市場調査レポート
商品コード
1444444

多血小板血漿の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)

Global Platelet Rich Plasma - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 105 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
多血小板血漿の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 105 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の多血小板血漿の市場規模は、2024年に4億1,075万米ドルに達し、2024~2029年にかけてCAGR 9.03%で成長し、2029年までに6億3,286万米ドルに達すると予測されております。

世界の多血小板血漿- 市場

現在のCOVID-19のパンデミックは、抗ウイルス療法の欠如と血漿療法が緊急治療法であるという事実により、市場の拡大にさらに貢献しました。多血小板血漿の利点の1つは、COVID-19の際の鎮痛に使用できることです。手術を回避するために使用されてきたこの技術は、外科的介入の許可を待っており、ステロイドの副作用によってさらに延期されたくない患者に短期的な痛みの軽減を与えるのにも効果的です。

市場の成長を促進している主な要因には、スポーツ傷害の発生率の増加、美容処置や外科手術の件数の増加、さまざまな治療分野での多血小板血漿の使用の増加などが含まれます。米国形成外科医協会(ASPS)によると、2019年に米国で約1,810万件の美容処置が行われました。過去5年間で手術件数が増加し、米国全土で低侵襲美容整形手術に対する人々の好みが高まっていることが観察されています。脂肪吸引やフェイスリフトなどの施術の人気が高まっています。

多血小板血漿(PRP)には少なくとも7つの成長因子が含まれています。慢性腱損傷、急性靭帯損傷、筋肉損傷、手術、膝関節炎、骨折、痛みなどのさまざまな治療に使用できます。整形外科では、PRPの使用は予測期間中に増加すると予想されます。 PRPは、筋肉損傷などの急性スポーツ損傷の治療に使用されることが増えています。 PRPの人気は高まっていますが、その本当の効果はまだ完全には確立されていません。したがって、PRPは、前十字靱帯(ACL)などの断裂した膝靱帯を修復する手術で広く使用されています。 PRPは、外科手術後の組織の迅速な治癒を促進します。

椎間板ヘルニアや脱毛の場合など、他の治療分野におけるPRPの有効性を評価するために、現在いくつかの調査研究が実施されています。 PRPの利用は、より迅速な治癒を可??能にする可用性と能力の向上により、さまざまな治療分野で広く普及しています。さらに、この治療法は、特定の重要な従来の治療法に代わるものではありませんが、標準的な医療処置の経済的コストを削減できます。

多血小板血漿(PRP)の市場動向

整形外科部門は最大の市場シェアを保持すると予想される

米国食品医薬品局は、COVID-19の治療における血漿豊富なタンパク質の使用に関する臨床試験の数が過去数カ月で大幅に増加したことを目の当たりにしました。プラズマ治療市場で活動するさまざまなメーカーは、COVID-19と戦うための抗ウイルス薬を開発することを期待して、研究開発と臨床試験に多額の投資を行っています。

2020年にLancet Journalに掲載された論文によると、成人における障害の主な原因は関節炎です。さらに、変形性膝関節症は、すべての変形性関節症の中でも有病率が高いです。 2020年には、世界で約6億5,400万人が膝OAを患っていました(40歳以上)。変形性膝関節症は、20歳以上の人々に1万人あたり203人/年の割合で蔓延していることが判明しました。

標準的な治療法とは考えられていないにもかかわらず、変形性関節症を含む、拡大する整形外科疾患の治療にPRP注射を選択する人が増えています。変形性膝関節症に最もよく使用されますが、他の関節にも使用される場合があります。多血小板血漿で変形性関節症を治療する際、医師はPRPを患部の関節に直接注射して、痛みを軽減し、関節機能を改善し、軟骨の損傷を遅らせ、停止し、さらには修復します。このような場合、多血小板血漿は患者の血液サンプルから採取されます。

したがって、多血小板血漿療法は、炎症を抑制し、変形性関節症の進行速度を低下させ、新しい軟骨の形成を刺激し、自然な潤滑関節液の生成を増加させるため、関節炎の治療における人気と受け入れが大幅に増加しています。ひいては、痛みを伴う関節の摩擦が軽減されます。さらに、患者の痛みの受容体を変化させ、痛みの感覚を軽減するタンパク質が含まれています。したがって、上記の要因が整形外科部門の成長を促進すると予想されます。

北米が市場を独占しており、予測期間中に同様の傾向を示すと予想されます

米国における市場の成長は、関節炎などのいくつかの疾患の有病率の増加、確立されたヘルスケアインフラ、より良い規制枠組み、政府の支援など、いくつかの要因に起因すると考えられます。2020年に疾病管理予防センター(CDC)が実施した調査によると、米国では成人の4人に1人が関節炎を患っており、2040年までに推定7,800万人の成人が関節炎に苦しむと予想されています。

さらに、この地域では高齢化の進行により、医師が診断する関節炎の有病率が予測期間中に大幅に増加すると予想されています。変形性関節症は関節炎の中で最も蔓延しているタイプで、毎年約3,100万人のアメリカ人が罹患しています。

PRPも美容施術でよく使われる技術の一つです。多血小板プラズマ治療は、顔の形を整え、ボリュームを加えるための最新のアンチエイジング処置です。したがって、上記のこれらすべての要因は、この地域の多血小板血漿市場の成長に寄与すると予想されます。

多血小板血漿(PRP)産業の概要

市場の競争は中程度であり、主要な企業はほとんどいません。主要な市場企業には、Arthrex Inc.、Cambryn Biologics LLC、China Biologic Products Inc.、DePuy Synthes、Dr. PRP USA LLC、EmCyte Corporation、Glofinn Oy、T-Biotechnology、Terumo BCT Inc.、Zimmer Biometなどがあります。技術の進歩に伴い、新たな企業が市場に参入することが予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • スポーツ外傷の増加
    • 美容整形や外科手術の件数が増加
    • さまざまな治療分野における多血小板血漿の使用の拡大
  • 市場抑制要因
    • 厳格な規制政策
    • プラズマ治療の高価格
  • 産業の魅力 - ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 純粋PRP
    • 白血球リッチPRP
    • 白血球リッチフィブリン
    • その他のタイプ
  • 用途別
    • 整形外科
    • 美容外科・皮膚科
    • 神経内科
    • 心臓病学
    • 眼科
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • 病院・診療所
    • 研究機関
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Arthrex Inc.
    • Isto Biologics
    • Vertical Spine LLC
    • DePuy Synthes
    • Dr. PRP USA LLC
    • EmCyte Corporation
    • Glofinn Oy
    • T-Biotechnology
    • Terumo BCT Inc.
    • Zimmer Biomet
    • Harvest Technologies Corporation
    • ISTO Biologics

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 60477

The Global Platelet Rich Plasma Market size is estimated at USD 410.75 million in 2024, and is expected to reach USD 632.86 million by 2029, growing at a CAGR of 9.03% during the forecast period (2024-2029).

Global Platelet Rich Plasma - Market

The current COVID-19 pandemic further helped expand the market due to the lack of antiviral therapies and the fact that plasma therapy comes under an emergency treatment method. One of the benefits of platelet-rich plasma is that it can be used for pain relief during COVID-19. This technique, which has been used to avoid surgery, is also effective in providing short-term pain relief in patients waiting to be cleared for surgical intervention and not wanting to be further postponed by the adverse effects of steroids.

The key factors that are augmenting the market's growth include rising incidences of sports injuries, an increasing number of cosmetic and surgical procedures, and the growing use of platelet-rich plasma in various therapeutic areas. As per the American Society of Plastic Surgeons (ASPS), approximately 18.1 million cosmetic procedures were performed in 2019 in the United States. It was observed that the number of procedures increased over the last five years, and the preference of people for minimally invasive cosmetic surgery across the United States has increased. Procedures like liposuction and facelifts are growing in popularity.

Platelet-rich plasma (PRP) contains at least seven growth factors. It can be used for various treatments, such as chronic tendon injuries, acute ligament and muscle injuries, surgery, knee arthritis, fractures, and pain. In orthopedics, the use of PRP is expected to increase over the forecast period. PRP is increasingly being used in the treatment of acute sports injuries, such as muscle injuries. The popularity of PRP is on the rise, but its true effectiveness is yet to be fully established. Thus, the PRP is widely used in surgery to repair torn knee ligaments, such as the anterior cruciate ligament (ACL). The PRP facilitates the fast healing of the tissue after surgical procedures.

Several research studies are currently being conducted to evaluate the effectiveness of PRP in other treatment areas, such as in the case of herniated disc and hair loss. The use of PRP has grown widely in different therapeutic areas due to the increasing availability and ability to enable faster healing. Additionally, this treatment can reduce the economic costs of standard medical procedures, although it cannot replace certain important conventional therapies.

Platelet-Rich Plasma (PRP) Market Trends

The Orthopedics Segment is Expected to Hold the Largest Market Share

The US Food and Drug Administration witnessed a tremendous rise in the number of clinical trials in the past few months regarding the use of plasma-rich proteins in treating the coronavirus. Various manufacturers operating in the plasma therapy market are investing heavily in R&D and clinical trials in the hope of coming up with an antivirus to fight the coronavirus.

According to the article published in the Lancet Journal in 2020, arthritis is the leading cause of disability among adults. Moreover, knee osteoarthritis has a high prevalence among all osteoarthritis. In 2020, there were approximately 654 million people in the world who had knee OA (age 40 and up). Knee osteoarthritis was found to be prevalent in people aged 20 and up at a rate of 203 per 10,000 person-years.

Despite not being considered the standard practice, a growing number of people are opting for PRP injections to treat an expanding list of orthopedic conditions, including osteoarthritis. It is most commonly used for knee osteoarthritis but may be used on other joints as well. While treating osteoarthritis with platelet-rich plasma, a doctor injects PRP directly into the affected joint to reduce pain, improve joint function, and slow, halt, or even repair damage to the cartilage. In such cases, platelet-rich plasma is derived from a sample of the patient's blood.

Thus, platelet-rich plasma therapy is witnessing a significant rise in its popularity and acceptance for treating arthritis since it inhibits inflammation, reduces the rate of progression of osteoarthritis, stimulates the formation of new cartilage, and increases the production of natural lubricating joint fluid, in turn, easing painful joint friction. Moreover, it contains proteins that alter a patient's pain receptors, hence reducing pain sensation. Hence, the factors mentioned above are expected to fuel the growth of the orthopedics segment.

North America Dominates the Market and is Expected to show a Similar Trend over the Forecast Period

The market growth in the United States can be attributed to several factors, including the rise in the prevalence of several disorders, such as arthritis, well-established healthcare infrastructure, better regulatory framework, and government support. As per a survey conducted by the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) in 2020, in the United States, one out of every four adults suffered from arthritis, and an estimated 78 million adults are expected to suffer from the disease by 2040.

Moreover, in the region, due to the growing aging population, the prevalence of doctor-diagnosed arthritis is expected to rise significantly over the forecast period. Osteoarthritis is the most prevalent type of arthritis, and it affects about 31 million Americans every year.

PRP is also one of the techniques that are very commonly used in cosmetic procedures. Platelet-rich plasma treatment is the latest anti-aging procedure for enhancing facial shape and adding volume. Hence, all these factors mentioned above are expected to contribute to the growth of the platelet-rich plasma market in the region.

Platelet-Rich Plasma (PRP) Industry Overview

The market is moderately competitive with few key players. Some key market players include Arthrex Inc., Cambryn Biologics LLC, China Biologic Products Inc., DePuy Synthes, Dr. PRP USA LLC, EmCyte Corporation, Glofinn Oy, T-Biotechnology, Terumo BCT Inc., and Zimmer Biomet. With the advancement in technology, new players are expected to enter the market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Incidences of Sports Injuries
    • 4.2.2 Increasing Number of Cosmetic and Surgical Procedures
    • 4.2.3 Growing use of Platelet-rich Plasma in Various Therapeutic Areas
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulatory Policies
    • 4.3.2 High Prices of Plasma Therapy
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Pure PRP
    • 5.1.2 Leukocyte-rich PRP
    • 5.1.3 Leukocyte-rich Fibrin
    • 5.1.4 Other Types
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Orthopedics
    • 5.2.2 Cosmetic Surgery and Dermatology
    • 5.2.3 Neurology
    • 5.2.4 Cardiology
    • 5.2.5 Ophthalmology
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals and Clinics
    • 5.3.2 Research Institutes
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East & Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East & Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Arthrex Inc.
    • 6.1.2 Isto Biologics
    • 6.1.3 Vertical Spine LLC
    • 6.1.4 DePuy Synthes
    • 6.1.5 Dr. PRP USA LLC
    • 6.1.6 EmCyte Corporation
    • 6.1.7 Glofinn Oy
    • 6.1.8 T-Biotechnology
    • 6.1.9 Terumo BCT Inc.
    • 6.1.10 Zimmer Biomet
    • 6.1.11 Harvest Technologies Corporation
    • 6.1.12 ISTO Biologics

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS