デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445405

エッジコンピューティング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Edge Computing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
エッジコンピューティング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エッジコンピューティング市場規模は、2024年に155億9,000万米ドルと推定され、2029年までに321億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に15.60%のCAGRで成長します。

エッジコンピューティング-市場

IoTの採用の増加は5G運用によってさらに促進され、主に調査対象の市場の成長を促進します。産業用 IoTサービスプロバイダーとアグリゲーターのかなりの割合が5G対応ネットワーク製品を提供しており、膨大な量のデータを処理するために今後数年間でエッジコンピューティングを採用すると予想されます。

主なハイライト

  • 調査対象の市場で大きく活動している主要企業には、cisco、HPE、Dell、Huaweiが含まれます。電磁波対策、防塵、防爆、耐振動、耐電流・電圧変動など、産業現場の過酷な作業条件や使用環境に適応したエッジコンピューティング製品の開発を行っています。これらの企業は、パートナーシップを結び、頻繁に製品開発を行うことで、次の大きなものを生み出すためにエッジコンピューティング市場で多大な努力を払っています。
  • エッジコンピューティングは、Cisco、Intel、Microsoft、Dell EMCなどの調査対象市場のベンダーや、プリンストン大学やパデュー大学などの学術機関が率いる組織であるOpenFog Consortiumなどのイニシアチブによって主導されています。このコンソーシアムは、フォグコンピューティングおよびエッジコンピューティング導入のためのリファレンスアーキテクチャを開発することを目的としています。
  • 2022年 1月、VerizonとAWSは提携し、シャーロット、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリスを加え、モバイルエッジコンピューティングを利用して米国の大都市圏の拠点を30%拡大しました。この組み合わせにより、プラットフォーム上でホストされているアプリケーションからエンドユーザーのデバイスに接続するために必要な遅延とネットワークホップが最小限に抑えられます。
  • エッジコンピューティング市場は、調査対象市場のかなりのシェアを占める大手ベンダーが独占しており、さまざまな地域市場で足場を築くために激しく競争しています。このため、ベンダーは市場での存在感と技術力を獲得するために、いくつかのパートナーシップや提携に参加しています。
  • たとえば、2022年 4月に、BallはAWSとの契約を延長しました。このコラボレーションは、カナダでAWS Wavelengthを使用した初のパブリックマルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)を開始することを目的としています。 5Gネットワークは、エッジコンピューティング市場に新たな成長機会をもたらすと期待されています。
  • 企業がサービス速度と低遅延を主要な差別化要因として戦略を立てる中、COVID-19感染症のパンデミックは5Gとマルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)の導入にプラスの影響を与えています。次世代アプリをサポートするためのネットワークとコンピューティングの緊密な統合が今後の前進です。

エッジコンピューティング市場の動向

通信部門は大幅なCAGRで成長すると予想される

  • 電気通信は、世界市場で最も急速に進化している産業の1つです。業界は現在、世界中で急速に進んでいる5G普及と相まって、5Gへの移行に備えてインフラストラクチャのアップグレードを進めており、通信セクターのエッジコンピューティングリソースへの投資を推進しています。
  • エッジコンピューティングは、5GとIoTによって通信ネットワークを大幅に再構築しようとしています。さらに、クラウドへの依存、インターネット接続への依存、IoTの巨大な成長と可能性は、通信をエッジへと推し進める重要な要因の一部です。通信事業者はエッジを使用して、中核となる接続ビジネスを強化し、自社の顧客の遅延を削減するだけでなく、エッジでのデータ管理などの新しいサービスを導入することもできます。
  • さらに、5Gテクノロジーの規制が強化され主流になるにつれて、5G準拠のデバイスが増加すると予想され、いくつかの容量の問題が発生します。ミリ波帯域は3G帯域や4G帯域との差別化を確実にしますが、加入者数の増加により、エッジで追加のコンピューティングリソースに対する需要が生じる可能性があります。たとえば、GSMA Intelligenceのデータによると、5G世界の市場普及率は、2020年の3%から2030年には64%に増加すると予想されています。
  • 5G、IoT、エッジコンピューティングの組み合わせは、通信サービスプロバイダーとその顧客の両方にとって変革をもたらすでしょう。エッジコンピューティングテクノロジは、ユーザーエクスペリエンスを強化し、新しいビジネスモデルを実現およびサポートするというCSPのニーズに後押しされて、通信業界における主要な投資分野となっています。 CSPは、高まる需要に応えるためにエッジコンピューティングテクノロジーに投資しています。
  • 世界市場におけるこのような潜在的な需要により、いくつかのオープンソースアーキテクチャが登場しています。 Open Networking Foundation、Akraino Edge Stackプロジェクトなどによる取り組みにより、この分野のエッジコンピューティングの需要が加速すると予想されます。

アジア太平洋地域は最高のCAGRで成長すると予想される

  • 中国は5Gとエッジの点で良いスタートを切りました。監視文化はテクノロジーの進化の方向性を定める可能性があります。 Meta、Apple、Netflix、Googleなどの西側企業は、個人データを使用して広告をターゲティングするための標準を確立することで、世界のデジタル経済を形作ってきました。アリババ、バイドゥ、ファーウェイ、ZTEなどの中国企業は、エッジコンピューティングを活用した監視テクノロジーの将来の方向性を形作っています。中国におけるこうした取り組みは需要に応えています。したがって、この国はこの地域で最も高いシェアを持っています。
  • GSMAの調査によると、中国のモバイルエコシステム関係者の約90%が、エッジコンピューティングが5G時代の重要な収益機会であると認識しています。この国のエッジコンピューティングの導入は、スマートポート、キャンパス、工場の要件を満たすように設計されています。今後数年間で5Gネットワークが拡大するにつれて、スポーツイベント、ゲーム、自動運転などのエッジコンピューティングのユースケースが可能になるでしょう。
  • IIJは白井データセンターキャンパス(白井DCC)の敷地内にMDCを導入しました。 MDCはオーストラリアのメーカーZella DC社が日本で初めて導入しました。冷却装置、無停電電源装置(UPS)、環境センサー、監視カメラ、遠隔操作電子錠などの物理セキュリティなど、データセンターに必要な機能を備えています。
  • デジタルインディアイニシアチブの一環として、インド政府は国内でIoTを推進することを計画しました。政府は、IoTデバイスを活用した100のスマートシティの開発に7,000億ルピーの資金を割り当てました。政府は、ヘルスケアやその他のサービスのために、交通を制御し、水と電力を効率的に使用し、IoTセンサーを使用してデータを収集することを目指しています。
  • 2022年 2月、Reliance Jioはインド全土の50以上の施設でクラウドネイティブ 5Gネットワーク上でエッジコンピューティングを有効にしました。この通信会社はインド全土の「上位1,000都市」の5G計画を完了し、国内での「5G導入のための専用ソリューション」に重点を置く専門チームが結成されました。 Jio、Airtel、およびVodafone Ideaは現在、試験用 5Gスペクトルを使用して、自社の機器および企業パートナーと革新的な5Gユースケースを試験運用しています。
  • さらに、2022年 3月に、Tata Consultancy Servicesは、Microsoft Azure Private Mobile Edge Computing(Private MEC)を使用したエンタープライズ 5Gエッジソリューションスイートの発売を発表しました。このような発展により、予測期間中にアジア太平洋地域におけるエッジコンピューティングの需要が拡大すると見込まれています。

エッジコンピューティング業界の概要

エッジコンピューティング市場は本質的に細分化されており、競争が激しいです。現在、この市場は、Dell、Microsoft、Amazon、GoogleなどのクラウドベースのIoTベンダーによって独占されています。 GEのような企業は、航空宇宙や製造など、さまざまな業界にエッジコンピューティングソリューションを提供する専門知識を持ち、市場でも重要な地位を占めています。買収、業界関係者とのパートナーシップ、新製品/サービスの展開がベンダーの主要な競争戦略となっています。市場における最近の動向には次のようなものがあります。

  • 2022年 4月- デルテクノロジーズは、小売業者がより多くの価値を迅速に生み出し、小売店舗で生成されたデータから強化された顧客エクスペリエンスを提供できるよう、エッジソリューションを拡張しました。
  • 2022年 3月- ファーウェイとDuは、マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)の共同イノベーションに関する覚書(MoU)に署名しました。両社は、中東におけるMEC指向のアプリケーションを調査、検証、複製する予定です。両社は、世界のデジタル経済の発展を支援するとともに、中東におけるデジタル変革を加速することも目指しています。
  • 2022年 3月-FogHornはIBMと協力し、高度な閉ループシステム制御機能とエッジパワード人工知能(AI)を備えた安全でオープンな次世代ハイブリッドクラウドプラットフォームを提供しました。 FogHornとIBMは、エッジとクラウドの機能を統合することで、お客様がエッジからクラウドまで重要なデータを迅速に処理、導入、分析、保存、トレーニングし、ビジネスプロセスを強化できるよう支援する予定です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 自動化に対する需要の高まりと弁護士業界における訴訟件数の増加
    • 法律事務所による訴訟手続きにおけるAI活用の増加
  • 市場抑制要因
    • 機密データと法的データのデータプライバシーに関する懸念

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • エンドユーザー別
    • 金融および銀行業界
    • 小売り
    • ヘルスケアとライフサイエンス
    • 産業
    • エネルギーと公共事業
    • 電気通信
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他中東およびアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Microsoft Corporation
    • Google LLC(Alphabet Inc.)
    • IBM Corporation
    • Huawei Technologies Co. Limited
    • Cisco Systems Inc.
    • Hewlett Packard Enterprise Company
    • Juniper Networks Inc.
    • Dell Technologies Inc.
    • Capgemini Engineering(Capgemini)
    • EdgeIQ(MachineShop Inc.)
    • ADLINK Technology Inc.
    • General Electric Company
    • Amazon Web Services Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 66305

The Edge Computing Market size is estimated at USD 15.59 billion in 2024, and is expected to reach USD 32.19 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.60% during the forecast period (2024-2029).

Edge Computing - Market

The increasing adoption of IoT is augmented by 5G operations, primarily driving the growth of the market studied. A significant share of industrial IoT service providers and aggregators are offering 5G capable network offerings that are expected to adopt edge computing over the coming years for handling the sheer amount of data.

Key Highlights

  • The key players that are significantly active in the market studied include cisco, HPE, Dell, and Huawei. They have been developing edge computing products that adapt to harsh working conditions and operating environments at industrial sites, such as anti-electromagnetic interference, anti-dust, anti-explosion, anti-vibration, and anti-current/voltage fluctuations. These companies are making significant efforts in the edge computing market to create the next big thing by engaging in partnerships and making frequent product developments.
  • Edge computing is being led by initiatives like OpenFog Consortium, an organization headed by vendors in the market studied, including Cisco, Intel, Microsoft, and Dell EMC, as well as academic institutions like Princeton University and Purdue University. The consortium aims at developing reference architectures for fog and edge computing deployments.
  • In January 2022, Verizon and AWS partnered to expand to 30% more metro area locations in the United States with mobile edge computing with the addition of Charlotte, Detroit, Los Angeles, and Minneapolis. The combination minimizes the latency and network hops required to connect from an application hosted on the platform to the end user's device.
  • The edge computing market is dominated by major vendors that cover a significant share of the market studied, and they are intensely competing to gain a foothold in different regional markets. Owing to this, vendors are involved in several partnerships and alliances to gain market presence and technological capabilities.
  • For instance, In April 2022, Ball extended its agreement with AWS. This collaboration aims to launch the first public multi-access edge computing (MEC) with AWS Wavelength in Canada. 5G network is expected to bring new growth opportunities to the edge computing market.
  • The COVID-19 pandemic positively affects the 5G and multi-access edge computing (MEC) deployments as businesses strategize service speed and low latency as key differentiators. The tight integration of network and compute to support next-generation apps is the way forward.

Edge Computing Market Trends

Telecommunication Sector is Expected to Grow at A significant CAGR

  • Telecommunications is one of the fastest evolving industries in the global market. The industry is currently in the process of upgrading its infrastructure to prepare for the 5G transition coupled with the booming 5G penetration across the world, is driving the telecom sector to invest in edge computing resources.
  • Edge computing is poised to significantly reshape telecom networks, driven by 5G and the IoT. Additionally, the dependence on the cloud, the reliance on internet connectivity, and the enormous growth and potential of the IoT are some of the critical factors driving telecoms toward the edge. Telecom operators can use edge both to boost their core connectivity business and reduce latency for their own customers, as well as to introduce new services such as data management at the edge.
  • Further, as 5G technologies become more regulated and go mainstream, 5G-compliant devices are expected to grow, leading to several capacity issues. Although the mm-wave bands ensure that they are highly differentiated from the 3G or 4G bands, the increased number of subscriptions is likely to create demand for additional computing resources at the edge.For instance, according to the data from GSMA Intelligence, the 5G market penetration worldwide is expected to increase from 3% in 2020 to 64% in 2030.
  • The combination of 5G, IoT, and edge computing would be transformational for both communication service providers and their customers. Edge computing technology has become the major area of investment in the telecom industry, driven by CSPs' need to enhance user experiences and enable and support new business models. CSPs are investing in edge computing technology to meet the growing demand.
  • Owing to such potential demand in the global market, several open-source architectures are emerging. Initiatives by The Open Networking Foundation, Akraino Edge Stack project, and others, are expected to accelerate the demand for edge computing in the sector.

Asia Pacific is Expected to Grow at a Highest CAGR

  • China has made a good start in terms of 5G and the edge; a surveillance culture could set the course for the evolution of technology. Western companies such as Meta, Apple, Netflix, and Google have shaped the global digital economy by establishing standards for using personal data to target ads. Chinese companies such as Alibaba, Baidu, Huawei, and ZTE are shaping the future direction of edge computing-backed surveillance technology. Such initiatives in China cater to the demand; thus, the country has the highest share in the region.
  • According to a survey by GSMA, approximately 90% of mobile ecosystem players in China recognized edge computing as a significant revenue opportunity in the 5G era. The country's edge computing deployments are designed to meet smart ports, campuses, and factories' requirements. As the 5G networks scale over the next few years, edge computing use cases, such as sporting events, gaming, and autonomous driving, will be possible.
  • IIJ deployed MDC on the premises of Shiroi Data Center Campus (Shiroi DCC). The MDC, from Australian manufacturer Zella DC, was the first to be installed in Japan. It is equipped with the functions a data center needs, including a cooling unit, an uninterruptible power supply (UPS), environmental sensors, security cameras, and physical security, including a remote-controlled electronic lock.
  • As part of the Digital India initiative, the Government of India planned to give IoT a push in the country. The government has allocated INR 7,000-crore funds to develop 100 smart cities powered by IoT devices. The government intends to control traffic, efficiently use water and power, and collect data using IoT sensors for healthcare and other services.
  • In February 2022, Reliance Jio enabled edge computing on its cloud-native 5G network at more than 50 facilities across India. The telco has completed 5G planning for the "top 1,000 cities" across India, and dedicated teams have been formed to focus on "dedicated solutions for 5G deployment" in the country. Jio, Airtel, and Vodafone Idea are currently piloting innovative 5G use cases with their equipment and enterprise partners using the trial 5G spectrum.
  • Moreover, in March 2022, Tata Consultancy Services announced the launch of an enterprise 5G edge solution suite with Microsoft Azure Private Mobile Edge Computing (Private MEC). Such developments are poised to grow the demand for edge computing in the Asia Pacific region over the forecast period.

Edge Computing Industry Overview

The edge computing market is fragmented and competitive in nature. Currently, the market is dominated by cloud-based IoT vendors, such as Dell, Microsoft, Amazon, and Google. Companies like GE, which have the expertise of delivering edge computing solutions across different industries, including aerospace or manufacturing, also have significant market positions. Acquisitions, partnerships with industry participants, and new product/service rollouts have been the vendors' key competitive strategies. Some of the recent developments in the market are:

  • April 2022 - Dell Technologies expanded its edge solutions to help retailers quickly generate more value and deliver enhanced customer experiences from data generated in retail locations.
  • March 2022 - Huawei and Du signed a memorandum of understanding (MoU) for joint innovation on multiaccess edge computing (MEC). The two companies would research, verify, and replicate MEC-oriented applications in the Middle East. The companies also aim to accelerate digital transformation in the Middle East, along with supporting the development of the global digital economy.
  • March 2022 - FogHorn collaborated with IBM to provide a secure and open next-generation hybrid cloud platform with advanced, closed-loop system control capabilities and edge-powered artificial intelligence (AI). By bringing together edge and cloud capabilities, FogHorn and IBM plan to help customers rapidly process, deploy, analyze, store, and train critical data from the edge to the cloud and enhance their business processes.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Demand For Automation And Increasing Number Of Litigations In The Legal Industry
    • 5.1.2 Growth In The Utilization Of Ai By Legal Companies To Complete Legal Cases
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Data Privacy Concerns Of The Confidential And Legal Data

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Hardware
    • 6.1.2 Software
    • 6.1.3 Services
  • 6.2 By End-user
    • 6.2.1 Financial and Banking Industry
    • 6.2.2 Retail
    • 6.2.3 Healthcare and Life Sciences
    • 6.2.4 Industrial
    • 6.2.5 Energy and Utilities
    • 6.2.6 Telecommunications
    • 6.2.7 Other End-users
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 United Kingdom
      • 6.3.2.2 Germany
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 Japan
      • 6.3.3.3 Australia
      • 6.3.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
      • 6.3.4.1 Mexico
      • 6.3.4.2 Brazil
      • 6.3.4.3 Rest of Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa
      • 6.3.5.1 United Arab Emirates
      • 6.3.5.2 Saudi Arabia
      • 6.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Microsoft Corporation
    • 7.1.2 Google LLC (Alphabet Inc.)
    • 7.1.3 IBM Corporation
    • 7.1.4 Huawei Technologies Co. Limited
    • 7.1.5 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.6 Hewlett Packard Enterprise Company
    • 7.1.7 Juniper Networks Inc.
    • 7.1.8 Dell Technologies Inc.
    • 7.1.9 Capgemini Engineering (Capgemini)
    • 7.1.10 EdgeIQ (MachineShop Inc.)
    • 7.1.11 ADLINK Technology Inc.
    • 7.1.12 General Electric Company
    • 7.1.13 Amazon Web Services Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET