デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444810

光伝送ネットワーク:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Optical Transport Network - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 142 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
光伝送ネットワーク:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 142 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

光伝送ネットワーク市場規模は、2024年に249億1,000万米ドルと推定され、2029年までに373億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に8.41%のCAGRで成長します。

光伝送ネットワーク-市場

家庭や職場でのインターネットユーザーの急速な増加により、新たなネットワーク帯域幅の需要が生じています。オンラインゲーム、ソーシャルネットワーキング、ビデオ会議、その他のリアルタイムストリーミング活動の人気の高まりにより、調査対象市場の需要が高まると予想されます。光伝送ネットワーク市場の成長の重要な理由の1つは、遅延を最小限に抑えながらシームレスなデータ転送を実現できることです。

主なハイライト

  • さらに、クラウドの継続的な拡張、データセンター容量の増加、および5Gの急速な導入により、ネットワークトラフィックが増加し、ネットワーク容量に対する需要が増加しており、調査対象の市場が成長する機会が大幅に創出されます。たとえば、エリクソンによれば、5G加入者数は2021年から2025年にかけて世界的に増加し、1,200万以上から30億以上に増加すると予想されています。購読者数が最も多いのは北東アジア、東南アジア、インド、ネパール、ブータンと予測されています。
  • 都市がデジタル化およびスマート化するにつれて、通信は水道、電気、ガス、交通機関に次ぐ5番目の主要なインフラストラクチャネットワークになりました。デジタル技術と産業の拡大により、どのようにスマートシティを実現できるかが決まります。それらをサポートする通信ネットワークは、都市がどのように運営し、サービスを提供するかに不可欠な側面となっています。その結果、世界中の150以上の政府が光ファイバー政策やインターネットへの取り組みを発表し、ネットワークインフラストラクチャを一般に無料で利用できるようにすることを約束しています。政府はバックボーンネットワークの構築を加速し、ネットワークカバレッジを強化し、デジタルギャップを埋め、国家経済発展を促進するために減税や補助金を提供しています。
  • 例えば、米中経済安全保障検討委員会によると、中国のスマートシティへの取り組みに対する政府支出は2023年に389億2,000万米ドルに達すると予想されています。スマートシティにおけるこうした発展により、光転送ネットワークソリューションの需要が増加すると考えられます。
  • ネットワーク機器の設置と保守に対する高額な初期投資が、世界のOTN市場の拡大を妨げると予測されています。さらに、40Gから100Gまでの最新テクノロジーにより、データトラフィックとデータ転送の処理を迅速化できます。ただし、これらのテクノロジーは高価です。多額の設備投資は投資回収期間の延長につながります。特に電気通信業界では、導入には何年もかかりますが、顧客はこれらのプロジェクトを非常に低価格でサプライヤーに提供することがよくあります。その結果、OTAの確立に必要な多額の初期費用により、OTN機器の世界の市場開拓が抑制されることが予想されます。
  • COVID-19の感染拡大を抑制するために移動制限が課せられたため、OECDの推計13億人の国民のうち在宅で働き、学習する人が増加しました。 G7やG20などの重要な国際政策調整は、さまざまなプラットフォームを通じてオンラインで行われました。固定およびモバイルのブロードバンド事業者、コンテンツおよびクラウドのプロバイダー、およびインターネットエクスチェンジポイント(IXP)と呼ばれる、トラフィックを交換するためにインターネットネットワークが参加する場所では、感染拡大前と比べてインターネットトラフィックが最大60%増加しています。これらの変数は、パンデミック中およびパンデミック後の光伝送ネットワーク市場に影響を与えました。

光伝送ネットワーク市場動向

市場を牽引するIT・通信セクター

  • 住宅および商業消費者からの帯域幅に対する需要の高まりが、光伝送ネットワーク(OTS)の主な動機です。クラウドに保存された個人情報、オンラインゲーム、オンラインショッピング、長距離接続、ソーシャルネットワーキング、ビデオ会議、その他の要因へのニーズの高まりが、すべて住宅でのインターネットの使用の増加に貢献しています。これらの用途は、通信プロバイダーやサービスプロバイダーにネットワーク帯域幅の増加を要求します。
  • たとえば、DataReportalによると、世界のインターネットユーザーは2022年初時点で49億5,000万人に増加し、インターネットの普及率は現在、世界総人口の62.5パーセントに達しています。さらに、毎日約1兆1,340億MBのデータが作成されます。これらの数字自体が世界中でデータ使用量の増加を予測しており、それにはOTNのような高速で信頼性の高いデータネットワークが必要です。
  • さらに、高速インターネット、データセンター、クラウドサービスの独立ディレクトリであるCloudSceneによると、2022年 1月の時点で、米国には2,701のデータセンターがあり、ドイツにはさらに487のデータセンターがあります。中国には443のデータセンターがあり、英国には456のデータセンターがあり、すべての国中3位でした。世界中に合計 6,334のデータセンターがあり、新しいデータセンターが急速に建設されており、さらに増え続けています。
  • eコマース、モバイルおよびインターネットバンキング、オンライン政府サービス、産業オートメーション、モノのインターネット(IoT)、ユーティリティネットワーキング、およびその他の関連テクノロジーの増加により、サービスプロバイダーは商用顧客からの大容量需要に直面しています。
  • IT・通信業界におけるインターネットの利用とその応用のペースが増加していることを考えると、データとインターネットの需要が世界的に増加するにつれて、OTNの需要は今後も拡大し続けるでしょう。

アジア太平洋が最も急速な成長を遂げる

  • Internet World Statsによると、アジア太平洋地域の人口は全人類の54.94%であり、2021年 6月時点でのインターネット普及率の平均は64.1%です。アジアで大きなユーザーシェアを構成しているのは中国とインドの2か国です。アジアのインターネットユーザー全体の35.7%と27.3%。したがって、これら2か国は調査対象市場における潜在的な市場リーダーとなります。
  • 中国のIoTデバイスの数は2021年に20億台を超えました。また、2025年までにロボット工学とスマート製造の計画も発表しました。計画によると、2025年までに中国の大規模企業の70%以上がデジタル化される予定です。全国に500以上の実証製造施設が建設される予定です。このような戦略的措置により、この地域におけるOTNソリューションの需要と潜在的な成長が増大すると予想されます。
  • AI、5G、モノのインターネット、仮想現実、およびこれらの新技術の商業的応用の急速な発展に伴い、データ処理と情報対話の需要が増大しており、これにより世界各地でのデータセンターの建設が加速すると予想されています。地域の爆発的な成長につながります。 Cloud Sceneによると、データセンターの上位市場には、中国、日本、オーストラリア、インド、シンガポールが含まれます。
  • さらに、三菱電機は2022年3月に第5世代(5G)携帯基地局の光ファイバー通信用50Gbps分布帰還型(DFB)レーザーダイオードのサンプル出荷を開始すると発表しました。この新しいダイオードは、光トランシーバーの必須要件をすべて満たしており、5Gモバイルネットワークでの高速大容量データ伝送に適した動作温度範囲を備えています。

光伝送ネットワーク業界の概要

光伝送ネットワーク市場の競合情勢は、多数の企業が存在するため細分化されています。この市場の主要企業としては、富士通、ファーウェイ、シスコ、ZTEコーポレーションなどが挙げられます。この業界の企業は、常に新しい製品ポートフォリオの開発に取り組んでいます。彼らは合併と買収、パートナーシップ、絶え間ないイノベーションによって競争上の優位性を獲得しようとしています。

NECは2022年7月、国内社債市場において国内初となる3年償還のサステナビリティリンク債を公募増資により発行しました。今回の社債発行は、NECが重要課題の一つである「気候変動(脱炭素化)を中心とした環境への取り組み」への取り組みを資金調達で表明した一例です。こうしたSDGsを活用したファイナンスの取り組みは、NECグループの「Purpose」を実践するものです。これにより、NECはサステナビリティ経営の取り組みについてさまざまな利害関係者と対話し、共創することができます。

モバイルインターネット向けのエンタープライズおよび消費者向けテクノロジーソリューションの著名な世界的プロバイダーであるZTE Corporationは、2022年 6月にトルコ第4の都市ブルサに、12THzの超広周波数スペクトルをサポートする初の商用光伝送ネットワーク(OTN)を構築しました。テュルクセル。 5Gネットワークトラフィックの大幅な増加に対応するには、5Gネットワークが4Gネットワークの数倍の容量を必要とするため、Turkcellは高度なメトロWDM(波長分割多重)ネットワークを構築することを選択しました。

2022年 6月、ファーウェイオプティカルイノベーションフォーラムで、ファーウェイは光伝送ネットワークの新しいビジョンを発表しました。この新しいビジョンは、光伝送ネットワーク(OTN)をエッジノードに提供して、全普及型のプレミアム接続を提供し、環境に優しく簡単な光ネットワークを構築し、通信事業者の経済的成功を支援することに重点を置いています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーター・ファイブ・フォース
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 高速インターネットの需要によるインターネット普及の増加
    • OTNソリューションプロバイダーによる技術革新
  • 市場の課題
    • 高額な初期投資

第6章 市場セグメンテーション

  • テクノロジー別
    • WDM
    • DWDM
    • その他の技術
  • 提供製品別
    • サービス
      • ネットワークの保守とサポート
      • ネットワーク設計
    • コンポーネント
      • 光伝送
      • 光スイッチ
      • 光学プラットフォーム
  • 最終用途産業別
    • IT・通信
    • ヘルスケア
    • 政府
    • その他の最終用途産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Nokia Corporation
    • Ciena Corporation
    • Cisco Systems Incorporation
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • ZTE Corporation
    • Fujitsu Ltd
    • Infinera Corporation
    • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • NEC Corporation
    • Yokogawa Electric Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 57039

The Optical Transport Network Market size is estimated at USD 24.91 billion in 2024, and is expected to reach USD 37.30 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.41% during the forecast period (2024-2029).

Optical Transport Network - Market

The rapid increase in internet users at home and work has created a new network bandwidth demand. The increased popularity of online games, social networking, video conferencing, and other real-time streaming activities are expected to drive the demand for the market studied. One of the critical reasons for the optical transport network market's growth is that it delivers seamless data transfer while minimizing latency.

Key Highlights

  • Further, the continuing expansion of the cloud, the increase of data center capacity, and the quick deployment of 5G are driving network traffic and increasing demand for network capacity, which would significantly create an opportunity for the market studied to grow. For instance, according to Ericsson, 5G subscriptions are expected to increase globally between 2021 and 2025, rising from over 12 million to over 3 billion. Subscriptions are predicted to be highest in Northeast Asia, Southeast Asia, India, Nepal, and Bhutan.
  • As cities become digital and smart, communication has become the fifth primary infrastructure network after water, electricity, gas, and transportation. The expansion of digital technologies and industries dictates how smart cities can be. The communications networks that support them have become an essential aspect of how cities may operate and offer services. As a result, more than 150 governments worldwide have announced fiber policies or internet initiatives, promising to make network infrastructure freely available to the public. Governments are providing tax breaks or subsidies to accelerate the construction of backbone networks, enhance network coverage, bridge the digital gap, and boost national economic development.
  • For instance, according to the US-China Economic and Security Review Commission, government spending on smart city initiatives in China will reach USD 38.92 billion in 2023. Such developments in smart cities would increase the demand for optical transfer network solutions.
  • The high initial investment in network equipment installation and maintenance is projected to hinder the expansion of the global OTN market. Furthermore, modern technologies, including 40G to 100G, can expedite handling data traffic and data transfer; however, these technologies are expensive. The significant capital investment leads to an extended payback period for the investment. Customers frequently give these projects to suppliers at a very low price, although their deployment takes years, notably in the telecom industry. As a result, the significant initial expenditure necessary to establish OTAs is expected to stifle worldwide market development for OTN equipment.
  • As mobility limitations were imposed to control the spread of COVID-19, an increasing number of the OECD's estimated 1.3 billion citizens were working and learning from home. Critical international policy coordination, such as the G7 and G20, occurred online through various platforms. Fixed and mobile broadband operators, content and cloud providers, and places where internet networks join to exchange traffic, known as Internet exchange points (IXPs), are seeing up to 60% more Internet traffic than before the outbreak. These variables influenced the optical transport network market during and after the pandemic.

Optical Transport Network Market Trends

IT and Telecom Sector to Drive the Market

  • The rising demand for bandwidth from residential and commercial consumers is the main motivator for OTN. The increasing need for personal information stored in the cloud, online gaming, online shopping, staying connected over long distances, social networking, video conferencing, and other factors have all contributed to an increase in residential internet use. These applications demand increased network bandwidth from communications and service providers.
  • For instance, according to DataReportal, Global internet users have climbed to 4.95 billion at the start of 2022, with internet penetration now standing at 62.5 percent of the world's total population. Moreover, there is approximately 1.134 Trillion MB of data created each day. These numbers themselves project the rising amount of data usage worldwide, which requires fast and reliable data networks like OTN.
  • Additionally, according to CloudScene, an independent directory of high-speed internet, data centers, and cloud services, as of January 2022, there were 2,701 data centers in the United States and 487 more in Germany. China had 443 data centers, while the United Kingdom had 456, placing it third among all nations. In total, there were 6,334 data centers worldwide and counting, as new data centers are being constructed rapidly.
  • Due to the rise in e-commerce, mobile and internet banking, online government services, industrial automation, Internet of Things (IoT), utility networking, and other related technologies, service providers are facing high-capacity demand from their commercial customers.
  • Looking at the increasing pace of internet usage and its application in the IT and Telecommunication industry, the demand for OTN will continue to thrive as the demand for data and the internet increases globally.

Asia-Pacific to Witness Fastest Growth

  • According to Internet World Stats, the population of the Asia-Pacific region is 54.94% of total mankind, with average internet penetration of 64.1% as of June 2021. The two countries that constitute the significant user share in Asia is China and India, with 35.7% and 27.3% of the total internet user in Asia. Thus, these two countries are potential market leaders in the market studied.
  • The number of IoT devices in China crossed 2 billion in 2021. It has also unveiled plans for robotics and smart manufacturing by 2025. As per the plan, by 2025, more than 70% of large-scale Chinese enterprises should be digitalized, and more than 500 demonstration manufacturing facilities will be built nationwide. Such a strategic measure is expected to increase the demand and potential growth of OTN solutions in the region.
  • With the rapid development of AI, 5G, the internet of things, virtual reality, and the commercial application of these new technologies, the demand for data processing and information interaction is growing, which is expected to speed up the construction of data centers in the region and lead to the explosive growth of the industry. According to Cloud Scene, some of the top markets in data centers include China, Japan, Australia, India, and Singapore.
  • Furthermore, in March 2022, Mitsubishi Electric Corporation announced that it would begin shipping samples of its 50Gbps distributed-feedback (DFB) laser diode for optical-fiber communication in fifth-generation (5G) mobile base stations. The novel diode meets all essential optical-transceiver requirements and has an operating temperature range for high-speed, large-capacity data transmission in 5G mobile networks.

Optical Transport Network Industry Overview

The competitive landscape of the optical transport network market is fragmented because of the presence of a large number of companies. Some key players in this market are Fujitsu, Huawei, Cisco, and ZTE Corporation, among others. The players in this industry are constantly working on developing new product portfolios. They are trying to gain a competitive advantage with mergers and acquisitions, partnerships, and constant innovations.

In July 2022, NEC issued Japan's first sustainability-linked bond with three maturities through a public offering in the domestic corporate bond market. The bond issuance is an example of NEC using financing to demonstrate its commitment to one of its material issues, "environmental action with a particular focus on climate change (decarbonization)." These SDGs-based financing initiatives are the NEC Group's "Purpose" put into action. They allow NEC to dialogue and co-creation with various stakeholders about their sustainability management initiatives.

In June 2022, ZTE Corporation, a prominent global provider of enterprise and consumer technology solutions for mobile internet, created the first commercial Optical Transport Network (OTN) supporting 12THz ultra-wide frequency spectrum in Bursa, Turkey's fourth-largest city, in conjunction with Turkcell. Turkcell chose to build an advanced metro WDM (Wavelength Division Multiplexing) network because 5G networks require several times the capacity of 4G networks to accommodate the massive increase in 5G network traffic.

In June 2022, at the Huawei Optical Innovation Forum, Huawei announced its new vision for optical transport networks. This new vision is centered on delivering the optical transport network (OTN) to edge nodes to provide all-pervasive premium connectivity and construct eco-friendly and straightforward optical networks, assisting operators in achieving financial success.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHT

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter Five Forces
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Internet Penetration with Demand for High-speed Internet
    • 5.1.2 Technological Innovations by OTN Solution Providers
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Initial Investment

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Technology
    • 6.1.1 WDM
    • 6.1.2 DWDM
    • 6.1.3 Other Technologies
  • 6.2 By Offering
    • 6.2.1 Service
      • 6.2.1.1 Network Maintenance and Support
      • 6.2.1.2 Network Design
    • 6.2.2 Component
      • 6.2.2.1 Optical Transport
      • 6.2.2.2 Optical Switch
      • 6.2.2.3 Optical Platform
  • 6.3 By End-user Vertical
    • 6.3.1 IT and Telecom
    • 6.3.2 Healthcare
    • 6.3.3 Government
    • 6.3.4 Other End-user Verticals
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
    • 6.4.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Nokia Corporation
    • 7.1.2 Ciena Corporation
    • 7.1.3 Cisco Systems Incorporation
    • 7.1.4 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.5 ZTE Corporation
    • 7.1.6 Fujitsu Ltd
    • 7.1.7 Infinera Corporation
    • 7.1.8 Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • 7.1.9 NEC Corporation
    • 7.1.10 Yokogawa Electric Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS