デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444736

腎臓バイオマーカー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Renal Biomarkers - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 119 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
腎臓バイオマーカー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 119 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

腎臓バイオマーカーの市場規模は、2024年に13億3,000万米ドルと推定され、2029年までに19億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に7.29%のCAGRで成長する見込みです。

腎臓バイオマーカー- 市場

COVID-19パンデミックにより、当初は病院や診断センターへの来客数が大幅に減少し、多くの研究では、併存疾患のある人は重症のCOVID-19に感染する可能性が高いと報告されており、そのことがさらに腎臓病の検査や治療の減少につながりました。たとえば、2022年1月にBrogan M.らによって発表された調査結果によると、重度の慢性腎臓病(CKD)患者はCKDのない患者よりも死亡率が高く、約半数が28日後に生存しました。したがって、パンデミックの間、調査対象の市場は深刻な影響を受けました。しかし、ロックダウン規制が解除されて以降、市場は順調に回復しています。COVID-19の出現により、患者のCOVID-19の重症度を検出するためのバイオマーカーの分野で新たな調査が行われ、研究開発分野で新たな投資が行われるため、腎臓バイオマーカー市場の成長がさらに拡大すると予想されているたとえば、2021年5月、SARS-CoV-2感染患者の死亡率予測における尿バイオマーカーの役割を実証した研究がScientific Reports Journalに発表されました。これらの進行中の研究により、市場の成長を促進すると期待される新規バイオマーカーの発見に向けたこの分野の調査が促進されています。

この市場の成長を推進する主な要因は、さまざまな腎臓関連疾患の有病率の上昇、腎疾患の主な原因である糖尿病と高血圧の有病率の高さ、そして遺伝学の分野における急速な技術進歩です。2022年4月にKidney International Supplementsに掲載された記事によると、世界人口の約10%が慢性腎臓病に苦しみ、毎年数百万人が死亡しています。慢性腎臓病患者の割合は増加しています。さらに、糖尿病に関連した慢性腎臓病のリスクは、西洋諸国よりもアジア諸国ではるかに高かったです。たとえば、2021年に発行された国際糖尿病連盟の報告書によると、インドにおける2021年の推定糖尿病患者数は7,419万4,700人で、その数は2030年までに9,297万3,700人に達すると予想されています。したがって、腎臓病とその関連原因の有病率の増加により、その診断に対する需要が増加し、それによって予測期間中にバイオマーカーの成長が促進されると予想されます。

過去10年間の遺伝子技術分野の進歩により、腎臓バイオマーカーに関連する遺伝子制御経路に関する人々の知識が深まりました。ゲノム技術の急速な進歩により、遺伝子解析は臨床現場や調査において不可欠なものとなっています。さらに、コンピューター技術の発展により、腎臓バイオマーカー検査は広く利用できるようになり、小規模な研究室でも実施できるようになりました。最近の遺伝学の進歩により、ヒト集団に適用されるさまざまなプラットフォームで腎臓病を研究する機会が生まれました。腎臓バイオマーカーは、腎臓疾患の検出、診断、治療のための遺伝子レベルの技術進歩に組み込むこともできます。遺伝学のこうした急速な進歩は、腎臓病を治療するためのより高度な腎臓バイオマーカーの開発につながり、最終的に市場を牽引しました。

さらに、パートナーシップ、合併と買収、製品の発売など、市場プレーヤーによる戦略的活動が市場の成長を推進すると予想されます。たとえば、2021年4月、Renalytix AIはジョスリン糖尿病センターとの連携を拡大し、同センターの研究者が発見した腎臓病の新しいバイオマーカーを同社のKidneyIntelXプラットフォームに組み込みました。2021年2月、BioMerieuxは、急性腎障害(AKI)のリスクがある患者の腎ストレスを検出する革新的なNEPHROCHECKアッセイのCEマーキングを発表しました。

したがって、腎臓病の負担の増大や市場関係者による戦略的活動などの前述の要因により、腎臓バイオマーカー市場は、予測期間中に大幅な速度で成長すると予想されます。ただし、規制および償還システムの問題により、予測期間中の市場の成長が妨げられる可能性があります。

腎臓バイオマーカー市場動向

機能性バイオマーカーによる血清クレアチニンは、かなりの市場シェアを保持すると予想される

血清クレアチニンは腎機能に関して最も広く使用されている臨床検査であり、腎機能の指標としてeGFR(推定糸球体濾過率)を導き出すために使用されます。慢性腎臓病を判定するための理想的な指標としても使用されます。血液中のクレアチニン濃度は、腎機能の理想的なマーカーである糸球体濾過率(GFR)に反比例します。残念ながら、GFRの測定には時間がかかるため、通常、GFRは血清クレアチニン(sCr)などの内因性濾過マーカーを考慮した式から推定されます。

慢性腎臓病の発生率の増加と血清クレアチニン検査の発売数と進歩が市場の成長を押し上げています。国立腎臓財団によると、2021年までに世界中の人口の10%が慢性腎臓病(CKD)に罹患すると予想されています。患者数が多いため、腎疾患の診断と予後のために血清クレアチニンの使用が増加し、セグメントの成長が促進されています。

さらに、市場プレーヤーによる製品の発売は、予測期間中の市場の拡大をサポートすると予想されます。たとえば、2022年3月に欧州連合で、Nova BiomedicalはCEマークを取得したNova Max Proクレアチニン/eGFRメーターシステムを導入しました。Nova Max Proは、病院外で腎機能を評価し、腎臓病を早期に検出することで、腎臓ケアを改善することを目的としています。30秒以内に、メーターとクレアチニンバイオセンサーが血中クレアチニンを評価し、1.2リットルの毛細血管指刺し血液サンプルから糸球体濾過率を推定します。測定にはNova StatSensor Creatinineテクノロジーが使用されます。

したがって、腎臓病の有病率の増加などの上記のすべての要因が、予測期間中にこのセグメントの成長を促進すると予想されます。

北米は市場で重要なシェアを保持すると予想されており、予測期間にも同様のシェアを獲得すると予想されます

現在、北米は腎臓バイオマーカー市場で大きなシェアを占めており、予測期間中もその地位を維持すると予想されます。北米地域では、米国が最大の市場シェアを占めています。過去10年間で、分子バイオマーカーに関する情報を含む米国FDA承認の医薬品ラベルの数が大幅に増加しました。ほぼすべての製薬会社が、パートナーシップまたは他のベンチャーを通じて分子バイオマーカープログラムを開発しています。

米国における慢性腎疾患の有病率の上昇は、効果的な診断を目的として腎バイオマーカーの使用が増加し、この地域の市場成長を促進していることが主な要因となっています。たとえば、米国疾病管理予防センター(CDC)は2021年に、米国の7人に1人以上、つまり約3,700万人が慢性腎臓病(CKD)を患っていると推定されると発表しました。さらに、米国では慢性腎臓病にかかりやすい高齢化がますます脆弱になっていることも、早期診断と効果的な治療に対する需要の高まりに寄与しており、それが市場の成長に貢献しています。たとえば、2021年に疾病管理予防センター(CDC)は、慢性腎臓病が65歳以上の人々に最も一般的であり、米国の罹患人口の38%を占めていると発表しました。

さらに、腎臓病を検出するためのバイオマーカー診断検査の発売や国内でのパートナーシップ、合併、買収の拡大など、市場関係者による戦略的取り組みも市場を押し上げると予想されます。 たとえば、デンマークの診断スタートアップであるBioPortoは、2022年11月に急性腎障害(AKI)の検査を米国食品医薬品局にde novo認証を申請し、米国での発売は2023年に予定されています。この検査は、AKIに関連するバイオマーカーである、好中球ゼラチナーゼ関連リポカリン(NGAL)が患者の尿または血漿中に存在するかどうかを検出します。

2022年3月、Aravive Inc.は、明細胞腎細胞がん(ccRCC)およびバイオマーカー高値のサブグループを対象としたバティラセプトの第1b/2相試験で肯定的な結果を示しました。したがって、このような臨床試験は、国内のバイオマーカー検査の開発を促進すると考えられています。これにより、その後の市場の成長が促進されます。したがって、前述の要因により、調査対象の市場は予測期間中に大幅に成長すると予想されます。

腎臓バイオマーカー業界の概要

腎臓バイオマーカー市場は競争が激しく、複数の大手企業と複数の中小企業で構成されています。しかし、技術の進歩と製品の革新に伴い、中規模から中小企業は手頃な価格で新技術を導入することで市場での存在感を高めています。Thermofisher Scientific、Abbott Laboratories、Siemens Healthineers AG、F. Hoffmann-La Roche Ltd、BioMerieuxなどの企業が市場で相当のシェアを保持しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • さまざまな腎臓関連疾患の有病率の上昇
    • 糖尿病と高血圧の高い有病率、腎疾患の主な原因
    • 遺伝学の分野における急速な技術進歩
  • 市場抑制要因
    • 規制および償還制度に関連する問題
  • ポーターファイブフォース
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品/サービスの脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • バイオマーカーの種類別
    • 機能性バイオマーカー
      • セラム・クレアチン
      • 血清シスタチンC
      • 尿アルブミン
    • 上方制御されたタンパク質
      • 好中球ゼラチナーゼ関連リポカリン(NGAL)
      • 腎臓損傷分子-1
      • インターロイキン-18
    • その他のバイオマーカーの種類
  • 診断手法別
    • 酵素免疫測定法
    • 粒子増強比濁免疫測定法(PETIA)
    • 比色アッセイ
    • 化学発光酵素免疫測定法(CLIA)
    • 液体クロマトグラフィー質量分析(LS-MS)
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 診断研究所
    • その他のエンドユーザー
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • BioPorto Diagnostics AS
    • F. Hoffmann-La Roche AG
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Nexelis(Pacific Biomarkers)
    • BioMerieux
    • Sphingotec GmbH
    • Randox Laboratories Ltd
    • Siemens Healthineers AG
    • Enzo Life Sciences, Inc.,

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 54468

The Renal Biomarkers Market size is estimated at USD 1.33 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.9 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.29% during the forecast period (2024-2029).

Renal Biomarkers - Market

Due to the COVID-19 pandemic, the footfall in hospitals and diagnostic centers initially decreased significantly, and many studies reported that people with comorbidity had higher chances of contracting severe COVID-19, which further led to a decrease in the tests and treatment procedures for kidney diseases. For instance, according to a research study published in January 2022, by Brogan M. et, al., patients with severe chronic kidney disease (CKD) had a higher mortality rate than those without CKD, and approximately half survived after 28 days. Thus, during the pandemic, the studied market was severely impacted. However, since the lockdown restrictions were lifted, the market has been recovering well. The emergence of COVID-19 led to new research in the area of biomarkers for the detection of the severity of COVID-19 in patients, which is further anticipated to augment the market's growth as new investments will be made in the area of research and development of renal biomarkers. For instance, in May 2021, a study was published in the Scientific Reports Journal that demonstrated the role of urine biomarkers in predicting mortality in SARS-CoV-2 infected patients. These ongoing studies have spurred research in this space for the discovery of novel biomarkers, which are expected to augment market growth.

The key factors propelling the growth of this market are the rising prevalence of various kidney-related diseases, the high prevalence of diabetes and high blood pressure, which are the leading causes of renal diseases, and rapid technological advancements in the field of genetics. According to the article published in Kidney International Supplements in April 2022, approximately 10% of the global population suffers from chronic kidney disease, and millions die each year. The rate of patients with chronic kidney disease is increasing. Additionally, the risk of diabetes-related chronic kidney diseases was much higher in Asian countries than in Western countries. For instance, according to the International Diabetes Federation report published in 2021, the estimated number of diabetes patients in 2021 was 74,194.7 thousand, and the number is expected to reach 92,973.7 thousand by 2030 in India. Thus, the growing prevalence of kidney diseases and their relative causes is expected to increase demand for their diagnosis, thereby boosting the growth of the biomarkers over the forecast period.

Advancements in the field of genetic technology during the last decade have enlightened people's knowledge regarding genetic regulatory pathways related to renal biomarkers. Due to rapid advances in genomic technologies, genetic analysis has become essential in clinical practice and research. Moreover, with the development of computer technology, renal biomarker testing has become widely accessible and feasible to perform, even in small-sized laboratories. Recent advances in genetics have created opportunities to study kidney disease on a variety of platforms applied to human populations. Renal biomarkers can also be integrated into genetic-level technological advancements for detecting, diagnosing, and treating kidney diseases. These rapid advances in genetics led to the development of more advanced renal biomarkers for treating kidney diseases, which ultimately drove the market.

Additionally, strategic activities by market players, such as partnerships, mergers and acquisitions, and product launches, are expected to propel the market's growth. For instance, in April 2021, Renalytix AI expanded its collaboration with the Joslin Diabetes Center to include new biomarkers for kidney disease found by the center's researchers in the company's KidneyIntelX platform. In February 2021, BioMerieux announced the CE marking of an innovative NEPHROCHECK assay to detect kidney stress in patients at risk of acute kidney injury (AKI).

Thus, due to the aforementioned factors, such as the growing burden of kidney diseases and strategic activities by market players, the renal biomarkers market is expected to grow at a significant rate during the forecast period. However, regulatory and reimbursement system issues may hamper the market's growth over the forecast period.

Renal Biomarkers Market Trends

Serum Creatinine from Functional Biomarker is Expected to Hold a Significant Market Share

Serum creatinine is the most widely used laboratory test for kidney function and is used to derive the eGFR (estimated glomerular filtration rate) as an indicator of kidney function. It is also used as an ideal indicator for the determination of chronic kidney diseases. The creatinine concentration in blood is inversely proportional to the glomerular filtration rate (GFR), which is an ideal marker of kidney function. Unfortunately, measuring GFR is time-consuming, and therefore, GFR is usually estimated from equations that take into account endogenous filtration markers like serum creatinine (sCr).

The growing incidence of chronic kidney disease and the growing number of launches and advancements in serum creatinine tests are boosting the market growth. According to the National Kidney Foundation, by 2021, 10% of the population worldwide will be affected by chronic kidney disease (CKD). The large patient population increases the use of serum creatinine for diagnosis and prognosis of kidney diseases, boosting segment growth.

Additionally, product launches by the market players are expected to support the market's expansion over the forecast period. For instance, in March 2022, in the European Union, Nova Biomedical introduced the CE-marked Nova Max Pro creatinine/eGFR meter system. Nova Max Pro is intended to improve renal care by evaluating kidney function and detecting kidney disease early in out-of-hospital settings. In 30 seconds, the meter and creatinine biosensor assess blood creatinine and estimate the glomerular filtration rate from a 1.2-liter capillary fingerstick blood sample. The Nova StatSensor Creatinine technology is used in the measurement.

Thus, all the above-mentioned factors, such as the growing prevalence of kidney diseases, are expected to propel the growth of the segment over the forecast period.

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market and Expected to do Same in the Forecast Period

North America currently holds a significant share of the market for renal biomarkers, and it is expected to continue its stronghold over the forecast period. In the North American region, the United States holds the largest market share. In the past decade, there has been a significant increase in the number of US FDA-approved drug labels containing information on molecular biomarkers. Almost every pharmaceutical company has been developing molecular biomarker programs, either through partnerships or other ventures.

The rising prevalence of chronic kidney disorders among people in the United States is a major factor attributed to the increasing usage of renal biomarkers for effective diagnosis and to boost the market growth in this region. For example, the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) published in 2021 that more than 1 in 7 people-nearly 37 million people in the United States are estimated to have chronic kidney disease (CKD). Additionally, the increasingly vulnerable aging population that is prone to chronic kidney diseases in the United States is also contributing to the rising demand for early-stage diagnosis and effective treatment, thereby contributing to the growth of the market. For instance, in 2021, the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) published that chronic kidney diseases were the most common in people aged 65 years or older and contributed to 38% of the affected population in the United States.

Furthermore, the strategic initiatives taken by market players, such as the launches of biomarker diagnostic tests for detecting kidney diseases and growing partnerships, mergers, and acquisitions in the country, are also expected to boost the market. For instance, in November 2022, BioPorto, a Danish diagnostic startup, submitted its test for acute kidney injury (AKI) to the US Food and Drug Administration for de novo certification, with a US launch scheduled for 2023. The test detects the presence of neutrophil gelatinase-associated lipocalin (NGAL), a biomarker linked to AKI, in a patient's urine or plasma.

In March 2022, Aravive Inc. demonstrated positive results from the Phase 1b/2 trial of batiraxcept in clear cell renal cell cancer (ccRCC) and a biomarker-high subgroup. Therefore, such clinical trials will boost the development of biomarker tests in the country. This will subsequently drive market growth. Thus, owing to the aforementioned factors, the studied market is expected to grow significantly during the forecast period.

Renal Biomarkers Industry Overview

The renal biomarkers market is highly competitive and consists of several major players, along with multiple smaller companies. However, with technological advancements and product innovations, mid-size to smaller companies are increasing their market presence by introducing new technologies at affordable prices. Companies like Thermofisher Scientific, Abbott Laboratories, Siemens Healthineers AG, F. Hoffmann-La Roche Ltd, and BioMerieux hold substantial shares in the market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Prevalence of Various Kidney-related Diseases
    • 4.2.2 High Prevalence of Diabetes and High Blood Pressure, the Leading Cause of Renal Diseases
    • 4.2.3 Rapid Technological Advances in the Field of Genetics
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Issues Related to Regulatory and Reimbursement Systems
  • 4.4 Porter Five Forces
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products/Services
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Biomarker Type
    • 5.1.1 Functional Biomarker
      • 5.1.1.1 Serum Creatinine
      • 5.1.1.2 Serum Cystatin C
      • 5.1.1.3 Urine Albumin
    • 5.1.2 Up-regulated Protein
      • 5.1.2.1 Neutrophil Gelatinase-Associated Lipocalin (NGAL)
      • 5.1.2.2 Kidney Injury Molecule-1
      • 5.1.2.3 INTERLEUKIN-18
    • 5.1.3 Other Biomarker Types
  • 5.2 By Diagnostic Technique
    • 5.2.1 Enzyme-linked Immunosorbent Assay
    • 5.2.2 Particle-enhanced Turbidimetric Immunoassay (PETIA)
    • 5.2.3 Colorimetric Assay
    • 5.2.4 Chemiluminescent Enzyme Immunoassay (CLIA)
    • 5.2.5 Liquid Chromatography Mass Spectrometry (LS-MS)
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Diagnostic Laboratories
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 BioPorto Diagnostics AS
    • 6.1.3 F. Hoffmann-La Roche AG
    • 6.1.4 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.5 Nexelis (Pacific Biomarkers)
    • 6.1.6 BioMerieux
    • 6.1.7 Sphingotec GmbH
    • 6.1.8 Randox Laboratories Ltd
    • 6.1.9 Siemens Healthineers AG
    • 6.1.10 Enzo Life Sciences, Inc.,

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS