Services Pty Ltd, Maxar Technologies (DigitalGlobe), ThinkGeo L.L.C., and TomTom International B.V.B.V. are some of the major players present in the current market. However, all these players are involved in competitive strategic developments such as partnerships, new product innovation, and market expansion to gain leadership positions in the global digital map market.

  • November 2022 - A.G.I. members U.N.L. Global and Genesys International declared a strategic partnership to create a hyperlocal Location Technology Platform powered by a high-accuracy 3D digital map of India. The alliance would bring advanced Geospatial and mapping solutions to the entire Indian market.
  • July 2022 - Magic Leap, Inc., and NavVis, a global leader in reality capture and digital factory solutions, declared a strategic partnership to provide large-scale Augmented Reality (A.R.A.R.) applications in complex enterprise environments. Integrating Magic Leap's advanced spatial computing platform with NavVis's mobile mapping systems and spatial data platform, the two companies target to augment the overall usage of A.R.A.R. applications across various key industries, including automotive manufacturing, retail, and the public sector.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growth in Application for Advanced Navigation System in Automotive Industry
    • 5.1.2 Surge in Demand for Geographic Information System (GIS)
    • 5.1.3 Increased Adoption of Connected Devices and Internet
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Complexity in Integration of Traditional Maps with Modern GIS System
  • 5.3 Technology Snapshot
    • 5.3.1 Vector Management
    • 5.3.2 Analytics
    • 5.3.3 Real-Time Tracking
    • 5.3.4 Data Integration
    • 5.3.5 Other Applications

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Solution
    • 6.1.1 Software
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By Deployment
    • 6.2.1 On-Premise
    • 6.2.2 Cloud
  • 6.3 By Industry
    • 6.3.1 Automotive
    • 6.3.2 Engineering & Construction
    • 6.3.3 Logistics & Transportation
    • 6.3.4 Energy & Utilities
    • 6.3.5 Telecommunication
    • 6.3.6 Other Industries
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 United Kingdom
      • 6.4.2.2 Germany
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 Japan
      • 6.4.3.3 India
      • 6.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.4.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Collins Bartholomew Ltd
    • 7.1.2 Digital Map Products, Inc.
    • 7.1.3 Digital Mapping Solutions
    • 7.1.4 DMTI Spatial
    • 7.1.5 ESRI Business Information Solutions, Inc.
    • 7.1.6 Google LLC (Alphabet Inc.)
    • 7.1.7 HERE Technologies
    • 7.1.8 Lepton Software
    • 7.1.9 Mapbox
    • 7.1.10 MapData Services Pty Ltd
    • 7.1.11 Maxar Technologies (DigitalGlobe)
    • 7.1.12 ThinkGeo LLC
    • 7.1.13 TomTom International B.V.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS