市場調査レポート
商品コード
1444843

粉末冶金:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Powder Metallurgy - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
粉末冶金:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

粉末冶金市場規模は2024年に207億6,000万米ドルと推定され、2029年までに261億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.68%のCAGRで成長します。

粉末冶金- 市場

2020年、COVID-19は市場に悪影響を及ぼしました。しかし、市場は現在パンデミック前のレベルに達していると推定されており、今後も着実に成長すると予想されています。

主なハイライト

  • 粉末冶金は自動車OEMによってますます使用されており、これが市場を牽引する主な要因の1つとなっています。
  • 一方で、原材料や工具のコスト上昇により、市場の成長が鈍化する可能性があります。
  • 今後数年間では、医療分野でのP/M技術の使用の増加からも市場機会がもたらされると予想されます。
  • アジア太平洋地域は粉末冶金市場をリードしており、今後数年間で最も高い成長率を示すと予想されています。

粉末冶金市場の動向

市場を独占する自動車用途

  • 粉末金属部品は、多孔質の度合いを適切に制御でき、自身を潤滑することができるため、気体や液体を濾過できます。このため、粉末冶金は、複雑な曲がり、くぼみ、突起のある部品を作成するのに非常に優れた方法です。
  • 金属と非金属、金属と金属の組み合わせなど、多様な組成の機械部品を柔軟に開発できるため、高い寸法精度での自動車部品の製造が可能になり、スクラップや材料の無駄を最小限に抑えながら一貫した特性と寸法を確保できます。
  • ベアリングとギアは、粉末冶金プロセスで製造される最も一般的な自動車部品です。このプロセスは、シャーシ、ステアリング、エキゾースト、トランスミッション、ショックアブソーバー部品、エンジン、バッテリー、シート、エアクリーナー、ブレーキディスクなど、自動車の多くの部品にも使用されています。
  • 自動車部品は、鉄(鉄、鋼、合金鋼、ステンレス鋼)や非鉄(銅、青銅、アルミニウム合金、チタン合金)などの幅広い金属から作られています。粉末冶金の焦点は、ネット形状の改良、熱処理、特殊表面処理を施し、精度を向上させます。
  • 欧州自動車工業会(ACEA)の報告書によると、2022年の最初の3四半期に世界で約5,000万台の乗用車が製造され、2021年の同四半期と比べて9%近く増加しました。
  • また、中国自動車製造協会は、2021年12月から2022年12月にかけて、国内で製造された新エネルギー車の台数が96.9%増加したと述べています。したがって、電気自動車市場の拡大により、予測期間中に市場需要が増加すると予想されます。
  • このような要因により、自動車分野における粉末冶金の需要は増加しています。

アジア太平洋が市場を独占する

  • アジア太平洋は経済が成長しており、人々が使えるお金が増えているため、最も重要な粉末冶金市場の1つであり、製造業者にとってのトップの目的地となっています。
  • 中国、インド、日本などの国々の経済成長動向は近年、粉末冶金製品や粉末冶金用途の需要を高めています。
  • 中国自動車工業協会(CAAM)によると、中国には世界最大の自動車生産基地があります。 2022年には2,700万台の自動車が中国で生産されると予想されており、これは2017年の2,600万台よりも3.4%多いです。
  • さらに、2022年の最初の7か月で、この国は1,457万台の自動車を生産し、前年比31.5%の成長率を記録しました。
  • また、インド自動車工業会(SIAM)は、インドの自動車産業の生産台数は、2020-21年度(2020年4月~2020年3月)の2,265万5,609台に対し、2021~22年度(2021年4月~2022年3月)には2,293万3,230台になると発表しました。
  • さらに、この地域では航空宇宙産業も大きく成長しています。たとえば、ボーイングの商業見通し2022-2041では、2041年までに中国で8,485件の新規納入が行われ、市場サービス価値は5,450億米ドルに達し、市場の成長が促進されると予測しています。
  • したがって、前述の要因により、アジア太平洋が予測期間中に市場を独占する可能性があります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 自動車OEMによる粉末冶金への関心の高まり
    • 電気および電磁アプリケーションでの実装の増加
  • 抑制要因
    • 原材料と工具のコストの増加
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • 製品タイプ
    • 非鉄
  • 用途
    • 自動車
    • 産業機械
    • 電気および電子
    • 航空宇宙
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • ATI
    • Catalus Corporation
    • fine-sinter Co., Ltd.
    • HC Starck Tungsten GmbH
    • Showa Denko Materials Co., Ltd.
    • Hoganas AB
    • Horizon Technology
    • Melrose Industries PLC
    • Miba AG
    • Perry Tool &Research, Inc.
    • Phoenix Sintered Metals, LLC
    • Precision Sintered Parts
    • Sandvik AB
    • Sumitomo Electric Industries, Ltd.

第7章 市場機会と将来の動向

  • 医療分野でのP/M技術の使用増加
目次
Product Code: 61962

The Powder Metallurgy Market size is estimated at USD 20.76 billion in 2024, and is expected to reach USD 26.10 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.68% during the forecast period (2024-2029).

Powder Metallurgy - Market

In 2020, COVID-19 negatively impacted the market. However, the market has now been estimated to have reached pre-pandemic levels and is expected to grow steadily in the future.

Key Highlights

  • Powder metallurgy is being used more and more by automotive OEMs, which is one of the main things driving the market.
  • On the other hand, rising costs of raw materials and tools are likely to slow the market's growth.
  • In the coming years, market opportunities are also expected to come from the growing use of P/M techniques in the medical field.
  • The Asia-Pacific region led the market for powder metallurgy, and it is expected to have the highest growth rate over the next few years.

Powder Metallurgy Market Trends

Automotive Applications to Dominate the Market

  • Powder metal parts have great control over how porous they are and can lubricate themselves, which lets them filter gases and liquids.Because of this, powder metallurgy is a very good way to make parts that have complicated bends, depressions, and projections.
  • This flexibility to develop mechanical parts with diverse compositions, such as metal-nonmetal and metal-metal combinations, enables the production of automotive parts with high dimensional accuracy and ensures consistent properties and dimensions with very little scrap and material waste.
  • Bearings and gears are the most common vehicle parts made through the powder metallurgy process. The process is also used for a large number of parts in a vehicle, including the chassis, steering, exhaust, transmission, shock absorber parts, engine, battery, seats, air cleaners, brake discs, etc.
  • Auto parts are made from a wide range of metals, such as ferrous (iron, steel, alloy steel, and stainless steel) and non-ferrous (copper, bronze, aluminum alloys, and titanium alloys).The focus of powder metallurgy is to improve the net shape, utilize heat treatment, provide special surface treatment, and improve precision.
  • In the first three quarters of 2022, around 50 million passenger cars were manufactured worldwide, up nearly 9% compared to the same quarter in 2021, as per the report of the European Automobile Manufacturers' Association (ACEA).
  • Also, the China Association of Automobile Manufacturing says that the number of New Energy Vehicles made in the country rose by 96.9% from December 2021 to December 2022.Thus, the expanding electric vehicle market is expected to increase market demand during the forecast period.
  • Due to such factors, the demand for powder metallurgy in the automotive sector is increasing.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific has become one of the most important powder metallurgy markets and a top destination for manufacturers because its economy is growing and people have more money to spend.
  • The positive economic growth trends in countries such as China, India, and Japan have boosted the demand for powder metallurgy products and applications in recent years.
  • China has the largest automotive production base in the world, according to the China Association of Automobile Manufacturers (CAAM). In 2022, 27 million vehicles were expected to be made in China, which is 3.4% more than the 26 million vehicles made in 2017.
  • Further, in the first 7 months of 2022, the country produced 14.57 million units of cars, registering a growth rate of 31.5% year over year.
  • Also, the Society of Indian Automobile Manufacturers (SIAM) said that India's automotive industry will make 22,933,230 vehicles in FY 2021-22 (April 2021-March 2022), compared to 22,655,609 units in FY 2020-21 (April 2020-March 2020).
  • Furthermore, the aerospace industry is also growing significantly in the region. For instance, the Boeing Commercial Outlook 2022-2041 predicts that by 2041, 8,485 new deliveries with a market service value of USD 545 billion will take place in China.thus boosting market growth.
  • Hence, due to the aforementioned factors, Asia-Pacific is likely to dominate the market during the forecast period.

Powder Metallurgy Industry Overview

The powder metallurgy market is consolidated in nature. Some of the major players in the market include Melrose Industries PLC, Sumitomo Electric Industries, Ltd., Hoganas AB, ATI, and Showa Denko Materials Co., Ltd., among others (in no particular order).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Preference for Powder Metallurgy by Automotive OEMs
    • 4.1.2 Growing Implementation in Electrical and Electromagnetic Applications
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Increasing Raw Material and Tooling Costs
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Ferrous
    • 5.1.2 Non-ferrous
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Automotive
    • 5.2.2 Industrial Machinery
    • 5.2.3 Electrical and Electronics
    • 5.2.4 Aerospace
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ATI
    • 6.4.2 Catalus Corporation
    • 6.4.3 fine-sinter Co., Ltd.
    • 6.4.4 H.C. Starck Tungsten GmbH
    • 6.4.5 Showa Denko Materials Co., Ltd.
    • 6.4.6 Hoganas AB
    • 6.4.7 Horizon Technology
    • 6.4.8 Melrose Industries PLC
    • 6.4.9 Miba AG
    • 6.4.10 Perry Tool & Research, Inc.
    • 6.4.11 Phoenix Sintered Metals, LLC
    • 6.4.12 Precision Sintered Parts
    • 6.4.13 Sandvik AB
    • 6.4.14 Sumitomo Electric Industries, Ltd.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Usage of P/M Techniques in Medical Sector