市場調査レポート
商品コード
1444723

日本の内視鏡デバイス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Japan Endoscopy Devices - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 72 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
日本の内視鏡デバイス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 72 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本の内視鏡デバイス市場規模は2024年に27億6,000万米ドルと推定され、2029年までに39億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.39%のCAGRで成長します。

日本内視鏡デバイス-市場

COVID-19感染症のパンデミックは、COVID-19症以外の病状に対する他の治療法や医薬品の研究開発活動を混乱させただけでなく、世界中の治療手順や医療機器のサプライチェーンにも影響を及ぼし、研究対象となっている内視鏡検査市場にも影響を与えました。デバイス。 2022年9月にWHOが発表した研究結果によると、パンデミック期間中は内視鏡検査の件数が減少し、パンデミックの初期段階では内視鏡検査のキャンセルも増加しました。さらに、日本の内視鏡処置は、患者保護具、包括的な部屋、機器の洗浄、および空気循環に依存しており、これらは内視鏡室によって異なります。パンデミック期間中の日本における内視鏡検査のこのような減少は、市場の成長に大きな影響を与えました。ただし、日本の厳格なロックダウン規制が緩和された後のパンデミック後の期間における内視鏡検査手順の再開は、予測期間にわたって市場の成長を促進すると予想されます。

低侵襲手術への関心の高まり、消化器病などの疾患の症例の増加により治療や診断に内視鏡が採用されるようになった、技術の進歩により応用範囲が拡大したことが、内視鏡市場の成長につながる主な要因となっています。

2021年 10月に発表されたNCBIの記事によると、日本はアジアで最も炎症性腸疾患の有病率が高い国です。報告書はまた、日本の潰瘍性大腸炎の有病率が人口10万人当たり172.9人、クローン病の有病率が10万人当たり55.6人であることにも言及しました。したがって、日本における消化器疾患の症例数の増加により、早期かつ効果的な診断により内視鏡デバイスの需要が増加し、それによって予測期間中の市場の成長が促進されると予想されます。

さらに、日本におけるさまざまな先進的な内視鏡デバイスの開発の増加も市場の成長を促進すると予想されます。例えば、NEC株式会社は2021年1月に大腸内視鏡検査用AI診断支援医療機器ソフトウェア「WISE VISION Endoscopy」の開発を発表し、日本で発売しました。このソフトウェアは、AIを使用する一環として既存の内視鏡デバイスと接続し、内視鏡処置中に撮影された画像から潜在的な病変を自動的にマークします。

したがって、早期かつ効果的な診断につながる病気の有病率の上昇や製品開発の増加などの上記の要因により、日本の内視鏡デバイス市場は予測期間中に大幅な成長を示すと予想されます。しかし、熟練した技術者の不足と内視鏡の少なさによる感染症が市場の成長を妨げています。

国内内視鏡デバイス市場動向

婦人科部門は将来的に健全な成長が見込まれる

婦人科における内視鏡デバイスは、将来的には順調に成長すると推定されています。婦人科部門の高い成長は、婦人科の腹腔鏡手術や低侵襲手術に対する高い需要に起因しています。骨盤腹腔鏡検査では、子宮、卵巣、卵管を検査できます。これらの装置は、筋腫の除去、子宮、卵巣嚢腫、リンパ節、子宮外妊娠、卵巣、子宮、子宮頸部のがんの検出にも使用されます。

2021年に発表されたNCBIの記事によると、日本では毎年 10,000人以上の女性が卵巣がんに苦しんでいます。したがって、婦人科がんの負担の増加とこれらのデバイスの需要の高まりにより、市場は予測期間中に急速な成長を遂げると予想されます。

さらに、2022年8月に発表されたSpringerの研究論文によると、Caparo/内視鏡アプローチと後矢状アプローチの組み合わせにより、肛門直腸機能と泌尿器機能を温存しながら、腫瘍のない肉眼的切除断端が確保され、より簡単で見た目にも美しい膣再建が実現しました。この研究では、このアプローチは膣卵黄嚢腫瘍(YST)だけでなく、あらゆる膣腫瘍、特に後壁または側壁から発生する腫瘍にも利用できると考えられました。したがって、婦人科がんを治療するための内視鏡アプローチのさまざまな利点により、予測期間中に市場セグメントの成長が促進されると予想されます。

したがって、婦人科疾患の増加やさまざまな婦人科における内視鏡検査の有効性などの上記の要因により、研究対象セグメントは予測期間中に成長すると予想されます。

心臓病学は予測期間中に注目すべき市場シェアを保持すると予想される

心肺内視鏡検査は、心腔と肺動脈系の検査において簡単、安全、そして効果的です。滅菌済みの柔軟な光ファイバー内視鏡を使用して実行できます。これにより、肺塞栓摘出術が容易になり、重篤な合併症を引き起こす可能性のある処置や操作が排除されます。

さまざまな心血管疾患の有病率の増加、日本の高齢者人口の増加、および内視鏡デバイスの需要の増加。たとえば、2021年12月の国立循環器病研究センターによると、2020年の日本の心不全患者数は約120万人と推計されています。また、同資料によると、心血管疾患の有病率は年齢とともに増加しており、日本では心不全患者数がさらに増加すると予想されています。日本における心不全患者の罹患率がこのように高いため、内視鏡検査の需要が増加すると予想されます。

一方で、さまざまな心血管疾患を発症する傾向にある高齢者人口の増加も、効果的な内視鏡検査の需要につながり、市場の成長を促進すると予想されています。たとえば、2022年 9月に発行されたJTCの記事では、日本の75歳以上の人口は総人口の15%以上を占め、65歳以上の人口は総人口の29.1%を占めています。したがって、さまざまな心血管疾患の有病率の上昇と心血管疾患を発症しやすい高齢者人口の増加により、内視鏡処置の需要が促進され、それによって予測期間中の日本の市場の成長が促進されると予想されます。

日本の内視鏡デバイス業界の概要

日本の内視鏡デバイス市場は適度な競争があり、いくつかの主要企業で構成されています。現在市場を独占している企業には、Boston Scientific Corporation、Johnson and Johnson、Medtronic PLC、Olympus Corporation、Cook Group Incorporated、KARL STORZ、Conmed Corporation、Fujifilm Holdings Corporation、Richard Wolf GmbHなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 低侵襲手術への関心の高まり
    • 治療と診断における内視鏡検査の採用の増加
    • アプリケーションの強化につながる技術の進歩
  • 市場抑制要因
    • 熟練した技術者の不足
    • 少数の内視鏡による感染症
  • ポーターのファイブフォース
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • デバイスタイプ別
    • 内視鏡
      • 硬性内視鏡
      • 軟性内視鏡
      • カプセル内視鏡
      • ロボット支援内視鏡
    • 内視鏡手術デバイス
    • 可視化装置
      • 内視鏡カメラ
      • SD可視化システム
      • HDビジュアライゼーションシステム
  • 用途別
    • 消化器科
    • 整形外科
    • 心臓病学
    • 耳鼻咽喉科手術
    • 婦人科
    • その他

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Boston Scientific Corporation
    • Johnson and Johnson
    • Medtronic PLC
    • Olympus Corporation
    • Cook Group Incorporated
    • KARL STORZ
    • Conmed Corporation
    • Fujifilm Holdings Corporation
    • Richard Wolf GmbH
    • Pentax Medica
    • Ethicon Endo-surgery LLC
    • Machida Endoscope Co., Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 54187

The Japan Endoscopy Devices Market size is estimated at USD 2.76 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.94 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.39% during the forecast period (2024-2029).

Japan Endoscopy Devices - Market

The COVID-19 pandemic disrupted not only the research and development activities of other therapies and drugs for medical conditions other than COVID-19 but also impacted the treatment procedures and supply chain of medical devices around the world, which also impacted the studied market of endoscopy devices. According to a study published by WHO in September 2022, during the pandemic period, the number of endoscopies decreased during the pandemic period, and cancelations of endoscopy procedures also increased during this initial phase of the pandemic. In addition, endoscopic procedures in Japan rely on patient protective equipment, comprehensive room, equipment cleaning, and air circulation, which varies from endoscopy suites. Such reduction of endoscopy procedures in Japan during the pandemic period had a significant impact on the growth of the market. However, the resumption of endoscopy procedures during the post-pandemic period after the relaxation of strict lockdown regulations in Japan is expected to drive the growth of the market over the forecast period.

The growing preference for minimally invasive surgeries, increasing cases of diseases such as gastroenterology leading to the increasing adoption of endoscopes for treatment and diagnosis, and technological advancements leading to enhanced applications are the major factors leading to the growth of the endoscopic market.

As per the NCBI article published in October 2021, Japan has the highest prevalence of inflammatory bowel disease in Asia. The report also mentioned that the prevalence of ulcerative colitis was 172.9 per 1,00,000 people in Japan and Crohn's disease was 55.6 per 1,00,000 people. Therefore, the increasing number of cases of gastroenterology diseases in Japan is expected to increase the demand for endoscopic devices owing to the early and effective diagnostics, thereby boosting the growth of the market over the forecast period.

Moreover, the increasing development of various advanced endoscopy devices in Japan is also expected to drive the growth of the market. For instance, in January 2021, NEC Corporation announced the development of "WISE VISION Endoscopy," an AI diagnosis-support medical device software for colonoscopies, which was released in Japan. This software connects with existing endoscopy equipment as part of using AI to automatically mark potential lesions from images taken during endoscopic procedures.

Thus, owing to the above-mentioned factors, such as the rising prevalence of diseases leading to early and effective diagnostics and increasing product developments, the Japan endoscopy devices market is expected to show significant growth over the forecast period. However, the lack of skilled technicians and infections caused by few endoscopes is hindering the market growth.

Japan Endoscopy Devices Market Trends

Gynecology segment is Estimated to Witness a Healthy Growth in Future

Endoscopy devices in gynecology are estimated to witness healthy growth in the future. The high growth of the gynecology segment is attributed to the high demand for gynecologic laparoscopic procedures and minimally-invasive procedures. A pelvic laparoscopy can examine the uterus, ovaries, and fallopian tubes. These devices are also used for fibroids removal, uterus, ovarian cysts, lymph nodes, an ectopic pregnancy, and detection of cancer of the ovary, uterus, and cervix.

As per an NCBI article published in 2021, more than 10,000 women in Japan suffer from ovarian cancer annually. Therefore, with the rising burden of gynecologic cancer and the rising demand for these devices, the market is expected to witness rapid growth over the forecast period.

Moreover, as per the Springer study article published in August 2022, the combination of Caparo/endoscopic and posterior sagittal approach ensured a tumor-free macroscopic surgical margin with easier, cosmetically pleasing vaginal reconstruction while preserving the anorectal and urinary functions. The study believed this approach could be utilized not only for vaginal yolk sac tumors (YST) but also for any vaginal tumor, especially those arising from the posterior or lateral wall. Thus, the various advantage of the endoscopic approach to cure gynecological cancer is expected to boost the growth of the market segment over the forecast period.

Thus, owing to the above-mentioned factors, such as rising gynecological disorders and the effectiveness of endoscopy in various gynecological, the studied segment is expected to grow during the forecast period.

Cardiology is Expected to Hold a Notable Market Share Over the Forecast Period

Cardiopulmonary endoscopy is simple, safe, and effective in examining the cardiac chambers and the pulmonary arterial system. It can be performed with a sterilized flexible fibreoptic endoscope. It facilitates pulmonary embolectomy and precludes procedures and maneuvers that can cause serious complications.

The growing prevalence of various cardiovascular disorders, the rising geriatric population in Japan, and the increasing demand for endoscopy devices. For instance, according to the National Cerebral and Cardiovascular Center, Japan, in December 2021, the number of heart failure patients in Japan in 2020 was estimated to be approximately 1.2 million. In addition, according to the same source, the prevalence rate of cardiovascular diseases increases with age, and the number of heart failure patients is expected to increase further in Japan. Such a high prevalence of heart failure patients in Japan is anticipated to increase the demand for endoscopy procedures.

On the other hand, the increasing geriatric population, who are prone to develop various cardiovascular diseases leading to the demand for effective endoscopy procedures, is also expected to drive the growth of the market. For instance, in the JTC article published in September 2022, Japan's population aged over 75 years contributes to over 15% of the total population, and those over 65 years are 29.1% of the total population. Thus, the rising prevalence of various cardiovascular diseases and the rising geriatric population who are prone to develop cardiovascular diseases are expected to drive the demand for endoscopy procedures, thereby fueling the market growth in Japan over the forecast period.

Japan Endoscopy Devices Industry Overview

The Japan Endoscopy Devices Market is moderately competitive and consists of several major players. Some of the companies which are currently dominating the market are Boston Scientific Corporation, Johnson and Johnson, Medtronic PLC, Olympus Corporation, Cook Group Incorporated, KARL STORZ, Conmed Corporation, Fujifilm Holdings Corporation, and Richard Wolf GmbH.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Preference for Minimally-invasive Surgeries
    • 4.2.2 Increasing Adoption of Endoscopy for Treatment and Diagnosis
    • 4.2.3 Technological Advancements Leading to Enhanced Applications
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Skilled Technicians
    • 4.3.2 Infections Caused by Few Endoscopes
  • 4.4 Porter Five Forces
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)

  • 5.1 By Type of Device
    • 5.1.1 Endoscopes
      • 5.1.1.1 Rigid Endoscope
      • 5.1.1.2 Flexible Endoscope
      • 5.1.1.3 Capsule Endoscope
      • 5.1.1.4 Robot-assisted Endoscope
    • 5.1.2 Endoscopic Operative Device
    • 5.1.3 Visualization Equipment
      • 5.1.3.1 Endoscopic Camera
      • 5.1.3.2 SD Visualization System
      • 5.1.3.3 HD Visualization System
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Gastroenterology
    • 5.2.2 Orthopedic Surgery
    • 5.2.3 Cardiology
    • 5.2.4 ENT Surgery
    • 5.2.5 Gynecology
    • 5.2.6 Other

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Boston Scientific Corporation
    • 6.1.2 Johnson and Johnson
    • 6.1.3 Medtronic PLC
    • 6.1.4 Olympus Corporation
    • 6.1.5 Cook Group Incorporated
    • 6.1.6 KARL STORZ
    • 6.1.7 Conmed Corporation
    • 6.1.8 Fujifilm Holdings Corporation
    • 6.1.9 Richard Wolf GmbH
    • 6.1.10 Pentax Medica
    • 6.1.11 Ethicon Endo-surgery LLC
    • 6.1.12 Machida Endoscope Co., Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS