デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444475

水溶性ポリマー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Water-soluble Polymer - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
水溶性ポリマー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

水溶性ポリマーの市場規模は、2024年に369億3,000万米ドルと推定され、2029年までに482億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.48%のCAGRで成長します。

水溶性ポリマー- 市場

COVID-19のパンデミックは、水溶性ポリマー市場に悪影響を及ぼしました。しかし、パンデミック後も食品・飲料業界での応用が急増しているため、市場は成長しています。

主なハイライト

  • 市場の成長を牽引する要因は、北米のシェールガス産業の成長と水処理産業の成長です。
  • 反対に、原材料の価格変動は予測期間中の市場の成長を妨げる可能性があります。
  • バイオベースのアクリルアミドの需要の高まりと製薬業界での応用の拡大は、メーカーに将来多くの機会をもたらす可能性があります。
  • アジア太平洋地域は世界市場を独占しており、予測期間中に最高のCAGRで推移すると予測されています。

水溶性ポリマー市場動向

水処理産業が市場を独占すると予想される

  • 水処理は、農業、医療、家庭、薬理学、化学、工業用途の要件を満たすなど、幅広い目的に役立ちます。
  • 凝集剤は、凝固剤で処理した後に得られる不安定な粒子の凝集を促進します。凝固剤は、コロイド粒子を分離する役割を担うコロイド粒子の電荷を中和します。
  • 水溶性ポリマー凝集剤は、プロセスに影響を受けた廃液を処理するための固液分離装置の重要な構成要素です。これらは、水性懸濁液から沈降しない微細固体を分離する長鎖の水溶性ポリマーです。
  • 水溶性ポリマーは、鉱物処理、工業および都市廃水処理、オイルサンド尾鉱の脱水、製紙、およびバイオテクノロジーで使用されます。
  • アジア太平洋は、中国、インド、日本などの国々からの需要が高いため、上下水処理市場で大きなシェアを占めています。この地域の上下水道部門は世界最大規模の部門の1つです。
  • 中国は2021年から2025年にかけて、8万キロメートルの下水収集パイプラインネットワークを建設または更新し、下水処理能力を1日あたり2,000万立方メートル拡大する予定です。 2025年までに、中国の産業廃水産業は約194億米ドルに達すると予想されます。さらに、中国はよりクリーンで持続可能な経済への移行に向けた発展戦略の一環として、繊維、印刷、鉄鋼生産、石油・ガス採掘、石炭採掘、医薬品生産など、大気汚染が深刻ないくつかの産業に500億米ドルを投資する計画です。
  • インド政府のジャル・シャクティ省によると、2022年度には敷地内で安全で適切な飲料水を利用できる農村人口の割合は2021年度の55.2%から61.5%に増加しました。さらに、インドでは、スエズ、アベンゴア、SPMLインフラなどのさまざまな企業が水処理プロジェクトに投資しています。水産業への投資機会は、2030年までに1,300億米ドルに増加すると予想されています。
  • 上記の要因に基づいて、水処理業界は予測期間中に市場を独占すると予想されます。

中国がアジア太平洋市場を独占すると予想される

  • 水処理は、水溶性ポリマーの中国最大の応用産業の1つです。中国の水処理産業は、政府が淡水の利用と水質汚染(廃水処理)に重点を置いているため、一貫して成長しています。
  • 第13次5か年計画に基づき、同国は水処理産業に5,590億元(826億米ドル)以上を支出し、これは総GDPの約0.75%に相当します。これにより、国内の水溶性ポリマーの需要が増加しました。
  • 医薬品は、この国の水溶性ポリマーのもう一つの主要なエンドユーザー産業です。最近、中国の製薬会社は基礎化学品、中間体、および医薬品原薬(API)の製造に主に集中しています。したがって、短期間のうちに、中国は量の点で世界をリードするAPI供給者になりました。
  • 2021年には、中国の医薬品事業に3,010億元(445億米ドル)近くが投資され、前年比15.7%減少しました。さらに、2021年に中国の医薬品事業が得た収益は3兆3,000億元(4,870億米ドル)を超え、2020年から20%増加しました。
  • 最近、中国の製薬メーカーは、現地市場にサービスを提供するための完成医薬品の開発と生産に重点を置いています。しかし、政府による中国製造2025産業計画に沿った政策改革の推進により、製薬業界は予測期間中に高い成長を遂げる態勢が整っています。
  • 以上の観点から、中国はアジア太平洋地域を支配すると予想されます。

水溶性ポリマー業界の概要

水溶性ポリマー市場は本質的に細分化されており、多くの企業が存在するため、市場シェアは低くなります。調査対象となっている市場の主要企業には(順不同)、SNF Group、Ashland、DuPont、CP Kelco米国Inc.、Arkema Groupなどが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 北米で成長するシェールガス産業
    • アジア太平洋で急増する水処理産業
  • 抑制要因
    • 原材料価格の変動
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • タイプ
    • ポリアクリルアミド
    • ポリビニルアルコール
    • グアーガム
    • ゼラチン
    • キサンタンガム
    • ポリアクリル酸
    • ポリエチレングリコール
    • その他のタイプ(セルロースエーテル、ペクチン、デンプン)
  • エンドユーザー産業
    • 水処理
    • 食品および飲料
    • パーソナルケアと衛生
    • 石油・ガス
    • パルプ・紙
    • 医薬品
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Ashland
    • Arkema
    • BASF SE
    • CP Kelco US Inc.
    • DuPont
    • Gantrade Corporation
    • Kemira
    • Kuraray Co. Ltd
    • Merck KGaA
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • Nouryon
    • Polysciences Inc.
    • SNF Group
    • Sumitomo Seika Chemicals Company

第7章 市場機会と将来の動向

  • バイオベースのアクリルアミドの需要の増加
  • 製薬業界でのアプリケーションの拡大
目次
Product Code: 46170

The Water-soluble Polymer Market size is estimated at USD 36.93 billion in 2024, and is expected to reach USD 48.21 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.48% during the forecast period (2024-2029).

Water-soluble Polymer - Market

The COVID-19 pandemic affected the water-soluble polymer market negatively. However, the market is propelled after the pandemic owing to its surging application in the food and beverage industry.

Key Highlights

  • The factors driving the market's growth are North America's growing shale gas industry and the rising water treatment industry.
  • On the flip side, the fluctuating prices of raw materials will likely hamper the market growth during the forecast period.
  • The increasing demand for bio-based acrylamide and its growing application in the pharmaceutical industry will likely provide numerous future opportunities for manufacturers.
  • The Asia-Pacific region dominated the global market and is projected to register the highest CAGR during the forecast period.

Water-soluble Polymer Market Trends

The Water Treatment Industry is Expected to Dominate the Market

  • Water treatment serves a wide range of purposes, which includes meeting requirements for agricultural, medical, household, pharmacological, chemical, and industrial applications.
  • Flocculants promote the clumping of destabilized particles obtained after being treated with coagulants. The coagulants neutralize the charge on colloidal particles responsible for keeping them apart.
  • Water-soluble polymer flocculants are important constituents of solid-liquid separation units for treating processaffected effluents. They are long-chain water-soluble polymers that separate nonsettling fine solids from aqueous suspensions.
  • Water-soluble polymers are used in mineral processing, industrial and municipal wastewater treatment, oil sand tailings dewatering, paper making, and biotechnology.
  • Asia-Pacific accounted for a major share of the water and wastewater treatment market due to the high demand from countries like China, India, and Japan. The water and wastewater sector in the region is one of the largest globally.
  • Between 2021 and 2025, China intends to construct or upgrade 80,000 km of sewage collection pipeline networks and expand sewage treatment capacity by 20 million cubic meters/day. By 2025, China's industrial wastewater industry will reach around USD 19.4 billion. Moreover, China plans to invest USD 50 billion into several heavily polluting industries, including textile, printing, steel production, oil and gas extraction, coal mining, and pharmaceutical production, as part of its development strategy to transition to a cleaner and more sustainable economy.
  • According to the Ministry of Jal Shakti of the Government of India, in FY 2022, the percentage of the rural population having access to safe and adequate drinking water within premises increased to 61.5% from 55.2% in FY2021. Moreover, in India, various companies, such as Suez, Abengoa, and SPML Infra, are investing in water treatment projects. The investment opportunities in the water industry are expected to increase to USD 130 billion by 2030.
  • Based on the factors above, the water treatment industry is expected to dominate the market during the forecast period.

China is Expected to Dominate the Asia-Pacific Market

  • Water treatment is one of China's largest application industries for water-soluble polymers. China's water treatment industry is consistently growing due to the government's focus on freshwater availability and water pollution (wastewater treatment).
  • Under the 13th Five-year plan, the country spent more than CNY 559 billion (USD 82.6 billion) on its water treatment industry, about 0.75% of its total GDP. It increased the demand for water-soluble polymers in the country.
  • Pharmaceuticals is another major end-user industry for water-soluble polymers in the country. Recently, Chinese pharmaceutical manufacturers have largely concentrated on producing basic chemicals, intermediates, and active pharmaceutical ingredients (APIs). Hence, in a short period, China became the leading global supplier of APIs in terms of volume.
  • In 2021, nearly CNY 301 billion (USD 44.5 billion) were invested in the Chinese pharmaceutical business, a decrease of 15.7% from the previous year. Additionally, over CNY 3.3 trillion (USD 487 billion) in revenue was earned by the Chinese pharmaceutical business in 2021, an increase of 20% from 2020.
  • Recently, Chinese pharmaceutical manufacturers have focused on developing and producing finished pharmaceutical products to serve the local market. However, the pharmaceutical industry is poised for high growth during the forecast period, with the government's push for policy reforms in line with the Made in China 2025 industrial plan.
  • Based on the aspects above, China is expected to dominate the Asia-Pacific region.

Water-soluble Polymer Industry Overview

The water-soluble polymer market is fragmented in nature, with the presence of many players accounting for a less share of the market. Some of the major players in the market studied (in no particular order) include SNF Group, Ashland, DuPont, CP Kelco US Inc., and Arkema Group, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Shale Gas Industry in North America
    • 4.1.2 Surging Water Treatment Industry in Asia-Pacific
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Fluctuating Prices of Raw Materials
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Polyacrylamide
    • 5.1.2 Polyvinyl Alcohol
    • 5.1.3 Guar Gum
    • 5.1.4 Gelatin
    • 5.1.5 Xanthan Gum
    • 5.1.6 Polyacrylic Acid
    • 5.1.7 Polyethylene Glycol
    • 5.1.8 Other Types (Cellulose Ethers, Pectin, and Starch)
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Water Treatment
    • 5.2.2 Food and Beverage
    • 5.2.3 Personal Care and Hygiene
    • 5.2.4 Oil and Gas
    • 5.2.5 Pulp and Paper
    • 5.2.6 Pharmaceutical
    • 5.2.7 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Ashland
    • 6.4.2 Arkema
    • 6.4.3 BASF SE
    • 6.4.4 CP Kelco US Inc.
    • 6.4.5 DuPont
    • 6.4.6 Gantrade Corporation
    • 6.4.7 Kemira
    • 6.4.8 Kuraray Co. Ltd
    • 6.4.9 Merck KGaA
    • 6.4.10 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.11 Nouryon
    • 6.4.12 Polysciences Inc.
    • 6.4.13 SNF Group
    • 6.4.14 Sumitomo Seika Chemicals Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Demand for Bio-based Acrylamide
  • 7.2 Growing Application in the Pharmaceutical Industry