デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444513

ウェアラブル医療機器:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Wearable Medical Devices - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
ウェアラブル医療機器:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ウェアラブル医療機器市場規模は、2024年に417億5,000万米ドルと推定され、2029年までに862億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に15.60%のCAGRで成長します。

ウェアラブル医療機器- 市場

ウェアラブルデバイスは、重要なバイタルサインと臨床症状を統合することで、特定の疾患を予測する上で重要な役割を果たします。そのため、COVID-19と闘うためにウェアラブルデバイスの使用が強化されています。最近では、ウェアラブルデバイスが収集する膨大なデータがウイルスの発症を予測できるかどうかについて調査が拡大しています。

たとえば、2022年 7月にNCBIで発表された研究によると、スマートウォッチやフィットネストラッカー、医療機器など、22種類の異なる種類のウェアラブルテクノロジーデバイスが、COVID-19感染症の感染を特定するために利用されています。パンデミック中のウェアラブル医療機器のこのような大規模な導入は、市場の成長を促進すると予想されています。さらに、パンデミック後は、主要な健康指標を追跡するためのウェアラブルデバイスの採用の増加により、市場は急速に成長すると予想されます。

ウェアラブル医療機器市場は、患者だけでなく一般の人々のライフスタイルも改善できるため、技術革新と進歩の高まりにより、より速いペースで成長しています。ウェアラブル技術は、生理学的症状を監視する便利なモードを提供し、多数の医療ソリューションを備えています。これらのデバイスは消費者にとって使いやすいだけでなく、医師が分析するためのリアルタイムデータも提供します。 Apple Watchの心電図機能から新しい継続的血糖値モニタリングシステムに至るまで、ウェアラブル医療技術はヘルスケア業界で幅広い用途に応用できる可能性があります。

主要な市場企業によるウェアラブルデバイスの発売の増加は、主要な健康指標を監視するためのそのようなデバイスの採用の増加により、市場の成長を推進すると予想されます。たとえば、GOQiiは2022年 8月に、若者と青少年を対象としたSmart Vital UltraデバイスとGOQii Streamデバイスを発売しました。これら2つの製品は、消費者が自分のバイタルを簡単に監視できるようにします。

また、ウェアラブルデバイスに人工知能(AI)技術を実装してバイタルサインを測定するなど、革新的な技術を導入するための企業による資金調達は、技術的に先進的な製品の採用の増加により、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2022年2月、Respira Labsは280万米ドルの資金調達ラウンドを完了し、音響共鳴を利用して肺機能を評価し、COPDや新型コロナウイルス感染症( COVID-19)にとって特に重要な肺空気量の変化を特定する胸部ウェアラブルの開発と製造を継続します。、喘息患者。

ただし、発展途上国および後進国で一部のウェアラブルデバイスが利用可能であることについての認識の欠如やウェアラブルデバイスの高コストなどの要因は、市場の成長見通しに対する大きな課題の一部です。

ウェアラブル医療機器市場動向

遠隔患者モニタリングは、予測期間中に最も速い成長率を示すことが予想されます

遠隔患者モニタリング(RPM)の導入により、血圧や血糖値などの重要なリスク指標を測定することにより、慢性疾患の管理が改善される可能性があります。 RPMには、長期入院の削減、ヘルスケア費の削減、医師の予約の減少など、病院やエンドユーザーにとっていくつかの利点があります。これは、慢性疾患の治療に関連するコストの削減にも役立ちます。

慢性疾患を持つ人々の増加と高齢者人口の増加が、世界中でRPMサービスの成長を後押しする主な要因です。英国心臓財団によると、2022年 8月現在、英国では現在760万人が心臓および循環器疾患を抱えて暮らしています。しかし、人口の高齢化と拡大が進み、心臓や循環器疾患による生存率が向上するにつれて、これらの数値は上昇し続ける可能性があります。先進国における慢性疾患の罹患率の高さにより、遠隔患者監視デバイスの需要がさらに増加し、この分野の成長を促進すると予想されます。

さらに、主要な市場企業による革新的な遠隔患者モニタリングデバイスを市場に投入する取り組みの高まりにより、このセグメントの市場成長がさらに促進されると予想されます。たとえば、BioIntelliSenceは2022年 3月に、遠隔患者ケア用の医療グレードの充電式ウェアラブルデバイス BioButtonを発売しました。このデバイスにより、20以上の広範囲のバイタルサインおよび生理学的生体認証のマルチパラメータの継続的なモニタリングが可能になります。

したがって、上記の要因により、このセグメントは予測期間を超えて推進すると予想されます。

北米は重要な市場シェアを保持しており、予測期間中その優位性を維持すると予想されます

北米はウェアラブル医療機器市場全体で大きなシェアを握ると予想されており、米国が市場への主要な貢献国として浮上しています。

米国は、心血管疾患や生活習慣病の罹患率の高さ、ウェアラブル医療技術の採用の増加、一人当たりの医療費の高さなどにより、ウェアラブル医療機器市場で最大のシェアを占めています。さらに、Garmin Ltd、Fitbit Inc.、Biotelemetry Inc.などの主要企業の強力な足場が米国に集中しており、革新的なウェアラブルの研究開発に投資してきました。

米国でのウェアラブル医療機器の販売に関するパートナーシップの増加により、採用の増加により、この地域のこの市場の成長が促進されると予想されます。たとえば、2022年 4月に、メドトロニック plcは、米国の独占的な病院と、継続的な接続されたモニタリングのためのマルチパラメータウェアラブルBioButtonの急性期後の病院から家庭への30日間の配布権に関して、BioIntelliSenseと戦略的パートナーシップを締結しました。

さらに、FDAによるウェアラブルデバイスの承認の増加により、市場企業による革新的なデバイスの開発により、市場の成長がさらに急成長すると予想されます。たとえば、2022年 6月にFDAが承認したMedicalgorithmicsのECGウェアラブルユニット、Qpatch。このECGウェアラブルデバイスは、個々のECG信号を測定し、最長15日間のモニタリングセッションから正確な不整脈診断を取得できるように設計されています。

したがって、上記の要因により、北米地域は、技術的に進んだウェアラブル医療機器の採用の増加、ヘルスケア支出の増加、主要市場企業による取り組みの増加により、大幅な成長を示すことが予想されます。

ウェアラブル医療機器業界の概要

ウェアラブル医療機器市場は、市場で活動する多くの企業の存在により細分化されています。市場は、とりわけ、企業による革新的な製品の発売、技術の進歩、新興の新市場企業によって動かされます。この市場で活動している市場企業には、Fitbit、Lifesense、Apple、Omron Corporation、Samsung、Philipsなどが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • テクノロジーの進歩とイノベーションの増加
    • 新興諸国の一人当たり所得の増加
    • 医療機器の使いやすさと解釈
  • 市場抑制要因
    • ウェアラブルデバイスの高コスト
    • 不利な払い戻しの問題
    • 一部の地域では意識が低い
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • デバイスの種類別
    • 診断装置
      • バイタルサインモニタリングデバイス
      • 睡眠監視デバイス
      • 心電計胎児および産科用機器
      • 神経モニタリング装置
    • 治療機器
      • 疼痛管理装置
      • リハビリテーション機器
      • 呼吸療法装置
      • その他の治療機器
  • 用途別
    • スポーツとフィットネス
    • 遠隔患者モニタリング
    • 在宅ヘルスケア
  • 製品タイプ別
    • 時計
    • リストバンド
    • 耳の摩耗
    • その他の製品タイプ
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Apple Inc.
    • Omron Corporation
    • Withings
    • Fitbit
    • MINTTIHEALTH
    • imec
    • Intelesens Ltd
    • AIQ Smart Clothing
    • Lifesense
    • Biobeat
    • Koninklinje Philips NV
    • Samsung Electronics Co. Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 47294

The Wearable Medical Devices Market size is estimated at USD 41.75 billion in 2024, and is expected to reach USD 86.20 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.60% during the forecast period (2024-2029).

Wearable Medical Devices - Market

Wearable devices play a crucial role in predicting certain disorders by integrating essential vital signs with clinical symptomology. The use of wearable devices in a bid to combat COVID-19 has therefore been ramped up. Research has recently expanded on whether the extensive data that wearable devices collect can predict the onset of the virus or not.

For instance, according to a study published in NCBI in July 2022, 22 distinct types of wearable technology devices, such as smartwatches or fitness trackers, medical devices, and others, are utilized to identify COVID-19 infections. Such a huge adoption of wearable medical devices during the pandemic has been expected to drive market growth. Furthermore, post-pandemic, the market is expected to drive swiftly due to the rise in the adoption of wearable devices to track key health indicators.

The wearable medical devices market is growing at a faster pace owing to the rising technological innovations and advancements, as they can improve the lifestyle of the general population as well as the patient population. Wearable technologies offer a convenient mode of monitoring physiological symptoms, featuring a multitude of medical solutions. These devices are not only easy for consumer use but also offer real-time data for physicians to analyze. From the Apple Watch's EKG capabilities to new continuous glucose monitoring systems, wearable medical technologies have a broad range of potential applications in the healthcare industry.

The rise in the launch of wearable devices by the key market players is expected to propel market growth due to the rise in the adoption of such devices to monitor key health indicators. For instance, in August 2022, GOQii launched Smart Vital Ultra and GOQii Stream devices targeted at young adults and youth. These two products help enable consumers to monitor their vitals with ease.

Also, fundraising by companies to adopt innovative technologies such as implementing artificial intelligence (AI) technology in a wearable device to measure vital signs are anticipated to drive the market growth over the forecast period due to the rise in adoption of the technologically advanced product. For instance, in February 2022, Respira Labs closed a USD 2.8 million financing round to continue developing and manufacturing its chest wearable that uses acoustic resonance to assess lung function and identify changes in lung air volume, which is especially important for COPD, COVID-19, and asthma patients.

However, factors such as the lack of awareness about the availability of some wearable devices in developing and underdeveloped countries and the high cost of wearable devices are some of the major challenges to the growth prospects of the market.

Wearable Medical Devices Market Trends

Remote Patient Monitoring is Expected to Exhibit the Fastest Growth Rate Over the Forecast Period

The implementation of Remote Patient Monitoring (RPM) may improve the management of chronic disorders by measuring critical risk indicators, such as blood pressure and glucose. RPM has several advantages for hospitals and end users, such as a reduction in extended hospitalization, a low cost of healthcare, and fewer doctor appointments. This can also help lower the costs associated with the treatment of chronic disorders.

The increase in the number of people with chronic disorders and the rising elderly population are the major factors boosting the growth of RPM services across the globe. According to the British Heart Foundation, in August 2022, in the UK, there are currently 7.6 million people living with heart and circulatory diseases. However, as the population ages and expands and as survival rates from heart and circulatory events improve, these numbers may continue to rise. Such a high prevalence of chronic diseases in developed countries is anticipated to further increase the demand for remote patient monitoring devices, driving this segment's growth.

Furthermore, the rise in initiatives from the key market players to launch their innovative remote patient monitoring devices in the market is anticipated to bolster the market growth of this segment further. For instance, in March 2022, BioIntelliSence launched a medical-grade BioButton rechargeable wearable device for remote patient care. The device allows for continuous multi-parameter monitoring of a broad range of 20+ vital signs and physiologic biometrics.

Therefore, owing to the above-mentioned factors, this segment is expected to drive over the forecast period.

North America Holds a Significant Market Share and It is Expected to Retain its Dominance over the Forecast Period

North America is expected to hold a significant share of the overall wearable medical devices market, with the United States emerging as the major contributor to the market.

The United States holds the largest share in the wearable medical devices market due to the high prevalence of cardiovascular and lifestyle-related diseases and increased adoption of wearable medical technology, along with high per capita medical expenditure. Additionally, the strong foothold of major players such as Garmin Ltd, Fitbit Inc., and Biotelemetry Inc. are concentrated in the United States and have been investing in the research and development of innovative wearables.

Rising partnerships for the distribution of wearable medical devices in the United States are expected to drive the growth of this market in this region due to the rise in adoption. For instance, in April 2022, Medtronic plc entered into a strategic partnership with BioIntelliSense for the exclusive United States hospital and 30-day post-acute hospital-to-home distribution rights of the BioButton multi-parameter wearable for continuous, connected monitoring.

Furthermore, the rise in approval of wearable devices by the FDA is further expected to surge the market growth due to the development of innovative devices from the market players. For instance, in June 2022. the FDA-approved Medicalgorithmics' ECG wearable unit, Qpatch. This ECG wearable device has been designed to measure individual ECG signals and obtain accurate cardiac arrhythmia diagnoses from monitoring sessions of up to 15 days.

Therefore, owing to the above-mentioned factors, the North American region is expected to show significant growth due to the rise in the adoption of technologically advanced wearable medical devices, the rise in healthcare expenditure, and the rise in initiatives from the key market players.

Wearable Medical Devices Industry Overview

The wearable medical devices market is fragmented due to the presence of many players operating in the market. The market is driven by the launch of innovative products by the players, technological advancements, and emerging new market players, among others. Some of the market players operating in this market include Fitbit, Lifesense, Apple, Omron Corporation, and Samsung, Philips, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Technological Advancements and Innovations
    • 4.2.2 Increasing Per-capita Income in Developing Countries
    • 4.2.3 Ease-of-use and Interpretation of Medical Devices
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Wearable Devices
    • 4.3.2 Unfavorable Reimbursement Issues
    • 4.3.3 Lack of Awareness in Some Regions
  • 4.4 Porter Five Forces
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Device Type
    • 5.1.1 Diagnostic Devices
      • 5.1.1.1 Vital Sign Monitoring Devices
      • 5.1.1.2 Sleep Monitoring Devices
      • 5.1.1.3 Electrocardiographs Fetal and Obstetric Devices
      • 5.1.1.4 Neuromonitoring Devices
    • 5.1.2 Therapeutic Devices
      • 5.1.2.1 Pain Management Devices
      • 5.1.2.2 Rehabilitation Devices
      • 5.1.2.3 Respiratory Therapy Devices
      • 5.1.2.4 Other Therapeutic Devices
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Sports and Fitness
    • 5.2.2 Remote Patient Monitoring
    • 5.2.3 Home Healthcare
  • 5.3 By Product Type
    • 5.3.1 Watch
    • 5.3.2 Wristband
    • 5.3.3 Ear Wear
    • 5.3.4 Other Product Types
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 United Kingdom
      • 5.4.2.2 Germany
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Apple Inc.
    • 6.1.2 Omron Corporation
    • 6.1.3 Withings
    • 6.1.4 Fitbit
    • 6.1.5 MINTTIHEALTH
    • 6.1.6 imec
    • 6.1.7 Intelesens Ltd
    • 6.1.8 AIQ Smart Clothing
    • 6.1.9 Lifesense
    • 6.1.10 Biobeat
    • 6.1.11 Koninklinje Philips NV
    • 6.1.12 Samsung Electronics Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS