デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444428

住宅用ルーターの世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)

Residential Routers - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
住宅用ルーターの世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の住宅用ルーターの市場規模は、2024年に123億9,000万米ドルに達し、2024~2029年にかけてCAGR 9.06%で成長し、2029年までに191億2,000万米ドルに達すると予測されております。

住宅用ルーター- 市場

主なハイライト

  • IoTデバイスの家庭への統合は、堅牢なインターネット接続とネットワークに大きく依存します。スマートホームは、すべてのオートメーションデバイスが設置場所でインターネットに適切に接続されている場合にのみシームレスに機能します。ここで、家庭内のインターネット接続を管理するルーターが活躍します。したがって、ルーターは、中断のないスムーズなネットワーク機能を確保する上で重要な役割を果たします。
  • 2022年 3月、Vodafone-Ideaは、ユーザーが最大10台のWi-Fi対応デバイスに接続できるポケットサイズの4GルーターであるVi MiFiを発売しました。このルーターは2,700 mAhの高いバッテリー容量を誇り、1回の充電で最大5時間使用できます。さらに、2022年 8月に、Reliance Jioは、家庭全体のネットワークカバレッジを拡大し、1つのフロアで最大1000平方フィートのエリアをカバーするJio Wi-Fi Meshルーターを発売しました。
  • COVID-19のパンデミックにより、ネットワークトラフィックが大幅に増加し、最初の数週間で40%の急増が観察されました。感染拡大に伴い、交通パターンはビジネスパークから住宅地に移り、コンテンツ消費、ゲーム、OTTの需要が引き続き急増しました。これは、効率的なホームルーターの必要性を浮き彫りにしています。
  • ルーターとデバイスの間の距離は、Wi-Fiの速度と接続強度に大きな影響を与える可能性があることに注意してください。したがって、ルーターは、家のすべてのエリアに届く強力で広範囲の信号を提供するように設計されていることが重要です。競争の激しい市場に耐えるために、ルーターのメーカーは絶え間ない革新と技術の進歩を必要としています。

住宅用ルーターの市場動向

市場の成長を示すワイヤレス接続

  • インターネットは、特に都市部において、長年にわたってより手頃な価格で利用できるようになり、ワイヤレス技術の普及により、半都市部や農村部にも普及してきました。これにより、人々の生活に利便性がもたらされただけでなく、ワイヤレス接続はケーブルを必要とせず、有線接続よりも高速であるため、生産性も大幅に向上しました。その結果、ほとんどの家庭にWi-Fiルーターが普及しました。
  • 2023年 3月、QualcommはWeSchool、Telecom Italia (TIM)、およびAcerと提携して、イタリアの学校に次世代ワイヤレステクノロジーソリューションを提供する5Gスマートスクールプログラムを開始しました。このプログラムは、中学生のデジタルスキルを開発し、教師に専門能力開発の機会を提供することを目的としています。
  • さらに、Cox Private Networksは、地方に高速インターネットを提供するために固定ワイヤレス(FWA)のトライアルを実施しています。この取り組みは、デジタル格差を解消し、遠隔地に住む人々にインターネットへのアクセスを提供するのに役立ちます。
  • 2022年 3月、米国政府は農村地域のインターネットサービス料金の支払いを支援するため、手頃な価格の接続プログラム(ACP)に142億米ドルを調達しました。ミッドバンド周波数では、Citizens Band Radio Service(CBRS)が地方コミュニティにブロードバンドを提供します。地域のインターネットプロバイダーであるブロードバンドは、農村部に焦点を当てたCBRSベースの固定ワイヤレスアクセスサービスをデビューさせ、遠隔地でのインターネットへのアクセスをさらに改善しました。
  • 全体として、インターネットのアクセスしやすさと手頃な価格の向上は、新しいワイヤレス技術の開発とともに、人々の生活に多くの恩恵をもたらし、教育、コミュニケーション、経済成長の機会を改善しています。

北米はかなりの市場シェアを保持すると予想される

  • GSMAの最新レポートによると、5Gは現在北米でブームとなっており、2025年までにワイヤレスサービス分野を独占すると予測されています。米国の5G普及率は世界で2番目に高く、これを上回るのは韓国だけであると予想されています。通信事業者がミッドバンドスペクトルの展開を増やすため、2025年までにモバイル設備投資のほぼすべてを5Gが占めると予測されています。その結果、5Gの収益は2021年の2,940億米ドルから2025年には3,330億米ドルに増加すると予想されており、この技術の計り知れない成長の可能性が示されています。
  • さらに、5Gはカナダの人口の92%、米国の人口の100%をカバーすると予想されています。米国の大手通信会社は、5G固定ワイヤレスアクセス(FWA)テクノロジーを活用して、固定ブロードバンド分野でケーブルプロバイダーから市場シェアを獲得しています。その中でも、2022年第1四半期時点で98万人のFWA加入者を抱えるT-Mobileは、5G FWAサービスの単一プロバイダーとしては最大手です。
  • 2022年 10月、Transaction Network Services (TNS)は、世界のワイヤレスアクセス向けのスマート Sim機能を開始しました。これは、米国中のプロセッサー、ISO、および加盟店に利益をもたらします。 TNSの広範なローカルおよび国際ワイヤレスカバレッジにより、北米の顧客は、展開する必要がある場所に常に24時間サポートを備えた信頼性の高い安全なワイヤレス接続を利用できるようになり、さまざまな地域でローミングおよび国内接続の選択肢へのアクセスが提供されます。
  • 要約すると、5Gは北米で急速な成長を遂げており、2025年までに引き続きワイヤレスサービス分野を支配すると予想されています。米国は世界で最も高い5G導入率を誇る国の1つとなり、T-Mobileが5G FWAサービスで先頭に立っていると考えられます。TNSのSmart Sim機能により、北米の顧客は、包括的な補償範囲とサポートに裏付けられた、ビジネスニーズに合わせた信頼性の高い安全なワイヤレス接続の恩恵を受けることができます。

住宅用ルーター産業の概要

新しい帯域幅の使用法とサービス提供シナリオによりネットワークインフラストラクチャが再構築されているため、住宅用ルーター市場は大きな変化を経験しています。機器メーカーは、より広範囲のサービスとアプリケーションをサポートし、容量の拡張性とより高いデータレートを提供するキャリアクラスのルーターを開発することで対応しています。この分野には多くの企業が関与しており、市場は非常に細分化されており、メーカーが自社製品の革新的なハードウェアおよびソフトウェア機能に投資することでさらに成長する可能性があります。この分野でサービスを提供している主要なプレーヤーには、D-Link Corporation、Netgear Inc.、Linksys Group(Foxconn)、Synology Inc.などが含まれます。

2022年 5月、HFCL LimitedはWiproと協力して、企業が5G対応のビジョンを実現し、高品質の5Gソリューションを市場に投入する速度を向上できる5Gトランスポートソリューションを導入しました。 2022年 10月、MediaTekはInvendisと提携してインド製5GルーターとWi-fiソリューションを発売し、消費者と企業顧客に安全で強力でシームレスなワイヤレスネットワーキングソリューションを提供しました。そして2023年 2月には、Telecom26とTrasna Solutionsが提携してセルラールーター用のeSIM管理ソリューションを開発し、ルーターメーカーに既存のSIMベースのデバイスでeSIMを管理する効率的でユーザーフレンドリーな方法を提供しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 産業の魅力 - ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響
  • 市場促進要因
    • コネクテッドデバイスの需要の増大とスマートホーム市場の急増
    • IPトラフィックの増加
  • 市場の課題
    • 増大するセキュリティ侵害の脅威

第5章 市場セグメンテーション

  • 接続タイプ
    • 有線
    • ワイヤレス
  • 標準
    • 802.11b/g/n
    • 802.11ac
    • 802.11ax
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Netgear Inc.
    • D-Link Corporation
    • TP-Link Technologies Co. Ltd
    • Linksys Group(Foxconn)
    • TRENDnet Inc.
    • Synology Inc.
    • AsusTek Computer Inc.
    • Google Inc.
    • Nokia Networks
    • Xiaomi Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 59186

The Residential Routers Market size is estimated at USD 12.39 billion in 2024, and is expected to reach USD 19.12 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.06% during the forecast period (2024-2029).

Residential Routers - Market

Key Highlights

  • The integration of IoT devices into households is heavily reliant on robust internet connections and networks. A smart home can only function seamlessly if all automation devices are properly connected to the internet at the location where they are installed. This is where the router comes into play as it manages internet connectivity within the home. Thus, a router plays a crucial role in ensuring uninterrupted and smooth network functioning.
  • In March 2022, Vodafone-Idea launched the Vi MiFi, a pocket-sized 4G router that enables users to connect up to 10 Wi-Fi-enabled devices. This router boasts a high battery capacity of 2700 mAh, which can last for up to 5 hours on a single charge. Additionally, in August 2022, Reliance Jio launched the Jio Wi-Fi Mesh router, which expands network coverage across homes, covering an area of up to 1000 sq ft across a single floor.
  • The Covid-19 pandemic led to a significant increase in network traffic, with a 40% surge observed in the first few weeks. As the outbreak spread, traffic patterns shifted from business parks to residential areas, leading to a continued surge in content consumption, gaming, and OTT demand. This highlights the need for efficient home routers.
  • It is worth noting that the distance between the router and the device can greatly impact Wi-Fi speed and connection strength. Therefore, it is essential that routers are designed to provide a strong and wide signal to reach all areas of the house. To withstand the competitive market, router manufacturers require constant innovation and technological advancements.

Residential Routers Market Trends

Wireless Connectivity to Witness the Market Growth

  • The Internet has become more affordable and accessible over the years, particularly in urban areas, and has even made its way to semi-urban and rural areas with the widespread adoption of wireless technology. This has not only brought convenience to people's lives but has also significantly improved productivity, as wireless connections do not require cables and are faster than wired connections. As a result, Wi-Fi routers have become a norm in most houses.
  • In March 2023, Qualcomm, in partnership with WeSchool, Telecom Italia (TIM), and Acer, launched the 5G Smart Schools program to provide next-generation wireless technology solutions to schools in Italy. The program aims to develop digital skills among secondary school students and provide professional development opportunities for teachers.
  • Moreover, Cox Private Networks is running Fixed Wireless (FWA) trials to deliver high-speed internet in rural areas. This initiative will help bridge the digital divide and provide access to the internet to people living in remote areas.
  • In March 2022, the US Government raised 14.2 billion USD for the Affordable Connectivity Program (ACP) to help rural communities pay for their internet service. With mid-band frequencies, Citizens Band Radio Service (CBRS) will offer broadband in rural communities. Broadband, a regional internet provider, debuted CBRS-based Fixed Wireless Access services focused on rural areas, further improving access to the internet in remote locations.
  • Overall, the increasing accessibility and affordability of the Internet, along with the development of new wireless technologies, are bringing numerous benefits to people's lives and improving opportunities for education, communication, and economic growth.

North America Is Expected to Hold Significant Market Share

  • Based on the latest report from GSMA, 5G is currently booming in North America and is projected to dominate the wireless services sector by 2025. The United States is expected to have the world's second-highest 5G adoption rate, with only South Korea surpassing it. By 2025, 5G is forecasted to account for almost all mobile capex as operators increase mid-band spectrum deployments. As a result, 5G revenues are expected to increase from 294 billion USD in 2021 to 333 billion USD in 2025, showing the immense growth potential for this technology.
  • Moreover, 5G is expected to cover 92% of the Canadian population and 100% of the US population. Major telcos in the US are leveraging 5G Fixed Wireless Access (FWA) technology to gain market share from cable providers in the fixed broadband sector. Among them, T-Mobile, with 0.98 million FWA subscribers as of Q1 2022, is the largest single provider of 5G FWA services.
  • In October 2022, Transaction Network Services (TNS) launched its Smart Sim capability for Global Wireless Access, which benefits processors, ISOs, and merchants across the US. TNS's extensive local and international wireless coverage allows North American customers to take advantage of the same dependable and secure wireless connectivity, with round-the-clock assistance, wherever they need to deploy, providing access to roaming and domestic connectivity choices in various geographies.
  • In summary, 5G is experiencing rapid growth in North America and is expected to continue to dominate the wireless services sector by 2025. The US is poised to have one of the highest 5G adoption rates globally, with T-Mobile leading the charge in 5G FWA services. With TNS's Smart Sim capability, North American customers can benefit from reliable and secure wireless connectivity for their business needs, backed by comprehensive coverage and support.

Residential Routers Industry Overview

The residential router market is experiencing significant changes as new bandwidth usage and service delivery scenarios are reshaping network infrastructures. Equipment manufacturers are responding by developing carrier-class routers that support a broader range of services and applications and offer capacity scalability and higher data rates. With many players involved in this sector, the market is highly fragmented and has the potential to grow further as manufacturers invest in innovative hardware and software features in their products. Some significant players offering their services in this sector include D-Link Corporation, Netgear Inc., Linksys Group (Foxconn), Synology Inc., and more.

In May 2022, HFCL Limited collaborated with Wipro to introduce 5G transport solutions that enable enterprises to realize their 5G-enabled vision and increase the speed with which they can bring high-quality 5G solutions to the market. In October 2022, MediaTek partnered with Invendis to launch Made in India 5G Routers and Wi-fi solutions, providing consumers and enterprise customers with secure, strong, and seamless wireless networking solutions. And in February 2023, Telecom26 and Trasna Solutions partnered to develop eSIM management solutions for cellular routers, offering router manufacturers an efficient and user-friendly way to manage eSIMs on their existing SIM-based devices.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Increasing Demand of Connected Devices and Proliferating Smart Homes Market
    • 4.4.2 Growth in IP Traffic
  • 4.5 Market Challenges
    • 4.5.1 Increasing Threat of Security Breaches

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Connectivity Type
    • 5.1.1 Wired
    • 5.1.2 Wireless
  • 5.2 Standard
    • 5.2.1 802.11b/g/n
    • 5.2.2 802.11ac
    • 5.2.3 802.11ax
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 Netgear Inc.
    • 6.1.2 D-Link Corporation
    • 6.1.3 TP-Link Technologies Co. Ltd
    • 6.1.4 Linksys Group (Foxconn)
    • 6.1.5 TRENDnet Inc.
    • 6.1.6 Synology Inc.
    • 6.1.7 AsusTek Computer Inc.
    • 6.1.8 Google Inc.
    • 6.1.9 Nokia Networks
    • 6.1.10 Xiaomi Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET