デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444702

医薬品包装:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Pharmaceutical Packaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 201 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.53円
医薬品包装:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 201 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

医薬品包装市場規模は2024年に1,021億米ドルと推定され、2029年までに1,372億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.10%のCAGRで成長します。

医薬品包装- 市場

主なハイライト

  • 製薬産業は世界中で増加しており、感染性疾患および非感染性疾患を治療するための包装の必要性が生じています。そのため、医薬品を損傷、生物学的汚染、外部の影響から保護するため、医薬品製造における包装の需要が高まっています。
  • 医薬品の需要の増加は業界の技術進歩に関連しており、ボトル、バイアル、その他の包装ソリューションの需要を直接生み出します。さらに、注射剤の需要の高まりにより、製薬業界におけるガラスバイアルの成長が促進されています。腫瘍薬およびその他の高効力薬(抗体複合体や速効性ステロイドなど)に対する強い需要と、医薬品への一人当たり支出の増加が主要な成長原動力となると予想されます。
  • 医薬品の世界の需要シナリオは包装部門の収益創出を支えており、予測期間中も継続すると予想されます。全体として、医薬品包装市場は、医薬品包装を改善するための継続的な拡大と研究開発と相まって、安定した成長率を記録すると予測されています。したがって、需要は予測期間中に大幅に増加すると予想されます。
  • プラスチック包装業界はポリマーコストの上昇に直面しており、プラスチックの価格が高騰しています。さらに、ウクライナとロシアの間の戦争により、価格が再び上昇しました。プラスチックおよびプラスチック製品の需要は年々増加しています。需要の増加に供給が追いついていないこともポリマー価格の上昇を引き起こす要因の1つであり、市場の成長を妨げると予想されます。
  • COVID-19感染症の感染拡大により、市場は大幅な成長が見込まれています。パンデミックの影響で、顧客はオンライン購入に移行しました。COVID-19感染症のパンデミックは、発展途上国と先進国における包装材料の拡大に大きな打撃を与えました。しかし、滅菌済み医薬品包装に対する強い需要により、情勢への投資が促進されました。さらに、業界関係者は、ヘルスケア業界がパッケージング技術に対して強い需要を示すと予想しています。

医薬品包装市場の動向

プラスチック包装は大きな市場シェアを保持

  • プラスチックは、より適用可能で、耐久性があり、柔軟性があり、持続可能であるため、医薬品の包装に最も人気のある素材の1つです。医薬品の包装には、ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレンなどのさまざまな素材で作られたプラスチックボトルが使用されています。業界では、透明で耐久性のある軽量プラスチックを保管および販売に使用しています。
  • プラスチックは、ブリスターパック、小袋、プレフィルドシリンジおよび吸入器、非経口溶液パウチ、およびボトルの包装に使用されます。医薬品の包装に使用される材料は、化学的に不活性で、水蒸気透過性が低く、取り扱いが容易である必要があります。さらに、包装材は医薬品や生物剤と直接接触するため、規制当局の厳しい規制に準拠する必要があります。プラスチックとポリマーはこれらの要件を満たします。したがって、医薬品の包装によく使用されます。
  • 医薬品包装用のボトルは、子供が安全に使用できるキャップと栓で構成されています。米国FDAは、医薬品プラスチックメーカーに対し、消費者評価のために製品ラベル上で「子供に安全な包装」を強調するよう義務付けています。子供に安全な包装に対する需要の高まりは、予測期間中に医薬品プラスチック包装市場を牽引する要因の1つです。
  • 企業は医薬品パッケージの活用の一環としてビジネスの拡大に注力しています。たとえば、2022年 6月、コンスタンシアフレキシブルズは、医薬品市場向けに新しいポリプロピレンベースのモノマテリアルであるPerpetua Altaを導入しました。このモノポリマーソリューションは、液体やゲルの医薬組成物など、化学的に主張のある製品の多成分パッケージを置き換えます。さらに、ドイツの研究所Cyclos-HTPによる独立認証により、最終的な材料組成に応じて最大96%の材料回収率が確認されています。このような革新により、医薬品包装市場におけるプラスチック材料が推進されています。
  • さらに、主な包装材料として一般的に使用されているポリ塩化ビニルとPVDC(ポリ塩化ビニリデン)は、酸素や臭い、湿気、水蒸気の透過、汚染、細菌から医薬品を保護します。このため、PVCとPVDCはブリスター包装に適した材料となります。優れた官能特性により、包装された食品や医薬品の風味が影響を受けません。 PVCモノフィルムは太陽光や紫外線に耐性があり、予測期間中の生産および流通中の細菌の拡散を阻止することで汚染に対するバリアとして機能します。

アジア太平洋が主要シェアを占める

  • 中国の医薬品セクターの堅調な成長は、同国の医薬品包装会社に大きなビジネスチャンスを生み出しています。企業にとって、医薬品包装市場における新たなニーズを満たす包装コンセプトを探すことが現在重要になってきています。
  • 中国政府の医療体制の変革を加速する政策により、医薬品包装部門の発展が促進されることが期待されています。さらに、中国は医薬品包装施設と資材を積極的にアップグレードし、医薬品を多様化しており、医薬品包装会社に新たな機会をもたらしています。
  • 日本の医薬品包装市場の将来は、製薬業界の成長と新興経済諸国におけるヘルスケアサービスの向上により、明るい見通しです。この市場では、プラスチック、ガラス、紙、アルミ箔が主な材料の種類です。医薬品包装業界の動向に直接影響を与える新たな動向としては、環境に優しい包装に対する需要の高まり、ナノ対応包装の使用の増加、ブローフィルシール技術の採用の増加などが挙げられます。
  • インドの医薬品包装産業は、ここ数年大幅な成長を遂げています。イノベーションと新たな治療法により、製薬業界のこの分野にはさらなる成長の余地があります。COVID-19感染症のパンデミックにより、製品を効率的に梱包して流通させる必要性が新たに認識されました。パッケージングに至るまで、製品の製造と流通の迅速化が期待されています。包装会社は、物事をより迅速に進め、需要を増やすためのソリューションを開発するという新たなプレッシャーに直面することになります。
  • 韓国はアジアで最も急速に成長している製薬地域の一つであり、世界のヘルスケアイノベーションへの重要な貢献国として浮上しています。過去数年間で新薬の研究開発が大幅に進歩しました。特に過去数年間、韓国は世界の製薬およびバイオテクノロジーの情勢で新薬の研究開発能力を発展させてきました。
  • その他のアジア太平洋地域の範囲には、インドネシア、オーストラリア、シンガポール、タイ、マレーシアなどの複数の国が含まれます。この市場は、国際提携の急増、バイオシミラー、完成製剤の輸出の拡大、堅調なジェネリック市場によって牽引されています。

医薬品包装業界の概要

医薬品包装市場では、既存企業間の競争が激しいです。市場は、Amcor PLC、Schott AG、WestRock Company、Berry Global、Aptar Group Inc.など、さまざまな大手企業の存在により細分化されています。企業は製品の発売、コラボレーション、投資を通じてビジネスを拡大しています。

  • 2023年 2月:Schottは、診断およびライフサイエンス製品の能力と製造能力を拡大するために、米国に最初の施設を開設しました。アリゾナ州フェニックスに数百万米ドルを投資して建設される新施設は、ガラス、半導体、ポリマーマイクロ流体消耗デバイス上のカスタムDNAおよびタンパク質バイオセンサー、その他のマイクロアレイの製造に特化する予定です。
  • 2022年 5月:CCL Industries Inc.は、ドイツのライプツィヒ近郊にあるInnoviaビジネスユニットの拡張計画を発表しました。新しい幅8メートルの多層共押出ラインは、樹脂含有量を削減した材料に対する持続可能性主導の需要の高まりに応えるため、高度に設計された薄型ラベルフィルムを製造します。年間36,000トンの生産能力とクラス最高のエネルギー効率を備えたこの新技術は、ラベルフィルム専用です。生産は2024年後半に開始され、資本のほとんどは翌年に投資される予定です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度
  • COVID-19感染症が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 包装に関する規制基準と偽造品に対する厳しい基準
    • 革新的かつ新世代のパッケージングソリューションによるナノテクノロジーの影響
  • 市場の課題
    • サプライヤーの交渉力による原材料価格の変動

第6章 市場セグメンテーション

  • 素材別
    • プラスチック
    • ガラス
    • その他の素材
  • 製品タイプ別
    • ボトル
    • 注射器
    • バイアルとアンプル
    • チューブ
    • キャップとクロージャ
    • ラベル
    • その他の製品タイプ
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amcor PLC
    • 3M Company
    • Schott AG
    • WestRock Company
    • Berry Global Group Inc.
    • McKesson Corporation
    • AptarGroup Inc.
    • Klockner Pentaplast Group
    • CCL Industries Inc.
    • FlexiTuff International Ltd
    • Gerresheimer AG
    • West Pharmaceutical Services Inc.
    • Becton, Dickinson and Company
    • Vetter Pharma International GmbH
    • Catalent Inc.
    • WL Gore &Associates Inc.
    • Nipro Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 53455

The Pharmaceutical Packaging Market size is estimated at USD 102.10 billion in 2024, and is expected to reach USD 137.28 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.10% during the forecast period (2024-2029).

Pharmaceutical Packaging - Market

Key Highlights

  • The pharmaceutical industry is increasing worldwide, creating a need for packaging to treat communicable and non-communicable diseases. Therefore, the demand for packaging in pharmaceutical manufacturing is growing as it protects pharmaceuticals from damage, biological contamination, and external influences.
  • Increased demand for pharmaceuticals is associated with technological advancements in the industry and directly creates demand for bottles, vials, and other packaging solutions. Additionally, the growing demand for injectables is driving the growth of glass vials in the pharmaceutical industry. Strong demand for oncology and other high-potency drugs (such as antibody conjugates and fast-acting steroids) and increasing per capita spending on pharmaceuticals are expected to be key growth drivers.
  • The global demand scenario for pharmaceutical products has supported revenue generation in the packaging sector and is expected to continue during the forecast period. Overall, the pharmaceutical packaging market is projected to register a steady growth rate coupled with ongoing expansion and research and development to improve pharmaceutical packaging. Thus, demand is anticipated to witness enormous growth over the forecast period.
  • The plastic packaging industry faces rising polymer costs, making plastics more expensive. Additionally, the war between Ukraine and Russia has pushed prices up again. The demand for plastics and plastic products is increasing year by year. The lack of supply keeping up with the increase in demand is also one factor driving higher polymer prices, expected to hinder the market growth.
  • Owing to the spread of COVID-19, the market is expected to grow significantly. Due to the pandemic, customers shifted toward online purchasing. The COVID-19 pandemic hit hard on expanding packaging materials in developing and developed countries. However, strong demand for sterilized pharmaceutical packaging encouraged investment in the landscape. Moreover, industry players expect the healthcare industry to show strong demand for packaging technology.

Pharmaceutical Packaging Market Trends

Plastic Packaging Holds a Significant Market Share

  • Plastic is one of the most popular materials for pharmaceutical packaging as it is more applicable, durable, flexible, and sustainable. Pharmaceutical packaging utilizes plastic bottles constructed from various materials, including polyvinyl chloride, polyethylene, polypropylene, and polystyrene. The industry uses transparent, durable, lightweight plastic to store and market.
  • Plastics are used for packaging blister packs, sachets, prefilled syringes and inhalers, parenteral solution pouches, and bottles. Materials used in pharmaceutical packaging need to be chemically inert, have low permeability to water vapor, and are easy to handle. In addition, packaging materials come in direct contact with pharmaceuticals and biological agents and hence need to comply with strict regulations from regulatory authorities. Plastics and polymers meet these requirements; therefore, it is often used for pharmaceutical packaging.
  • Bottles for pharmaceutical packaging consist of child-resistant caps and closures. The US FDA requires pharmaceutical plastic manufacturers to highlight "child-resistant packaging" on product labels for consumer evaluation. Rising demand for child-safe packaging is one of the factors driving the pharmaceutical plastic packaging market during the forecast period.
  • Companies are focused on expanding their business as part of leveraging pharmaceutical packaging. For instance, in June 2022, Constantia Flexibles introduced Perpetua Alta, a new polypropylene-based mono-material for the pharmaceutical market. This mono-polymer solution replaces multi-component packaging for chemically assertive products, such as liquid and gel pharmaceutical compositions. In addition, independent certification by the German laboratory Cyclos-HTP confirms up to 96% material recovery, depending on the final material composition. Such innovations drive the plastic materials in the pharmaceutical packaging market.
  • Moreover, polyvinyl chloride and PVDC (polyvinylidene chloride), commonly used as principal packaging materials, protect pharmaceutical items from oxygen and odor, moisture, water vapor transmission, contamination, and bacteria. This makes PVC and PVDC the preferred materials for blister packing. Their superior organoleptic qualities ensure that the flavor of packaged food and medications remains unaffected. PVC mono films are sunlight and UV-ray-resistant and serve as a barrier against contamination by halting the spread of germs during production and distribution over the forecast period.

Asia-Pacific to Occupy Major Share

  • The robust growth of the Chinese pharmaceutical sector creates significant business opportunities for the country's pharmaceutical packaging companies. It is now becoming critical for companies to look for packaging concepts that meet emerging needs in the pharmaceutical packaging market.
  • The Chinese government's policies to accelerate the transformation of the country's medical regime are expected to promote the development of the pharmaceutical packaging sector. Furthermore, China is actively upgrading its pharmaceutical packaging facilities and materials and diversifying its pharmaceutical products, bringing new opportunities to pharmaceutical packaging firms.
  • The future of the pharmaceutical packaging market in Japan looks good, driven by the pharmaceutical industry's growth and improving healthcare services in developing economies. In this market, plastic, glass, paper, and aluminum foil are the main material types. Emerging trends directly impacting the dynamics of the pharmaceutical packaging industry include rising demand for eco-friendly packaging, increasing use of nano-enabled packaging, and increasing adoption of blow-fill-seal technology.
  • The pharmaceutical packaging industry in India has been experiencing substantial growth for several years. Due to innovations and emerging treatments, there is room for further growth in this section of the pharma industry. The COVID-19 pandemic has brought a new awareness of the need to package and distribute products efficiently. There will be expectations to manufacture and distribute products quicker, right down to the packaging. Packaging companies will face new pressures to develop solutions to get things moving faster and increase demand.
  • South Korea is one of the fastest-growing pharma regions in Asia, emerging as a critical contributor to global healthcare innovation. It has tremendously advanced new drug research and development in the last few years. Especially during the past few years, Korea has developed new drug R&D capabilities in the global pharmaceutical and biotech landscape.
  • The scope of the Rest of the Asia-Pacific region includes multiple countries, such as Indonesia, Australia, Singapore, Thailand, and Malaysia. The market is driven by the surge of international partnerships, biosimilars, an expansion in the export of finished formulations, and a robust generics market.

Pharmaceutical Packaging Industry Overview

The rivalry among the existing players is intense in the pharmaceutical packaging market. The market is fragmented with the presence of various major players, such as Amcor PLC, Schott AG, WestRock Company, Berry Global, Aptar Group Inc., and more. Companies are expanding their business through product launches, collaborations, and investments.

  • February 2023: Schott opened its first facility in the United States to expand its capabilities and manufacturing capacity for diagnostics and life sciences products. The construction of a new facility in Phoenix, Arizona, with a multimillion-dollar investment, will be dedicated to producing custom DNA and protein biosensors and other microarrays on glass, semiconductors, and polymer microfluidic consumable devices.
  • May 2022: CCL Industries Inc. announced plans for an expansion at its Innovia business unit near Leipzig in Germany. A new 8 m wide multi-layer co-extrusion line will manufacture highly engineered thin gauge label films to meet the rising, sustainability-driven demand for materials with reduced resin contents. With a capacity of 36,000 ton annually and best-in-class energy efficiency, the new technology is exclusive to label films. Production will begin in the second half of 2024, with most of the capital invested in the next year.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitutes
    • 4.3.5 Degree of Competition
  • 4.4 Assessment of Impact of the COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Regulatory Standards on Packaging and Stringent Norms against Counterfeit Products
    • 5.1.2 Impact of Nanotechnology due to Innovative and New- generation Packaging Solutions
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Fluctuations in Raw Material Cost Due to Suppliers Bargaining Power

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Material
    • 6.1.1 Plastics
    • 6.1.2 Glass
    • 6.1.3 Other Materials
  • 6.2 By Product Type
    • 6.2.1 Bottles
    • 6.2.2 Syringes
    • 6.2.3 Vials and Ampoules
    • 6.2.4 Tubes
    • 6.2.5 Caps and Closures
    • 6.2.6 Labels
    • 6.2.7 Other Product Types
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 Germany
      • 6.3.2.2 United Kingdom
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Italy
      • 6.3.2.5 Spain
      • 6.3.2.6 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 Japan
      • 6.3.3.3 India
      • 6.3.3.4 South Korea
      • 6.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
      • 6.3.4.1 Brazil
      • 6.3.4.2 Mexico
      • 6.3.4.3 Rest of Latin America
    • 6.3.5 Middle East & Africa
      • 6.3.5.1 United Arab Emirates
      • 6.3.5.2 Saudi Arabia
      • 6.3.5.3 South Africa
      • 6.3.5.4 Rest of Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Amcor PLC
    • 7.1.2 3M Company
    • 7.1.3 Schott AG
    • 7.1.4 WestRock Company
    • 7.1.5 Berry Global Group Inc.
    • 7.1.6 McKesson Corporation
    • 7.1.7 AptarGroup Inc.
    • 7.1.8 Klockner Pentaplast Group
    • 7.1.9 CCL Industries Inc.
    • 7.1.10 FlexiTuff International Ltd
    • 7.1.11 Gerresheimer AG
    • 7.1.12 West Pharmaceutical Services Inc.
    • 7.1.13 Becton, Dickinson and Company
    • 7.1.14 Vetter Pharma International GmbH
    • 7.1.15 Catalent Inc.
    • 7.1.16 W. L. Gore & Associates Inc.
    • 7.1.17 Nipro Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS