市場調査レポート
商品コード
1444596

内視鏡装置:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Endoscopy Devices - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
内視鏡装置:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の内視鏡装置市場規模は、2024年に376億3,000万米ドルと推定され、2029年までに517億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.56%のCAGRで成長します。

世界の内視鏡装置-市場

COVID-19は、選択的手術のキャンセルにより内視鏡装置市場に影響を与えました。しかし、規制が解除され内視鏡手術が再開されてから、過去2年間で市場は回復しました。革新的な内視鏡装置を発売し、処置を促進するという市場関係者による戦略的取り組みにより、パンデミック後期における市場の成長を補うことができました。たとえば、2022年4月、富士フイルムはモバイルトレーニングハブEndoRunnerツアーを開始し、EndoRunnerは欧州消化器内視鏡学会のカンファレンスで欧州中の病院やカンファレンスを訪問する予定です。この立ち上げは、新型コロナウイルス感染症後の内視鏡検査の課題に取り組むことを目的としていました。COVID-19株の新たな変異株の出現は、内視鏡装置市場に与える影響はごくわずかであると予想されていました。市場は予測期間中に安定して成長すると予想されていました。

さまざまな慢性疾患やその他の疾患の有病率の上昇により、治療と診断のための内視鏡検査の採用が増加し、それによって予測期間中の市場の成長が促進されると予想されます。たとえば、2022年1月に発表された英国心臓財団(BHF)のデータによると、2021年に世界的に影響を受けた最も一般的な心臓疾患は、冠状動脈(虚血性)心疾患、末梢動脈疾患、脳卒中、心房細動でした。したがって、心血管疾患の負担が大きいため、診断手順のための内視鏡手順の需要がさらに増加し、それによって市場の成長が促進されると予想されます。

さらに、世界中で低侵襲手術の重要性、採用、進化が増大しており、その影響が患者の転帰を改善するために着実に活用されていることを証明しています。たとえば、2022年3月に発表された「パンデミック中の低侵襲手術サービスの維持」と題された研究によると、罹患率の低下や回復時間の短縮などの利点により、低侵襲手術(MIS)はほとんどの腹部および腹部疾患において好まれる手術であることが多いとのことです。骨盤の手術。このようなMISの採用の増加は、組織の外科的モニタリングにおける内視鏡装置の採用の増加につながり、市場の成長を推進します。

さらに、内視鏡装置のメーカーも技術的に高度な内視鏡システムの開発にますます注力しており、それによって予測期間中の市場の成長が促進されます。たとえば、富士フイルムヘルスケアは2021年 11月に、上部および下部消化管用途として米国食品医薬品局の認可を受けるデュアルチャンネル内視鏡を発売しました。また、2022年 6月に、Getingeは、より高いレベルのデジタル接続とデータ管理を特徴とするED-Flow自動内視鏡再処理装置の更新バージョンをGetingeの内視鏡再処理顧客向けにリリースしました。これにより、稼働時間の向上と生産性の向上が実現します。

したがって、慢性疾患の負担の高さ、技術の進歩の増加、市場企業による発売などの要因により、内視鏡装置市場は予測期間中に世界的に大幅な成長を示すと予想されます。しかし、熟練した技術者の不足と、少数の内視鏡による感染症が市場の成長を妨げています。

内視鏡装置市場動向

軟性内視鏡セグメントは、予測期間中により良い成長を示すことが期待されます

軟性内視鏡は、光を伝達し、観察者に画像を伝える光学機器です。さらに、これらの機器には柔軟な透明ファイバーが装備されています。このセグメントは、他の代替品に比べて提供される利点、上市の増加、軟性内視鏡の採用の増加により、予測期間中に成長すると予想されます。

炎症性腸疾患(IBD)、胃がん、結腸がん、呼吸器感染症、呼吸器腫瘍などのさまざまな慢性疾患では、診断目的で内視鏡を広範囲に使用する必要があります。したがって、これらの病気の罹患率の高さにより、軟性内視鏡の需要が急増しています。たとえば、米国がん協会の2023年の報告書によると、2022年に米国で推定26,380人の新たな胃がんが診断され、2023年には26,500人の新たな胃がんが診断されると推定されています。したがって、これらの慢性疾患の発生率は高いのです。そしてその普及により、軟性内視鏡の需要が急増しています。

さらに、市場関係者による上市と承認により、予測期間中にこのセグメントの成長が促進されると予想されます。たとえば、2021年 8月にボストンサイエンティフィックはEXALTモデルB単回使用気管支鏡のFDA承認を取得しました。 EXALTモデルB使い捨て気管支鏡は、柔軟な気管支鏡の最新の進化版です。 ICUで使用するために開発され、ダブルルーメンチューブの配置などの複雑な呼吸処置中に気道をきれいに保つように設計されています。

したがって、病気の蔓延の増加、軟性内視鏡のいくつかの利点、および製品の発売により、予測期間中に大幅なセグメントの成長が予想されます。

北米は予測期間中にかなりの市場シェアを保持すると予想される

心血管疾患、結腸直腸がん、胃がんなどの高い疾患、低侵襲手術の採用の増加、技術革新、承認、製品の発売、市場関係者によるパートナーシップなどが、この地域の内視鏡市場を牽引すると予想されています。たとえば、2022年1月にCedars-Sinaiが更新したデータによると、冠動脈バイパスまたはバイパス手術としても知られる冠動脈バイパス移植手術(CABG)が最も一般的な心臓手術であり、30万人以上がバイパス手術に成功していると報告されています。毎年米国で。バイパス手術の件数が多いため、画像誘導手術システムの需要が増加し、国内の内視鏡装置の成長を促進する可能性があります。

さらに、胃腸がんや結腸直腸がんの早期診断のための内視鏡手術の増加により、今後数年間で市場が拡大すると予想されます。ほとんどの消化管間質腫瘍は通常、直腸、結腸、食道で発生します。たとえば、米国がん協会(ACS)の2023年の報告書によると、2023年には米国で2万1,500人が食道がん、2万6,500人が胃がん、15万3,000人が結腸直腸がんと診断されると推定されています。これらのがんの負担が大きいため、予測期間中に国内の内視鏡装置の需要が高まると予想されます。

この地域における内視鏡装置の発売と承認の増加も、予測期間中の市場の成長に貢献します。たとえば、使い捨て内視鏡の開発会社であるZsquareは、2022年 7月に、自社製品であるZsquare ENT-Flex鼻咽喉鏡を米国で販売するための食品医薬品局510K認可を取得しました。また、2022年 11月には、診断および治療用内視鏡ソリューションのヘルスケア業界リーダーであるPENTAX Medicalが、パフォーマンス内視鏡超音波(EUS)システムをカナダで発売しました。

したがって、製品の発売の増加や慢性疾患による低侵襲画像処理や手術の採用の増加などの要因により、予測期間中にカナダの市場の成長が促進されると予想されます。

内視鏡装置業界の概要

市場は適度な競争があり、複数の世界的企業で構成されています。市場が進歩するにつれて、企業はアプリケーションに基づいて内視鏡システムで明確な差別化を達成しようとしています。主要な市場企業は、Boston Scientific Corporation、Medtronic PLC、Olympus Corporation、Cook Group Incorporated、およびJohnson &Johnsonです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 低侵襲手術への関心の高まり
    • 治療と診断における内視鏡検査の採用の増加
    • アプリケーションの強化につながる技術の進歩
  • 市場抑制要因
    • 熟練した技術者の不足
    • 少数の内視鏡による感染症
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • デバイスの種類別
    • 内視鏡
      • 硬性内視鏡
      • 軟性内視鏡
      • カプセル内視鏡
      • ロボット支援内視鏡
    • 内視鏡手術装置
      • 灌漑/吸引システム
      • アクセスデバイス
      • 傷プロテクター
      • 気腹装置
      • 手動操作器具
      • その他の内視鏡手術器具
    • 可視化装置
      • 内視鏡カメラ
      • SD可視化システム
      • HDビジュアライゼーションシステム
  • 用途別
    • 消化器科
    • 呼吸器科
    • 整形外科
    • 心臓病学
    • 耳鼻咽喉科手術
    • 婦人科
    • 神経内科
    • その他の用途
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Boston Scientific Corporation
    • Conmed Corporation
    • Cook Group Incorporated
    • Richard Wolf GmbH
    • Johnson &Johnson
    • Fujifilm Holdings Corporation
    • Medtronic PLC
    • Olympus Corporation
    • Karl Storz SE &Co. KG
    • Stryker Corporation
    • Hoya Corporation
    • Smith &Nephew PLC

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 49728

The Global Endoscopy Devices Market size is estimated at USD 37.63 billion in 2024, and is expected to reach USD 51.70 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.56% during the forecast period (2024-2029).

Global Endoscopy Devices - Market

COVID-19 impacted the endoscopy devices market due to the cancellations of elective procedures. However, the market recovered in the last two years since the restrictions were lifted and endoscopic procedures resumed. The strategic initiatives by market players to launch innovative endoscopic devices and boost the procedures compensated for the market growth in the later phase of a pandemic. For instance, in April 2022, Fujifilm launched a mobile training hub EndoRunner Tour, with the EndoRunner set to visit hospitals and conferences across Europe at the European Society of Gastrointestinal Endoscopy conference. The launch intended to tackle endoscopy challenges in post-COVID infection. The emergence of new variants of COVID-19 strains was expected to have a negligible impact on the endoscopy devices market. The market was expected to grow stable during the forecast period.

The rising prevalence of various chronic diseases and other diseases is expected to raise the adoption of endoscopy for treatment and diagnosis, thereby boosting the market's growth over the forecast period. For instance, the British Heart Foundation (BHF) data published in January 2022 reported that in 2021, the most common heart conditions affected globally were coronary (ischemic) heart disease, peripheral arterial disease, stroke, and atrial fibrillation. Thus, the high burden of cardiovascular diseases is further expected to increase the demand for endoscopy procedures for diagnostic procedures, thereby boosting the market's growth.

Furthermore, the growing significance, adoption, and evolution of minimally invasive surgeries worldwide testify to the impact that is steadily being utilized for improving patient outcomes. For instance, according to the study titled 'Maintaining a minimally invasive surgical service during a pandemic' published in March 2022, because of benefits including decreased morbidity and quicker recovery times, minimally invasive surgery (MIS) is frequently the preferred procedure for most abdominal and pelvic surgeries. Such a rise in the adoption of MIS will lead to increased adoption of endoscopy devices during the surgical monitoring of tissues, driving the market growth.

Additionally, manufacturers of endoscopy devices are also increasingly focusing on developing technologically advanced endoscopy systems, thereby boosting market growth over the forecast period. For instance, in November 2021, FUJIFILM Healthcare launched the dual-channel endoscope to be cleared by the United States Food and Drug Administration for upper and lower gastrointestinal applications. Also, in June 2022, Getinge released an updated version of the ED-Flow automated endoscope reprocessor featuring a higher level of digital connectivity and data management to Getinge's endoscope reprocessing customers, which will result in improved uptime and increased productivity.

Thus, owing to factors such as the high burden of chronic diseases, rising technological advancements, and launches by market players, the endoscopy devices market is expected to show significant growth globally over the forecast period. However, the lack of skilled technicians and infections caused by few endoscopes hinder the market growth.

Endoscopy Devices Market Trends

The Flexible Endoscope Segment is Expected to Show Better Growth in the Forecast Period

A flexible endoscope is an optical instrument that transmits light and carries images back to the observer. Furthermore, these instruments are equipped with flexible transparent fibers. The segment is expected to grow during the forecast period due to the advantages offered over other alternatives, rising launches, and increasing adoption of flexible endoscopes.

Various chronic diseases such as inflammatory bowel diseases (IBD), stomach cancer, colon cancer, respiratory infections, respiratory tumors, and others require extensive use of endoscopes for diagnostic purposes. Thus, the high prevalence of these diseases leads to a surge in demand for flexible endoscopes. For instance, according to the American Cancer Society 2023 report, an estimated 26,380 new cases of stomach cancer were diagnosed in the United States in 2022, and 26,500 new stomach cancer are estimated to be diagnosed in 2023. Thus, these chronic diseases' high incidence and prevalence lead to a surge in demand for flexible endoscopes.

Furthermore, the launches and approvals by market players are expected to propel the segment's growth during the forecast period. For instance, in August 2021, Boston Scientific received FDA approval for the EXALT Model B Single-Use Bronchoscope. EXALT Model B Single-Use Bronchoscope is the latest evolution in flexible bronchoscopy. It is developed for use in ICU and built to help keep airways clear during complex respiratory procedures like double-lumen tube placements.

Thus, considerable segment growth is expected over the forecast period due to the increasing prevalence of diseases, several advantages of a flexible endoscope, and product launches.

North America is Expected to Hold a Significant Market Share Over The Forecast Period

The high burden of diseases such as cardiovascular diseases, colorectal and stomach cancer, increasing adoption of minimally invasive surgeries, technological innovations, approvals, product launches, and partnerships by market players are expected to drive the endoscopy market in the region. For instance, the data updated by Cedars-Sinai in January 2022 reported that coronary artery bypass graft surgery (CABG), also known as coronary artery bypass or bypass surgery, is the most common heart surgery and more than 300 thousand people have successful bypass surgery in the United States each year. The high number of bypass surgery performed may cause an increased demand for image-guided surgical systems, thus driving the growth of endoscopy devices in the nation.

Furthermore, an increase in endoscopic procedures for early diagnosis of gastrointestinal and colorectal cancers is expected to boost the market in the coming years. Most gastrointestinal stromal tumors usually start in the rectum, colon, and esophagus. For instance, as per the American Cancer Society (ACS) 2023 report, the expected esophagus cancer is estimated to be diagnosed in 21.5 thousand individuals, stomach cancer in 26.5 thousand individuals, and colorectal cancer in 153 thousand in the United States in 2023. The high burden of these cancers is expected to propel the demand for endoscopy devices in the nation during the forecast period.

The rising launches and approvals of endoscopy devices in the region also contribute to the market growth during the forecast period. For instance, in July 2022, Zsquare, a developer of single-use endoscopes, received Food and Drug Administration 510K clearance to market its product, the Zsquare ENT-Flex Rhinolaryngoscope, in the United States. Also, in November 2022, PENTAX Medical, a healthcare industry leader in diagnostic and therapeutic endoscopy solutions, launched the Performance Endoscopic Ultrasound (EUS) system in Canada.

Thus, the factors such as the rising product launches and the increasing adoption of minimally invasive imaging and surgeries due to chronic diseases are expected to boost the market's growth in Canada during the forecast period.

Endoscopy Devices Industry Overview

The market is moderately competitive and consists of several global players. As the market progresses, the firms try to achieve clear differentiation in endoscopic systems based on their application. The major market players are Boston Scientific Corporation, Medtronic PLC, Olympus Corporation, Cook Group Incorporated, and Johnson & Johnson.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Preference for Minimally-Invasive Surgeries
    • 4.2.2 Increasing Adoption of Endoscopy for Treatment and Diagnosis
    • 4.2.3 Technological Advancements Leading to Enhanced Applications
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Skilled Technicians
    • 4.3.2 Infections Caused by Few Endoscopes
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - in USD Million)

  • 5.1 By Type of Device
    • 5.1.1 Endoscopes
      • 5.1.1.1 Rigid Endoscope
      • 5.1.1.2 Flexible Endoscope
      • 5.1.1.3 Capsule Endoscope
      • 5.1.1.4 Robot-assisted Endoscope
    • 5.1.2 Endoscopic Operative Device
      • 5.1.2.1 Irrigation/Suction System
      • 5.1.2.2 Access Device
      • 5.1.2.3 Wound Protector
      • 5.1.2.4 Insufflation Device
      • 5.1.2.5 Operative Manual Instrument
      • 5.1.2.6 Other Endoscopic Operative Devices
    • 5.1.3 Visualization Equipment
      • 5.1.3.1 Endoscopic Camera
      • 5.1.3.2 SD Visualization System
      • 5.1.3.3 HD Visualization System
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Gastroenterology
    • 5.2.2 Pulmonology
    • 5.2.3 Orthopedic Surgery
    • 5.2.4 Cardiology
    • 5.2.5 ENT Surgery
    • 5.2.6 Gynecology
    • 5.2.7 Neurology
    • 5.2.8 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Boston Scientific Corporation
    • 6.1.2 Conmed Corporation
    • 6.1.3 Cook Group Incorporated
    • 6.1.4 Richard Wolf GmbH
    • 6.1.5 Johnson & Johnson
    • 6.1.6 Fujifilm Holdings Corporation
    • 6.1.7 Medtronic PLC
    • 6.1.8 Olympus Corporation
    • 6.1.9 Karl Storz SE & Co. KG
    • 6.1.10 Stryker Corporation
    • 6.1.11 Hoya Corporation
    • 6.1.12 Smith & Nephew PLC

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS