デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445429

メディア、広告、エンターテイメントにおけるブロックチェーン: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Blockchain in Media, Advertising, and Entertainment - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
メディア、広告、エンターテイメントにおけるブロックチェーン: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

メディア、広告、エンターテイメントにおけるブロックチェーンの市場規模は、2024年に15億米ドルと推定され、2029年までに272億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に78.49%のCAGRで成長します。

メディア、広告、エンターテイメントにおけるブロックチェーン- 市場

ブロックチェーンは既存のビジネスモデルを破壊するだけでなく、特にメディア業界において新しいビジネスモデルの開発を可能にします。デジタル技術は世界のメディアおよびエンターテインメント業界、特にコンテンツ制作と配信において大幅な変革をもたらしており、ブロックチェーンは最も顕著な技術的破壊者です。

主なハイライト

  • その後のコンテンツのコモディティ化と知的財産(IP)の著作権侵害の蔓延により、メディアやエンターテインメントにおけるブロックチェーンの必要性が高まっています。コンテンツ作成者とエンドユーザーの間の仲介者を排除する必要性の高まり、安全で高速な取引に対する需要の高まり、メディアおよびエンターテインメント業界におけるデータ著作権侵害の事例の増加などが、市場を牽引する重要な要因となっています。
  • さらに、メディアおよびエンターテインメント業界は知的財産の保護を重視する契約ベースのビジネスであるため、メディアユーザーはさまざまなコンテンツに無料でアクセスできることに慣れています。また、コンテンツは品質を損なうことなく迅速にコピーおよび配布できるため、すべてのメディアセグメントがデジタル化の影響を大きく受けています。これは、デジタル著作権管理システムが著作権侵害を軽減する必要が依然としてあるためです。
  • ブロックチェーンの出現により、この業界構造は大きく変わる可能性があります。ブロックチェーン技術により、コンテンツアグリゲーター、プラットフォームプロバイダー、ロイヤルティ収集協会を大幅に回避できます。したがって、市場支配力は著作権所有者に移ります。ブロックチェーンテクノロジーは、不変の状態とデジタルアイデンティティを持つ資産に対してリアルタイムの消費ベースの価格設定を提供することで、コンテンツクリエイターやメディア企業の利益を増やすことができます。このソリューションにより取引コストが40~80%削減され、決済アプリケーションがとりわけ主要なセグメントになります。
  • パンデミック後、デジタル化の大幅な導入に伴い、世界中の人々が音楽や映画のフェスティバル、スポーツなどの物理的なエンターテイメントイベントに参加することに興味を持っています。 NFTの普及は市場の成長率に寄与するために分析されています。
  • たとえば、Dapper Labsが設立したデジタルエンゲージメントレイヤー1ブロックチェーンであるFlowによると、今年8月、Live Nation子会社のTicketmasterは最近、自社のブロックチェーン上で鋳造されたイベント主催者向けの非代替トークン(NFT)チケットを発表しました。 NFTチケットの主な用途はアーカイブ価値です。ただし、お土産としてだけでなく、著名なコンサートへの出席の証拠としても使用できます。
  • さらに、Ticketmasterを通じて、Flowブロックチェーン上に500万を超えるNFTが作成されました。 Metaは8月、Instagramが現在100カ国以上でNFTをサポートしていることを明らかにしました。 Instagramで共有されるすべてのNFTコレクションはFlowブロックチェーン上で作成されます。さらに、MetaはFacebook上のユーザーのデジタルウォレットを介した新しいNFT接続を導入しました。
  • このテクノロジーにより、仲介業者の必要性がなくなり、プロバイダーと支払者の管理コストと時間が削減されます。しかし、標準化の欠如は市場の成長をある程度妨げます。また、新しいテクノロジーの導入プロセスには費用と時間がかかり、市場の成長が抑制されます。

メディア、広告、エンターテイメントにおけるブロックチェーンの動向

決済アプリケーションが市場を独占すると予想される

  • メディアユーザーは現在、さまざまなコンテンツに無料でアクセスできることに非常に慣れています。これは主に、メディアおよびエンターテインメント業界が知的財産の保護を重視する契約ベースのビジネスであるためです。また、デジタル化により、品質を損なうことなくコンテンツを簡単にコピーして共有できるようになるため、あらゆる種類のメディアが被害を受けています。
  • ブロックチェーン技術は、不変の状態とデジタルIDを持つ資産に対してリアルタイムの消費ベースの価格設定を提供します。このソリューションは、業界での導入と拡張のレベルに応じて取引コストを40%~80%削減し、決済アプリケーションをとりわけ主要なセグメントにします。もう1つの人気のあるアプリケーションである暗号通貨は、コンテンツプロバイダーへの少額支払いを容易にします。企業はこれを利用して、顧客が単一の曲やビデオを購入して再生したり、ニュース記事を読む許可を購入したりできるようにします。
  • さらに、ブロックチェーンを活用したマイクロペイメントにより、従量課金制の消費が実現可能になりました。データを包括的に記録するブロックチェーンの機能により、著作権で保護されたコンテンツがいつ、どのように消費されたかをより正確に追跡できるようになる可能性があります。
  • 多くのコンテンツプロバイダーは、暗号通貨による支払いを受け入れるテクノロジーを使用しています。たとえば、今年11月、テキサス州オースティンに本拠を置くフィンテック企業Oveitは、スイスの新興企業Utrustと協力して、暗号通貨決済サービスを提供しました。彼らは、イベントプランナーがより容易に暗号通貨による支払いを受け入れて使用できるように、エンターテインメント業界に新しい支払いメカニズムを導入し、より大きな市場に参入できるようにしたいと考えています。これらの企業は、イベント、テーマパーク、旅行パッケージへの世界中の最大10億人の訪問者による暗号通貨支払いの仲介者として機能します。
  • 今年 10月、大手B2BおよびB2C企業に好まれる世界の決済オーケストレーションプラットフォームであるBlueSnapは、ビットコインおよび暗号通貨決済サービスの著名なプロバイダーであるBitPayとの新たな提携を発表しました。この製品コラボレーションは、世界中で最大15種類の仮想通貨と7種類の法定通貨を受け入れ、支払いできるようにすることで、世界中の企業の収益拡大とコスト削減を支援するというBlueSnapの目標をサポートします。

北米が最大の市場シェアを保持すると予想される

  • メディアユーザーは現在、さまざまなコンテンツに無料でアクセスできることに非常に慣れています。これは主に、メディアおよびエンターテインメント業界が知的財産の保護を重視する契約ベースのビジネスであるためです。また、デジタル化により、品質を損なうことなくコンテンツを簡単にコピーして共有できるようになるため、あらゆる種類のメディアが被害を受けています。
  • ブロックチェーン技術は、不変の状態とデジタルIDを持つ資産に対してリアルタイムの消費ベースの価格設定を提供します。このソリューションは、業界での導入と拡張のレベルに応じて取引コストを40%~80%削減し、決済アプリケーションをとりわけ主要なセグメントにします。もう1つの人気のあるアプリケーションである暗号通貨は、コンテンツプロバイダーへの少額支払いを容易にします。企業はこれを利用して、顧客が単一の曲やビデオを購入して再生したり、ニュース記事を読む許可を購入したりできるようにします。
  • さらに、ブロックチェーンを活用したマイクロペイメントにより、従量課金制の消費が実現可能になりました。データを包括的に記録するブロックチェーンの機能により、著作権で保護されたコンテンツがいつ、どのように消費されたかをより正確に追跡できるようになる可能性があります。
  • 多くのコンテンツプロバイダーは、暗号通貨による支払いを受け入れるテクノロジーを使用しています。たとえば、今年11月、テキサス州オースティンに本拠を置くフィンテック企業Oveitは、スイスの新興企業Utrustと協力して、暗号通貨決済サービスを提供しました。彼らは、イベントプランナーがより容易に暗号通貨による支払いを受け入れて使用できるように、エンターテインメント業界に新しい支払いメカニズムを導入し、より大きな市場に参入できるようにしたいと考えています。これらの企業は、イベント、テーマパーク、旅行パッケージへの世界中の最大10億人の訪問者による暗号通貨支払いの仲介者として機能します。
  • 今年 10月、大手B2BおよびB2C企業に好まれる世界の決済オーケストレーションプラットフォームであるBlueSnapは、ビットコインおよび暗号通貨決済サービスの著名なプロバイダーであるBitPayとの新たな提携を発表しました。この製品パートナーシップにより、BlueSnapは、最大15の異なる暗号通貨と7つの法定通貨での支払いの受け入れを可能にすることで、世界中の企業がより多くの収益を上げ、コストを削減できるように支援するという目標を達成することができます。

メディア、広告、エンターテイメントにおけるブロックチェーンの概要

世界のメディア、広告、エンターテイメントにおけるブロックチェーンの競合情勢は、特にメディアとエンターテイメント業界でブロックチェーンソリューションを提供している企業が少数であるため、適度に集中しています。ベンダーは、世界市場での存在感を拡大し、市場シェアを拡大するために、パートナーシップ、コラボレーション、買収、新製品の発売など、さまざまな戦略を採用しています。

2022年10月、主要なブロックチェーンエコシステムおよび暗号通貨インフラストラクチャープロバイダーであるバイナンスは、韓国の世界トップクラスのエンターテイメントビジネスの1つであるYGエンターテインメント株式会社(YG)と戦略的協力を形成するための覚書(MOU)を締結したと発表しました。バイナンスとYGは、戦略的協力の一環として、NFT分野のプロジェクトを含むさまざまなブロックチェーンプロジェクトに取り組む予定です。 BinanceはNFTプラットフォームと技術インフラを提供し、YGはNFTコンテンツとゲームアセットを提供します。さらに、両事業は、バイナンススマートチェーンに基づいてゲームを作成し、協力してメタバースを確立し、他のデジタル資産の機会を積極的に探索して、顧客向けに独特の製品とサービスを作成する予定です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • その後のコンテンツのコモディティ化と知的財産の広範な著作権侵害
    • コンテンツ作成者とエンドユーザーの間の仲介者を排除する必要性の高まり
    • 安全で高速なトランザクションに対する需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • 標準化の欠如
    • 高価で時間のかかる導入

第6章 市場セグメンテーション

  • ブロックチェーンの種類別
    • 公共
    • プライベート
  • 企業の規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • 用途別
    • ライセンシングと権利の管理
    • デジタル広告
    • スマートコントラクト
    • 支払い
    • オンラインゲーム
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • Microsoft Corporation
    • Ernst &Young Global Limited
    • Bitfury Group Limited
    • SAP SE
    • Accenture
    • Amazon Web Services, Inc.
    • Oracle Corporation
    • Infosys Limited
    • Ujo Music

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 66633

The Blockchain in Media, Advertising, and Entertainment Market size is estimated at USD 1.5 billion in 2024, and is expected to reach USD 27.29 billion by 2029, growing at a CAGR of 78.49% during the forecast period (2024-2029).

Blockchain in Media, Advertising, and Entertainment - Market

Blockchain is disrupting not only the existing business models but is also enabling the development of new business models, especially in the media industry. Digital technologies are substantially transforming the global media and entertainment industries, especially in content production and distribution, with blockchain being the most prominent technological disruptor.

Key Highlights

  • The need for blockchain in media and entertainment is increasing owing to the subsequent commoditization of content and widespread piracy of intellectual property (IP). The increasing need for eliminating intermediaries between content creators and end-users, the growing demand for secure and faster transactions, and the growing instances of data piracy in the media and entertainment industries are some key factors driving the market.
  • Further, media users are accustomed to having free access to a wide variety of content, as the media and entertainment industry is a contract-based business that places a premium on protecting intellectual property. Also, all media segments have suffered significantly from digitization since content can be copied and distributed quickly without losing quality. This is because digital rights management systems still need to reduce copyright infringements.
  • With the advent of blockchain, this industry structure could change significantly. Blockchain technology permits bypassing content aggregators, platform providers, and royalty collection associations to a large extent. Thus, market power shifts to the copyright owners. Blockchain technology can increase profits for content creators and media companies by providing real-time consumption-based pricing against assets with an immutable state and digital identity. This solution reduces transaction costs by 40-80%, thus making payment applications the leading segment amongst others.
  • After the pandemic, people across the globe are interested in attending physical entertainment events such as music and movie festivals and sports, along with the significant adoption of digitalization. NFT penetration is analyzed to contribute to the market growth rate.
  • For instance, in August this year, Ticketmaster, a Live Nation subsidiary, recently announced non fungible tokens (NFTs) tickets for event organizers minted on its blockchain, according to Flow, a digital engagement layer-1 blockchain established by Dapper Labs. The NFT tickets' main use will be for their archival value. But in addition to serving as souvenirs, they can be used as evidence of attendance at prominent concerts.
  • Additionally, through Ticketmaster, more than 5 million NFTs have been created on the Flow blockchain. Meta revealed in August that Instagram now supports NFT in more than 100 nations. All NFT collectibles shared on Instagram are created on the Flow blockchain. Additionally, Meta introduced a new NFT connection through users' digital wallets on Facebook.
  • This technology eliminates the need for intermediaries and reduces administrative costs and time for providers and payers. However, lack of standardization hinders the market's growth to a certain extent. Also, the process of implementing new technology is expensive and time-consuming, which restrains market growth.

Blockchain in Media, Advertisement and Entertainment Market Trends

Payments Application is Expected to Dominate the Market

  • Media users are nowadays highly accustomed to having free access to a wide variety of content. This is primarily because the media and entertainment industry is a contract-based business that places a premium on protecting intellectual property. Also, all types of media have been hurt by digitization because it makes it easy to copy and share content quickly without losing quality.
  • Blockchain technology provides real-time consumption-based pricing against assets with an immutable state and digital identity. This solution reduces transaction costs by 40% to 80%, depending upon the level of adoption and extension in the industry, thus making payment applications the leading segment amongst others. Another popular application, cryptocurrency, facilitate micropayments to content providers. Companies use it to enable customers to buy and play single songs or videos, for instance, or to purchase permission to read a news article.
  • Further, pay-per-use consumption has become feasible due to blockchain-powered micropayments. Blockchain's ability to record its data comprehensively could allow for more accurate tracking of when and how copyrighted content is consumed.
  • Many content providers are using technology to accept payments through cryptocurrency. For instance, in November this year, the Austin, Texas-based fintech business Oveit collaborated with the Swiss start-up Utrust to provide cryptocurrency payment services. They want to introduce a new payment mechanism to the entertainment industry so that event planners may more readily accept and use cryptocurrency payments and reach a larger market. The businesses will act as an intermediary for cryptocurrency payments made by up to 1 billion visitors globally to events, theme parks, and travel packages.
  • In October of this year, BlueSnap, the preferred worldwide payment orchestration platform for major B2B and B2C companies, announced a new collaboration with BitPay, the prominent provider of Bitcoin and cryptocurrency payment services. This product collaboration supports BlueSnap's objective to assist businesses all over the world in growing their revenue and decreasing their costs by enabling them to accept and be paid out in up to 15 different cryptocurrencies and seven fiat currencies globally.

North America Expected to Hold the Largest Market Share

  • Media users are nowadays highly accustomed to having free access to a wide variety of content. This is primarily because the media and entertainment industry is a contract-based business that places a premium on protecting intellectual property. Also, all types of media have been hurt by digitization because it makes it easy to copy and share content quickly without losing quality.
  • Blockchain technology provides real-time consumption-based pricing against assets with an immutable state and digital identity. This solution reduces transaction costs by 40% to 80%, depending upon the level of adoption and extension in the industry, thus making payment applications the leading segment amongst others. Another popular application, cryptocurrency, facilitates micropayments to content providers. Companies use it to enable customers to buy and play single songs or videos, for instance, or to purchase permission to read a news article.
  • Further, pay-per-use consumption has become feasible due to blockchain-powered micropayments. Blockchain's ability to record its data comprehensively could allow for more accurate tracking of when and how copyrighted content is consumed.
  • Many content providers are using technology to accept payments through cryptocurrency. For instance, in November this year, the Austin, Texas-based fintech business Oveit collaborated with the Swiss start-up Utrust to provide cryptocurrency payment services. They want to introduce a new payment mechanism to the entertainment industry so that event planners may more readily accept and use cryptocurrency payments and reach a larger market. The businesses will act as an intermediary for cryptocurrency payments made by up to 1 billion visitors globally to events, theme parks, and travel packages.
  • In October of this year, BlueSnap, the preferred worldwide payment orchestration platform for major B2B and B2C companies, announced a new collaboration with BitPay, the prominent provider of Bitcoin and cryptocurrency payment services. This product partnership helps BlueSnap reach its goal of helping businesses around the world make more money and cut costs by letting them accept and be paid in up to 15 different cryptocurrencies and seven fiat currencies.

Blockchain in Media, Advertisement and Entertainment Industry Overview

The competitive landscape of the global blockchain in the media, advertising, and entertainment industries is moderately concentrated, as only a few players offer blockchain solutions, especially in the media and entertainment industries. The vendors have adopted different strategies, such as partnerships, collaborations, acquisitions, and new product launches, to expand their presence in the global market and increase their market share.

In October 2022, Binance, a major blockchain ecosystem and cryptocurrency infrastructure provider, announced signing a Memorandum of Understanding (MOU) to form a strategic cooperation with YG Entertainment Inc. (YG), one of South Korea's top global entertainment businesses. Binance and YG will work on various blockchain projects as part of their strategic cooperation, including projects in the NFT sector. Binance will provide the NFT platform and technological infrastructure, and YG will offer the NFT content and gaming assets. Additionally, the two businesses intend to create games based on the Binance Smart Chain, work together to establish the Metaverse, and actively explore other digital asset opportunities to create distinctive products and services for customers.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Subsequent Commoditization of Content and Widespread Piracy of Intellectual Property
    • 5.1.2 The Increasing Need for Eliminating Intermediaries Between Content Creators and End-Users
    • 5.1.3 The Growing Demand for Secure and Faster Transactions
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Standardization
    • 5.2.2 Expensive and Time Consuming Deployment

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type of Blockchain
    • 6.1.1 Public
    • 6.1.2 Private
  • 6.2 By Size of the Enterprise
    • 6.2.1 Small and Medium Enterprises
    • 6.2.2 Large Enterprises
  • 6.3 By Application
    • 6.3.1 Licensing and Rights Management
    • 6.3.2 Digital Advertising
    • 6.3.3 Smart Contracts
    • 6.3.4 Payments
    • 6.3.5 Online Gaming
    • 6.3.6 Other Applications
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 IBM Corporation
    • 7.1.2 Microsoft Corporation
    • 7.1.3 Ernst & Young Global Limited
    • 7.1.4 Bitfury Group Limited
    • 7.1.5 SAP SE
    • 7.1.6 Accenture
    • 7.1.7 Amazon Web Services, Inc.
    • 7.1.8 Oracle Corporation
    • 7.1.9 Infosys Limited
    • 7.1.10 Ujo Music

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS