デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445409

プライベート LTE:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Private LTE - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
プライベート LTE:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

プライベートLTE市場規模は2024年に41億7,000万米ドルと推定され、2029年までに130億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に25.67%のCAGRで成長します。

プライベート LTE-マーケット

CBRSやMulteFireバンドなどのライセンス不要のスペクトルの利用可能性と、プライベート LTEネットワークの採用の増加により、消費者は状況認識を向上させ、より正確な情報を取得し、応答時間を短縮することができます。これらの要因は、予測期間全体を通じて市場の急速な成長に寄与すると予想されます。

主なハイライト

  • プライベート LTEネットワークの開発は、より優れた顧客コンタクトとサービス提供方法を提供するために、異種の切断されたネットワークをスマートにリンクされたシステムに変換する必要性が拡大した結果です。さらに、プライベート LTEネットワークは、人間とマシンの両方の通信を単一のネットワーク上で可能にすることで、イーサネットやWi-Fiなどの従来のネットワークシステムの制限を排除します。
  • プライベート LTE/5Gネットワークの可能性は、インフラストラクチャプロバイダーや携帯通信会社を含むサプライヤーだけでなく、さまざまな業界の企業購買者からも大きな注目を集めています。膨大な数のアプリケーションとユースケースがプライベート LTE/5Gネットワークによって可能になり、従来のネットワークテクノロジーを置き換えたり補完したりできます。
  • 分離システムの普及がプライベート LTEネットワークを推進する主な要因です。プライベート LTEネットワークは、高速、大容量、高セキュリティ、低遅延、安定したパフォーマンス、より拡張された通信範囲、IIoTの実現に必要な需要をサポートする相互運用性などの利点を提供します。上記の要因は、プライベート LTE市場に大きな影響を与える重要な要素です。
  • さらに、オートメーション業界は、工場現場のロボット工学や物流、倉庫保管(ピッキングアンドパック機械用)などのさまざまなアプリケーションにプライベート LTEネットワークを使用しています。工場現場のロボティクス、物流、倉庫部門でもプライベート LTEが使用されています。これらのネットワークの利点が増大しているため、輸送、鉱業、エンタープライズ IIoTアプリケーションなどの他のユーザー向けに導入されるケースが増えています。
  • ただし、プライベート LTE/5Gネットワークの仕様は複雑で個別性が高いため、業界の拡大が困難になっています。さらに、プライベート LTEの成長を妨げる要因は、プライベート LTEネットワークの実装に伴う複雑さと、プライベート LTEネットワークを展開するための認可されたライセンスの要件に関する制約です。
  • COVID-19は、LTE市場にさまざまな影響を与えました。流行の初期段階では、市場ではスマートフォン需要の減少と携帯電話基地局の配備の減少が見られました。しかし、パンデミックのさらなる段階では、在宅勤務の文化と社会的距離の規範により、LTE市場全体、特にプライベート LTEに対する大きな需要が生み出され、急速なプラス成長を示しました。

プライベートLTE市場動向

スマートフォンの普及拡大が市場の成長を促進する可能性がある

  • スマートフォンの普及により、1人当たりの世界のデータ使用量が増加し、LTEサービスの必要性が高まり、業界を牽引しています。 World Population Reviewの報告によると、2022年までに世界人口の69%に相当する49億人がインターネットを積極的に利用するようになります。動向によると、インターネットユーザーの数は年率4%のペースで増加しており、その数は1億9,600万人を超えています。毎年、さらに数百万人のユーザーがネットワークに参加しています。
  • さらに、GSMAによると、昨年の世界のスマートフォン普及率は約75%であり、2025年までに84%に達すると予想されています。このような大幅な成長率により、さまざまなLTEプロバイダーが増大する要件を満たす機会が増える可能性があります。
  • スマートフォンはインターネットの使用パターンを変え、誰もがオンラインの世界にアクセスできるようになりました。世界のスマートフォン利用者は、2021年から2022年の間にだけで2億6,800万人増加しました。スマートフォンユーザーの増加により、わずか5年間でモバイルデバイスでのインターネット利用の割合は43.7%から55%に増加しました。 2025年までに、スマートフォンユーザーの72.6%がインターネットへのアクセスのみに携帯電話を使用するようになることが予想されます。スマートフォンの普及のこのような大幅な増加は、予測期間中に市場を牽引する可能性があります。
  • スマートフォンの世界の拡大によりデータトラフィックが増加し、通信インフラにさらなる負担がかかっています。その結果、通信サービスプロバイダーは、容量を確保し、手頃な価格で顧客のニーズを満たすために、4G(LTE)ネットワークのアップグレードが必要になりました。したがって、これらの要因は予測期間中に市場の拡大をさらに促進するでしょう。

アジア太平洋は大幅な成長率を維持すると予想される

  • アジア太平洋地域は、プライベート LTEネットワークベンダーにとって新たな市場の見通しを生み出すと予測されています。日本、中国、オーストラリアは、プライベートLTE市場の拡大を考えるとAPACの重要な国です。
  • 中国と日本は、電子製品、情報製品、自動車製品を製造する著名な製造国です。 M2M通信の急増、スマートフォンの使用の増加、ヘルスケア、運輸、製造などのさまざまな産業分野でのIoTプラットフォームの普及はすべて、この分野のプライベート LTE市場拡大の要因となっています。その結果、企業がさまざまなデバイスを統合して信頼性とセキュリティを向上できるようにするプライベート IoTネットワークのニーズが高まっています。
  • プライベート LTE市場のニーズは、インダストリー4.0、産業用 IoT、および自動化テクノロジーの展開の拡大によって大きく推進されています。市場にプラスの影響を与える主な要因は、接続性の継続的な開発です。産業業界ではリンクされるデバイスの数が増加し、膨大なデータが生成されます。会社の効率的な運営を確保するには、このデータを適切に処理する必要があります。業界全体でプライベート LTEの採用を推進する規模の経済の拡大は、マシンツーマシン(M2M)と従来のIoTへの投資の拡大によって可能になりました。
  • この地域は、堅調な経済成長と通信産業の継続的な発展により、予測期間を通じて大幅な成長率が見込まれると予測されており、企業は成長を維持し生産性を高めるためにプライベートLTEに積極的に投資することが奨励されています。さらに、デジタルへの大幅な移行などの要因が市場の成長を推進します。

プライベートLTE業界の概要

プライベート LTE市場は統合されており、市場に存在する少数の重要な株主によって支配されています。市場では、大企業による小規模企業のさまざまな合併や買収が行われ、それによって市場が統合され、大企業が世界的にネットワークを大幅に拡大していることに伴い、新規参入者が市場に参入して競争することが困難になることがよくあります。主要な市場企業には、Nokia Corporation、Quortus Limited、LM Ericsson Telephone Company、Huawei Technologies、NEC Corporationなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 分離システムの採用の増加
    • スマートフォンの普及が進む
  • 市場の課題
    • 認可されたライセンスの要件
    • 高い導入コストと周波数帯の干渉

第6章 テクノロジーのスナップショット

第7章 市場セグメンテーション

  • 構成別
    • インフラ
    • サービス
  • テクノロジー別
    • 周波数分割二重化(FDD)
    • 時分割二重(TDD)
  • 展開別
    • 集中化
    • 分散型
  • 周波数帯域別
    • ライセンス済み
    • 無許可
    • 共有スペクトル
  • エンドユーザー業界別
    • 産業(公安、サプライチェーン管理、公共事業、製造)
    • ヘルスケア
    • 企業
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Nokia Corporation
    • Quortus Limited
    • LM Ericsson Telephone Company
    • NEC Corporation
    • Luminate Wireless Inc.
    • Huawei Technologies Co., Ltd.
    • Qualcomm Technologies, Inc.
    • Future Technologies Pvt. Ltd.
    • Sierra Wireless Inc.
    • Redline Communications Group Inc.(Aviat Networks, Inc.)
    • Ruckus Networks Inc.

第9章 投資分析

第10章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 66356

The Private LTE Market size is estimated at USD 4.17 billion in 2024, and is expected to reach USD 13.08 billion by 2029, growing at a CAGR of 25.67% during the forecast period (2024-2029).

Private LTE - Market

The availability of unlicensed spectrums like CBRS and MulteFire bands, as well as the growing adoption of private LTE networks, enable consumers to improve situational awareness, obtain more accurate information, and speed up response times. These factors are anticipated to contribute to the market's rapid growth throughout the forecast period.

Key Highlights

  • The development of private LTE networks is a result of the expanding need to convert heterogeneous, disconnected networks into smart linked systems in order to provide better customer contact and service delivery methods. Additionally, a private LTE network eliminates the limitations of a traditional network system, like Ethernet or Wi-Fi, by enabling both human and machine communication on a single network.
  • The potential for a private LTE/5G network is gaining a lot of attention from suppliers, including infrastructure providers and mobile carriers, as well as from business purchasers across various industries. A vast number of applications and use cases are made possible by private LTE/5G networks, which can replace or supplement traditional network technologies.
  • The widespread use of isolated systems is a primary factor driving private LTE networks. Private LTE networks provide benefits such as high speed, high capacity, high security, low latency, consistent performance, more extended range, and interoperability that support the demand necessary to achieve IIoT. The abovementioned factors are critical elements significantly affecting the private LTE market.
  • Moreover, the automation Industry uses private LTE networks for various applications such as factory-floor robotics and logistics and warehousing (for pick and pack machines). Factory-floor robotics, logistics, and warehouse divisions also use private LTE. Due to these networks' growing advantages, they are increasingly being deployed for other users, such as transportation, mining, and enterprise IIoT applications.
  • However, the specifications for private LTE/5G networks are complicated and highly individualized, making it challenging to expand the industry. Further, factors hindering the growth of private LTE are the complexity associated with implementing private LTE networks and constraints in terms of the requirement for an authorized license to deploy a private LTE network.
  • COVID-19 had a mixed impact on the LTE market. In the initial stages of the epidemic, the market witnessed a decline in smartphone demand and reduced deployment of cell towers. However, in the further stages of the pandemic, the work-from-home culture and social distancing norms created a significant demand for the overall LTE market, especially private LTE, thereby witnessing rapid positive growth.

Private LTE Market Trends

Growing Adoption of Smartphones may Drive the Market Growth

  • The growing adoption of smartphones has increased global data usage on a per-person basis, increasing the need for LTE services and driving the industry. The World Population Review reported that 4.9 billion people, or 69% of the world's population, will be actively using the internet by 2022. According to trends, the number of internet users is increasing at a 4% yearly pace, which amounts to over 196 million additional users joining the network yearly.
  • Further, according to GSMA, the global smartphone adoption rate was around 75% last year and is anticipated to reach 84% by 2025. Such significant growth rates could increase the opportunities for various LTE providers to meet the growing requirement.
  • Smartphones have altered internet usage patterns and increased everyone's access to the online world. Global smartphone usage increased by 268 million people alone between 2021 and 2022. In only five years, the percentage of internet usage on mobile devices has increased from 43.7% to 55%, owing to the rise in smartphone users. By 2025, it is anticipated that 72.6% of smartphone users will solely use their phones to access the internet. Such significant growth in smartphone adoption could drive the market during the forecast period.
  • The global expansion of smartphones has increased data traffic, putting additional strain on the communication infrastructure. As a result, 4G (LTE) network upgrades have become necessary for telecommunication service providers in order to guarantee capacity and satisfy customer needs at reasonable prices. Accordingly, these factors would further drive market expansion during the projection period.

Asia-Pacific Expected to Hold Significant Growth Rates

  • The Asia-Pacific region is predicted to generate new market prospects for private LTE network vendors. Japan, China, and Australia are significant nations in APAC considering the expansion of the private LTE market.
  • China and Japan are prominent manufacturing nations that create electronic, informational, and automotive goods. The surge in M2M communications, greater smartphone use, and the uptake of IoT platforms across a variety of industrial verticals, including healthcare, transportation, and manufacturing, are all contributing factors to the market expansion of private LTE in this area. The need for private IoT networks that allow businesses to integrate various devices for better dependability and security is growing as a result.
  • The need for the private LTE market is considerably driven by the growing deployment of Industry 4.0, industrial IoT, and automated technologies. The primary factor positively affecting the market is connectivity's ongoing development. The increasing number of linked devices in the industrial industry produces enormous data. This data must be adequately processed to ensure efficient company operations. The rising economies of scale that drive the adoption of private LTE across the industry have been made possible by the expanding investments in machine-to-machine (M2M) and classical IoT.
  • The region is predicted to witness significant growth rates throughout the projection period due to its robust economic growth and continued telecom industry development, encouraging businesses to actively invest in private LTE to maintain growth and boost productivity. Additionally, factors like the significant shift toward digital drive market growth.

Private LTE Industry Overview

The Private LTE market is consolidated, and it is dominated by a few significant shareholding players present in the market. The market witnessed various mergers and acquisitions of smaller firms by the larger firms, thereby consolidating the market, which often makes it difficult for new entrants to enter and compete in the market, along with larger firms accounting for considerable network expansions globally. A few of the significant market players include Nokia Corporation, Quortus Limited, LM Ericsson Telephone Company, Huawei Technologies Co., Ltd., and NEC Corporation.

In November 2022, Betacom, a provider of network design and services, partnered with Qualcomm to link its private LTE/5G network design and management service with Qualcomm's RAN automation and management offering, as well as a ready pool of Qualcomm-approved deployment partners for enterprise customers in the Industry 4.0 space. This partnership aims to provide clients with access to an end-to-end, off-the-shelf private network solution that has been thoroughly tested and verified and is supported by knowledge and assistance.

In July 2022, Aviat Networks, Inc., an industry player in wireless transport solutions, and Redline Communications Group Inc., a prominent supplier of mission-critical data infrastructure, announced that the acquisition of Redline by a subsidiary of Aviat had been completed following a statutory plan of arrangement under the Canada Business Corporations Act. As a result, Aviat can now provide its clients with an integrated end-to-end offering for wireless access and transport.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Adoption of Isolated Systems
    • 5.1.2 Growing Adoption of Smartphones
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Requirements for Authorized License
    • 5.2.2 High Deployment Costs and Frequency Band Interference

6 TECHNOLOGY SNAPSHOT

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 By Component
    • 7.1.1 Infrastructure
    • 7.1.2 Services
  • 7.2 By Technology
    • 7.2.1 Frequency-Division Duplexing (FDD)
    • 7.2.2 Time Division Duplex (TDD)
  • 7.3 By Deployment
    • 7.3.1 Centralized
    • 7.3.2 Distributed
  • 7.4 By Frequency Band
    • 7.4.1 Licensed
    • 7.4.2 Unlicensed
    • 7.4.3 Shared Spectrum
  • 7.5 By End-user Industry
    • 7.5.1 Industrial (Public Safety, Supply Chain Management, Utilities, Manufacturing)
    • 7.5.2 Healthcare
    • 7.5.3 Enterprise
    • 7.5.4 Other End-user Industries
  • 7.6 Geography
    • 7.6.1 North America
      • 7.6.1.1 United States
      • 7.6.1.2 Canada
    • 7.6.2 Europe
      • 7.6.2.1 Germany
      • 7.6.2.2 United Kingdom
      • 7.6.2.3 France
      • 7.6.2.4 Rest of Europe
    • 7.6.3 Asia-Pacific
      • 7.6.3.1 China
      • 7.6.3.2 Japan
      • 7.6.3.3 India
      • 7.6.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 7.6.4 Rest of the world

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 Nokia Corporation
    • 8.1.2 Quortus Limited
    • 8.1.3 LM Ericsson Telephone Company
    • 8.1.4 NEC Corporation
    • 8.1.5 Luminate Wireless Inc.
    • 8.1.6 Huawei Technologies Co., Ltd.
    • 8.1.7 Qualcomm Technologies, Inc.
    • 8.1.8 Future Technologies Pvt. Ltd.
    • 8.1.9 Sierra Wireless Inc.
    • 8.1.10 Redline Communications Group Inc. (Aviat Networks, Inc.)
    • 8.1.11 Ruckus Networks Inc.

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS