デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444524

幹細胞:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Stem Cell - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 118 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
幹細胞:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 118 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の幹細胞市場規模は、2024年に177億8,000万米ドルと推定され、2029年までに280億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.52%のCAGRで成長します。

世界幹細胞-市場

市場の成長は、臨床試験の数の増加と世界の幹細胞療法の採用の増加によるものです。COVID-19の状況において、さまざまな国の政府機関、調査機関、多くのバイオテクノロジー企業や製薬企業は、COVID-19を迅速に診断するための効果的かつ迅速な技術に焦点を当てています。 2020年4月に発表された「新型コロナウイルス感染症( COVID-19)に対する間葉系幹細胞療法:現在または将来」と題された調査論文によると、間葉系幹細胞はCOVID-19の治療に対する安全かつ効果的なアプローチです。間葉系幹細胞(MSC)に基づく免疫調節治療が適切な治療法として提案されており、いくつかの臨床試験が開始されています。このような研究から得られる肯定的な結果は、新型COVID-19症の新しい治療法の開発につながり、市場の成長を促進する可能性があります。

臍帯幹細胞に関する意識の高まりや再生治療の選択肢に対する需要の高まりなどの要因が、幹細胞治療法を開発するための研究開発イニシアチブの増加や幹細胞調査における臨床試験の承認の増加と相まって、市場の成長を主に推進しています。

幹細胞ベースの治療の分野には多額の投資が集まっており、多額の支出支援を必要とするさまざまな臨床試験が現在進行中です。企業は、多くの病気に対処するための幹細胞ベースの治療法を開発するために資金を集めています。たとえば、2022年1月、細胞療法製造会社Cellino BiotechはシリーズA資金調達ラウンドで8,000万米ドルを調達しました。 Cellinoは、2025年に初の自律型ヒト細胞鋳造工場を建設することで、幹細胞ベースの治療へのアクセスを拡大する予定です。病気の治療における幹細胞技術の応用が最終的に増加するにつれて、世界中でこれらの技術の全体的な採用率も増加しています。これにより、この分野における新規治療法の開発に対する市場関係者による投資の増加につながりました。

さらに、調査研究を支援するために政府がとった取り組みも市場の成長に貢献しています。たとえば、2020年6月、オーストラリア政府は、白血病、パーキンソン病、てんかんなどの不治の病に対する新しく革新的な幹細胞治療法を見つけるための8つの医学調査プロジェクトに590万米ドルを資金提供しました。

したがって、上記の要因により、市場は予測期間中に大幅な成長を予測すると予想されます。ただし、倫理的および道徳的枠組みだけでなく、高価な手順や規制の複雑さが市場の成長を妨げる可能性があります。

幹細胞市場動向

腫瘍疾患セグメントは、予測期間中に最も速い成長率を示すことが予想されます

世界のがんの負担は増加しているため、がん治療は地域および国家の優先順位に応じて変更する必要があります。国際がん調査機関が発表した2020年のデータによると、世界では5人に1人が生涯のうちにがんを発症し、男性の8人に1人、女性の11人に1人ががんにより死亡しています。乳がん、結腸直腸がん、肺がん、子宮頸がん、甲状腺がんは女性に多く見られますが、肺がんと前立腺がんは男性に最も多く、合わせて男性がん全体のほぼ3分の1を占めます。

骨髄移植、または幹細胞移植は、白血病、多発性骨髄腫、神経芽腫、または一部の種類のリンパ腫など、一部の種類のがんの治療法です。がん治療では、自家幹細胞移植と同種異系幹細胞移植の両方が行われます。自家移植は、白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫、精巣がん、神経芽腫の場合に好まれます。

市場関係者による戦略的取り組みも、このセグメントの成長を促進しています。たとえば、2020年 2月、世界幹細胞治療調査研究所(GIOSTAR)は、インドのチャンディガルに新しい幹細胞とがんの調査および治療センターを開設しました。この施設は、インド、メキシコ、米国、その他多くの国でGIOSTARが主導する世界展開の取り組みにおける最新のマイルストーンを表します。

したがって、上記の要因により、市場セグメントは予測期間中に成長を示すと予想されます。

北米は市場で重要なシェアを保持すると予想されており、予測期間中も同様のシェアを維持すると予想されます

北米は幹細胞市場全体を支配しており、米国が市場で最大のシェアを占めています。米国とカナダは、しっかりと構造化されたヘルスケアシステムを発展させてきました。これらのシステムは研究開発も促進します。がん症例の増加は市場関係者にチャンスをもたらしています。主要な市場関係者は、新しい幹細胞療法を市場に導入するための研究開発活動に焦点を当てています。さらに、米国がん協会によると、2022年に米国では推定1,918,030人の新規がん患者が発生し、609,360人の死亡が報告されたとのことです。また、男性ではこの国の主要ながん部位が見つかったと報告しています。前立腺がんは前立腺がん、女性の場合は乳がんです。このような病気の負担の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、COVID-19の治療のための調査活動が行われているため、COVID-19の現在の状況もこの国の市場の成長を促すもう一つの要因となっています。幹細胞療法も、将来的にはCOVID-19の治療に有望なアプローチとなる可能性があります。たとえば、2020年 5月に、Lineage Cell Therapeuticsは、SARSに対するワクチン候補の開発におけるLineageの同種樹状細胞療法であるVACの使用を支援するために、カリフォルニア再生医療研究所(CIRM)から500万米ドルの助成金を受け取りました。 CoV-2、COVID-19の原因となるウイルス。

さらに、2021年 4月、Vertex Pharmaceuticals Incorporatedは、VX-880について米国食品医薬品局(FDA)のファストトラック指定を受け、以下の1型糖尿病(T1D)患者を対象としたVX-880の臨床試験を開始しました。重度の低血糖症および低血糖意識障害。 VX-880は、1型糖尿病の治療に完全に分化したインスリン産生膵島細胞を利用した最初の研究中の幹細胞由来療法の1つです。このような迅速な承認手続きにより、市場の成長が促進されると予想されます。

したがって、上記の要因により、北米地域は予測期間中に成長すると予想されます。

幹細胞業界の概要

幹細胞市場は競争が激しく、いくつかの主要企業で構成されています。市場シェアの点では、現在、いくつかの大手企業が市場を独占しています。 Thermo Fisher Scientific(Qiagen NV)、Sigma Aldrich(Merck KGaAの子会社)、Becton, Dickinson and Company、Stem Cell Technologiesなどの主要な市場プレーヤーの存在により、業界全体の競争企業間の敵対関係が激化しています。大手企業による製品の進歩と幹細胞技術の向上も競争企業間の敵対関係を激化させています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 臍帯幹細胞に対する意識の高まりと再生治療の選択肢に対する需要の高まり
    • 幹細胞療法の開発に向けた研究開発イニシアティブの高まりと幹細胞調査における臨床試験の承認の増加
  • 市場抑制要因
    • 高額な手続き
    • 規制の複雑さと倫理的および道徳的枠組み
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • 成人幹細胞
    • ヒト胚細胞
    • 多能性幹細胞
    • その他の製品タイプ
  • 用途別
    • 神経学的障害
    • 整形外科治療
    • 腫瘍疾患
    • 怪我と創傷
    • 心血管疾患
    • その他の用途
  • 治療タイプ別
    • 同種幹細胞療法
    • 自家幹細胞療法
    • 同系幹細胞療法
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Smith &Nephew PLC
    • Pluristem Therapeutics Inc.
    • Thermo Fisher Scientific
    • Qiagen NV
    • Merck KGaA(Sigma Aldrich)
    • Becton, Dickinson and Company
    • Stem Cell Technologies Inc.
    • AllCells LLC
    • Miltenyi Biotec
    • International Stem Cell Corporation
    • ReNeuron Group plc
    • Regen BioPharma

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 47511

The Global Stem Cell Market size is estimated at USD 17.78 billion in 2024, and is expected to reach USD 28 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.52% during the forecast period (2024-2029).

Global Stem Cell - Market

The growth of the market is attributed to the rising number of clinical trials and the growing adoption of stem cell therapies globally. In the context of COVID-19, government organizations in various countries, research institutes, and many biotech and pharmaceutical firms are focusing on effective and rapid technologies for the fast diagnosis of COVID-19. According to a research article titled "Mesenchymal Stem Cell Therapy for COVID-19: Present or Future" published in April 2020, mesenchymal stem cells are a safe and effective approach to the treatment of COVID-19. Mesenchymal Stem Cells (MSCs)-based immunomodulation treatment has been proposed as a suitable therapeutic approach and several clinical trials have begun. The positive results from such studies can lead to the development of new therapies for COVID-19 and thus can propel the growth of the market.

Factors such as increased awareness about umbilical stem cells and growing demand for regenerative treatment options, coupled with rising research and development initiatives to develop stem cell therapies and increasing approvals for clinical trials in stem cell research, are majorly driving the growth of the market.

The area of stem cell-based therapies garners significant investments, and various clinical trials that require considerable support for expenditure are currently underway. Companies are fundraising to develop stem cell-based therapies to tackle many diseases. For instance, in January 2022, Cellino Biotech, a cell therapy manufacturing company, raised USD 80 million in Series A financing round. Cellino plans to expand access to stem cell-based therapies by building the first autonomous human cell foundry in 2025. As the applications of stem cell technologies in the treatment of diseases have ultimately increased, so has the overall adoption rate of these technologies across the world. This has led to increased investments by the market players for the development of novel therapies in this area.

Additionally, the initiatives taken by the government to support the research studies are also contributing to the growth of the market. For instance, in June 2020, the Australian Government funded USD 5.9 million for eight medical research projects to find new and innovative stem cell treatments for incurable diseases, including leukemia, Parkinson's disease, and epilepsy.

Thus, owing to the abovementioned factors, the market is expected to project significant growth over the forecast period. However, expensive procedures and regulatory complications, as well as ethical and moral frameworks, may hinder the growth of the market.

Stem Cells Market Trends

The Oncology Disorders Segment is Expected to Exhibit the Fastest Growth Rate Over the Forecast Period

The global cancer burden has been increasing, and thus, cancer therapies must be modified according to regional and national priorities. As per the data published by the International Agency for Research on Cancer 2020, globally, 1 in 5 people develop cancer during their lifetime, and 1 in 8 men and 1 in 11 women die from the disease. Breast, colorectal, lung, cervical, and thyroid cancers are common among women, whereas lung cancer and prostate cancer are the most common among men, together accounting for nearly one-third of all male cancers.

A bone marrow transplant, or stem cell transplant, is a treatment for some types of cancer, like leukemia, multiple myeloma, neuroblastoma, or some types of lymphoma. For cancer treatments, both autologous and allogeneic stem cell transplants are done. Autologous transplants are preferred in the cases of leukemias, lymphomas, multiple myeloma, testicular cancer, and neuroblastoma.

The strategic initiatives taken by the market players are also propelling the growth of the segment growth. For instance, in February 2020, the Global Institute of Stem Cell Therapy and Research (GIOSTAR) inaugurated a new stem cell and cancer research and therapy center in Chandigarh, India. This facility represents the latest milestone in global expansion efforts spearheaded by GIOSTAR in India, Mexico, the United States, and numerous other countries.

Thus, owing to the abovementioned factors, the market segment is expected to show growth over the forecast period.

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market and Expected to do Same Over the Forecast Period

North America dominated the overall stem cell market, with the United States contributing the largest share of the market. The United States and Canada have developed well-structured healthcare systems. These systems also encourage research and development. The increasing number of cancer cases is providing opportunities for market players. The major market players are focusing on R&D activities to introduce new stem cell therapies in the market. Additionally, according to the American Cancer Society, in 2022, there were an estimated 1,918,030 new cases of cancer in the United States, and 609,360 deaths were notified in the year 2022. It also reported that in males, the leading cancer sites in the country are prostate while in females it is breast cancer. Such an increasing burden of the disease is expected to propel the growth of the market.

In addition, the current situation of COVID-19 is another factor driving the growth of the market in the country, as research activities are undergoing for the treatment of COVID-19. Stem cell therapy could also be a promising approach for the treatment of COVID-19 in the future. For instance, in May 2020, Lineage Cell Therapeutics received a grant of USD 5 million from the California Institute for Regenerative Medicine (CIRM) to support the use of VAC, Lineage's allogeneic dendritic cell therapy, for the development of a potential vaccine against SARS-CoV-2, the virus that causes COVID-19.

Furthermore, in April 2021, Vertex Pharmaceuticals Incorporated received the United States Food and Drug Administration (FDA) Fast Track Designation for VX-880, and the company initiated a clinical trial for VX-880 in patients who have type 1 diabetes (T1D) with severe hypoglycemia and impaired hypoglycemic awareness. VX-880 is one of the first investigational stem cell-derived therapies utilizing fully differentiated, insulin-producing pancreatic islet cells for the treatment of type 1 diabetes. Such a fast approval procedure is expected to drive the growth of the market.

Thus, owing to the abovementioned factors, the North American region is expected to grow over the forecast period.

Stem Cells Industry Overview

The stem cell market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, a few of the major players currently dominate the market. The presence of major market players, such as Thermo Fisher Scientific (Qiagen NV), Sigma Aldrich (a subsidiary of Merck KGaA), Becton, Dickinson and Company, and Stem Cell Technologies, is, in turn, increasing the overall competitive rivalry in the market. The product advancements and improvements in stem cell technology by the major players are also increasing the competitive rivalry.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increased Awareness about Umbilical Stem Cell and Growing Demand for Regenerative Treatment Options
    • 4.2.2 Rising R&D Initiatives to Develop Stem Cell Therapies and Increasing Approvals for Clinical Trials in Stem Cell Research
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Expensive Procedures
    • 4.3.2 Regulatory Complications and Ethical and Moral Framework
  • 4.4 Industry Attractiveness- Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Adult Stem Cell
    • 5.1.2 Human Embryonic Cell
    • 5.1.3 Pluripotent Stem Cell
    • 5.1.4 Other Product Types
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Neurological Disorders
    • 5.2.2 Orthopedic Treatments
    • 5.2.3 Oncology Disorders
    • 5.2.4 Injuries and Wounds
    • 5.2.5 Cardiovascular Disorders
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 By Treatment Type
    • 5.3.1 Allogeneic Stem Cell Therapy
    • 5.3.2 Autologic Stem Cell Therapy
    • 5.3.3 Syngeneic Stem Cell Therapy
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 United Kingdom
      • 5.4.2.2 Germany
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Smith & Nephew PLC
    • 6.1.2 Pluristem Therapeutics Inc.
    • 6.1.3 Thermo Fisher Scientific
    • 6.1.4 Qiagen NV
    • 6.1.5 Merck KGaA (Sigma Aldrich)
    • 6.1.6 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.7 Stem Cell Technologies Inc.
    • 6.1.8 AllCells LLC
    • 6.1.9 Miltenyi Biotec
    • 6.1.10 International Stem Cell Corporation
    • 6.1.11 ReNeuron Group plc
    • 6.1.12 Regen BioPharma

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS