デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444539

特殊化学品:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Specialty Chemicals - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 550 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
特殊化学品:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 550 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

特殊化学品の市場規模は、2024年に1兆700億米ドルと推定され、2029年までに1兆2,600億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.31%のCAGRで成長します。

特殊化学品-市場

2020年、市場はCOVID-19の発生により悪影響を受けました。パンデミックのシナリオにより、いくつかの国がロックダウンに突入し、サプライチェーンの混乱、業務停止、労働力不足につながった。しかし、規制が解除されて以来、このセクターは順調に回復しています。住宅販売の増加と新しいプロジェクトの立ち上げにより、塗料、コーティング剤、建設用化学薬品の需要が増加しています。半導体、集積回路、農薬の需要の増加により、過去2年間で市場が回復しました。

主なハイライト

  • 市場の成長を牽引する主な要因は、特にアジア太平洋、中東・アフリカにおける建設活動の堅調な成長です。さらに、人口の増加により、世界中で食料の需要が高まっています。
  • その一方で、環境規制の強化と化石燃料埋蔵量の減少が市場の成長を妨げる制約となっています。
  • 新しい製品を生み出すための研究開発の成長は、予測期間中に調査された市場に機会を提供する可能性があります。
  • アジア太平洋は、その膨大な顧客基盤により世界市場を独占しており、この地域の特殊化学品に対する高い需要、工業生産の増加、建設部門の堅調な成長につながっています。

特殊化学品の市場動向

農薬部門が市場需要を独占

  • 農薬部門は特殊化学品市場でシェアを独占しました。この部門の成長は、一人当たりの耕作可能な土地の減少と世界の食料需要の増加によって大きく推進されています。
  • 世界の人口は急速に増加しています。この人口増加により、食料需要がさらに増大しています。この増え続ける人口に食料を供給することが脅威になりつつあります。一方で、工業化や都市化により耕地は減少しています。肥料は作物の生産性を高めるために長い間使用されてきたため、予測期間中の農薬需要が増加します。
  • 一人当たりの所得の増加と人口の増加に伴い、食料と換金作物の需要は世界的に増加すると推定されています。たとえば、FAOによると、米国の食料需要は2050年までに50~90%増加すると予想されています。
  • 国連食糧農業機関(FAO)と国際食糧政策調査(IFPRI)は、2050年までに世界の食料需要が増加するという予測を発表しました。FAOの予測では、世界の食料需要が2050年までに70%増加する可能性があることが示されています。世界の食料需要の予測増加の多くは、アジア太平洋、東欧、ラテンアメリカの消費者所得の増加によるものと予想されます。
  • さらに、植物による栄養効率の取り込みに対する懸念の高まりと、健康と環境に関する規制上の懸念の高まりにより、微量栄養素肥料、バイオベースの肥料、および特殊肥料(液体肥料など)の人気が高まっています。
  • 生物学的雑草防除剤として微生物を使用するバイオ除草剤も、合成除草剤と同様に、統合害虫管理技術において人気を集めています。このセグメントは業界のほんの一部にすぎませんが、大幅な成長が見込まれています。
  • 2021年に各国が輸出した肥料の総額は約832億米ドルでした。この金額は、肥料輸出全体が552億米ドルであった2020年の肥料輸出国全体の平均50.7%5増加を反映しています。
  • ロシアは2021年に124億米ドルを輸出し、2020年(69億9,000万米ドル)と比較して約78%増加し、インドは連盟からの最大の輸入国の一つとなった。さらに、中国は輸出が約74.6%という大幅な増加を経験しました。中国からの肥料輸出は2021年に114億7,000万米ドルに達しました。
  • さらに、農地の縮小と害虫や病気による作物の損失は、殺虫剤市場を動かす重要な要因となっています。
  • したがって、このようなすべての好ましい動向は、予測期間中に農薬市場の需要を促進すると予想されます。これにより、特殊化学品の必要性が高まることが予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は特殊化学品市場を独占していました。建設部門の力強い成長、化粧品需要の増加、電気・電子業界の生産量増加による投資と生産の増加、包装業界からの接着剤とプラスチックの需要の増加により、予測期間中その地位を維持する可能性が高いです。この地域の産業による水処理システムの設置が増加しています。
  • この地域、特に中国やインドなどの国々の人口増加により、食料需要が増加しています。これは農薬市場を牽引し、その結果、予測期間中に特殊ポリマー市場の成長を促進すると予想されます。
  • アジア太平洋地域の建設セクターの成長は主にサービスセクターの拡大によって推進されており、オフィススペースの需要の増加、住宅建設プロジェクトの増加、産業基盤を確立するための多国籍企業からの投資の流入につながっています。地域の。このような要因により、予測期間中に当該地域の塗料とコーティング、接着剤とシーラント、建設用化学薬品、特殊ポリマーの需要が増加する可能性があります。
  • 中国国家統計局によると、2021年の中国の建設企業の付加価値は8兆138億元(約1兆1,516億1,000万米ドル)で、前年比2.15%増加しました。
  • インドでは、今後7年間で約1兆3,000億米ドルが住宅に投資される可能性があります。この国では6,000万戸の新しい住宅が建設されると予想されています。インドでは、手頃な価格の住宅の入手可能性が2025年までに約70%増加する可能性があります。さらに、インド政府の「2022年までにすべての人に住宅を」も、業界にとって重要な変革をもたらします。
  • 接着剤は自動車用途における主要な技術コンポーネントとなり、従来の接着方法や接着方法を継続的に置き換えています。この地域での接着剤とシーラントの生産が増加しており、化粧品用化学薬品の需要の増加につながっています。
  • 日本自動車工業会(JAMA)によると、2021年の国内の乗用車と軽自動車の生産台数は784万6,955台だった。
  • エレクトロニクス産業では、コンフォーマルコーティング、端子電極の保護、表面実装デバイスの接着など、さまざまな用途に接着剤が使用されています。エレクトロニクス産業は、インドで最も急速に成長している産業の1つです。電子IT省によると、この業界の市場規模は2021年度時点で4兆9,500億~5兆ルピー(約669億5,000万~676億2,000万米ドル)となっています。
  • したがって、このようなすべての好ましい動向が集合的に、予測期間中にこの地域の特殊化学品市場の成長を促進する可能性があります。

特殊化学品業界の概要

特殊化学品市場は非常に細分化されており、多数の企業が大きな市場シェアを保持しています。市場の主要企業には(順不同)、BASF SE、Dow、Corteva、Sika AG、Solvayなどが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • アジア太平洋、中東・アフリカにおける建設活動の堅調な成長
    • 人口増加により世界中で食料需要が増加
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度
  • 原材料分析

第5章 市場セグメンテーション

  • 塗料とコーティング
    • ダイナミクス
    • 用途
      • 建築
      • 自動車
      • 産業用
      • 木材
      • その他の用途
  • 触媒
    • ダイナミクス
    • 関数
      • 化学合成触媒
      • 石油精製触媒
      • 重合触媒
  • 建設用化学薬品
    • ダイナミクス
    • 用途
      • コマーシャル
      • 産業用
      • インフラストラクチャー
      • 住宅
      • 公共スペース
  • 化粧品用ケミカル
    • ダイナミクス
    • 用途
      • ヘアケア
      • スキンケア
      • オーラルケア
      • 個人の衛生
      • その他の用途
  • 染料、インク、顔料
    • ダイナミクス
    • タイプ
      • インク
      • 染料
      • 有機顔料
      • 無機顔料
  • 電子化学品
    • ダイナミクス
    • 用途
      • 半導体と集積回路
      • プリント基板
  • 水処理薬品
    • ダイナミクス
    • 関数
      • 凝集剤
      • 凝固剤
      • 殺生剤と消毒剤
      • 消泡剤および消泡剤
      • pH調整剤および柔軟剤
      • その他の機能
  • 食品添加物
    • ダイナミクス
    • タイプ
      • 天然添加物
      • 合成添加物
  • 農薬
    • ダイナミクス
    • タイプ
      • 肥料
      • 除草剤
      • 殺菌剤
      • 殺虫剤
      • 殺線虫剤
      • 軟体動物駆除剤
      • その他の農薬
  • 産業用および施設用クリーナー
    • ダイナミクス
    • 用途
      • 汎用クリーナー
      • 消毒剤と消毒剤
      • ランドリーケア製品
      • 洗車用品
  • 潤滑油添加剤
    • ダイナミクス
    • 製品タイプ
      • 分散剤および乳化剤
      • 洗剤
      • 酸化防止剤
      • 極圧添加剤および耐摩耗添加剤
      • 粘度指数調整剤
      • 摩擦調整剤
      • 腐食防止剤
      • その他の製品タイプ
  • 鉱業用化学薬品
    • ダイナミクス
    • 関数
      • 浮選化学薬品
      • 抽出薬品
      • 研削助剤
  • 油田用化学薬品
    • ダイナミクス
    • 用途
      • 殺生物剤
      • 腐食およびスケール防止剤
      • 解乳化剤
      • ポリマー
      • 界面活性剤
      • 他の種類の化学物質
  • 接着剤およびシーラント
    • ダイナミクス
    • テクノロジー
      • 水性接着剤
      • 溶剤系接着剤
      • ホットメルト接着剤
      • 反応性接着剤
      • その他の接着剤
      • シーラント
  • プラスチック添加剤
    • ダイナミクス
    • プラスチックタイプ
      • ポリエチレン(PE)
      • ポリスチレン(PS)
      • ポリプロピレン(PP)
      • ポリアミド(PA)
      • ポリエチレンテレフタレート(PET)
      • ポリ塩化ビニル(PVC)
      • ポリカーボネート(PC)
      • その他のプラスチックの種類
  • ゴム加工薬品
    • ダイナミクス
    • 用途
      • タイヤ
      • タイヤ以外
  • 特殊ポリマー
    • ダイナミクス
  • 繊維用化学薬品
    • ダイナミクス
    • 用途
      • コーティング剤およびサイジング剤
      • 着色剤および助剤
      • 仕上げ剤
      • サイズ除去剤
      • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • ASEAN諸国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • スペイン
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア分析
    • Adhesives and Sealants
    • Agrochemicals
    • Construction Chemicals
    • Lubricants and Oil Additives
    • Mining Chemicals
    • Oilfield Chemicals
    • Paints and Coatings
    • Specialty Polymers
    • Water Treatment Chemicals
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • 3M
    • AECI
    • Afton Chemical
    • Akzo Nobel NV
    • Albemarle Corporation
    • ALTANA
    • Archroma
    • Arkema Group
    • Ashland
    • Asian Paints
    • Axalta Coating Systems
    • Baker Hughes Company
    • BASF SE
    • Berger Paints India Limited
    • Buckman
    • Chevron Corporation
    • Clariant
    • Corteva
    • Covestro AG
    • DIC Corporation
    • Dow
    • DSM
    • DuPont
    • Eastman Chemical Company
    • Ecolab
    • Evonik Industries AG
    • Exxon Mobil Corporation
    • Ferro Corporation
    • Flint Group
    • FMC Corporation
    • GCP Applied Technologies Inc.
    • HB Fuller Company
    • Halliburton
    • Henkel AG &Co. KGaA
    • Hexcel Corporation
    • Huntsman International LLC
    • Infineum International Limited
    • Kemira
    • KRONOS Worldwide Inc.
    • Kurita Water Industries Ltd
    • Holcim
    • LANXESS
    • Lonza
    • MAPEI SpA
    • Merck KGaA
    • NIPSEA GROUP
    • Nouryon
    • Nutrien Ltd
    • Pidilite Industries Ltd
    • PPG Industries Inc.
    • Procter &Gamble
    • RPM International Inc.
    • SABIC
    • Schlumberger Limited
    • Sika AG
    • Solenis
    • Solvay
    • Syngenta
    • The Chemours Company
    • The Lubrizol Corporation
    • The Sherwin-Williams Company
    • Venator Materials PLC
    • Veolia
    • WR Grace &Co.
    • Wacker Chemie AG
    • Yara

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 47899

The Specialty Chemicals Market size is estimated at USD 1.07 trillion in 2024, and is expected to reach USD 1.26 trillion by 2029, growing at a CAGR of 3.31% during the forecast period (2024-2029).

Specialty Chemicals - Market

The market was negatively impacted by the COVID-19 outbreak in 2020. Owing to the pandemic scenario, several countries went into lockdown, which led to supply chain disruptions, work stoppages, and labor shortages. However, the sector is recovering well since restrictions were lifted. An increase in house sales and new project launches have led to a rise in the demand for paints, coatings, and construction chemicals. The increasing demand for semiconductors, integrated circuits, and agrochemicals led to the market recovery over the last two years.

Key Highlights

  • The major factors driving the market's growth are the robust growth of construction activities, especially in Asia-Pacific and the Middle East & Africa. Furthermore, the growing population is propelling the demand for food worldwide.
  • On the flip side, increasing environmental regulations and decreasing fossil fuel reserves are the restraints hampering the market's growth.
  • Growing research and development for creating novel products will likely provide an opportunity for the market studied over the forecast period.
  • Asia-Pacific dominated the global market, owing to the vast customer base, leading to high demand for specialty chemicals, increasing industrial production, and robust growth of the construction sector in the region.

Speciality Chemicals Market Trends

Agrochemicals Segment to Dominate the Market Demand

  • The agrochemicals segment dominated the share in the specialty chemicals market. The segment's growth is extensively driven by the decreasing per capita arable land and increasing demand for food worldwide.
  • The global population is increasing rapidly. This growing population is adding to the food demand. Supplying food to this ever-increasing population is becoming a threat. On the other hand, arable land is declining due to industrialization and urbanization. Fertilizers have been used for a long time to increase crop productivity, thus, enhancing agrochemicals demand over the forecast period.
  • With the increasing per capita income and growing population, food and cash crops demand is estimated to increase globally. For instance, as per the FAO, the food demand in the United States is expected to increase by 50-90% by 2050.
  • The Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) and the International Food Policy Research Institute (IFPRI) have published projections of an increase in global food demand by 2050. The FAO projections indicate that world food demand may increase by 70% by 2050, with much of the projected increase in global food demand expected to come from rising consumer incomes in Asia-Pacific, Eastern Europe, and Latin America.
  • Furthermore, owing to the growing concerns about nutrient efficiency uptake by plants and the growing regulatory health and environmental concerns, micronutrient fertilizers, bio-based fertilizers, and specialty fertilizers (like liquid fertilizers) are gaining popularity.
  • Bio-herbicides that use microbes as biological weed control agents are also gaining popularity in integrated pest management techniques, along with synthetic herbicides. Although the segment constitutes only a tiny part of the industry, it is expected to grow significantly.
  • Fertilizers exported by all countries totaled around USD 83.2 billion in 2021. That dollar amount reflects an average 50.7%5 increase for all shippers of fertilizers in 2020 when overall fertilizer exports were worth USD 55.2 billion.
  • Russia exported USD 12.4 billion in 2021, an increase of around 78% compared to 2020 (USD 6.99 billion), with India being one of the largest importers from the Federation. Additionally, China experienced a significant increase in exports of almost 74.6%. Fertilizer exports from China totaled 11.47 billion USD in 2021.
  • Moreover, contracting agricultural land and losing crops owing to pests and diseases are the significant factors driving the insecticide market.
  • Hence, all such favorable trends are expected to drive the demand for the agrochemicals market during the forecast period. It is expected to drive the need for specialty chemicals.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region dominated the specialty chemicals market. It is likely to retain its position during the forecast period due to robust growth of the construction sector, increasing cosmetic products demand, growing investment and production in the increasing electrical and electronics industry output, increasing demand for adhesives and plastics from the packaging industry, and increasing installations of water treatment systems from the industries in the region.
  • The growing population in the region, especially in countries such as China and India, is increasing the demand for food. It is expected to drive the agrochemical market and consequently help the specialty polymers market grow over the forecast period.
  • The growth of the Asia-Pacific construction sector is majorly driven by the service sector expansion, leading to an increase in the demand for office spaces, an increase in residential construction projects, and an inflow of investments from multinational companies to set up an industrial base in the region. Such factors will likely increase the demand for paints and coatings, adhesives and sealants, construction chemicals, and specialty polymers in the area during the forecast period.
  • According to the National Bureau of Statistics of China, in 2021, the value added of construction enterprises in China was CNY 8,013.8 billion (~USD 1151.61 billion), up by 2.15% over the previous year.
  • India will also likely witness an investment of around USD 1.3 trillion in housing over the next seven years. The country is expected to see the construction of 60 million new homes. The availability of affordable housing is likely to rise by around 70% by 2025 in India. Besides, the Indian government's 'Housing for All by 2022' is also a significant game-changer for the industry.
  • Adhesives have become a prime technology component in automotive applications, continuously replacing traditional bonding or adhesion methods. It is increasing adhesives and sealants production in the region, leading to a rise in demand for cosmetic chemicals.
  • According to Japan Automobile Manufacturers Association (JAMA), the country produced 7,846,955 units of passenger cars and light vehicles in 2021.
  • The electronics industry uses adhesives for various applications, including conformal coatings, protecting terminal electrodes, and bonding of surface mount devices, among many others. The electronics industry is one of the fastest-growing industries in India. According to the Ministry of Electronics and IT, the industry's market size is INR 4,950-5,000 billion (~ USD 66.95-67.62 billion) as of fiscal 2021.
  • Hence, all such favorable trends are collectively likely to drive the growth of the specialty chemicals market in the region during the forecast period.

Speciality Chemicals Industry Overview

The specialty chemicals market is highly fragmented, with numerous players holding a significant market share. Some of the major players in the market (in no particular order) include BASF SE, Dow, Corteva, Sika AG, and Solvay, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Robust Growth of Construction Activities in Asia-Pacific, and Middle East and Africa
    • 4.1.2 Growing Population is Propelling the Demand for Food Worldwide
  • 4.2 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.2.5 Degree of Competition
  • 4.3 Raw Material Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Paints and Coatings
    • 5.1.1 Dynamics
    • 5.1.2 Application
      • 5.1.2.1 Architectural
      • 5.1.2.2 Automotive
      • 5.1.2.3 Industrial
      • 5.1.2.4 Wood
      • 5.1.2.5 Other Applications
  • 5.2 Catalysts
    • 5.2.1 Dynamics
    • 5.2.2 Function
      • 5.2.2.1 Chemical Synthesis Catalysts
      • 5.2.2.2 Petroleum Refining Catalysts
      • 5.2.2.3 Polymerization Catalysts
  • 5.3 Construction Chemicals
    • 5.3.1 Dynamics
    • 5.3.2 Application
      • 5.3.2.1 Commercial
      • 5.3.2.2 Industrial
      • 5.3.2.3 Infrastructure
      • 5.3.2.4 Residential
      • 5.3.2.5 Public Space
  • 5.4 Cosmetic Chemicals
    • 5.4.1 Dynamics
    • 5.4.2 Application
      • 5.4.2.1 Hair Care
      • 5.4.2.2 Skin Care
      • 5.4.2.3 Oral Care
      • 5.4.2.4 Personal Hygiene
      • 5.4.2.5 Other Applications
  • 5.5 Dyes, Inks, and Pigments
    • 5.5.1 Dynamics
    • 5.5.2 Type
      • 5.5.2.1 Inks
      • 5.5.2.2 Dyes
      • 5.5.2.3 Organic Pigments
      • 5.5.2.4 Inorganic Pigments
  • 5.6 Electronic Chemicals
    • 5.6.1 Dynamics
    • 5.6.2 Application
      • 5.6.2.1 Semiconductors and Integrated Circuits
      • 5.6.2.2 Printed Circuit Boards
  • 5.7 Water Treatment Chemicals
    • 5.7.1 Dynamics
    • 5.7.2 Function
      • 5.7.2.1 Flocculants
      • 5.7.2.2 Coagulants
      • 5.7.2.3 Biocides and Disinfectants
      • 5.7.2.4 Defoamers and Defoaming Agents
      • 5.7.2.5 pH Adjusters and Softeners
      • 5.7.2.6 Other Functions
  • 5.8 Food Additives
    • 5.8.1 Dynamics
    • 5.8.2 Type
      • 5.8.2.1 Natural Additives
      • 5.8.2.2 Synthetic Additives
  • 5.9 Agrochemicals
    • 5.9.1 Dynamics
    • 5.9.2 Type
      • 5.9.2.1 Fertilizers
      • 5.9.2.2 Herbicide
      • 5.9.2.3 Fungicide
      • 5.9.2.4 Insecticide
      • 5.9.2.5 Nematicide
      • 5.9.2.6 Molluscicide
      • 5.9.2.7 Other Crop Protection Chemicals
  • 5.10 Industrial and Institutional Cleaners
    • 5.10.1 Dynamics
    • 5.10.2 Application
      • 5.10.2.1 General Purpose Cleaners
      • 5.10.2.2 Disinfectants and Sanitizers
      • 5.10.2.3 Laundry Care Products
      • 5.10.2.4 Vehicle Wash Products
  • 5.11 Lubricant Additives
    • 5.11.1 Dynamics
    • 5.11.2 Product Type
      • 5.11.2.1 Dispersants and Emulsifiers
      • 5.11.2.2 Detergents
      • 5.11.2.3 Oxidation Inhibitors
      • 5.11.2.4 Extreme-pressure Additives and Anti-wear Additives
      • 5.11.2.5 Viscosity Index Modifiers
      • 5.11.2.6 Friction Modifiers
      • 5.11.2.7 Corrosion Inhibitors
      • 5.11.2.8 Other Product Types
  • 5.12 Mining Chemicals
    • 5.12.1 Dynamics
    • 5.12.2 Function
      • 5.12.2.1 Flotation Chemicals
      • 5.12.2.2 Extraction Chemicals
      • 5.12.2.3 Grinding Aids
  • 5.13 Oilfield Chemicals
    • 5.13.1 Dynamics
    • 5.13.2 Application
      • 5.13.2.1 Biocide
      • 5.13.2.2 Corrosion and Scale Inhibitor
      • 5.13.2.3 Demulsifier
      • 5.13.2.4 Polymer
      • 5.13.2.5 Surfactant
      • 5.13.2.6 Other Chemical Types
  • 5.14 Adhesives and Sealants
    • 5.14.1 Dynamics
    • 5.14.2 Technology
      • 5.14.2.1 Water-borne Adhesives
      • 5.14.2.2 Solvent-borne Adhesives
      • 5.14.2.3 Hot-melt Adhesives
      • 5.14.2.4 Reactive Adhesives
      • 5.14.2.5 Other Adhesives
      • 5.14.2.6 Sealants
  • 5.15 Plastic Additives
    • 5.15.1 Dynamics
    • 5.15.2 Plastic Type
      • 5.15.2.1 Polyethylene (PE)
      • 5.15.2.2 Polystyrene (PS)
      • 5.15.2.3 Polypropylene (PP)
      • 5.15.2.4 Polyamide (PA)
      • 5.15.2.5 Polyethylene Terephthalate (PET)
      • 5.15.2.6 Polyvinyl Chloride (PVC)
      • 5.15.2.7 Polycarbonate (PC)
      • 5.15.2.8 Other Plastic Types
  • 5.16 Rubber Processing Chemicals
    • 5.16.1 Dynamics
    • 5.16.2 Application
      • 5.16.2.1 Tire
      • 5.16.2.2 Non-tire
  • 5.17 Specialty Polymers
    • 5.17.1 Dynamics
  • 5.18 Textile Chemicals
    • 5.18.1 Dynamics
    • 5.18.2 Application
      • 5.18.2.1 Coating and Sizing Chemicals
      • 5.18.2.2 Colorants and Auxiliaries
      • 5.18.2.3 Finishing Agents
      • 5.18.2.4 Desizing Agents
      • 5.18.2.5 Other Application
  • 5.19 Geography
    • 5.19.1 Asia-Pacific
      • 5.19.1.1 China
      • 5.19.1.2 India
      • 5.19.1.3 Japan
      • 5.19.1.4 South Korea
      • 5.19.1.5 ASEAN Countries
      • 5.19.1.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.19.2 North America
      • 5.19.2.1 United States
      • 5.19.2.2 Canada
      • 5.19.2.3 Mexico
      • 5.19.2.4 Rest of North America
    • 5.19.3 Europe
      • 5.19.3.1 Germany
      • 5.19.3.2 United Kingdom
      • 5.19.3.3 Italy
      • 5.19.3.4 France
      • 5.19.3.5 Spain
      • 5.19.3.6 Rest of Europe
    • 5.19.4 South America
      • 5.19.4.1 Brazil
      • 5.19.4.2 Argentina
      • 5.19.4.3 Rest of South America
    • 5.19.5 Middle-East and Africa
      • 5.19.5.1 Saudi Arabia
      • 5.19.5.2 South Africa
      • 5.19.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis
    • 6.2.1 Adhesives and Sealants
    • 6.2.2 Agrochemicals
    • 6.2.3 Construction Chemicals
    • 6.2.4 Lubricants and Oil Additives
    • 6.2.5 Mining Chemicals
    • 6.2.6 Oilfield Chemicals
    • 6.2.7 Paints and Coatings
    • 6.2.8 Specialty Polymers
    • 6.2.9 Water Treatment Chemicals
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 3M
    • 6.4.2 AECI
    • 6.4.3 Afton Chemical
    • 6.4.4 Akzo Nobel NV
    • 6.4.5 Albemarle Corporation
    • 6.4.6 ALTANA
    • 6.4.7 Archroma
    • 6.4.8 Arkema Group
    • 6.4.9 Ashland
    • 6.4.10 Asian Paints
    • 6.4.11 Axalta Coating Systems
    • 6.4.12 Baker Hughes Company
    • 6.4.13 BASF SE
    • 6.4.14 Berger Paints India Limited
    • 6.4.15 Buckman
    • 6.4.16 Chevron Corporation
    • 6.4.17 Clariant
    • 6.4.18 Corteva
    • 6.4.19 Covestro AG
    • 6.4.20 DIC Corporation
    • 6.4.21 Dow
    • 6.4.22 DSM
    • 6.4.23 DuPont
    • 6.4.24 Eastman Chemical Company
    • 6.4.25 Ecolab
    • 6.4.26 Evonik Industries AG
    • 6.4.27 Exxon Mobil Corporation
    • 6.4.28 Ferro Corporation
    • 6.4.29 Flint Group
    • 6.4.30 FMC Corporation
    • 6.4.31 GCP Applied Technologies Inc.
    • 6.4.32 H.B. Fuller Company
    • 6.4.33 Halliburton
    • 6.4.34 Henkel AG & Co. KGaA
    • 6.4.35 Hexcel Corporation
    • 6.4.36 Huntsman International LLC
    • 6.4.37 Infineum International Limited
    • 6.4.38 Kemira
    • 6.4.39 KRONOS Worldwide Inc.
    • 6.4.40 Kurita Water Industries Ltd
    • 6.4.41 Holcim
    • 6.4.42 LANXESS
    • 6.4.43 Lonza
    • 6.4.44 MAPEI SpA
    • 6.4.45 Merck KGaA
    • 6.4.46 NIPSEA GROUP
    • 6.4.47 Nouryon
    • 6.4.48 Nutrien Ltd
    • 6.4.49 Pidilite Industries Ltd
    • 6.4.50 PPG Industries Inc.
    • 6.4.51 Procter & Gamble
    • 6.4.52 RPM International Inc.
    • 6.4.53 SABIC
    • 6.4.54 Schlumberger Limited
    • 6.4.55 Sika AG
    • 6.4.56 Solenis
    • 6.4.57 Solvay
    • 6.4.58 Syngenta
    • 6.4.59 The Chemours Company
    • 6.4.60 The Lubrizol Corporation
    • 6.4.61 The Sherwin-Williams Company
    • 6.4.62 Venator Materials PLC
    • 6.4.63 Veolia
    • 6.4.64 W. R. Grace & Co.
    • 6.4.65 Wacker Chemie AG
    • 6.4.66 Yara

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS