デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444842

経腸栄養剤:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Enteral Feeding Formulas - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 153 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
経腸栄養剤:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 153 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の経腸栄養剤市場規模は、2024年に87億7,000万米ドルと推定され、2029年までに113億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.18%のCAGRで成長します。

世界の経腸栄養剤- 市場

新型COVID-19の重症患者の管理においては引き続き良好な支持療法が基礎であり、その中でICUに入院した新型COVID-19感染症患者の栄養管理が不可欠な要素であるため、新型COVID-19症の流行は経腸栄養剤市場に影響を与えると予想されています。支援策の内容。たとえば、2022年3月に『Nutrients』誌に掲載された研究によると、COVID-19症患者の栄養失調を防ぐには、迅速な経腸栄養サポートと適切な栄養素の投与が重要だといいます。さらに、重症患者には経腸栄養補助が推奨されます。このような事例はパンデミック中に市場を牽引すると予想されていたかもしれないです。さらに、パンデミック後は、経腸栄養粉ミルクの増加、病気の有病率の増加、病院数の増加などにより、これらの粉ミルクの需要が増加しています。

経腸栄養粉ミルク市場は主に、代謝性疾患および慢性疾患の有病率の増加、患者ケアへの支出の増加、および高齢者人口の増加によって牽引されています。 IDF 2021によると、約5億3,700万人の成人が糖尿病を抱えており、糖尿病を抱えて生きる成人の数は2030年までに6億4,300万人、2045年までに7億8,300万人に増加すると予測されています。このような代謝性疾患の増加が市場を牽引すると予想されています。糖尿病特有の栄養配合(DSNF)が特定の慢性疾患の発症、進行、重症度の制御に役立つため、糖尿病患者向けの経腸栄養剤の採用が増加したことによる成長です。

また、高齢化は治療市場の成長を促進する主な要因です。国連経済社会省の2022年報告書によると、2022年には世界の65歳以上の人口は7億7,100万人であり、高齢人口は2030年までに9億9,400万人、2050年までに16億人に達すると予測されています。高齢者における経腸栄養剤の採用の増加により、高齢者人口の増加に伴い経腸栄養は増加すると考えられます。さらに、先進国と新興諸国におけるヘルスケア費の増加と在宅ヘルスケアサービスの需要の増加も、経腸栄養粉ミルク市場の成長を後押しします。

さらに、主要な市場プレーヤーによる製品発売への取り組みの増加により、市場の成長が促進されると予想されます。たとえば、2022年 5月にアボットは、重度の食物アレルギーまたは胃腸(GI)疾患を持つ乳児および小児向けに、エレケアの特殊なアミノ酸ベースのミルクを発売することを決定しました。このような例も、採用の増加により市場の成長を促進すると予想されます。小児科で。

ただし、経腸栄養に関連する合併症、新興諸国における高コストと低い遵守率は、市場の成長を妨げると予想される要因です。

経腸栄養剤の市場動向

オンコロジー部門は経腸栄養剤市場でかなりの市場シェアを保持すると予想される

ほとんどのがん患者は、インスリン抵抗性、体脂肪の減少を伴う脂肪分解の増加、タンパク質代謝回転の増加、筋肉量の減少を引き起こし、食欲と体重の減少を引き起こすがん悪液質に苦しんでいます。これには、がん患者に対する経腸栄養製剤が必要であり、この部門の成長を促進します。

がん患者における経腸栄養剤の採用の増加により、がん患者の栄養に関する主要な市場関係者からの支持と意識の高まりがこの部門の成長を促進すると予想されます。たとえば、ネスレヘルスサイエンスは2021年 12月に、ヘルスケア専門家と協力して、病気のあらゆる段階で情報とサポートを提供するウェブサイトを作成しました。同社は、がん患者とその介護者に情報を提供しサポートする新たな取り組みの一環として、栄養の価値を強調しました。

2022年7月にNature誌に掲載された研究によると、消化器がん手術を受ける患者に対する術前の経口栄養補給(ONS)の効果により、全原因による術後の手術合併症と死亡率が減少したことが判明しました。したがって、がん患者における栄養補給の重要性が高いため、経腸栄養剤の需要が増加し、この部門の成長を促進すると予想されます。

また、がん患者さんは経口摂取が困難になるため、病状改善には栄養補給が基本となります。治療が進むにつれて、体重を維持できるように経腸栄養チューブから栄養が供給されます。

したがって、上記の要因により、このセグメントは予測期間中に大幅な成長を示すと予想されます。

以下のグラフは、米国国立衛生研究所によるがん治療への資金提供を表しています。米国などの先進地域におけるがん治療への資金の増加は、経腸栄養剤の開発に役立ち、セグメントの成長を促進します。

北米は、予測期間中に調査された市場で主要なシェアを保持すると予想されます

人口の急速な高齢化、早産率の急増、慢性疾患患者数の増加などの要因により、北米が経腸栄養剤市場を独占すると予想されています。 Rural Health Information Hub 2022によると、米国では2022年に65歳以上の高齢者が4,600万人を超え、2050年までにその数は9,000万人近くに達すると予測されています。高齢者人口の発生率の増加は、この年齢層における経腸栄養ミルクの採用の増加により、このセグメントの成長を促進すると予想されます。

高齢者人口の増加により、がんや糖尿病などの慢性疾患の症例が増加し、患者の入院期間はさらに増加すると考えられます。米国がん協会によると、2022年に新たにがんと診断される患者数は190万人と推定されています。米国におけるがん症例のこのような高い発生率は、これらの患者における経腸栄養剤の採用の増加により、この地域の市場の成長を推進すると予想されます。

さらに、この地域の主要市場プレーヤーによる革新的な経腸栄養剤の発売の増加により、予測期間中の市場の成長が促進されると予想されます。たとえば、2021年 8月、ケイトファームズは、すぐに掛けられる1リットルのバッグに植物ベースのフォーミュラを供給する閉鎖型給餌システムを開始しました。このクローズドシステムのパッケージにより、急性期治療現場で経管栄養を必要とする患者が臨床的に証明された植物ベースの栄養を利用できるようになります。このような取り組みは、この地域の市場の成長を促進すると予想されます。

したがって、慢性疾患の有病率の増加、主要な市場プレーヤーの強力な足場、製品の発売の増加などが、この地域の市場の成長を牽引すると予想されます。

経腸栄養剤業界の概要

経腸栄養剤市場は適度に細分化されています。製品の発売増加や病気の有病率の増加などにより、市場はけん引すると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 代謝性疾患および慢性疾患の有病率の増加
    • 患者ケアへの支出の増加
    • 高齢者人口の増加
  • 市場抑制要因
    • 経腸栄養に関連する合併症
    • 新興諸国における高コストと低い遵守率
  • ポーター・ファイブ・フォース
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • 標準的な配合
    • 疾患特有の処方
  • 用途別
    • 腫瘍学
    • 神経内科
    • 救命救急
    • 糖尿病
    • 消化器科
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 在宅ケア機関とホスピス
    • その他のエンドユーザー
  • 販売チャネル別
    • 病院
    • 小売薬局
    • オンライン薬局
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • B. Braun Melsungen AG
    • Danone SA(Nutricia)
    • Fresenius SE &Co. KgaA(Fresenius Kabi AG)
    • Global Health Product Inc.
    • Reckitt Benckiser Group plc.(Mead Johnson)
    • Meiji Holdings Co. Ltd
    • Nestle SA
    • Kate Farms
    • Victus Inc.
    • Hormel Foods Corporation
    • Functional Formularies

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 61917

The Global Enteral Feeding Formulas Market size is estimated at USD 8.77 billion in 2024, and is expected to reach USD 11.30 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.18% during the forecast period (2024-2029).

Global Enteral Feeding Formulas - Market

The outbreak of COVID-19 is expected to impact the enteral feeding formulas market, as good supportive care remains the cornerstone in managing critically ill patients with COVID-19 infection, within which nutritional management of the ICU admitted COVID-19 patients is an integral component of the supportive measures. For instance, according to the study published in Nutrients in March 2022, to prevent malnutrition in COVID-19 individuals, prompt enteral nutrition support and the administration of adequate nutrients were crucial. Additionally, it is advised for critically ill patients for enteral feeding assistance. Such instances might have been expected to drive the market during the pandemic. Furthermore, post-pandemic, there has been an increased demand for these formulas due rise in enteral feeding formulas, a rise in the prevalence of diseases, and a rise in the number of hospitals, among others.

The enteral feeding formula market is primarily driven by the increasing prevalence of metabolic and chronic disorders, increased expenditure on patient care, and the growing geriatric population. According to the IDF 2021, approximately 537 million adults are living with diabetes, and the number of people adults living with diabetes is projected to rise to 643 million by 2030 and 783 million by 2045. Such a rise in metabolic diseases is expected to drive market growth due to a rise in the adoption of enteral feeds for diabetic patients, as diabetes-specific nutrition formulas (DSNFs) can help control the development, progression, and severity of certain chronic diseases.

Also, aging is the primary factor driving the market growth for the treatment. According to the United Nations Department of Economics and Social 2022 report, there were 771 million people aged 65 years or over globally in 2022, and the older population is projected to reach 994 million by 2030 and 1.6 billion by 2050. Thus, the demand for enteral nutrition will rise with the growing geriatric population due to the increased adoption of enteral feeding formulas in the elderly. Furthermore, the rising healthcare expenditure in developed and developing countries and the increasing demand for home healthcare services will also boost the enteral feeding formula market growth.

Furthermore, the rise in initiatives from the key market players for the launch of their products is expected to drive market growth. For instance, in May 2022, Abbott decided to release EleCare specialty amino acid-based formulas in infants and children who have severe food allergies or gastrointestinal (GI) disorders., Such instances are also expected to drive market growth due to the rise in adoption in pediatrics.

However, complications associated with enteral nutrition and high cost and low adherence rates in developing countries are the factors expected to impede market growth.

Enteral Feeding Formulas Market Trends

Oncology Segment is Expected to Hold a Significant Market Share in the Enteral Feeding Formulas Market

Most cancer patients suffer from cancer cachexia, which causes insulin resistance, increased lipolysis with loss of body fat, increased protein turnover, and loss of muscle mass, causing loss of appetite and weight. This requires enteral feeding formulas in cancer patients, driving this segment's growth.

The rising support and awareness from the key market players on the nutrition of cancer patients are expected to drive this segment's growth due to the rise in the adoption of enteral feeding formulas in cancer patients. For instance, in December 2021, Nestle Health Science created a website in collaboration with healthcare professionals to offer information and support at every phase of the disease. The company emphasized the value of nutrition as part of a new initiative to inform and support cancer patients and their caregivers.

According to the study published in Nature in July 2022, it was found that the impact of preoperative oral nutrition supplementation (ONS) on patients undergoing gastrointestinal cancer surgery has reduced all-cause postoperative surgical complications and mortalities. Therefore, the high importance of nutritional supplementation in cancer patients is anticipated to increase the demand for enteral feeding formulas, driving this segment growth.

Furthermore, to improve the clinical condition of cancer patients, providing nutrition is the cornerstone, as it becomes tough for cancer patients to take food orally. As the treatment proceeds, nutrition is supplied by enteral feeding tubes to enable them to maintain body mass.

Therefore, owing to the above-mentioned factors, this segment is expected to show significant growth over the forecast period.

The below graph represents the funding for cancer treatments by the National Institute of Health in the United States. The rising funding for cancer treatments in developed regions such as the United States will help in the development of enteral feeding formulas, driving segment growth.

North America is Expected to hold a Major Share in the Market Studied Over the Forecast Period

North America is expected to dominate the enteral feeding formulas market because of the factors such as the rapidly aging population, the surging prevalence of preterm birth, and the rise in the number of chronic disease patients. According to the Rural Health Information Hub 2022, in the United States, there are more than 46 million older adults who are 65 or older in 2022, and by 2050, that figure is projected to reach nearly 90 million. The rising incidence of the geriatric population is expected to drive this segment's growth due to the rise in the adoption of enteral feeding formulas in this age group.

The rise in the geriatric population will increase the cases of chronic diseases, such as cancer and diabetes, which will further lead to an increase in the patient's hospital stays. According to the American Cancer Society, in 2022, the estimated number of new cancer cases diagnosed is 1.9 million. Such a high incidence of cancer cases in the United States is expected to propel the market growth in this region due to the rise in the adoption of enteral feeding formulas in these patients.

Furthermore, the rise in the launch of innovative enteral feeding formulas by the key market players in this region is expected to drive market growth over the forecast period. For instance, in August 2021, Kate Farms launched the closed feeding system delivering plant-based formulas in a ready-to-hang 1-liter bag. This closed-system packaging makes clinically proven, plant-based nutrition available to patients requiring tube feeding in acute care settings. Such initiatives are expected to bolster the market growth in this region.

Therefore, the rise in the prevalence of chronic diseases, the strong foothold of key market players, and the rise in the launch of products, among others, are expected to drive market growth in this region.

Enteral Feeding Formulas Industry Overview

The enteral feeding formula market is moderately fragmented. The market is expected to drive due to the rise in the launch of products and the rise in the prevalence of diseases, among others. The key market players include Abbott Laboratories, Nestle SA, Danone SA, Fresenius Kabi AG, B. Braun Melsungen AG, and Reckitt Benckiser Group plc. (Mead Johnson), Global Health Product Inc., Meiji Holdings Co. Ltd, and Victus, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of Metabolic and Chronic Diseases
    • 4.2.2 Increasing Spending on Patient Care
    • 4.2.3 Growing Geriatric Population
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Complications Associated with Enteral Nutrition
    • 4.3.2 High Cost and Low Adherence Rates in Developing Countries
  • 4.4 Porter Five Forces
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Standard Formulas
    • 5.1.2 Disease-specific Formulas
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Oncology
    • 5.2.2 Neurology
    • 5.2.3 Critical Care
    • 5.2.4 Diabetes
    • 5.2.5 Gastroenterology
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospital
    • 5.3.2 Home Care Agencies and Hospices
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 By Distributuion Channel
    • 5.4.1 Hospitals
    • 5.4.2 Retail Pharmacies
    • 5.4.3 Online Pharmacies
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 B. Braun Melsungen AG
    • 6.1.3 Danone SA (Nutricia)
    • 6.1.4 Fresenius SE & Co. KgaA (Fresenius Kabi AG)
    • 6.1.5 Global Health Product Inc.
    • 6.1.6 Reckitt Benckiser Group plc. (Mead Johnson)
    • 6.1.7 Meiji Holdings Co. Ltd
    • 6.1.8 Nestle SA
    • 6.1.9 Kate Farms
    • 6.1.10 Victus Inc.
    • 6.1.11 Hormel Foods Corporation
    • 6.1.12 Functional Formularies

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS