デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444855

自然言語処理(NLP)の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

NLP - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.94円
自然言語処理(NLP)の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の自然言語処理(NLP)の市場規模は、2024年に317億6,000万米ドルと推定され、2029年には929億9,000万米ドルに達し、予測期間中(2024年~2029年)にCAGR23.97%で成長すると予測されています。

NLP-マーケット

主なハイライト

  • 過去数年にわたって、ディープラーニングのアーキテクチャとアルゴリズムは、画像認識と音声処理において目覚ましい進歩を遂げてきました。自然言語処理(NLP)のアプリケーションは大きな貢献をしており、一部の複雑なNLPアプリケーションタスクに対して最先端の結果が得られています。 NLPは、手頃な価格でスケーラブルな計算能力、データのデジタル化の増加、NLPとディープラーニング(DL)および機械学習(ML)の融合により、過去数年間で大幅な成長を遂げてきました。
  • ヘルスケアやコールセンターでのNLPの使用の増加、高度なテキスト分析に対する需要の高まり、マシンツーマシン技術の成長が、調査対象市場の主な要因です。
  • 多くの組織がテクノロジーを使用して大量の患者データを取り込んで分析するため、NLPはヘルスケアセンターでの成長を目の当たりにしています。さらに、インターネットと接続されたデバイスの使用の増加と、膨大な量の患者データが、調査対象市場の成長を促進しています。これとは別に、組織間でのNLPベースのソフトウェアへのアクセスが最小限であることに加え、データセキュリティの問題が急速に増加していることが、業界の拡大を妨げています。
  • パンデミック中、市場ではヘルスケア分野の高い成長が見られました。たとえば、COVID-19のパンデミックに対応して、ホワイトハウスと主要な調査グループの連合は、COVID-19オープン調査データセット(CORD-19)を準備しました。 CORD-19は、 COVID-19、SARS-CoV-2、および関連するコロナウイルスに関する20万件を超える学術論文のリソースであり、その中には全文が含まれる10万件以上があります。この無料で利用可能なデータセットは、自然言語処理やその他のAI技術における最近の進歩を適用して、この感染症との闘いをサポートする新たな洞察を生み出すために、世界の調査コミュニティに提供されました。

自然言語処理(NLP)市場動向

大幅な成長が見込まれる大規模組織

  • 大規模な組織は、NLP市場の主な推進力および投資家の1つです。これらの組織では、さまざまなアプリケーションにディープラーニング、指導あり・なしの機械学習テクノロジーを採用することが増えており、NLPの採用が増加する可能性があります。コストとリスクは、大規模組織でのこれらのテクノロジーの導入を促進する主な要因の一部です。
  • さまざまな業界の大規模なエンドユーザー組織のほとんどは、主に社内および社外の業務を強化するためにこれらのテクノロジーを利用しています。さらに、テクノロジーのROIが金銭的な形になることはまれです。したがって、ほとんどの小規模組織は投資にはリスクがあると考えています。
  • さらに、大規模なソーシャルメディアプラットフォームでは、テキスト分析やNLPテクノロジーも利用して、政治的レビューやヘイトスピーチなどのソーシャルメディア活動を監視および追跡しています。 FacebookやTwitterなどのプラットフォームは、これらのツールを利用して公開コンテンツを管理しています。効果的なマーケティングや意思決定におけるWebデータの重要性が高まっているため、情報抽出製品用途の需要も増加すると予想されます。今後数年以内に、モバイルチャットボットがマーケティングおよびコマース分野に革命を起こすと予想されています。
  • 2022年9月、言語コンテンツプロバイダーであるLexicalaは、言語テクノロジー分野と学術調査向けに新しい多言語語彙データソリューションを導入しました。自然言語処理(NLP)アプリケーションのソリューションには、ドメイン分類、テキスト注釈、エキスパート対訳コーパス、形態学、その他の優れた言語間リソースが含まれています。

北米は最高の市場成長を遂げる

  • RichRelevanceによると、米国のオンライン買い物客は他のプラットフォームよりもGoogleアシスタントを使用する傾向があります。さらに、さまざまなトピックに関する結果を得るためにスマートスピーカーを利用することの人気が高まっており、その結果、企業はテクノロジーへの投資を余儀なくされることが予想されます。これにより、他のアプリケーション開発者が潜在顧客をターゲットにする大きな機会が生まれます。
  • また、NLPは、さまざまな追加特典によって顧客体験プログラムを強化し、それによってより多くの消費者を引き付け、ひいては国内の市場の成長にプラスの影響を与えると予測されています。米国に本拠を置く世界的企業によって研究されている市場でのイノベーションの成長は、NLP市場に進歩をもたらし、この地域での製品発売の速度を加速させています。
  • たとえば、IBM Research AIは、エンタープライズドメイン向けのNLPのさまざまなアプリケーションを研究しています。このため、同社は3つのプログラムを開発しました。1つ目は高度なAIで、システムはより少ない量のデータから学習し、外部の知識を活用し、神経処理と記号処理を組み合わせた言語への神経記号的アプローチを含む技術を使用できます。 2つ目のプログラムは、システムがどのように意思決定に至るかに焦点を当てた分析AIです。 3つ目は、AIの拡張です。これにより、企業の厳しい期待に基づく言語システムの展開をサポートするために、継続的な適応とシステムのより適切な監視とテストが可能になります。
  • 2022年10月、IBMは、AIを活用した知的財産(IP)分析ツールであるIBM IP Advisor with Watsonデモンストレーションシステムをテストするために米国特許商標庁(USPTO)と協力することを発表しました。デモンストレーションシステムは、IBM Watson Discoveryテクノロジーによるクエリの自然言語処理を可能にし、特定の単語や複雑な手順の必要性を排除することで、顧客が独自の用語を使用して有用な情報にアクセスできるように支援します。

自然言語処理(NLP)業界の概要

自然言語処理(NLP)市場は競争が激しく、より大きなシェアを獲得しようとしているいくつかの大手企業で構成されています。市場で傑出したシェアを持つこれらの大手企業は、海外への顧客ベースの拡大に注力してきました。彼らは市場シェアと収益性を高めるために、取引や合併とともに新しい革新的なソリューションを提供しています。主要企業には、Google Inc.やMicrosoft Corporationが含まれます。

2022年10月、Red HatとIBMは、自然言語処理(NLP)をオープンソースのAnsible IT運用自動化プラットフォームに統合するプロジェクトであるProject Wisdomを立ち上げました。目的は、YAMLファイルを使用してIT運用を自動化するために必要な宣言型プログラミングスキルを持たない、より広範囲のエンドユーザーやITプロフェッショナルがIT自動化を利用しやすくすることです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替製品の脅威
  • COVID-19の市場への影響
  • 市場促進要因
    • 製品中心から顧客中心のエクスペリエンスへ動向が移行
    • 産業用モノのインターネット(IIoT)におけるスマートデバイスの需要増加
  • 市場抑制要因
    • 業界全体で熟練した専門家が不足

第5章 市場セグメンテーション

  • 展開別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 組織規模別
    • 大規模組織
    • 中小規模組織
  • タイプ別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 処理タイプ別
    • 文章
    • スピーチ・音声
    • 画像
  • 最終用途産業別
    • 教育
    • BFSI
    • ヘルスケア
    • ITと通信
    • 小売
    • 製造
    • メディアとエンターテイメント
    • その他の最終用途産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • NVIDIA Corporation
    • Intel Corporation
    • Baidu Inc.
    • Qualcomm Incorporated
    • Texas Instrument
    • Google Inc.
    • Microsoft Corporation
    • SAS Institute Inc.
    • Verint System Inc.
    • Adobe Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 62339

The NLP Market size is estimated at USD 31.76 billion in 2024, and is expected to reach USD 92.99 billion by 2029, growing at a CAGR of 23.97% during the forecast period (2024-2029).

NLP - Market

Key Highlights

  • Over the past few years, deep learning architectures and algorithms have made impressive advances in image recognition and speech processing. The application of natural language processing (NLP) has made significant contributions, yielding state-of-the-art results for some complex NLP application tasks. NLP has witnessed considerable growth over the past few years, owing to the affordable, scalable, and computational power, increased digitization of data, and the merger of NLP with deep learning (DL) and machine learning (ML).
  • The increasing use of NLP in healthcare and call centers, rising demand for advanced text analytics, and growing machine-to-machine technology are the primary factors responsible for the market studied.
  • NLP is witnessing growth in healthcare centers, as many organizations use the technology to ingest and analyze massive amounts of patient data. Additionally, the growing use of the internet and connected devices, along with the enormous volume of patient data, is driving the growth of the market studied. Apart from this, the rapidly increasing data security issues, along with the minimal accessibility of NLP-based software among organizations, are hampering industry expansion.
  • During the pandemic, the market witnessed high growth in the healthcare sector. For instance, in response to the COVID-19 pandemic, the White House and a coalition of leading research groups prepared the COVID-19 Open Research Dataset (CORD-19). CORD-19 is a resource of over 200,000 scholarly articles, including over 100,000 with full text, about COVID-19, SARS-CoV-2, and related coronaviruses. This freely available dataset was provided to the global research community to apply recent advances in natural language processing and other AI techniques to generate new insights supporting the fight against this infectious disease.

Natural Language Processing Market Trends

Large Organizations Expected to Register Significant Growth

  • Large organizations are one of the primary drivers and investors in the NLP market. As these organizations were increasingly adopting deep learning and supervised and unsupervised machine learning technologies for various applications, the adoption of NLP is likely to increase. Cost and risk are some of the major factors driving the adoption of these technologies among large organizations.
  • Most large end-user organizations across various industries mainly utilize these technologies to enhance their internal and external operations. Moreover, the ROI of the technology is only sometimes in the monetary form; hence, most small organizations find it risky to invest.
  • Moreover, large-scale social media platforms also utilize text analytics and NLP technologies to monitor and track social media activities, such as political reviews and hate speeches. Platforms like Facebook and Twitter are managing published content with the help of these tools. The demand for information extraction product applications is also anticipated to increase due to the growing importance of web data for effective marketing and decision-making. Within the next few years, mobile chatbots are anticipated to revolutionize the marketing and commerce sectors.
  • In September 2022, Lexicala, a language content provider, introduced new multilingual lexical data solutions for the Language Technology sector and academic research. Domain categorization, text annotation, expert parallel corpora, morphology, and other premium cross-lingual resources are included in the solutions for natural language processing (NLP) applications.

North America to Witness the Highest Market Growth

  • According to RichRelevance, online shoppers in the United States are more inclined to use Google Assistant than other platforms. Additionally, the utilization of smart speakers to obtain results on diverse topics is gaining increasing popularity, which, in turn, is expected to compel companies to invest in the technology. This creates an immense opportunity for other application developers to target potential customers.
  • NLP may also enhance the customer experience programs with various added benefits, thereby attracting more consumers, which, in turn, is projected to have a positive impact on the market growth in the country. The growing innovations in the market studied by the global players based in the United States are bringing advancement into the NLP market and fueling the rate of product launches in the region.
  • For instance, IBM Research AI is exploring various applications of NLP for enterprise domains. For this, the company developed three programs, the first being advanced AI, where systems can learn from fewer amounts of data, leverage external knowledge, and use techniques that include neuro-symbolic approaches to language, which combine neural and symbolic processing. The second program is an analyzing AI, which focuses on how a system reaches a decision. The third is scaling AI, which enables continuous adaptation, and better monitoring and testing of systems, in order to support the deployment of language systems under the rigorous expectations of enterprises.
  • In October 2022, IBM announced a collaboration with the United States Patent and Trademark Office (USPTO) to test AI-driven intellectual property (IP) analysis tool, the IBM IP Advisor with Watson Demonstration System. The Demonstration System would assist customers in accessing useful information utilizing their own terminology by allowing natural language processing of queries with IBM Watson Discovery technology, eliminating the need for specific words and complex procedures.

Natural Language Processing Industry Overview

The Natural Language Processing Market is highly competitive and consists of several major players who have been trying to gain larger shares. These major players with prominent shares in the market have been focusing on expanding their customer base across foreign countries. They are providing new innovative solutions, along with deals and mergers, to increase their market shares and profitability. Key players include Google Inc. and Microsoft Corporation.

In October 2022, Red Hat and IBM launched Project Wisdom, a project to integrate natural language processing (NLP) into the open-source Ansible IT operations automation platform. The objective is to make IT automation more accessible to a larger spectrum of end users and IT professionals who lack the declarative programming skills required to automate IT operations using YAML files.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.3.5 Threat of Substitute Products
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.5 Market Drivers
    • 4.5.1 Shifting Trend from Product-centric to Customer-centric Experience
    • 4.5.2 Increasing Demand for Smart Devices Across Industrial Internet of Things (IIoT)
  • 4.6 Market Restraints
    • 4.6.1 Lack of Skilled Professionals Across the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Deployment
    • 5.1.1 On-premise
    • 5.1.2 Cloud
  • 5.2 By Organization Size
    • 5.2.1 Large Organizations
    • 5.2.2 Small and Medium Organizations
  • 5.3 By Type
    • 5.3.1 Hardware
    • 5.3.2 Software
    • 5.3.3 Services
  • 5.4 By Processing Type
    • 5.4.1 Text
    • 5.4.2 Speech/Voice
    • 5.4.3 Image
  • 5.5 By End-user Industry
    • 5.5.1 Education
    • 5.5.2 BFSI
    • 5.5.3 Healthcare
    • 5.5.4 IT and Telecom
    • 5.5.5 Retail
    • 5.5.6 Manufacturing
    • 5.5.7 Media and Entertainment
    • 5.5.8 Other End-User Industries
  • 5.6 By Geography
    • 5.6.1 North America
    • 5.6.2 Europe
    • 5.6.3 Asia-Pacific
    • 5.6.4 Latin America
    • 5.6.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 NVIDIA Corporation
    • 6.1.2 Intel Corporation
    • 6.1.3 Baidu Inc.
    • 6.1.4 Qualcomm Incorporated
    • 6.1.5 Texas Instrument
    • 6.1.6 Google Inc.
    • 6.1.7 Microsoft Corporation
    • 6.1.8 SAS Institute Inc.
    • 6.1.9 Verint System Inc.
    • 6.1.10 Adobe Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET