デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444720

脳モニタリング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Brain Monitoring - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 112 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
脳モニタリング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 112 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

脳モニタリング市場規模は、2024年に68億米ドルと推定され、2029年までに92億5,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.35%のCAGRで成長します。

脳モニタリング-市場

主なハイライト

  • COVID-19感染症のパンデミックは、脳モニタリング機器市場を含むヘルスケアシステムに大きな影響を与えました。世界のロックダウンにより神経学的検査が延期または中止され、てんかん患者の治療へのアクセスが減少し、パーキンソン病患者に悪影響が生じた。しかし、脳モニタリングサービスが再開され、COVID-19感染症の感染者が減少したことで、市場はパンデミックによる落ち込みから回復すると予想されています。
  • 人口の高齢化、脳障害の発生率の増加、デバイスの使用と携帯性の容易さなど、いくつかの要因が市場の成長を推進しています。たとえば、65歳以上のアメリカ人の人口は2021年の5,800万人から2050年までに8,800万人に増加すると予測されており、その影響を受ける人口の約73%が75歳以上になります。自閉症などの神経疾患は世界中で蔓延しており、世界保健機関(WHO)は世界中の子どもの100人に1人が自閉症であると予測しています。したがって、脳障害の有病率の増加は、脳モニタリング市場の成長に好影響を与えると予想されます。
  • 製品の発売、合併、買収などの戦略的活動も市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、NeuroWave Systems Inc.は、臨床現場での麻酔と鎮静の適切性を評価するための脳機能モニターであるNeuroSENSE NS-901モニターに関して食品医薬品局(FDA)の認可を受けました。 Brain Scientificは、日常的な臨床および調査環境で迅速なEEGを取得するために使用される高度な脳波検査(EEG)電極アレイである次世代NeuroCap EEGヘッドセットに関してFDAの認可を取得しました。
  • これらの要因にもかかわらず、機器の承認に関する厳しい規制と熟練した専門家の不足が市場の成長を抑制すると予想されます。全体として、脳モニタリングデバイス市場は、脳障害の有病率の増加と製品の発売によって、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。

脳モニタリング市場動向

脳波計は予測期間中に健全な成長を示すことが期待される

  • 脳波検査(EEG)装置は、人の頭皮に配置された電極を通じて脳の電気活動を捕捉する装置です。これらの電極は脳波パターンを記録し、分析のためにコンピューターまたはクラウドサーバーに転送します。集中治療室(ICU)では、重症患者の脳活動をリアルタイムで監視できるため、脳波計の使用がますます重要になっています。 ICUで脳波検査を行う主な理由は、急性脳損傷のある患者とない患者の発作を検出するためです。
  • 脳障害の増加や脳の問題を検出するためのさまざまな地域でのEEGデバイスの採用の増加などの要因が市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、国立衛生研究所が2022年 7月に米国の病院を対象に実施した調査では、EEG装置の使用により医師による電気的発作診断が大幅に改善されたことがわかりました。臨床診断単独と比較して、電気写真発作診断の感度は77.8から100%に向上し、特異度は63.9から89%に向上しました。これは、発作の正確な診断におけるEEGの重要性と、集中治療室でのEEGの採用率の高さを強調しており、セグメントの成長を促進しています。
  • さらに、EEGデバイスの進歩は、これらのデバイスの需要の増加に大きく貢献しています。たとえば、2022年 3月、イスラエルに本拠を置く企業Brain.spaceは、従来のものよりも優れた測定値を提供し、専門家の助けなしでセットアップできるワイヤレス EEGデバイスを開発しました。このデバイスの費用対効果と使いやすさは、今後数年間で大きな注目を集めると予想されます。
  • さらに、2021年5月、Inspira Healthの一部であるInspira Medical Centers Mullica HillとVinelandは、Ceribell Rapid Response EEGモニタリングデバイスを発売しました。この画期的なテクノロジーは、重症患者の非けいれん発作活動を特定して診断するのに役立ち、重症患者ができるだけ早く最善の治療を受けられるようにします。
  • したがって、EEGデバイスの採用の増加と製品発売の増加により、EEGマシンセグメントは予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。

北米は予測期間中にかなりの市場シェアを保持すると予想される

  • 北米は、いくつかの要因により、脳モニタリングデバイス市場で大きなシェアを獲得しようとしています。この地域は、市場成長の主な促進要因である、確立されたヘルスケアインフラ、ヘルスケア支出の増加、高齢化人口の増加から恩恵を受けています。さらに、主要企業による継続的な製品発売とこの地域での脳障害の発生率の高さは、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。
  • たとえば、2021年3月に発表された米国脳損傷協会の報告書によると、年間約350万人のアメリカ人が外傷性脳損傷に苦しんでいます。この報告書はまた、報告された怪我の総数のうち、約280万人が入院を伴い、60人に1人が外傷性脳損傷に関連した障害を患っていることも明らかにしました。脳モニタリング装置は外傷性脳損傷の継続的なモニタリングと治療に不可欠であるため、これらの損傷の発生率の増加により、そのような装置の需要が高まることが予想されます。
  • さらに、有利な償還政策や、モバイルEEGマシンの開発、リアルタイムモニタリング、アラートなどの技術進歩も、この地域の市場成長に貢献しています。 2022年 5月、フィリップスは、新しいMR 7700 3.0T MRシステムに関してFDAから510(k)認可を取得しました。これにより、放射線科医は解剖学的構造にわたって臨床的に関連する6つの異なる核を取得できるようになります。
  • さらに、クリーブランドクリニックは2022年1月に、神経疾患を症状が出る前に診断して予防することを目的とした脳研究を開始しました。この新しい研究は、脳疾患のバイオマーカーと神経障害の予防と治療のための標的を特定するために、20年間にわたって神経学的に健康な最大20万人からデータを収集しました。
  • 要約すると、脳障害の増加と新製品の継続的な発売の組み合わせにより、予測期間中に北米の脳モニタリングデバイス市場の大幅な成長が促進されると予想されます。

脳モニタリング業界の概要

脳モニタリング市場は適度な競争があり、いくつかの大手および小規模の業界プレーヤーで構成されています。現在、少数の大手企業が特定のセグメントで市場を独占しています。しかし、中堅企業から中小企業は、使いやすさを向上させた新技術を導入し、技術の進歩と製品革新を活用することで、市場での存在感を高めています。

Medtronic PLC、Integra LifeSciences Corporation、日本光電株式会社、Masimo Corporation、Natus Medical Incorporatedなどは、脳モニタリング市場でかなりの市場シェアを保持している企業です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 高齢者人口の増加
    • 脳障害の発生率の増加
    • 脳モニタリング装置の技術進歩
  • 市場抑制要因
    • 機器の承認に関する厳格な規制
    • 機器を扱う熟練した人材が不足している
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • 脳磁計
    • 脳波計
    • 脳酸素濃度計
    • 機能的磁気共鳴画像法(fMRI)
    • 頭蓋内圧監視装置
    • その他の製品タイプ
  • 用途別
    • パーキンソン病
    • 外傷性脳損傷
    • てんかん
    • 認知症
    • 睡眠障害
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 診断センター
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Natus Medical Incorporated
    • Medtronic PLC
    • Integra Lifesciences Corporation
    • Compumedics
    • Nihon Kohden Corporation
    • Masimo Corporation
    • Advanced Brain Monitoring Inc.
    • Cadwell Industries Inc.
    • Koninklijke Philips NV
    • Nonin Medical Inc.
    • General Electric Company
    • Cerenion Oy

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 53942

The Brain Monitoring Market size is estimated at USD 6.80 billion in 2024, and is expected to reach USD 9.25 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.35% during the forecast period (2024-2029).

Brain Monitoring - Market

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic significantly impacted the healthcare system, including the brain-monitoring devices market. Neurological screenings were delayed or canceled due to the global lockdown, leading to reduced access to care for people with epilepsy and negative consequences for people with Parkinson's disease. However, as brain monitoring services resumed and COVID-19 cases decreased, the market is expected to recover from the pandemic's decline.
  • Several factors are driving the growth of the market, including aging demographics, the rising incidence of brain disorders, and the ease of device use and portability. For example, the population of Americans aged 65 and older is projected to grow from 58 million in 2021 to 88 million by 2050, with around 73% affected population aged 75 or older. Neurological diseases such as autism are prevalent worldwide, with World Health Organization (WHO) predicting that one in 100 children worldwide has autism. Thus, the increasing prevalence of brain disorders is expected to impact the growth of the brain monitoring market favorably.
  • Strategic activities such as product launches, mergers, and acquisitions are also expected to bolster market growth. For example, NeuroWave Systems Inc. received Food and Drug Administration (FDA) clearance for its NeuroSENSE NS-901 Monitor, a brain function monitor for assessing anesthesia and sedation adequacy in clinical settings. Brain Scientific received FDA clearance for Next-Gen NeuroCap EEG Headset, an advanced electroencephalography (EEG) electrode array used to obtain rapid EEGs in routine clinical and research settings.
  • Despite these factors, stringent regulations for device approval and a lack of skilled professionals are expected to restrain market growth. Overall, the brain monitoring devices market is expected to witness significant growth over the forecast period, driven by the increasing prevalence of brain disorders and product launches..

Brain Monitoring Market Trends

Electroencephalograph is Expected Witness a Healthy Growth Over the Forecast Period

  • The electroencephalography (EEG) machine is a device that captures the electrical activity of the brain through electrodes placed on a person's scalp. These electrodes record brain wave patterns, which are then transferred to a computer or cloud server for analysis. The use of EEG machines is becoming increasingly important in intensive care units (ICUs) as they allow for real-time monitoring of the cerebral activity of critically ill patients. The primary reason for obtaining an EEG in the ICU is to detect seizures in patients with and without acute brain injury.
  • Factors such as the increase in brain disorders and the growing adoption of EEG devices across different regions for the detection of brain issues are expected to drive market growth. For example, a survey conducted by the National Institute of Health in July 2022 across hospitals in the United States found that the use of an EEG device significantly improved electrographic seizure diagnosis by physicians. The sensitivity of electrographic seizure diagnosis increased from 77.8 to 100%, and the specificity improved from 63.9 to 89% compared to clinical diagnosis alone. This underscores the importance of EEG in the accurate diagnosis of seizures and its high adoption in intensive care units, fueling segment growth.
  • Moreover, advances in EEG devices are contributing significantly to the increasing demand for these devices. For instance, in March 2022, brain.space, an Israel-based company, developed a wireless EEG device that provides superior readings to traditional ones and can be set up without expert help. The cost-effectiveness and ease of use of this device are expected to attract significant attention in the coming years.
  • Additionally, in May 2021, Inspira Medical Centers Mullica Hill and Vineland, part of Inspira Health, launched the Ceribell Rapid Response EEG monitoring device. This ground-breaking technology helps identify and diagnose non-convulsive seizure activity in critically ill patients, ensuring that they receive the best care possible as soon as possible.
  • Therefore, due to the increasing adoption of EEG devices and the rise in product launches, the EEG machine segment is expected to witness significant growth over the forecast period.

North America Anticipated to Hold a Significant Market Share Over the Forecast Period

  • North America is poised to capture a significant share of the brain monitoring device market, driven by several factors. The region benefits from a well-established healthcare infrastructure, an increase in healthcare expenditure, and a rising aging population, which are key drivers of market growth. Additionally, continuous product launches by major players and a high incidence of brain disorders in the region are expected to have a positive impact on market growth.
  • For instance, according to a report by the Brain Injury Association of America published in March 2021, around 3.5 million Americans suffer from traumatic brain injuries annually. This report also revealed that out of the total injuries reported, approximately 2.8 million resulted in hospitalizations, and one in every 60 people suffers from traumatic brain injuries-related disability. As brain monitoring devices are essential for continuous monitoring and treatment of traumatic brain injuries, the increase in the incidence of these injuries is expected to boost demand for such devices.
  • Moreover, favorable reimbursement policies and increasing technological advancements, including the development of mobile EEG machines, real-time monitoring, and alerts, have also contributed to the market growth in the region. In May 2022, Philips received 510(k) clearance from the FDA for its new MR 7700 3.0T MR system, which allows radiologists to obtain six different clinically relevant nuclei across anatomies.
  • Additionally, in January 2022, the Cleveland Clinic launched a brain study aimed at diagnosing and preventing neurological diseases before symptoms occur. This new study collected data from up to 200,000 neurologically healthy individuals over 20 years to identify brain disease biomarkers and targets for preventing and curing neurological disorders.
  • In summary, the combination of an increase in brain disorders and the continuous launch of new products is expected to fuel significant growth in the brain monitoring device market in North America over the forecast period.

Brain Monitoring Industry Overview

The brain monitoring market is moderately competitive and comprises several significant and small industry players. At present, a few major players dominate the market in specific segments. However, mid-size to smaller companies are increasing their market presence by introducing new technologies with better usability and leveraging technological advancements and product innovations.

Medtronic PLC, Integra LifeSciences Corporation, Nihon Kohden Corporation, Masimo Corporation, and Natus Medical Incorporated are some of the companies that hold a substantial market share in the brain monitoring market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Geriatric Population
    • 4.2.2 Rise in Incidences of Brain Disorders
    • 4.2.3 Technological Advancements in Brain Monitoring Devices
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulations for the Device Approval
    • 4.3.2 Lack of Skilled Personnel to Handle Devices
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Magnetoencephalograph
    • 5.1.2 Electroencephalograph
    • 5.1.3 Cerebral Oximeters
    • 5.1.4 Functional Magnetic Resonance Imaging (fMRI)
    • 5.1.5 Intracranial Pressure Monitoring Devices
    • 5.1.6 Other Product Types
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Parkinson's Disease
    • 5.2.2 Traumatic Brain Injury
    • 5.2.3 Epilepsy
    • 5.2.4 Dementia
    • 5.2.5 Sleep Disorders
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Diagnostic Centers
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Natus Medical Incorporated
    • 6.1.2 Medtronic PLC
    • 6.1.3 Integra Lifesciences Corporation
    • 6.1.4 Compumedics
    • 6.1.5 Nihon Kohden Corporation
    • 6.1.6 Masimo Corporation
    • 6.1.7 Advanced Brain Monitoring Inc.
    • 6.1.8 Cadwell Industries Inc.
    • 6.1.9 Koninklijke Philips NV
    • 6.1.10 Nonin Medical Inc.
    • 6.1.11 General Electric Company
    • 6.1.12 Cerenion Oy

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS