デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444483

メガデータセンター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Mega Data Center - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
メガデータセンター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

メガデータセンター市場規模は2024年に243億4,000万米ドルと推定され、2029年までに307億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.78%のCAGRで成長します。

メガデータセンター- 市場

主なハイライト

  • 仮想化は長年にわたってデータセンター業界を推進してきました。企業は、IT運用をより少数の、より使用率の高いマシンに集中させることで、インフラストラクチャを削減しようとしています。このプロセスにより、データセンター全般に対するより広い視野が生まれました。複数のデータセンターを運用している企業は、複雑さとコストを軽減するために、自社の施設を少数の大規模な実装に集中させることを選択できます。
  • 設置するメガデータセンターの数を減らすことで、その場所に応じて、企業は税制上の優遇措置、低エネルギー価格、気候、代替エネルギー源の利用可能性など、特定の地域の利点を享受できるようになります。したがって、メガデータセンターは、コストを最小限に抑え、利益を最大化するという試みから生まれます。
  • ソフトウェア主導で、業界に関連し、適切にセットアップされたメガデータセンターを選択するメリットは、現在と比較してIT管理コストが低いこと、およびローカルで膨大な量のインターネットおよび産業用インターネットデータにアクセスできることです。データセンターの速度と帯域幅。この機能により、早期導入者はビジネス全体のコストを削減し、収益を増やすために新しいIT技術に投資する大きな機会が得られるため、世界中でIT支出が増加する可能性があります。
  • クラウドおよびコロケーションサービスの増加、関連するコストメリット、規模の経済の向上などの要因が、メガデータセンター市場を推進しています。 Microsoft、Google、Amazon Web Services(AWS)、Facebookのデータセンターは、それ自体が1つのクラスに属しています。各ノードへの経路が複数あるため、特定のデータセンター内の任意のノードにアクセスできるファブリックを作成するには、光ファイバーの速度で動作する完全に自動化された自己修復型のネットワーク接続されたメガデータセンターが機能する必要があります。
  • ただし、より高い初期投資とリソースの可用性の低さは、この市場に課題をもたらすいくつかの要因です。このような課題にもかかわらず、さまざまな組織がすでにメガデータセンターを導入しているか、導入を開始しています。

メガデータセンター市場動向

銀行および金融部門におけるデータセンターの需要の高まり

  • 銀行および金融部門はデータを最も多く生成する部門の1つであり、運用コストを規制するデータセンターの必要性が主な促進要因となっています。金融および銀行組織は、顧客記録、従業員管理、取引、およびリモートバンキング、テレバンキング、自己照会などの電子バンキングサービスを保存するためにデータセンターを使用しますが、機能するにはデータセンターが必要です。
  • インフラストラクチャとしてのデータセンターは、金融の未来であると考えられています。多くの金融機関は、小売金融センター、ATM、アクティブなオンラインアカウントをサポートするために、大規模なネットワーク、ストレージ、サーバー容量に対応するプライベートクラウドシステムを構築しています。
  • 多くの銀行は独自のデータセンターを維持していますが、銀行の利益の変動により傾向が変わりつつあることが観察されています。また、データセンターの維持には適切な冷却、セキュリティ、電力設備が必要となるため、IT、不動産、運用にコストがかかるため、面倒です。これは、予測期間中にBFSI業界にとって課題となる可能性があります。

市場を牽引するアジア太平洋からの需要の拡大

  • 中国全土で高密度で冗長な施設に対する需要が高まっており、同国のデータセンターの設計と開発に変化が生じています。中国には人口100人あたり50人のインターネットユーザーがおり、多くの発展の余地があることを示しています。また、接続エコシステムは73のコロケーションデータセンター、52のクラウドサービスプロバイダー、および0のネットワークファブリックで構成されています。
  • しかし、中国では電力、スペース、IPトランジットのすべてにコストがかかり、データセンターの維持の困難さが強調されています。同様に、インドではデジタル経済がGDPの9.5%に貢献しています。デジタル経済には、255億1,800万米ドルの固定電話契約と10億1,105万4,000ドルの携帯電話契約が含まれており、データセンター開発の余地が大きいことを示しています。
  • さらに、規制とセキュリティ上の理由から、インドの多くの組織、特にBFSI部門は国外のデータセンターでデータをホストすることを許可されていません。その結果、データセンタープロバイダーはインドにローカルデータセンターを設立しており、インドにおける巨大データセンター施設の成長を示しています。

メガデータセンター業界の概要

メガデータセンター市場は、初期投資が高額でリソースの可用性が低いため、非常に集中しており、この市場にとって課題となっています。市場の主要企業には、Cisco Systems Inc.、Dell Software Inc.、富士通株式会社、Hewlett-Packard Enterpriseなどがあります。市場における最近の動向には次のようなものがあります。

2022年 9月、マイクロソフトはカタールに新しいデータセンターリージョンを立ち上げ、国内でエンタープライズグレードのサービスを提供する初のハイパースケールクラウドプロバイダーとなりました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 市場促進要因と制約要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • データセンター統合の需要の増大
    • 銀行および金融部門におけるデータセンターの需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • 多額の投資と設置コスト
  • テクノロジーのスナップショット

第5章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • ストレージ
    • ネットワーキング
    • サーバー
    • セキュリティ
    • その他のソリューション
  • エンドユーザー別
    • BFSI
    • 通信とIT
    • 政府
    • メディアとエンターテイメント
    • その他のエンドユーザー
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • Dell Software Inc.
    • Fujitsu Ltd
    • Hewlett-Packard Enterprise
    • IBM Corporation
    • Intel Corporation
    • Juniper Networks Inc.
    • Verizon Wireless

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 46567

The Mega Data Center Market size is estimated at USD 24.34 billion in 2024, and is expected to reach USD 30.74 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.78% during the forecast period (2024-2029).

Mega Data Center - Market

Key Highlights

  • Virtualization has driven the data center industry over the years. Companies have sought to reduce infrastructure by focusing IT operations on fewer, more highly utilized machines. This process has led to a wider view of data centers in general. Companies operating multiple data centers can choose to focus their facilities on fewer and larger implementations to decrease complexity and costs.
  • Implementing fewer mega data centers, depending on their locations, can allow a company to enjoy advantages of certain local benefits, such as tax incentives, low energy prices, climate, or availability of alternative energy sources. Thus, mega data centers result from attempts to minimize cost and maximize profit.
  • The merits of choosing a software-led, industry-relevant, and adequately set-up mega data center are lower costs of IT management compared to the present, as well as the ability to access a vast amount of internet and industrial Internet data at local data center speed and bandwidth. This capability is likely to spur IT spending worldwide, as early adopters will have substantial opportunities to invest in new IT techniques to reduce overall business costs and increase revenues.
  • Factors including increasing cloud and colocation services, associated cost benefits, and improved economies of scale drive the market for mega data centers. Microsoft, Google, Amazon Web Services (AWS), and Facebook data centers are in a class by themselves. They have to function fully automatic, self-healing, networked mega data centers that operate at fiber optic speeds to make a fabric that can access any node in any particular data center, as there are multiple pathways to every node.
  • However, higher initial investments and low resource availability are some factors presenting challenges to this market. Despite such challenges, various organizations have already adopted or are initiating the adoption of mega data centers.

Mega Data Center Market Trends

Rising Demand of Data Centers in Banking and Finance Sectors

  • The banking and finance sector is one of the largest generators of data, and the need for a data center to regulate the cost of operations is a primary driver. Finance and banking structures use data centers to store customer records, employee management, transactions, and electronic banking services, such as remote banking, telebanking, and self-inquiry, which need data centers to function.
  • Data centers, as infrastructure, are believed to be the future of finance. Many institutions have created private cloud systems to accommodate massive network, storage, and server capacities to support their retail financial centers, ATMs, and active online accounts.
  • Many banks maintain their own data centers, but it has been observed that the trend is changing due to fluctuations in the banks' profits. Also, maintaining a data center is cumbersome, owing to the cost drain on IT, real estate, and operations, as it requires proper cooling, security, and power facilities. This can act as a challenge for the BFSI industry during the forecast period.

Growing Demand from Asia-Pacific to Drive the Market

  • The growing demand for high-density, redundant facilities throughout China is precipitating a shift in the design and development of the country's data centers. China has 50 internet users per 100 population, indicating scope for a lot of development, and the connectivity ecosystem comprises 73 colocation data centers, 52 cloud service providers, and 0 network fabrics.
  • However, power, space, and IP transit all cost more in China, emphasizing the difficulties in maintaining a data center. Similarly, in India, the digital economy contributes 9.5% of the GDP. The digital economy includes USD 25,518 million fixed-line telephone subscriptions and 1,011.054 million mobile telephone subscriptions, indicating a lot of scope for the development of data centers.
  • Moreover, owing to regulatory and security reasons, a number of organizations in India, especially from the BFSI sector, are not allowed to host their data in a data center that is out of the country. As a result, the data center providers are setting up local data centers in India, indicating the growing mega data center facilities in India.

Mega Data Center Industry Overview

The mega data center market is highly concentrated due to higher initial investments and low availability of resources, which present challenges to this market. Some of the key players in the market are Cisco Systems Inc., Dell Software Inc., Fujitsu Ltd, and Hewlett-Packard Enterprise. Some recent developments in the market include:

In September 2022, Microsoft launched its new data center region in Qatar, becoming the first hyper-scale cloud provider to offer enterprise-grade services in the nation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Definitions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Increasing Demand for Data Center Consolidation
    • 4.4.2 Rising Demand of Data Centers in Banking and Finance Sectors
  • 4.5 Market Restraints
    • 4.5.1 High Investment and Installation Costs
  • 4.6 Technology Snapshot

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Solution
    • 5.1.1 Storage
    • 5.1.2 Networking
    • 5.1.3 Server
    • 5.1.4 Security
    • 5.1.5 Other Solutions
  • 5.2 By End-user
    • 5.2.1 BFSI
    • 5.2.2 Telecom and IT
    • 5.2.3 Government
    • 5.2.4 Media and Entertainment
    • 5.2.5 Other End-users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.2 Dell Software Inc.
    • 6.1.3 Fujitsu Ltd
    • 6.1.4 Hewlett-Packard Enterprise
    • 6.1.5 IBM Corporation
    • 6.1.6 Intel Corporation
    • 6.1.7 Juniper Networks Inc.
    • 6.1.8 Verizon Wireless

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS