デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444409

再生可能エネルギー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Renewable Energy - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
再生可能エネルギー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

再生可能エネルギー市場規模は、2024年に4.24テラワットと推定され、2029年までに5.98テラワットに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.09%のCAGRで成長します。

再生可能エネルギー- 市場

2020年、市場はCOVID-19による悪影響を受けました。現在、市場はパンデミック前のレベルに達しています。

主なハイライト

  • 長期的に見て、市場の主な促進要因は政府の有利な政策であり、太陽光パネルや風力タービン設備の価格低下に伴い再生可能エネルギーの導入が増加しています。
  • その一方で、ガス火力発電所や原子力プロジェクトなどの代替クリーン電源の採用の増加により、市場の成長が鈍化する可能性があります。
  • 太陽光発電の製造における技術の進歩と、エネルギー貯蔵システムを使用した断続問題の解決は、調査対象の市場に大きな機会を提供する可能性があります。
  • アジア太平洋は予測期間中に最も急速に成長する市場になると予想されており、需要の大部分は中国とインドによるものです。

再生可能エネルギー市場動向

水力発電部門が市場を独占

  • 水力発電(水力発電)は、高地から低地へ移動する水のエネルギーから電力が得られる再生可能エネルギー源です。水力発電プロジェクトは、農業、家庭、ビジネスにきれいな水を供給し、洪水や干ばつなどの異常気象の影響を軽減するのにも役立ちます。
  • 水力発電は、世界最大の再生可能電力源です。 2022年には、水力発電による再生可能エネルギー発電は再生可能エネルギー全体の41%近くを占め、世界の再生可能エネルギー発電における水力発電の最大の寄与となっています。
  • 国際再生可能エネルギー機関によると、2022年の世界の水力発電設備容量は1,393ギガワット(GW)に達し、2021年と比較して2.19%増加しました。水力発電設備容量は、今後の水力発電プロジェクトや技術の進歩により増加すると予想されています。
  • 2022年 8月、MITの卒業生兄弟によって設立されたNatel Energyは、魚に安全なタービンや自然の川の状況を模倣したその他の機能を備えた水力発電システムを開発しています。したがって、このような環境に優しい開発により、水力発電セグメントの需要は予測期間中に増加すると予想されます。
  • さらに、2022年8月、インド政府はネパールにおける2つの水力発電プロジェクト、すなわち西セティ水力発電プロジェクトとセティ川水力発電プロジェクトの開発を発表しました。これらのプロジェクトの総費用は約24億米ドルになると予想されます。
  • したがって、水力発電セグメントは、予測期間中に市場を独占すると予想されます。

アジア太平洋が市場を独占する

  • 近年、アジア太平洋地域が再生可能エネルギー市場を独占しています。予測期間中もその優位性を維持する可能性があります。
  • 2022年の時点で、中国は再生可能エネルギー導入における世界のリーダーです。国の総再生可能エネルギー容量は2022年に1,160.8 GWに達し、前年比約13.4%増加しました。水力、太陽光、風力がこの国の主要な再生可能エネルギー源です。
  • インドの電力需要は、経済の拡大と人口の増加に伴い大幅に増加しました。 2022年には、同国の水力発電量は162.96GWとなり、2021年の147.12GWから増加しました。
  • また、インドは中国、米国に次ぐ世界第3位の電力消費国となっています。さらに、インドの純発電容量は過去10年間で大幅に増加し、そのほとんどは大規模な水力発電を含む再生可能エネルギー源によるものでした。
  • インド政府は、2022年度までに太陽光発電100GW、風力60GW、バイオ発電10GW、小水力発電5GWを含む175GWの再生可能エネルギーを導入する目標を設定しています。さらに、インド新再生可能エネルギー省は、2022年に再生可能エネルギー、電気自動車、太陽光発電装置の製造、グリーン水素への投資が150億米ドルになると予想しています。
  • さらに、2022年1月、SJVN(Satluj Jal Vidyut Nigam Ltd)は、ウッタル・プラデーシュ州新再生可能エネルギー開発局(UPNEDA)が開催した入札プロセスを通じて、ウッタル・プラデーシュ州で125 MWの太陽光発電プロジェクトを落札しました。これには、ジャラウンの75 MW系統接続太陽光発電プロジェクトと、カンプールデハト地区の50 MW太陽光発電プロジェクトが含まれます。
  • 日本政府も、2030年までに炭素排出量を50%に削減し、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目標としています。予測期間中に再生可能エネルギー市場ではアジア太平洋が支配する可能性があります。

再生可能エネルギー業界の概要

再生可能エネルギー市場は本質的に細分化されています。市場の主要企業には(順不同)、First Solar Inc.、Vestas Wind Systems A/S、Canadian Solar Inc.、Jinko Solar Holding、General Electric Companyなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 調査の前提条件

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場概要

  • イントロダクション
  • 再生可能エネルギーミックス、2022年
  • 再生可能エネルギー発電動向
  • GWにおける再生可能エネルギーの設置容量と2028年までの予測
  • 最近の動向と発展
  • 政府の政策と規制
  • 市場力学
    • 促進要因
      • 政府の有利な政策と再生可能エネルギーの導入拡大
      • ソーラーパネルと風力タービン設備の価格下落
    • 抑制要因
      • 代替クリーン電源の採用の増加
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 太陽
    • ハイドロ
    • バイオエネルギー
    • その他のタイプ(地熱、潮汐など)
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • イラン
      • その他
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • EPC開発者/オペレーター/所有者
      • Orsted AS
      • EDF SA
      • NextEra Energy Inc.
      • Duke Energy Corporation
      • Berkshire Hathway Energy
      • Acciona Energia SA
    • 機器サプライヤー
      • First Solar Inc.
      • Vestas Wind Systems A/S
      • Canadian Solar Inc.
      • Jinko Solar Holding Co. Ltd
      • General Electric Company
      • Siemens Gamesa Renewable Energy, SA

第7章 市場機会と将来の動向

  • 太陽光発電の製造における技術の進歩とエネルギー貯蔵システムを使用した断続問題の解決
目次
Product Code: 57156

The Renewable Energy Market size is estimated at 4.24 terawatt in 2024, and is expected to reach 5.98 terawatt by 2029, growing at a CAGR of 7.09% during the forecast period (2024-2029).

Renewable Energy - Market

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. Presently the market has now reached pre-pandemic levels.

Key Highlights

  • Over the long term, the major driving factors of the market are the favorable government policies, increasing adoption of renewable energy with the declining price of solar panels and wind turbines installations.
  • On the flip side, the rising adoption of alternate clean power sources, such as gas-fired power plants and nuclear energy projects are likely to slow down the market growth.
  • Technological advancements in solar PV manufacturing and solving intermittency problems using energy storage systems are likely to provide huge opportunities for the market studied.
  • Asia-Pacific is expected to be the fastest-growing market during the forecast period, with the majority of the demand coming from China and India.

Renewable Energy Market Trends

Hydropower Segment to Dominate the Market

  • Hydroelectric power (hydropower) is a renewable energy source where electrical power is derived from the energy of water moving from higher to lower elevations. Hydropower projects also supply clean water for agriculture, homes, and business and help mitigate the impacts of extreme weather events, such as floods and drought.
  • Hydropower is the single largest source of renewable electricity globally. In 2022, renewable electricity generation from hydropower accounted for nearly 41% of total renewable energy, the largest contribution from hydropower in global renewable-based electricity generation.
  • According to International Renewable Energy Agency, in 2022, the global hydropower installed capacity reached 1393 gigawatts (GW), representing a rise of 2.19% compared to 2021. The hydropower installed capacity is expected to grow with the upcoming hydro projects and technological advancements.
  • In August 2022, Natel Energy, created by MIT alumni siblings, is developing hydropower systems that include fish-safe turbines and other features that imitate natural river conditions. Thus, with such kind of eco-friendly developments, the hydropower segment's demand is expected to increase in the forecast period.
  • Moreover, in August 2022, the Government of India announced the development of two hydropower projects in Nepal, namely the West Seti Hydropower Project and the Seti River Hydropower Project. The total cost of these projects is expected to be around USD 2.4 billion.
  • Thus, the hydropower segment is ecpected to dominate the market during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region dominated the renewable energy market in recent years. It is likely to maintain its dominance during the forecast period.
  • As of 2022, China is the global leader in renewable energy deployment. The country's total renewable energy capacity reached 1160.8 GW in 2022, representing an increase of approximately 13.4% compared to the previous year. Hydropower, solar, and wind are the major renewable energy sources in the country.
  • India's power demand increased significantly in line with its expanding economy and growing population. In 2022, the country generated 162.96 GW of hydropower, up from 147.12 GW in 2021.
  • Also, India has become the world's third-largest power consumer after China and the United States. Further, India's net power generation capacity increased significantly in the last decade, most of which came from renewable energy sources, including large hydro.
  • The Government of India has set a target of installing 175 GW of renewable energy capacity by FY 2022, including 100 GW from solar, 60 GW from wind, 10 GW from bio-power, and 5 GW from small hydro-power. Moreover, the Indian Ministry for New and Renewable Energy expects investment of USD 15 billion in renewable energy, electric vehicles, manufacturing of solar equipment, and green hydrogen in 2022.
  • Moreover, In January 2022, SJVN (Satluj Jal Vidyut Nigam Ltd) bagged a solar project of 125 MW in Uttar Pradesh through a bidding process held by the Uttar Pradesh New and Renewable Energy Development Agency (UPNEDA). It includes a 75 MW grid-connected solar project in Jalaun and a 50 MW solar project in Kanpur Dehat districts.
  • Japan's government has also targeted reducing carbon emissions to 50% by 2030 and achieving carbon neutrality by 2050. In September 2022, Green Power Investment (GPI) chose GE Renewable Energy as the provider for the Fukaura Wind Farm in Fukaura Town, Nishi Tsugaru District, Aomori Prefecture, Japan. The project, which will include 19 units of GE's 4.2-117 onshore wind turbines, is GE's third in Japan.
  • Hence, such developments will likely make Asia-Pacific dominant in the renewable energy market during the forecast period.

Renewable Energy Industry Overview

The renewable energy market is fragmented in nature. Some of the major players in the market (in no particular order) include First Solar Inc., Vestas Wind Systems A/S, Canadian Solar Inc., Jinko Solar Holding Co. Ltd, and General Electric Company.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Renewable Energy Mix, 2022
  • 4.3 Renewable Energy Generation Trend
  • 4.4 Renewable Energy Installed Capacity and Forecast in GW, till 2028
  • 4.5 Recent Trends and Developments
  • 4.6 Government Policies and Regulations
  • 4.7 Market Dynamics
    • 4.7.1 Drivers
      • 4.7.1.1 Favorable Government Policies and Increasing Adoption of Renewable Energy
      • 4.7.1.2 The Declining Price of Solar Panels and Wind Turbine Installations
    • 4.7.2 Restraints
      • 4.7.2.1 The Rising Adoption of Alternate Clean Power Sources
  • 4.8 Supply Chain Analysis
  • 4.9 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.9.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.9.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.9.3 Threat of New Entrants
    • 4.9.4 Threat of Substitutes Products and Services
    • 4.9.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Solar
    • 5.1.2 Wind
    • 5.1.3 Hydro
    • 5.1.4 Bioenergy
    • 5.1.5 Other Types (Geothermal, Tidal, etc.)
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States of America
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Rest of the North America
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 United Kingdom
      • 5.2.2.2 Germany
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Rest of the Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 India
      • 5.2.3.3 Japan
      • 5.2.3.4 Rest of the Asia-Pacific
    • 5.2.4 Middle-East and Africa
      • 5.2.4.1 United Arab Emirates
      • 5.2.4.2 Saudi Arabia
      • 5.2.4.3 Iran
      • 5.2.4.4 Rest of the Middle-East and Africa
    • 5.2.5 South America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Argentina
      • 5.2.5.3 Rest of the South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 EPC Developers/Operators/Owners
      • 6.3.1.1 Orsted AS
      • 6.3.1.2 EDF SA
      • 6.3.1.3 NextEra Energy Inc.
      • 6.3.1.4 Duke Energy Corporation
      • 6.3.1.5 Berkshire Hathway Energy
      • 6.3.1.6 Acciona Energia SA
    • 6.3.2 Equipment Suppliers
      • 6.3.2.1 First Solar Inc.
      • 6.3.2.2 Vestas Wind Systems A/S
      • 6.3.2.3 Canadian Solar Inc.
      • 6.3.2.4 Jinko Solar Holding Co. Ltd
      • 6.3.2.5 General Electric Company
      • 6.3.2.6 Siemens Gamesa Renewable Energy, S.A.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Technological Advancements in Solar PV Manufacturing and Solving Intermittency Problems Using Energy Storage Systems